5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

田村 保寿の野望を語るスレ

1 :宮坂:01/10/10 03:26 ID:DWR/63/E
田村 保寿(本因坊秀哉)の偉業(藁)を大募集。
田村関連なら何でもOK。
5万円のカタに本因坊家を売った話は超有名。

2 :名無し名人:01/10/10 03:34 ID:vpxmxxRc
凄いマニアック・・・

3 :宮坂:01/10/10 03:37 ID:DWR/63/E
おっしゃる通り
でもそれでいい。

4 :名無し名人:01/10/10 04:23 ID:gC9af4JY
え〜と、川端康成の「名人」だっけ?

5 :名無し名人:01/10/10 05:11 ID:7Jap8blE
雁がねとの碁はすごいよね
あと秀哉の指導碁もすごい、初めからメチャクチャ
全集で見れる(日本棋院にある)

6 :宮坂:01/10/10 05:17 ID:qDEOCf1k
確かにあれは壮絶だった。
でも今にして考えれば、雁金が勝っていた方が
目に余る囲碁の商業化や段位のインフレを防げたのかも。
今日の日本のアマ六段なんて、中国や韓国のアマ初段にも
勝てないかも知れないし。

7 :黒を時々打っている:01/10/10 10:19 ID:GsE62i0s
勝負碁を打った名人なんて丈和とこの人くらい。
3つの勝負碁は棋史に残る名勝負。
棋力はともかくとして、やはり大正〜昭和の碁界の最大級の功労者であることは間違いない。

インフレに関しては、秀哉にはなんの関係もないことと思われ。
戦後の日本棋院に問題があるだけのことであろう。(藤沢朋斎を九段にしたことから全ては
始まる。呉清源に負けたとき7段に降段させるべきであった。)

8 :井上隕石:01/10/11 02:13 ID:1i7.QYI.
秀栄と打ってたころから腕は上がったのかな
少なくともあの時点では秀栄より壱、弐段下の印象では?(定先と先先先の間位)

9 :名無し名人:01/10/11 05:22 ID:QO.vuads
呉清源戦での妙手「地中の一手」
実は弟子の前田ノブアキの発見という説は本当かな

10 :宮坂:01/10/11 05:33 ID:5zngeLmo
凄い。
皆さん私より詳しい。
これからもどんどん情報下さい。

そういえば以前、門の掃除をしてたら見知らぬオッサンが
話し掛けて来て本をくれた事があった。
その本は確か「本因坊秀哉打碁集」だったような。(タイトル名不明確スマソ)
最後のページには検印がある古いやつ。

11 :名無し名人:01/10/11 06:06 ID:z.PW3uLs
近頃は、炭素菌の心配もあるので、うかつに人からはものをもらうと。

12 :>9:01/10/11 06:58 ID:OaMN4I8U
あれ結局、真相は不明のままなのか。
関係者は口をつぐんだまま逝っちゃってるし。

13 :鈴木ダメ三郎:01/10/11 11:03 ID:MmkqWdz6
田村の棋力については最大級の評価をすべきであろう
前の世代の秀栄秀甫、後の呉清源坂田と比べてどうかはわからん
しかし少なくとも木谷実よりは上であろう
とすれば現代のタイトル保持者と同等かそれ以上ということである
布石はうまいし力は凄まじい、人間的迫力も想像を絶するものがあったろう
現代の棋士は何だかんだいってやられてしまうだろう
何でいまいち評価されないのかわからん
次代の棋士は秀哉を並べよ

14 :名無し名人:01/10/11 18:29 ID:nD3OBtKQ
ををっ!古碁スレとわっ!

>13
秀栄ファンなんで、必然的に田村の苦戦している碁ばかり並べてる
わけなんですが、後年の戦績からすると、「不敗の名人」の異名は
伊達ではないと思います。それに、確か趙治勲先生が、秀策より高
く評価しているというようなことを言っていた気がします。

>7
確か名人算知の二度目の争碁(vs道悦)は就位後だったような。

>12
一門揃って検討していて、その場で最初にその手を指摘したのが前田
九段とかそういう話でしたっけ?まあ、昔の勝負碁は一門を背負った
戦いですから、別に珍しくはないわけですが、現代から見ると違和感
ありますよね。そういう意味でも最後の坊家当主と言えるのかも。

そう言えば、「前田初級詰碁」は初心者の頃お世話になりました。

15 :名無し名人:01/10/11 18:48 ID:5L89mTSo
>>13
木谷より上?
何を根拠に…

16 :544:01/10/11 18:57 ID:P6TJLE/c
http://www.sex-jp.net/dh/01/

17 :鈴木ダメ三郎:01/10/11 22:56 ID:stp4A4BE
>>15
引退碁の内容と両者の年齢を考慮

18 ::01/10/11 23:55 ID:9aQT6hGQ
>14 そうなのではあるが、あの頃はまだ名人止め碁という制度がなかった
    のでは。算知道悦戦があまりに血みどろだったので、名人は勝負碁を
    打ってはいかんと、幕府が決めたような気がする。

呉清源との勝負碁の、白160(だったけ?)の妙手。いろいろ言われているけど、
あの碁並べてみると、その前の数手は、黒の中地のダメをつめていく手で、その
一連の手の流れとして、あの手が必然的に打たれたとしか思えないが。
坂田栄男も、あの手は必然であり、弟子が見つけたとか言われると、秀哉名人の
ほうが苦笑するだろうとか話していた。

>17 たしかにあの碁では秀哉名人のほうが力が上だね。
    木谷も左上の時間ツナギの手は、一生責められても仕方ない手。
    あれで秀哉名人がキレなければ、名人が勝っていても不思議はない。

19 :名無しヘボ:01/10/12 00:38 ID:cgEQi9gk
秀哉名人、引退碁は途中で病気になった品。
でも、その後の木谷もビッグタイトル取れなかった品。
呉清源は交通事故に遭わなかったらどれだけ強かったろうか。
秀甫に白持たせて碁にさせない秀和はどれだけ強かったんだろうか。
秀和は時間の短い碁でも強かったようだし。

20 :名無し名人:01/10/12 01:00 ID:JVqtwB6Y
・病気ではあったが、碁に病気の影響はないと思われ。
・木谷は最高位を取ったと思われ。
・呉清源は交通事故にあった頃には弱くなっていたと思われ。
・秀甫の打ち盛りと比較しないと意味はないと思われ。
・秀和が強かったのは事実ではると思われ。(幕末の頃が日本は史上
 最強だったと思われ。団体戦(丈和、秀和、秀策、秀甫、秀栄)で
 これに勝てるチームなどあるわけないと思われ)

21 :20:01/10/12 01:01 ID:JVqtwB6Y
少なくとも秀栄,秀甫なら、イ・チャンホに勝てると思われ。

22 :名無し名人:01/10/12 01:07 ID:GDyGuNGg
秀和はどれだけ強かったのか、という感想に同感
ところで今の日本棋院ルールは秀哉の影響があると聞いたことがある
実際には取れなくとも部分的に死に形なら死にという、あれ
のちに呉清源がこれに反発して手入れ問題で紛糾したのは有名

23 :14:01/10/12 01:15 ID:E3n5OFME
>18
なるほど。そうでしたか。勉強になりました。確かに考え
れば一番強い人に打つななどという慣習が最初からある訳
ないですよね。

秀哉-呉戦についてはどちらの説も見たことある気がします
が、どこからそういう話が出たんでしょうね。秀和の三本
下がりみたいな前田先生の才能を強調するエピソードなん
でしょうか?

>19
秀和も好きです。秀策戦の中央を囲った碁なんか最高です。

>秀哉-木谷
引退碁の時点では木谷先生も「まだ少ぅし」だったんでし
ょうね。全盛期同士の比較はどうかわかりませんが。

私としては、史上では道策・丈和・四秀と呉先生がトップ
クラスで、秀哉名人は限りなくそれに近く、他の名人陣や
囲碁四哲(除秀和)レベルでも上の方という感じなのかな
というイメージがあります。(棋力ないのであくまでイメ
ージですが。)木谷先生は準名人か強い上手(いわゆる天
保四傑とか)クラスというイメージ。やっぱり十番碁の敗
戦が痛かった・・・。

24 :名無し名人:01/10/12 01:41 ID:QjCdyGTs
師匠の秀栄と仲が悪かったんだよね
秀栄の死活論は呉清源と近かったらしい(確か秀和も)

25 :ザル助:01/10/12 05:47 ID:A.fmT7M2
>24
死活論ってなあに?

26 :半目負け:01/10/13 04:33 ID:ZSB7B2Dw
スミの曲がり四目などはホントはコウにしないと取れないくせに
そのままで死にとかふざけたことになっている
コウ材を消すために手入れをしなければならないことも多いはずなのに
恨むぞ秀哉

27 :名無し名人:01/10/13 05:11 ID:n7I5jD3U
           
1┌┬┬┬┬┬┬┬○┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
2├┼┼┼●○○┼┼○●┼●●┼┼┼┼┤
3├●●●●○┼○○●●┼┼○●●┼┼┤
4├●○┼○●○★●┼●┼○┼○┼●┼┤
5├○○┼○●┼●●┼●●○●○┼┼┼┤
6├┼┼┼●●┼●┼┼●○○○┼●┼┼┤
7├┼┼○┼┼┼┼●●○┼○┼┼┼┼┼┤

↑問題の秀哉戦での木谷の時間つなぎ
 木谷は今打つタイミング(白ハネツギを打たれる前に)というのだが
 右方からの下がりがきいてもこの碁では関係ないような・・
 とにかく木谷はこの碁で34時間19分も使ったのはすごい
 老人秀哉はボロボロだろう

 

28 :宮坂:01/10/13 07:36 ID:ZZr5EcG.
>>26
隅の曲がり四目は
劫材を全部消してから取りに行くのが
本筋だと思う、理屈で考えても。
でなければ、都合次第で隅の曲がり四目=セキって
ことにも出来てしまう。それって奇妙。

29 :名無しヘボ:01/10/13 10:02 ID:HL5A3V1g
>>27
何かに書いてあった。
秀哉名人も対局中は熱くなったけどその後(全集のときだったか)
時間つなぎ的な講評はせずに婉曲的に肯定していたような気がする。

30 :名無し名人:01/10/13 11:42 ID:tXrOf0OQ
呉との一局の地中の手は、打ち掛けにしておいて一日並べて研究しまくれば俺で
も見つけられます。
特に形勢が細かい状況だから、あそこでは誰しも必死に手を探しますよ。
打ち掛け制度は随分と秀哉に都合のいいハンデでしたね。

秀哉が大倉喜七郎に本因坊家を売って本当は幾ら貰ったのかは謎ではなかった
でしたっけ。秀哉に五万円の借金があったとしてそんなもんではないでしょう。

31 :31:01/10/15 17:28 ID:Q0KN2vME
先 田村保寿四段
  巌崎健造七段
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[田村保寿]PW[巌崎健造]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[op];B[dc];W[ce];B[co];W[oc];B[dq];W[fc];B[ed];W[fd];B[ef];W[ch];B[jc];W[fe];
B[ee];W[lc];B[if];W[gg];B[dg];W[cg];B[cd];W[cb];B[be];W[db];B[cf];W[kf];B[ih];W[qp];
B[hc];W[he];B[ie];W[pe];B[qe];W[pg];B[pd];W[od];B[pf];W[of];B[oe];W[ne];B[qg];W[ph];
B[qh];W[pi];B[qj];W[pe];B[qf];W[dj];B[jq];W[lq];B[jo];W[ho];B[hq];W[cm];B[nq];W[oq];
B[dm];W[cl];B[cn];W[lo];B[lr];W[mr];B[mq];W[kr];B[lp];W[ls];B[kq];W[mp];B[lr];W[id];
B[jd];W[lq];B[ec];W[eb];B[lr];W[hd];B[ke];W[lq];B[gb];W[ic];B[ib];W[kb];B[jb];W[fb];
B[lr];W[jg];B[ig];W[lq];B[kp];W[np];B[hl];W[hj];B[dl];W[dk];B[fl];W[in];B[jl];W[jn];
B[kn];W[km];B[ln];W[jm];B[lf];W[lg];B[le];W[mf];B[pb];W[ob];B[kh];W[kg];B[jh];W[jj];
B[kl];W[li];B[gh];W[lm];B[mn];W[fg];B[kc];W[lb];B[ld];W[gk];B[gl];W[ik];B[il];W[gc];
B[hb];W[ga];B[fh];W[eh];B[hi];W[fj];B[kj];W[ki];B[gi];W[gj];B[ei];W[ii];B[ji];W[ij];
B[oe];W[mc];B[lh];W[mh];B[mi];W[lj];B[dh];W[eg];B[di];W[fi];B[kk];W[mj];B[ci];W[hh];
B[ml];W[ej];B[cj];W[nr];B[ck];W[ir];B[jr];W[iq];B[ip];W[js];B[hr];W[is]
)

32 :31:01/10/15 17:31 ID:Q0KN2vME
ちょっくら田村保寿の軌跡をば。
本因坊門と方円社の反目が続くなか、田村保寿(たむらほうじゅ・のちの本因坊秀哉)は
社を除名されて坊門に入る。
このころは、本因坊秀栄と保寿の仲は良く、保寿はメキメキと頭角を顕わす。
方円社に対抗できる人材を探していた秀栄にとっては可愛い弟子であったと思う。
それを気に食わなく思ってたのが方円社副社長・巌崎健造(当時54才)。
この碁は三日二徹夜で行われ、田村保寿が倒れて終了。
碁は白優勢。

33 :31:01/10/15 17:35 ID:Q0KN2vME
先     田村保寿七段
一目勝ち 本因坊秀栄八段
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[田村保寿]PW[本因坊秀栄]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[cp];W[pq];B[dc];W[eq];B[qd];W[ce];B[ed];W[od];B[oc];W[nc];B[pc];W[md];B[ic];W[qe];B[pd];W[pe];
B[oe];W[nd];B[re];W[rf];B[rd];W[pg];B[qo];W[ql];B[mq];W[op];B[jq];W[pn];B[dq];W[ep];B[do];W[cj];
B[ch];W[ee];B[fe];W[ef];B[cd];W[hd];B[id];W[he];B[hc];W[bd];B[ff];W[fg];B[bc];W[eg];B[of];W[mf];
B[og];W[ph];B[oh];W[pi];B[oi];W[pj];B[le];W[ob];B[pb];W[lf];B[me];W[ne];B[nf];W[ke];B[ld];W[lc];
B[kd];W[kc];B[jd];W[mb];B[oa];W[nb];B[kg];W[fd];B[if];W[cm];B[dr];W[hq];B[jb];W[kb];B[gf];W[de];
B[dd];W[lh];B[lg];W[or];B[gg];W[mg];B[mh];W[mi];B[nh];W[fi];B[hp];W[iq];B[ip];W[jr];B[kq];W[gp];
B[kr];W[go];B[oj];W[gh];B[be];W[bf];B[ad];W[af];B[rg];W[ok];B[nk];W[ol];B[cn];W[dm];B[bn];W[ih];
B[ig];W[jh];B[kh];W[bm];B[am];W[al];B[an];W[bk];B[pf];W[jp];B[ir];W[hr];B[js];W[jo];B[jj];W[ki];
B[li];W[kj];B[kk];W[lj];B[lk];W[jg];B[jf];W[lh];B[kf];W[ji];B[mj];W[qg];B[qf];W[rh];B[in];W[io];
B[ij];W[mr];B[lr];W[nq];B[ms];W[nr];B[jn];W[kn];B[km];W[lo];B[hn];W[ho];B[ls];W[gl];B[gk];W[fl];
B[hl];W[fk];B[sf];W[sh];B[gj];W[hi];B[mm];W[hm];B[il];W[er];B[fj];W[ej];B[gm];W[ds];B[cs];W[es];
B[br];W[gn];B[im];W[fm];B[en];W[hj];B[hk];W[lm];B[ll];W[ln];B[ei];W[di];B[hg];W[hh];B[gi];W[eh];
B[em];W[el];B[nm];W[hs];B[is];W[li];B[om];W[pm];B[oo];W[po];B[mp];W[sg];B[qp];W[pp];B[ja];W[rf];
B[ka];W[la];B[rg];W[na];B[pa];W[rf];B[ns];W[os];B[rg];W[jc];B[ib];W[rf];B[qr];W[rn];B[rg];W[ae];
B[bd];W[rf];B[kp];W[ko];B[rg];W[nl];B[ml];W[rf];B[cf];W[cg];B[rg];W[ni];B[nj];W[rf];B[ro];W[qq];
B[rg];W[lp];B[no];W[rf];B[bg];W[df];B[rg];W[eo];B[dn];W[rf];B[rq];W[sr];B[rg];W[fn];B[rf]
)

34 :31:01/10/15 17:40 ID:Q0KN2vME
本因坊秀栄、最後の勝負碁。第一局。
黒7と秀策流を外す趣向だがやや白が面白そう。
黒37は33の石を一間にトブほうが良かったか。
黒13の石があるので黒35の石は切られても戦える。
黒101以降、保寿必死の反撃だが秀栄華麗に捌く。
このころには秀栄と保寿の仲はすでに険悪極まり無し。
秀哉の、金に対する執着心はこのころから伺える。

35 :31:01/10/15 17:41 ID:Q0KN2vME
先      田村保寿七段
中押し勝ち 本因坊秀栄八段
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[田村保寿]PW[本因坊秀栄]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dd];B[od];W[qp];B[co];W[dq];B[cj];W[op];B[qj];W[ql];B[fc];W[qh];B[pg];W[ph];
B[oh];W[oi];B[pi];W[og];B[nh];W[pf];B[ng];W[qg];B[nf];W[pj];B[cf];W[fd];B[gd];W[fe];
B[ec];W[dc];B[dg];W[ce];B[be];W[df];B[bf];W[bd];B[fg];W[ep];B[jq];W[lq];B[gq];W[dn];
B[cn];W[dm];B[cm];W[dl];B[cl];W[qi];B[go];W[fn];B[er];W[hm];B[lp];W[mq];B[kq];W[pc];
B[oc];W[pd];B[pb];W[qc];B[qb];W[rc];B[ge];W[dj];B[bc];W[db];B[ef];W[gc];B[ed];W[gb];
B[fb];W[fa];B[ee];W[jc];B[kb];W[ea];B[jb];W[hc];B[ad];W[hd];B[jf];W[bb];B[ab];W[je];
B[ke];W[he];B[ff];W[jd];B[ib];W[lc];B[kc];W[kd];B[ld];W[le];B[md];W[kf];B[jg];W[hg];
B[hi];W[ih];B[ii];W[jh];B[kg];W[lg];B[kh];W[ji];B[lh];W[if];B[il];W[gk];B[gg];W[hh];
B[fj];W[ij];B[hj];W[hk];B[ik];W[jj];B[fi];W[im];B[mp];W[np];B[pq];W[pp];B[kl];W[kk];
B[jm];W[jn];B[ll];W[mi];B[kn];W[fp];B[mh];W[mk];B[dr];W[gp];B[ho];W[hp];B[jo];W[cq];
B[hr];W[ck];B[bk];W[dk];B[ci];W[kr];B[jr];W[nr];B[om];W[nm];B[nn];W[mm];B[mn];W[ol];
B[nl];W[ml];B[pl];W[on];B[ok];W[ni]
)

36 :31:01/10/15 17:44 ID:Q0KN2vME
先の対局(明治37年7月10日)の後に打たれた第二局(10月15日)。
この二局の碁は、秀栄の主宰する四象会が日本囲棋会に発展解消する際に
旗揚げ興業として打たれた。
自尊心旺盛で、なかなか言う事を聞かない弟子・保寿を叩き潰さんと、
病気持ちの秀栄が二局とも華麗なに打ち回す。
これ以後、秀栄は勝負碁は打っていない。そして42年2月に没する。

14さんならこの碁はよく御存じでしょうね。

37 :31:01/10/15 17:45 ID:Q0KN2vME
先     中川千治六段
二目勝ち 田村保寿七段
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[中川千治]PW[田村保寿]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dd];B[od];W[qp];B[co];W[dq];B[oq];W[cl];B[cf];W[jc];B[fc];W[df];B[dg];W[ce];B[ef];W[de];
B[fe];W[eg];B[dh];W[fg];B[bf];W[ec];B[id];W[jd];B[ie];W[be];B[ei];W[gh];B[el];W[dn];B[do];W[eo];
B[cn];W[dm];B[bk];W[bl];B[dp];W[ep];B[cq];W[eq];B[cr];W[ck];B[fj];W[je];B[if];W[hi];B[hk];W[jh];
B[eb];W[db];B[gb];W[kg];B[da];W[ca];B[ea];W[cb];B[ib];W[lq];B[fn];W[fm];B[em];W[en];B[gm];W[pq];
B[op];W[pn];B[mo];W[lo];B[ln];W[ko];B[mp];W[jq];B[pl];W[qn];B[om];W[qe];B[pe];W[qf];B[ph];W[rd];
B[qc];W[rc];B[rb];W[qh];B[qi];W[ne];B[pf];W[qg];B[le];W[ri];B[lc];W[ke];B[lf];W[lg];B[pi];W[pg];
B[rj];W[og];B[md];W[sb];B[qb];W[sh];B[bj];W[on];B[nm];W[ni];B[go];W[gp];B[hp];W[hq];B[gq];W[fp];
B[ho];W[hr];B[rm];W[rn];B[ll];W[kb];B[lb];W[oe];B[pd];W[la];B[ma];W[ka];B[nb];W[lj];B[or];W[qr];
B[fs];W[ao];B[ap];W[fr];B[bh];W[qk];B[pk];W[ql];B[qm];W[rl];B[pm];W[sm];B[qj];W[oj];B[pj];W[kn];
B[lp];W[kp];B[lr];W[mq];B[mr];W[nq];B[nr];W[lm];B[np];W[kq];B[mm];W[mn];B[nn];W[oo];B[ln];W[ic];
B[hc];W[mn];B[no];W[pp];B[kk];W[dr];B[ds];W[es];B[er];W[an];B[bp];W[es];B[cs];W[kj];B[er];W[gs];
B[ae];W[ad];B[af];W[bd];B[kr];W[jr];B[mf];W[ng];B[es];W[nd];B[nc];W[ik];B[il];W[jk];B[km];W[ln];
B[jl];W[hj];B[ig];W[kf];B[jn];W[in];B[jo];W[hl];B[gk];W[io];B[mk];W[ip];B[hm];W[ia];B[ha];W[jb];
B[ja];W[hn];B[gn];W[ia];B[hb];W[ek];B[fl];W[ge];B[gf];W[ff];B[gd];W[mj];B[ih];W[lk];B[kl];W[nk];
B[ml];W[ee];B[cj];W[fd];B[he];W[ii];B[fe];W[dk];B[ed];W[dc];B[pr];W[ps];B[gg];W[fi];B[eh];W[fh];
B[hh];W[gj];B[fk];W[ks];B[os];W[qs];B[ls];W[js];B[mg];W[mh];B[oh];W[nh];B[sj];W[sl];B[si];W[rh];
B[jg];W[ji];B[ra];W[re];B[dj];W[fd];B[rq];W[qq];B[ed];W[al];B[bo];W[fd];B[ge];W[ak];B[aj];W[ok];
B[oi];W[jp];B[jm];W[ed];B[ja];W[tt];B[ia]
)

38 :31:01/10/15 17:47 ID:Q0KN2vME
この碁は明治40年9月に打たれた。
雁金準一六段との本因坊跡目争いに勝った保寿は碁に専念。
方円社副社長の中川千治は、かつては保寿定先だったのが
今や中川定先まで打ち込まれていた(中川は直後、方円社を退社)
これは第六次十番碁の第一局。
保寿は白148で八時間の大長考で勝ちを読み切る。
この後、第二局は中川が勝ったものの、その後四連敗で
先二(二局の内、先と二子で打つ、という手合い割り)と
屈辱の結末となる。アーメン
ちなみに、3局目から保寿は本因坊秀哉として打っている。

ちなみに本因坊跡目争いは、余りにも政治的で陰謀にまみれている。
詳しい事は他の人に任せます。

39 :31:01/10/15 17:49 ID:Q0KN2vME
先二 先番 中押し勝ち 野沢竹朝五段
              本因坊秀哉名人
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[野沢竹朝5段]PW[本因坊秀哉名人]KM[0.0]HA[346216064]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dc];B[pq];W[qo];B[od];W[qj];B[cp];W[eq];B[do];W[cf];B[jc];W[dk];B[op];W[kq];
B[pn];W[qn];B[pl];W[qm];B[iq];W[eo];B[jp];W[dn];B[cn];W[dm];B[cm];W[cl];B[dr];W[lo];
B[mq];W[mp];B[kp];W[nq];B[lq];W[np];B[oo];W[ml];B[nl];W[nk];B[ql];W[ol];B[pm];W[rq];
B[rm];W[rn];B[pj];W[pi];B[oj];W[ni];B[oi];W[oh];B[ph];W[qi];B[nj];W[mj];B[pk];W[og];
B[mi];W[nh];B[lj];W[mk];B[qh];W[hc];B[li];W[pe];B[qe];W[jj];B[kl];W[jm];B[km];W[kn];
B[jl];W[in];B[hl];W[lm];B[ii];W[ji];B[ij];W[jh];B[lk];W[kd];B[ih];W[ig];B[im];W[jn];
B[jg];W[kg];B[jf];W[lh];B[mh];W[qf];B[rh];W[kf];B[hg];W[if];B[je];W[ke];B[hn];W[ik];
B[hk];W[ho];B[gn];W[hq];B[hr];W[gq];B[io];W[jr];B[lp];W[ir];B[mn];W[nn];B[ln];W[mo];
B[ko];W[mm];B[ln];W[nr];B[jd];W[pd];B[pc];W[qc];B[rc];W[oc];B[qb];W[hf];B[lg];W[kh];
B[lb];W[pb];B[oe];W[qc];B[pf];W[pc];B[nc];W[nb];B[pa];W[ob];B[of];W[mc];B[rb];W[kb];
B[kc];W[lc];B[jb];W[mb];B[hd];W[la];B[gc];W[gg];B[gi];W[fd];B[fc];W[ec];B[ge];W[eg];
B[me];W[mf];B[ne];W[le];B[fg];W[ff];B[rp]
)

40 :31:01/10/15 17:51 ID:Q0KN2vME
先二 先番 中押し勝ち 野沢竹朝五段
              本因坊秀哉名人
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[野沢竹朝5段]PW[本因坊秀哉名人]KM[0.0]HA[346216064]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dc];B[pq];W[qo];B[od];W[qj];B[cp];W[eq];B[do];W[cf];B[jc];W[dk];B[op];W[kq];
B[pn];W[qn];B[pl];W[qm];B[iq];W[eo];B[jp];W[dn];B[cn];W[dm];B[cm];W[cl];B[dr];W[lo];
B[mq];W[mp];B[kp];W[nq];B[lq];W[np];B[oo];W[ml];B[nl];W[nk];B[ql];W[ol];B[pm];W[rq];
B[rm];W[rn];B[pj];W[pi];B[oj];W[ni];B[oi];W[oh];B[ph];W[qi];B[nj];W[mj];B[pk];W[og];
B[mi];W[nh];B[lj];W[mk];B[qh];W[hc];B[li];W[pe];B[qe];W[jj];B[kl];W[jm];B[km];W[kn];
B[jl];W[in];B[hl];W[lm];B[ii];W[ji];B[ij];W[jh];B[lk];W[kd];B[ih];W[ig];B[im];W[jn];
B[jg];W[kg];B[jf];W[lh];B[mh];W[qf];B[rh];W[kf];B[hg];W[if];B[je];W[ke];B[hn];W[ik];
B[hk];W[ho];B[gn];W[hq];B[hr];W[gq];B[io];W[jr];B[lp];W[ir];B[mn];W[nn];B[ln];W[mo];
B[ko];W[mm];B[ln];W[nr];B[jd];W[pd];B[pc];W[qc];B[rc];W[oc];B[qb];W[hf];B[lg];W[kh];
B[lb];W[pb];B[oe];W[qc];B[pf];W[pc];B[nc];W[nb];B[pa];W[ob];B[of];W[mc];B[rb];W[kb];
B[kc];W[lc];B[jb];W[mb];B[hd];W[la];B[gc];W[gg];B[gi];W[fd];B[fc];W[ec];B[ge];W[eg];
B[me];W[mf];B[ne];W[le];B[fg];W[ff];B[rp]
)

大正4年8月、秀栄門下の野沢が「評の評」を雑誌「囲碁虎之巻」に連載。
内容は名人秀哉による新聞碁の講評を五段ごときの(笑)野沢が寸評する、というもの。
(おまけに秀哉が本因坊跡目になった裏事情を暴露した)
当然、秀哉は大激怒で野沢を破門。
だが、野沢は、秀栄門下の私には何の痛痒もない、とばかりに気にしない。
野沢にしてみれば、秀哉は秀栄門下の弟弟子にすぎない。
この時、秀哉は宿敵方円社と組んだり、新聞社に働きかけたりして
野沢に圧力をかけようと画策した。
この碁は、ちょうどそのころ行われた、坊門敗退戦という棋戦で打たれたもの。
白96がヌルくて(124にマガらなければならない)野沢の快勝。

41 :31:01/10/15 17:52 ID:Q0KN2vME
先 時間切れ負 雁金準一七段
         本因坊秀哉名人
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[雁金準一]PW[本因坊秀哉]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[qp];B[od];W[dc];B[do];W[dq];B[cq];W[cr];B[cp];W[er];B[ck];W[op];B[ce];W[qj];B[gc];W[ed];
B[dg];W[cd];B[de];W[bd];B[qh];W[kc];B[ql];W[ph];B[qg];W[ok];B[om];W[pm];B[pl];W[ol];B[pn];W[nm];
B[qm];W[nn];B[rj];W[eo];B[en];W[fo];B[fq];W[dp];B[dn];W[ip];B[jq];W[iq];B[ir];W[jp];B[kr];W[kq];
B[jr];W[lq];B[lr];W[mr];B[hq];W[hp];B[gp];W[go];B[mq];W[nr];B[fr];W[hr];B[gq];W[fs];B[gs];W[ls];
B[hs];W[ks];B[ep];W[br];B[gr];W[js];B[kp];W[lp];B[ko];W[jo];B[nq];W[or];B[ms];W[ns];B[ho];W[hn];
B[jn];W[io];B[in];W[ho];B[kn];W[ms];B[is];W[mp];B[hm];W[gm];B[fn];W[hl];B[im];W[gn];B[gl];W[fl];
B[gk];W[fm];B[fk];W[dl];B[el];W[em];B[dm];W[ek];B[ej];W[eq];B[dk];W[fp];B[es];W[dr];B[bq];W[cl];
B[el];W[ep];B[bo];W[ek];B[mo];W[np];B[el];W[co];B[bl];W[ek];B[cm];W[el];B[cn];W[bk];B[bj];W[fj];
B[ei];W[hk];B[gj];W[bm];B[ak];W[bn];B[co];W[ap];B[jk];W[aq];B[am];W[gi];B[hj];W[ij];B[hi];W[ik];
B[hh];W[ih];B[kj];W[hg];B[gh];W[ii];B[kh];W[kg];B[lh];W[lk];B[kk];W[lm];B[km];W[gg];B[fh];W[jg];
B[ds];W[cs];B[as];W[ar];B[fe];W[mf];B[lj];W[pg];B[mg];W[ng];B[nf];W[lg];B[mh];W[me];B[ne];W[nc];
B[oc];W[nd];B[oe];W[ll];B[nh];W[ri];B[qi];W[pj];B[rk];W[pi];B[qf];W[fd];B[gd];W[ge];B[he];W[gf];
B[if];W[je];B[jb];W[kb];B[eb];W[db];B[ie];W[ig];B[ic];W[hb];B[gb];W[id];B[jd];W[jc];B[ib];W[kd];
B[ha];W[ob];B[pb];W[fs];B[es];W[ds];B[og];W[rn];B[an];W[fs];B[be];W[ee];B[es];W[kl];B[jl];W[fs];
B[ff];W[fg];B[ef];W[bb];B[es];W[eg];B[df];W[fs];B[md];W[hr];B[mc];W[eh];B[fi];W[dh];B[ch];W[hd];
B[hc];W[jd];B[le];W[lf];B[ld];W[ke];B[rm];W[ro];B[mk];W[on];B[mn];W[nj];B[mj];W[nl]
)

42 :31:01/10/15 17:54 ID:Q0KN2vME
日本の碁界が日本棋院に一本化したものの不満分子が棋正社を創立。
そして院社対抗戦を持ちかけ、秀哉vs雁金のカードを提案。
不遇な雁金にとっては遺恨試合?
日本棋院には全くメリットがないが、読売の破格の対局料の提示に
目が眩んだか、秀哉はこれを受ける。(棋院理事会には相談なし)
碁は黒128が失着で白優勢のまま時間切れ。
ただ、手合い割りは黒有利なものの、当時は封じ手制度がなく、
常に白の番で打ち掛けなので研究のできる白が有利ではあった。

43 :31:01/10/15 17:56 ID:Q0KN2vME
先二先 先番 呉清源五段
二目勝ち    本因坊秀哉名人
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[呉清源5段]PW[本因坊秀哉名人]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qc];W[cd];B[dp];W[pq];B[jj];W[pd];B[qd];W[pe];B[ob];W[qn];B[jp];W[lq];B[dj];W[ed];B[lo];W[nq];
B[kq];W[lp];B[ko];W[ch];B[gj];W[fq];B[fo];W[iq];B[gp];W[cq];B[cp];W[dq];B[nd];W[ph];B[pj];W[ne];
B[me];W[mf];B[nf];W[ng];B[oe];W[of];B[ne];W[nj];B[om];W[mg];B[ke];W[hc];B[qm];W[rm];B[rn];W[rl];
B[ro];W[pm];B[ql];W[qk];B[pl];W[pn];B[pk];W[qj];B[nl];W[pi];B[qp];W[on];B[nn];W[no];B[mo];W[op];
B[qr];W[qq];B[rq];W[pr];B[rr];W[mn];B[nm];W[lm];B[ll];W[kp];B[mp];W[mq];B[ip];W[jq];B[kk];W[cn];
B[ep];W[cj];B[ck];W[dk];B[cl];W[dl];B[ci];W[bj];B[bi];W[di];B[ej];W[bh];B[dm];W[ei];B[fj];W[cm];
B[ak];W[ai];B[el];W[bp];B[rf];W[co];B[qg];W[rh];B[jc];W[gq];B[eq];W[en];B[fn];W[er];B[fr];W[dr];
B[hq];W[hr];B[hp];W[gr];B[fc];W[ic];B[dc];W[cc];B[gd];W[he];B[ge];W[je];B[hd];W[id];B[hf];W[kd];
B[le];W[kc];B[og];W[oh];B[pg];W[em];B[ek];W[fm];B[gm];W[mb];B[cb];W[ec];B[eb];W[dd];B[db];W[gb];
B[bc];W[bd];B[bb];W[nb];B[oa];W[fb];B[ea];W[gh];B[jf];W[ie];B[ff];W[hi];B[hg];W[eo];B[fp];W[hl];
B[il];W[jh];B[fh];W[fi];B[hj];W[if];B[ih];W[ii];B[ig];W[jg];B[ji];W[fg];B[kf];W[ij];B[ik];W[hh];
B[gf];W[mk];B[df];W[ml];B[sm];W[sk];B[mm];W[dg];B[li];W[ol];B[ln];W[nk];B[km];W[fl];B[gl];W[oj];
B[qh];W[ri];B[cf];W[ef];B[gi];W[eh];B[ee];W[eg];B[de];W[bf];B[bq];W[br];B[ps];W[os];B[qs];W[oq];
B[bo];W[aq];B[an];W[bn];B[am];W[ao];B[rg];W[mi];B[qi];W[lh];B[kh];W[lj];B[rj];W[rk];B[sh];W[sj];
B[bg];W[ae];B[cg];W[ag];B[fe];W[gc];B[fd];W[ce];B[kg];W[mc];B[ki];W[fk];B[ld];W[lc];B[gk];W[bk];
B[bl];W[na];B[nc];W[gg];B[fa];W[ga];B[ac];W[ad];B[lg];W[mh];B[qo];W[lk]
)

44 :31:01/10/15 17:59 ID:Q0KN2vME
この碁は、昭和8年10月に呉清源が読売の日本囲碁トーナメントを優勝した記念として打たれた。
時代はおりしも満州事変、上海事変、5.15事件を経て、日中戦争へ…
三々を禁じ手としている坊門の、それも家元である本因坊秀哉名人に対して
1.3.5の布石はまことに挑戦的だった。
碁は黒優勢で進み、呉の師匠、瀬越憲作宅への投石事件も起きた。
名人の権威を守るべく必死の秀哉は、12回目の打ち掛け後
(この碁は月曜日ごとに打ち続けられた)白160の妙手で逆転勝ちする。
>>18さんと>>30さんの言う、地中の妙手がコレ。
このころから家元制度は揺らぎはじめたとも言えのかな。

45 :31:01/10/15 18:00 ID:Q0KN2vME
先 五目勝ち 木谷実七段
        本因坊秀哉名人
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[木谷実七段]PW[本因坊秀哉名人]KM[0.0]HA[1]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[qp];B[dq];W[co];B[ep];W[od];B[oc];W[nc];B[pc];W[md];B[ne];W[oe];B[nb];W[nf];B[mb];W[nq];
B[pf];W[ce];B[cc];W[ed];B[ec];W[fc];B[fd];W[gd];B[fe];W[ee];B[gc];W[fb];B[eb];W[gb];B[ff];W[hc];
B[ef];W[cd];B[bc];W[ch];B[di];W[ci];B[dj];W[cj];B[dk];W[ck];B[dl];W[cm];B[dn];W[cn];B[dm];W[jp];
B[jc];W[je];B[ie];W[jd];B[id];W[ic];B[kc];W[if];B[he];W[jf];B[hf];W[jb];B[kb];W[ia];B[no];W[np];
B[lo];W[lp];B[le];W[lf];B[kf];W[me];B[lg];W[mf];B[kd];W[kg];B[ke];W[lh];B[jg];W[mg];B[ph];W[jh];
B[ig];W[ql];B[qj];W[rj];B[ri];W[ol];B[rk];W[ko];B[hq];W[hp];B[gp];W[gq];B[hr];W[iq];B[ho];W[ip];
B[gr];W[kl];B[ki];W[kh];B[rm];W[rl];B[sl];W[qm];B[rn];W[qo];B[bp];W[dg];B[bd];W[be];B[dc];W[go];
B[fq];W[hn];B[oj];W[nj];B[ni];W[mj];B[ok];W[nk];B[hd];W[hb];B[qn];W[pn];B[sp];W[rq];B[mi];W[li];
B[nl];W[ro];B[nm];W[om];B[lj];W[mk];B[lk];W[ml];B[ll];W[mm];B[lm];W[mn];B[ln];W[mo];B[jj];W[ir];
B[so];W[sq];B[sm];W[bo];B[bq];W[ik];B[ij];W[hj];B[ii];W[jk];B[hl];W[hk];B[fo];W[gn];B[gl];W[il];
B[cl];W[bl];B[nh];W[mh];B[qk];W[og];B[pg];W[ea];B[da];W[fa];B[ba];W[hm];B[is];W[js];B[hs];W[jr];
B[ae];W[af];B[ad];W[cf];B[pl];W[pm];B[pk];W[nn];B[fm];W[fn];B[en];W[ao];B[km];W[jm];B[fk];W[do];
B[eo];W[hi];B[ih];W[fj];B[dd];W[ej];B[ek];W[de];B[bg];W[bf];B[cg];W[bh];B[df];W[ag];B[dh];W[fh];
B[eh];W[cg];B[fi];W[gi];B[ei];W[kk];B[kj];W[gg];B[ka];W[ja];B[kn];W[jn];B[gj];W[gk];B[fj];W[gm];
B[fl];W[ap];B[aq];W[cp];B[cq];W[oh];B[oi];W[pe];B[qe];W[nd];B[sk];W[lc];B[lb]
)

46 :31 これで最後:01/10/15 18:05 ID:Q0KN2vME
秀哉の引退碁は昭和13年6月26日〜12月4日にかけて打たれた。
当時64歳の秀哉は心臓を患っていて、8月に碁を中断して入院している。
この碁を打ち終えた一ヶ月後、秀哉逝去。
これで家元制度は終焉し、選手権としての本因坊戦がスタートする。
(将棋の名人戦も同じころだったと思う)
当時の碁打ちの最後はこんなものかも知れない。
新時代の幕を開いた木谷や呉も、最後はドクターストップで引退する。
碁の寸評はナシってことで。

>>27さんの時間繋ぎの手がでる譜がコレです。
実際問題、名人の体はボロボロだったことでしょう。
毀誉褒貶あるけど、まぁ色々な意味で巨人であったことは確かでしょう。

ちなみに譜は全部sgfです。

47 :名無し名人:01/10/17 00:42 ID:Av+IzFW4
(・∀・)イイ!!
このスレを田村保寿の棋譜を貼るスレにしよう。

それか、本因坊のドロドロを語りながら古典棋譜を貼るスレか。

48 :キノコ:01/10/17 00:44 ID:lI8qcFd7
どうやって読むのですか、これ

49 :名無し名人:01/10/17 00:48 ID:nf8FLJq7
あ、囲碁の棋符なのか...
嵐かと思った...

50 :*蜂の子族:01/10/17 01:05 ID:oWVEsghn
>>49
オレーモナ!!

51 :31:01/10/17 01:42 ID:t9GU0kCY
>>49-50 >嵐かと思った
そりゃないよー。結構大変だったのに。
>>48
Winなら
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/game/table/igo/index.html
Macなら
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/mac/game/table/igo/index.html
ここでsgf対応の棋譜再生ソフトを落として下さい。

52 :名無し名人:01/10/17 01:51 ID:jbfTP4WO
>>47
>本因坊のドロドロを語りながら古典棋譜を貼るスレ
斬新で(・∀・)イイ!! 

53 :ドロドロ:01/10/17 06:13 ID:+HU04d92
中押勝ち 先番 安井知得八段
        本因坊元丈
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[安井知得]PW[本因坊元丈]KM[0.0]HA[1]RE[B+R]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dc];B[cp];W[pq];B[ce];W[eq];B[iq];W[ci];B[cm];W[ei];B[gc];W[ed];B[jc];W[oc];
B[bc];W[bb];B[dh];W[di];B[cc];W[cb];B[eb];W[db];B[df];W[fe];B[fg];W[ch];B[ff];W[he];
B[mc];W[bf];B[ee];W[fd];B[be];W[oe];B[qg];W[gb];B[hb];W[cf];B[fb];W[dd];B[de];W[ld];
B[gh];W[if];B[lc];W[kd];B[kc];W[ih];B[fj];W[dl];B[cl];W[ck];B[dm];W[el];B[hj];W[io];
B[lq];W[eg];B[gf];W[id];B[jj];W[ph];B[qh];W[pi];B[pg];W[og];B[rj];W[em];B[ef];W[nq];
B[ki];W[ik];B[ij];W[kg];B[gq];W[eo];B[cq];W[qk];B[qj];W[pj];B[ql];W[pl];B[rk];W[qm];
B[pk];W[ok];B[hg];W[dr];B[mq];W[gk];B[ig];W[jh];B[gj];W[hr];B[hq];W[gr];B[ir];W[bk];
B[cr];W[fq];B[nr];W[or];B[np];W[op];B[oq];W[fi];B[hh];W[nq];B[no];W[qk];B[oq];W[ic];
B[ib];W[nq];B[pk];W[jg];B[hk];W[qk];B[oq];W[rl];B[nq];W[qe];B[re];W[rd];B[qf];W[qc];
B[pe];W[pd];B[qe];W[bo];B[co];W[an];B[bm];W[am];B[al];W[bl];B[bn];W[ak];B[bp];W[pr];
B[pp];W[qp];B[oo];W[qo];B[pb];W[pc];B[ob];W[ne];B[fn];W[gn];B[go];W[gm];B[fo];W[hl];
B[ho]
)

54 :ドロドロ:01/10/17 06:14 ID:+HU04d92
11世本因坊の元丈と8世安井仙知である安井知得との一戦。
ふたりは良きライバルで一門の当主同士なのに仲が良く、
片方を出し抜いて名人碁所になろうなんて野心もなく
準名人(八段)として生涯を終えた。
二人とも芸道至上主義者で理想家でありました。

これはその中の一局で、知得のダメの妙手として名高い一局。
黒69がそう。
この二人は理想的な関係だったのに…
ドロドロは以降の棋譜で。。。

55 :ドロドロ:01/10/17 06:18 ID:+HU04d92
 先  赤星因徹七段
中押勝 本因坊丈和名人 
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[赤星因徹]PW[本因坊丈和]KM[0.0]HA[1]RE[W+R]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dc];B[cp];W[op];B[eq];W[oc];B[ce];W[ci];B[ck];W[ed];B[kc];W[pf];B[od];W[pd];B[pe];W[pc];
B[qe];W[oe];B[nd];W[qc];B[rc];W[rb];B[qg];W[mb];B[ld];W[of];B[rd];W[qi];B[ph];W[pi];B[oh];W[mf];
B[qb];W[pb];B[ra];W[nc];B[me];W[sb];B[lf];W[mg];B[lg];W[mh];B[oi];W[lh];B[pk];W[ke];B[le];W[ne];
B[ql];W[qp];B[hc];W[df];B[mq];W[cf];B[pq];W[qq];B[oq];W[qn];B[kh];W[md];B[fc];W[kq];B[np];W[hq];
B[rm];W[rn];B[sn];W[rk];B[pj];W[ol];B[nj];W[cm];B[ek];W[co];B[dp];W[fn];B[ei];W[di];B[eh];W[dj];
B[bf];W[bg];B[cc];W[cb];B[bb];W[cd];B[bc];W[db];B[bd];W[de];B[dd];W[gd];B[cg];W[dg];B[fd];W[gc];
B[ge];W[hd];B[he];W[id];B[fe];W[fb];B[eb];W[cd];B[gb];W[be];B[dk];W[hb];B[fa];W[kd];B[jb];W[lc];
B[jf];W[ie];B[ic];W[if];B[jg];W[ig];B[ki];W[gi];B[gg];W[kb];B[jc];W[ii];B[gk];W[fg];B[gh];W[ik];
B[hj];W[hi];B[ij];W[jj];B[ih];W[hh];B[hg];W[ej];B[gm];W[jh];B[ji];W[fj];B[fk];W[kg];B[kf];W[je];
B[ih];W[ja];B[ia];W[jh];B[kg];W[ka];B[ih];W[ok];B[oj];W[jh];B[lb];W[la];B[ih];W[qf];B[rf];W[jh];
B[ma];W[na];B[ih];W[lk];B[kj];W[jh];B[ha];W[jk];B[lj];W[eo];B[im];W[jm];B[mk];W[fq];B[jn];W[fr];
B[bo];W[kn];B[jo];W[lp];B[no];W[mn];B[nn];W[nm];B[mm];W[ml];B[lm];W[nk];B[mj];W[km];B[ll];W[ln];
B[kk];W[bn];B[do];W[dn];B[ho];W[ip];B[sp];W[il];B[cn];W[on];B[po];W[co];B[hp];W[hm];B[iq];W[jp];
B[cn];W[pr];B[or];W[co];B[jr];W[ep];B[kr];W[gn];B[cn];W[jd];B[ib];W[co];B[hn];W[in];B[cn];W[lq];
B[co];W[lr];B[dm];W[em];B[en];W[qm];B[rl];W[dn];B[dl];W[rr];B[ps];W[qr];B[nl];W[sq];B[om];W[rp];
B[er];W[es];B[en];W[gl];B[bj];W[ih]
)

56 :どろどろ:01/10/17 06:19 ID:+HU04d92
先の元丈・知得の一世代後のライバル、12世本因坊丈和・11世井上幻庵因碩。
これは最低のライバル同士で、元丈・知得は77回も打ってるのにこの連中は
一回も対戦していない。

可哀想に、老齢の知得はこの争いに巻き込まれて、体をこわしてしまう。
本来、知得・幻庵で行われるハズの争碁が幻庵の謀略で知得・丈和に
なってしまい、知得は倒れてしまう。
そしてもうひとりの犠牲者がこの赤星因徹。
黒33が鋭くて因徹が優位に立つも、丈和、白68、70、78の
「三妙手「と呼ばれる手で逆転。
結核持ちの因徹は、打手が乱れ、その場で血を吐いて死ぬことになる

57 :56:01/10/17 06:20 ID:+HU04d92
先番 本因坊秀和 四目勝ち
   井上幻庵因碩
(;
FF[4]SZ[19]BS[0]WS[0]PB[本因坊秀和]PW[井上幻庵因碩]KM[0.0]HA[345826752]RU[Japanese]AP[AIIGO9/i4]VW[];
B[qd];W[dc];B[cp];W[pq];B[eq];W[oc];B[ce];W[ci];B[ck];W[ed];B[kc];W[pe];B[qe];W[pf];B[qg];W[ic];
B[ke];W[pg];B[qh];W[ph];B[pi];W[oi];B[pc];W[pb];B[qb];W[pd];B[qc];W[pj];B[qi];W[oj];B[rk];W[jd];
B[kd];W[nd];B[je];W[ie];B[if];W[he];B[jg];W[hf];B[hg];W[gg];B[hh];W[gh];B[hi];W[gi];B[cg];W[hj];
B[di];W[ii];B[ji];W[ih];B[ig];W[ij];B[lg];W[cj];B[dj];W[bk];B[ch];W[cl];B[dk];W[co];B[do];W[bp];
B[cn];W[bo];B[bn];W[dn];B[dm];W[en];B[cm];W[dp];B[hq];W[dq];B[dr];W[cr];B[kq];W[ki];B[jh];W[jj];
B[mh];W[jb];B[mj];W[lj];B[nh];W[oh];B[kh];W[mq];B[qo];W[mk];B[np];W[kr];B[jr];W[lr];B[er];W[jq];
B[eo];W[ep];B[jp];W[qq];B[iq];W[qn];B[ro];W[rm];B[pn];W[qk];B[rl];W[ql];B[rj];W[bd];B[be];W[ko];
B[op];W[nr];B[rn];W[fp];B[fq];W[bi];B[aj];W[cc];B[li];W[qm];B[sm];W[ds];B[es];W[cs];B[gp];W[fo];
B[kj];W[lk];B[nn];W[kk];B[jc];W[kb];B[id];W[hc];B[lb];W[qf];B[rf];W[re];B[rh];W[ob];B[qa];W[ae];
B[af];W[ad];B[cf];W[in];B[em];W[fm];B[fl];W[gl];B[gm];W[fn];B[fk];W[gk];B[fj];W[ef];B[ka];W[ib];
B[hd];W[gd];B[jd];W[gf];B[ho];W[hn];B[gj];W[gn];B[gc];W[gb];B[fc];W[fb];B[fd];W[ge];B[ln];W[km];
B[sq];W[rq];B[sp];W[gr];B[hr];W[eh];B[rr];W[qr];B[dh];W[js];B[is];W[ks];B[kn];W[jn];B[lo];W[kp];
B[lp];W[jo];B[lq];W[ip];B[jq];W[io];B[hp];W[pm];B[on];W[nj];B[lm];W[ll];B[nl];W[mi];B[mc];W[ki];
B[mf];W[md];B[la];W[nc];B[ng];W[lh];B[ia];W[nf];B[kf];W[le];B[ja];W[hb];B[li];W[ag];B[bf];W[lh];
B[lf];W[ha];B[cd];W[bc];B[ei];W[eg];B[sr];W[rs];B[li];W[me];B[of];W[oe];B[ne];W[lh];B[nf];W[li];
B[ma];W[fi];B[ao];W[ap];B[an];W[ol];B[ml];W[om];B[mp];W[nq];B[oq];W[or];B[nm];W[pp];B[po];W[nk];
B[dd];W[ee];B[nb];W[ld];B[lc];W[oa];B[na];W[rp]
)

58 :56:01/10/17 06:24 ID:+HU04d92
丈和が隠居したのを期に、幻庵は再び名人碁所に名乗りをあげる。
スッタモンダの挙げ句、条件は本因坊跡目、秀和相手に四番を
打って勝つ、ということになった。
で、これがその一局目。
白46が悪くて局面に遅れてそのまま終局。
体力的にシンドイので、二局以降は打たれずにこの騒動は終わる。

知得が命を賭けて丈和、幻庵と争碁を打とうとし、
赤星因徹が血を吐いて死んだのと比べると、
あまりにも軟弱すぎる。
ちなみに赤星因徹は享年26歳だが、幻庵はチャッカリ1859年まで長生きした。

59 :名無し名人:01/10/17 06:39 ID:qbLljrvx
>31
サンキュ
秀哉の最著名局9局ですか。
それにしても、秀栄にほれぼれ。
>56
サンキュ
でも、新しく古典棋譜スレ立てたほうがイイ!

60 :村雨04:01/10/17 09:42 ID:sb9yy3gq
なんとマニアックな、、、時間があればゼーンブ並べた(・∀・)イイ!!
でも忙しい(萎

61 :名無し名人:01/10/17 10:22 ID:7oZTZSXJ
あのー、sgf対応のソフトは手に入れたんですけど
その後どうすればいいですか

62 :村雨04:01/10/17 11:28 ID:sb9yy3gq
>>61さん

私が使っているソフトの場合の手順を参考までに。

「茶゙碁」棋譜の再生ソフト
http://www.ah.wakwak.com/~tomyam/jago/jago.html
をダウンロード。
ショートカットをクリック→起動後の小窓のツールバー「アクション」→「ローカル碁盤」→碁盤の右にあるクリップボードに、掲示板にウプされた記号のカッコ(からカッコ)までを正確にコピペ→「ファイル」→「クリップボーからロード」で下の右向き▲をクリックしていけば手順を再現出来ます。

63 :名無し名人:01/10/17 11:29 ID:Ayds2NWT
>>61
その文字列をメモ帳やワードパッドにコピペして拡張子を(.sgf)にしてsaveし、
然る後にそれをsgf対応のソフトで開く
他の棋譜フォーマットも御同様。

64 :61:01/10/17 14:08 ID:q/HIWaUr
あ、どうも
くりっぷぼーどにコピペで読めました
秀哉対雁金の「石取り碁の名局」を堪能させてもらいましたよ
ありがとうね

65 :61:01/10/17 14:42 ID:1j2EccIn
ところで、秀栄対保寿で

├┼○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼○○┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼●┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┤
├┼┼┼○┼┼┼┼●┼┼┼●●┼○┼┤
├●┼○┼┼●┼┼┼┼┼┼●○○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘
↑こんな感じの碁を知らない?
 これが超名局なんですよね(白の秀栄の中押勝)
 棋譜を紛失したのでしばらく見てないよ

66 :名無し名人:01/10/17 15:23 ID:1J6SYbCA
Thamks
神降臨ってやつか。
もっと貼ってくれい!

67 :56:01/10/17 15:44 ID:+HU04d92
どうしよ。59さんの言う通り新スレ立てた方がいいのかな?

68 :名無し名人:01/10/17 16:44 ID:rn4xcKZh
あんまりスレたてても沈むだけだろ。
と俺は思うがどうか?

69 :56:01/10/17 16:46 ID:+HU04d92
一応、手持ちの棋譜だけでスレッド埋めつくすことができます。

70 :名無し名人:01/10/17 16:59 ID:yQ1yUuWy
これかな?違ってたらスマソ

(
;DT[1901-1-20]SZ[19]PB[田村 保寿]PW[本因坊 秀栄]
RE[W+R]C[四象会手合]BR[六段]WR[八段]PC[四象会手合]
;B[qd];W[dd];B[nc];W[qp];B[co];W[dq];B[op];W[oq];B[nq];W[pq]
;B[np];W[po];B[gq];W[ep];B[jp];W[cl];B[qj];W[gc];B[qn];W[pn]
;B[qm];W[dn];B[bq];W[cn];B[be];W[cd];B[ch];W[cf];B[bf];W[cg]
;B[bg];W[bi];B[bh];W[eg];B[eh];W[fh];B[bc];W[bd];B[ad];W[cb]
;B[bj];W[ci];B[dh];W[cj];B[fi];W[fg];B[ej];W[er];B[ne];W[rd]
;B[rc];W[qe];B[pd];W[qh];B[nr];W[qo];B[rf];W[oh];B[ol];W[nn]
;B[oj];W[mh];B[jc];W[iq];B[jq];W[ip];B[io];W[jr];B[hp];W[ir]
;B[gr];W[kq];B[kp];W[lq];B[lp];W[ho];B[lr];W[kr];B[mq];W[ls]
;B[mr];W[hn];B[hq];W[gi];B[gj];W[fk];B[hi];W[gh];B[fj];W[hj]
;B[cc];W[dc];B[bb];W[db];B[gk];W[ij];B[ba];W[pm];B[ql];W[jd]
;B[kd];W[ke];B[kc];W[lf];B[id];W[je];B[hc];W[gd];B[ie];W[if]
;B[lj];W[ah];B[fl];W[hl];B[in];W[im];B[dk];W[ck];B[dm];W[cm]
;B[ni];W[nh];B[ki];W[ld];B[me];W[le];B[lc];W[md];B[nd];W[nk]
;B[mi];W[re];B[qf];W[pf];B[pe];W[qg];B[of];W[pg];B[sd];W[rg]
;B[se];W[rk];B[pl];W[rj];B[kn];W[el];B[dl];W[em];B[en];W[fm]
;B[gl];W[gm];B[ek];W[fs];B[hs];W[gp];B[fp];W[go];B[fq];W[fo]
;B[is];W[eq];B[ks];W[ll];B[ml];W[nl];B[om];W[nm];B[on];W[lk]
;B[jl];W[jo];B[jn];W[jm];B[qr];W[ps];B[pr];W[or];B[qq];W[pp]
;B[rp];W[ro];B[sq];W[so];B[rr];W[oo];B[no];W[sl];B[lh];W[jh]
;B[sm];W[rm];B[rl];W[sn];B[sk];W[sj];B[mg];W[mf];B[ng];W[lg]
;B[og];W[ri];B[oi];W[ph];B[sh];W[sp];B[qs];W[os];B[ss];W[rq]
;B[mk];W[lm];B[rp];W[nf];B[oe];W[rq];B[km];W[kl];B[rp];W[kh]
;B[rq];W[li];B[kj];W[ln];B[ko];W[kk];B[lh];W[pj]
)

71 :村雨04:01/10/17 18:01 ID:sb9yy3gq
>>70さん
合ってますね。ですよね、>>65の61さん?

これは私も何度も並べました。棋力ウプに成果梨なのが先人に申し訳ない、、、

72 :名無し名人:01/10/17 18:07 ID:rn4xcKZh
>>69
埋め尽くしちゃってください!
ドロドロも一緒に(笑)
棋譜ほしぃ〜特に古典が。

最近のも好きだけど。

73 :69もおだてりゃ木に登る:01/10/17 18:22 ID:+HU04d92
夜間ヒッソリと立ててみます

74 :70:01/10/17 18:23 ID:yQ1yUuWy
>>72さん
ここに行けば古譜なら結構そろってるよ。
解説してくれてるのも嬉しい。

ttp://www1.odn.ne.jp/%7Eassembly/go.html

75 :将棋4段,囲碁初段:01/10/17 22:01 ID:dk+fXk7f
囲碁の住人はレベル高いね。
こういうスレみると、ほんとにそう思う。

76 :名無し名人:01/10/17 23:20 ID:ziz370id
>>56
幻庵と丈和はいっぱい打ってるよ。残ってる棋譜だけで70局ぐらい?
幻庵が服部立徹という名前の頃から考えれば。結果は先相先の手合(勿論
丈和の方が上手)なので、決着はついてる。
丈和が名人になってからは名人お止め碁と言って公式戦で打つことはもう
ほとんどない。赤星因徹との対戦は特別だった。
ついでに赤星が死んだのは対局の2ヶ月もあとで、対局後に血を吐いたという
のは誰かの創作。といっても対局時はすでに肺結核にかかっていているので、
対局は辛かっただろうと思われる。しかも4日もかかって打たれたので、
赤星にとってはかなりの不利。結果序盤のリードを守れず3日目あたりで
沈没してしまう。うう、かわいそう…

この頃の碁打ちはみんなキャラが立っていていいね。秀和なんて幻庵より余裕
で強いっぽいのに地味すぎてなぁ。

77 :名無し名人:01/10/17 23:33 ID:1+pvwnG2
>>76
秀和は強いね!

でも、あんまり因縁が無いなあ。
跡目がちょっとあれかな…

78 :参楠、梅61:01/10/17 23:37 ID:HfUggyLo
>>70
まさにこれです。
これはすばらしいね。
といってもプロの解説は見たことないから私が勝手に名局(秀栄の)
といってるだけかもしれないですけど。
古今の打碁の中でもベスト3に入る好きな碁です

79 :>76:01/10/17 23:48 ID:EPd7JBFe
>秀和なんて〜地味すぎてなぁ。
地味なのは逸話が少ないというだけのことでしょ。
碁は巨人の域、そして近代囲碁の祖。それで十分以上。
ケイマのサバキで秀策に膝を叩かせた話や、秀甫に「秀和のみ」と
言わせた碁、秀栄の「親父とは2目でも嫌だよ」という言葉は、
財布を落としたやら中国に行けなかったやらという話より光ってるよ。
もちろん幻庵もいいけどね。

80 :名無し名人:01/10/18 00:31 ID:oNvkvT/W
>>78
なんとお目が高い人か、秀栄のケタ違いの強さを示す白の名局だそうです。

昭和50年11月号の棋道にこの碁の解説が、大平九段、春山七段の
共同研究で出ていました。
大平「平明に打って、いつの間にかリードしている。読みの深さも抜群だ。
黒には勝つチャンスがほとんどなかった。19くらいかな悪手は。
それなのに・・・・・」
−−「現代とくらべるとどうですか?」
春山「今の棋士は、こんなに読んでませんね」
大平「いま秀栄が出てくれば、かなわない気がする。あんまり強いので、
いやになったよ」(笑)

81 :名無し名人:01/10/18 00:55 ID:YT4kH9GZ
下辺あっさり捨てて勝ちとは・・
秀栄が史上最強かな
しかし昭和50年とは古い どこで調べたの?

82 :名無し名人:01/10/18 00:58 ID:Jj8LtioX
>>81
持ってるんじゃないの?
うらやましいよね。
この頃の囲碁雑誌と来たら…

83 :名無し名人:01/10/18 01:10 ID:SRCQECqw
結局誰が一番強いのか?

84 :名無し名人:01/10/18 01:11 ID:xerjZsw1
>>82
プロ棋士が原稿のチェックをしないから
ちかごろの官僚棋士たちはゴルフテニス合コンばかりで・・
昔は秀行の解説に坂田がかみついたり(次号で反論だったかな?)
梶原の解説に秀行が激怒したりで、解説するほうも真剣だったが
今は大矢あたりが適当にやってる(どうしてお前が???)

85 :名無し名人:01/10/18 01:41 ID:caXwBZaS
>>85
週間読売の囲碁コーナーで鍛われたと
思われる。

86 :70:01/10/18 08:17 ID:aaaNEhq1
>>78
日本棋院発行の「流水秀栄」という本に、プロ棋士の講評付きで載っています。
そこでも秀栄の名局として取り上げられていますよ。
これは本屋で買えます。

日本囲碁体系(だったかな?)の秀栄の巻(16巻?)も故高川秀格の講評付き
で秀栄の棋譜が20局くらいあります。
これは絶版なので、古本屋で探してください。

いずれも、書いたのはライターのようですが、勉強にはなるのでは?

87 :70:01/10/18 11:22 ID:aaaNEhq1
>>78さん

コメント付きのSGF書きこんみました。
但し、間違えて「再興 囲碁、棋譜保存スレ」の方に書いてしまったので、
宜しかったらどうぞ。

88 :名無し名人:01/10/18 17:27 ID:RGKWY/s5
>>87
ありがと!
この碁なぜか日本囲碁体系の「秀栄」に載ってないから
自分にとっては長く幻だった
たしか昔の囲碁雑誌の歴史ものの連載かなんかで棋譜を見たんだよね
碁の本はほとんど見ないから(古典以外)そんな本が出てるとは知らなかったな
しかし高川はどうしてこの碁をはぶいたかね
あそこに出てるどの碁より秀栄らしい名局と思うけどね(今回見て改めて)

89 :名無し名人:01/10/19 07:22 ID:ZZfoWkSn
日本囲碁大系(全18巻、筑摩書房)だな。

90 :14:01/10/21 01:48 ID:/bgypgNW
ををっ!しばらく見ないうちに凄いことに。

秀栄の棋譜で本スレで挙がっている70と33、35は私的には
秀栄の三大名局と言って差し支えないのではないかと思って
います。特に70はいつ並べてもいいですよねぇ。何より凄い
のは、ザル党にも理解できたような気がすること。それにし
ても、何気ない一手に見える黒19が終わってみれば敗着とは・・・。

91 :14:01/10/21 02:04 ID:9kmvQxTf
一応私も棋譜を。有名な秀栄の「三子捨ての妙手」です。
妙手解説コーナーからの引用なので100手までですが。

明治28年12/15
先二 先番 田村保寿 四段
      本因坊秀栄七段
白2目勝

(
;FF[4]GM[1]SZ[19]AP[Jago:Version 4.20]GN[三子捨ての妙手]
PB[田村保寿(先二)]PW[本因坊秀栄]BR[四段]WR[七段]
DT[明治28年12/15]RE[白2目勝]
;
B[qd];W[dd];B[pq];W[oc];B[cp];W[qo];B[pe];W[np];
B[po];W[pp];B[op];W[qp];B[oq];W[oo];B[no];W[pn];
B[on];W[om];B[po];W[qq];B[oo];W[pm];B[kq];W[eq];
B[qi];W[kc];B[dq];W[ep];B[dn];W[iq];B[dl];W[ci];
B[gq];W[gr];B[fr];W[er];B[hr];W[gp];B[hq];W[hp];
B[ir];W[cr];B[fo];W[eo];B[en];W[fn];B[gn];W[fm];
B[go];W[fp];B[gm];W[bp];B[fl];W[co];B[do];W[dp];
B[cf];W[df];B[de];W[ee];B[ce];W[cd];B[dg];W[ef];
B[ch];W[ed];B[fh];W[bh];B[bg];W[dh];B[cg];W[eg];
B[eh];W[di];B[bi];W[gg];B[jd];W[jc];B[id];W[kd];
B[ig];W[bj];B[ah];W[ej];B[gh];W[be];B[bf];W[bd];
B[af];W[hh];B[hg];W[em];B[cn];W[fk];B[ek];W[dk];
B[el];W[hi];B[bo];W[bq]
)

白92が有名な三子捨ての妙手。

92 :名無し名人:01/10/21 05:21 ID:0G19FGkh
すごい手だね
こんな手を読み筋に入れるなって感じ
この後持ってる人がいたらお願いしまーす

93 :14:01/10/21 10:02 ID:wW36Aa5A
秀栄・保寿戦をもう一局。高川先生御推薦の名局。

明治31年10/16 四象会手合
先 田村保寿 五段
  本因坊秀栄 八段
ジゴ

(
;FF[4]GM[1]SZ[19]AP[Jago:Version 4.20]GN[秀栄・保寿]
PB[田村保寿]PW[本因坊秀栄]BR[五段]WR[八段]DT[明治31年10/16]RE[ジゴ];
B[qd];W[dd];B[pq];W[qo];B[qk];W[nd];B[pf];W[co];B[qp];W[po];
B[np];W[ok];B[pi];W[dq];B[lc];W[gc];B[qm];W[pl];B[ql];W[on];
B[lp];W[oi];B[oh];W[pj];B[qi];W[ni];B[nh];W[mi];B[mh];W[qc];
B[rc];W[pd];B[qe];W[mc];B[ld];W[qb];B[hq];W[ci];B[nl];W[mm];
B[nk];W[li];B[ll];W[ml];B[mk];W[lk];B[lj];W[kk];B[kj];W[mo];
B[ol];W[jk];B[jj];W[ij];B[kh];W[ik];B[mp];W[ko];B[kp];W[jo];
B[ip];W[jh];B[ii];W[hi];B[ih];W[ji];B[ki];W[jg];B[hh];W[kg];
B[lh];W[if];B[gi];W[hj];B[fg];W[id];B[ei];W[mf];B[cf];W[dk];
B[cc];W[cd];B[dc];W[ec];B[eb];W[fc];B[bd];W[be];B[bc];W[ce];
B[ch];W[bh];B[di];W[cg];B[dh];W[bi];B[bg];W[bf];B[dg];W[gj];
B[ag];W[dj];B[ae];W[ee];B[af];W[rb];B[ga];W[fa];B[fb];W[gb];
B[ea];W[op];B[oq];W[fq];B[oc];W[od];B[kb];W[mb];B[ia];W[go];
B[gp];W[fp];B[ho];W[hr];B[gn];W[fo];B[hm];W[ir];B[jq];W[fl];
B[ro];W[jr];B[kr];W[rn];B[rp];W[qn];B[rm];W[rd];B[re];W[sc];
B[ln];W[lo];B[nn];W[no];B[mn];W[ks];B[js];W[is];B[lr];W[gh];
B[gg];W[fi];B[fh];W[ib];B[ha];W[gq];B[ej];W[fn];B[iq];W[se];
B[sf];W[rf];B[sd];W[pm];B[pk];W[se];B[km];W[jm];B[sd];W[df];
B[cg];W[se];B[in];W[jn];B[sd];W[ls];B[rc];W[ns];B[or];W[rd];
B[ek];W[el];B[rc];W[sm];B[sl];W[rd];B[hl];W[hg];B[gi];W[io];
B[hp];W[gh];B[il];W[jl];B[gi];W[gk];B[rc];W[om];B[nm];W[rd];
B[ah];W[bk];B[rc];W[lb];B[kc];W[rd];B[se];W[pe];B[qf];W[gh];
B[pp];W[oo];B[gi];W[hb];B[ka];W[gh];B[ai];W[aj];B[gi];W[ke];
B[ef];W[gh];B[de];W[ed];B[gi];W[gf];B[ff];W[fe];B[fj];W[sn];
B[mr];W[ms];B[rc];W[sb];B[jc];W[ic];B[gr];W[fr];B[gs];W[fs];
B[nr];W[hs];B[os];W[js];B[la];W[ma];B[md];W[nc];B[nf];W[lg];
B[le];W[lf];B[so];W[jd];B[ja];W[of];B[og];W[oe];B[fm];W[em];
B[gm];W[jp];B[kn];W[rd];B[df];W[rc]
)

黒39の急襲に対する白40以下白78までの流れるようなサバキは美しい
の一言。しかし、白84が失着で(普通にノビていれば黒はまずシノげ
なかっただろうとのこと)黒107までわずかに逆転。その後は白114以下の
フリカワリやコウ争を絡めた厳しいヨセ合いだが、白176に受けなかった
ため、白178が打て、追いついたらしいとのこと。秀栄曰く、「この碁を
よく持碁にしたものだ」。高木祥一先生曰く、「前半のきれいな打ち回しと
後半の髪ふり乱しての追い込みが好対照」。

94 :14:01/10/21 16:08 ID:gpRH6B0v
今度は秀策-秀和戦。23で言及した一局。

嘉永4年10/22
先 本因坊秀策
  本因坊秀和
黒4目勝

(
;FF[4]GM[1]SZ[19]AP[Jago:Version 4.20]GN[秀策・秀和(秀和の宇宙流)]
PB[本因坊秀策]PW[本因坊秀和]DT[嘉永4年10/22]RE[黒4目勝];
B[qd];W[dc];B[pq];W[oc];B[cp];W[qo];B[pe];W[eq];B[nd];W[mc];B[qk];
W[np];B[po];W[pp];B[op];W[qp];B[oq];W[oo];B[pn];W[qq];B[qr];W[rr];
B[mq];W[no];B[pr];W[rm];B[pl];W[kq];B[lp];W[nm];B[kp];W[jp];B[rs];
W[sr];B[rl];W[qm];B[pm];W[kn];B[jq];W[iq];B[jr];W[ip];B[nk];W[ni];
B[ir];W[hr];B[kr];W[pj];B[pk];W[ph];B[sp];W[qn];B[sm];W[sn];B[sl];
W[mk];B[ml];W[nl];B[mj];W[nj];B[lk];W[ok];B[so];W[mk];B[rn];W[md];
B[nk];W[mf];B[pc];W[de];B[cm];W[dl];B[dm];W[fl];B[he];W[hg];B[hc];
W[ff];B[kc];W[id];B[ic];W[kd];B[le];W[me];B[ec];W[eb];B[fc];W[fb];
B[gb];W[ed];B[dk];W[fd];B[ld];W[ke];B[lc];W[lf];B[hd];W[ie];B[if];
W[jf];B[lb];W[lm];B[el];W[fk];B[di];W[ob];B[pb];W[pa];B[mb];W[od];
B[qg];W[ej];B[ch];W[gc];B[oe];W[nb];B[jd];W[je];B[jg];W[jc];B[jb];
W[hf];B[qh];W[ng];B[ol];W[mk];B[ne];W[nc];B[nk];W[oj];B[ln];W[lo];
B[ko];W[mn];B[in];W[em];B[gq];W[ek];B[ck];W[jn];B[gr];W[go];B[fo];
W[dp];B[gn];W[im];B[hm];W[hl];B[gl];W[hk];B[cq];W[en];B[co];W[ho];
B[fp];W[hb];B[ib];W[ga];B[ka];W[bg];B[il];W[jm];B[fn];W[hn];B[qa];
W[bh];B[do];W[bi];B[ci];W[gm];B[cg];W[cf];B[bj];W[hq];B[hs];W[qj];
B[rj];W[qi];B[ri];W[eg];B[og];W[oh];B[nf];W[pg];B[pf];W[ig];B[oa];
W[na];B[ma];W[dg];B[mg];W[of];B[bf];W[be];B[og];W[nh];B[ei];W[fi];
B[cl];W[eo];B[ep];W[gp];B[fq];W[fm];B[lg];W[li];B[pa];W[ge];B[ai];
W[dj];B[cj];W[dn];B[cn];W[nq];B[nr];W[mp];B[on];W[jo];B[lq];W[nn];
B[eh];W[fh];B[ia];W[ha];B[of];W[el];B[jd]
C[半コウ黒勝ツグ]
)

秀和の大模様も美しいし、先着の功を失わなかった秀策もお見事。
疑問手のほとんどない江戸期屈指の名局とのこと。

95 :14:01/10/21 16:14 ID:gpRH6B0v
あっ!棋譜貼り付け専用スレ出来てたんですね。
そちらに移動します。

96 :門外漢:01/10/22 11:37 ID:8LF0n7c6
ところで秀哉が本因坊の跡目になった裏事情って何?

97 :ざっとこんな事情です。:01/10/22 12:38 ID:Z3kuR1K7
秀栄(八段)は不義理を重ねる秀哉よりも雁金を後継にしようと思っていたけど、
まだ六段で、腕前は少し秀哉(七段)に劣る。
で、若い雁金の成長を待ってる内に秀栄急逝でややこしいことに。

秀栄家派と田村派の対立はなかなか決着がつかなかったが
秀哉は、秀栄の弟で16世本因坊だった秀元を20世に仕立て上げて、
たかだか四段の秀元から本因坊の名跡を譲り受ける、というシナリオで
21世本因坊となる。
その後、雁金は17年間、囲碁界から離れる事になる。

98 :名無し名人:01/10/22 13:02 ID:piHkb7xL
つーか、最も強いものが本因坊になるという決まりを忠実に守ったから
秀哉が本因坊になっただけの話ではある。

強くないのに本因坊になって重圧のため発狂した兄を持ち、かつやはり
強くないのに本因坊になって酒に逃げた秀元が、「弱いのを本因坊に
するとろくなことがない」と道理を説いたらしい。

99 :名無し名人:01/10/22 13:02 ID:RAtQsAYB
http://www.f2.dion.ne.jp/~goldman/

100 :100:01/10/25 21:42 ID:Be+ppfSB
本因坊になってから名人になるまでのいきさつは?
何年後?反対者もあっただろうに(とくに雁金なんか)

101 :名無し名人:01/10/25 22:31 ID:5ZbByhjO
田村が本因坊になったのが明治41年、名人就位が大正三年。
雁金は下野しているし、他に対抗できる打ち手もいなかった
ので、名人就位時には特に何もなかったようです。

102 :名無し名人:01/10/30 23:50 ID:nmMcqKs8
結局、地中の妙手が前田が考えたというのは
瀬越憲作のデタラメみたいね

103 :名無し名人:01/10/31 05:42 ID:1emq2rum
>>102
前田がその手段を発見したというのは事実のような臭いがする。
瀬越は本因坊家の門人某から前田が発見したと伝え聞いたと語ったのみ。
だから、田村がその内容を直接聞いたかどうかは怪しいところ。
田村独りで家で研究して正解に辿り着いたのかも知れない。
もっとも、前田が巧い手を見つけたらしいという話くらいは耳に入って
いた上でのことかも知れない。

>>100
文句をつけたのは先代秀栄の未亡人あたりだったのではないでしょうか。
本因坊家は実力者を入り婿にしてきたので、師匠の血筋である夫人の発言
力は大きかったらしい。
特に、秀和夫人になった丈和の娘の専横が本因坊家衰退の因の第一と言っ
ても過言ではないだろう。

104 :名無し名人:01/10/31 09:15 ID:z0T5baoB
>>103
横槍入れたのは丈和の後家じゃなかったっけ?
丈和の娘は、秀策と結婚したんじゃなかったけ?
間違ってたらスマソ

105 :村雨04:01/10/31 12:01 ID:nF7o+938
>>103さん
秀和の後継の時のゴタゴタと、秀栄の後継のお話をゴチャにされているように思われ。

>>104さん
>横槍入れたのは丈和の後家じゃなかったっけ?
正解。秀甫キライ、ってね。
>丈和の娘は、秀策と結婚したんじゃなかったけ?
正解。花さんですね。

106 :故村雨04:01/11/01 09:28 ID:wvkWJEZU
鬱だあああああ。
>>105
>秀和の後継の時のゴタゴタと、秀栄の後継のお話をゴチャにされているように思われ。

私がゴチャにしていた(というより秀栄夫人の田村キライは知ラナカータヨ)ですーーーー。
大変失礼いたしました。

という訳で今日は逝った人、です。

107 :名無し名人:01/11/12 01:36 ID:HEQ+wR4h
あげます

108 :仙也:01/11/12 05:59 ID:HbSVkyTC
>>103
個人的には、その門人某というのは宮下秀洋九段ではないかと思っています。

丈和の後妻は勢子。門地を気にする、取るに足らぬ人物ですね。
秀甫(弥吉)は貧乏大工の息子で、月謝にも苦労する有り様でしたが、
秀和は出世払いでいいよ、と言っていたそうです。
人格者だったらしい秀策も秀甫を可愛がっていたそうで、
それだけに勢子の異常なまでの秀甫嫌いは理解に苦しみます。

109 :名無し名人:01/11/30 23:20 ID:vxTx/sa5
保全sage

110 :名無し名人:01/12/12 01:23 ID:2XjywTdh
保全sage

111 :名無し名人:01/12/16 07:46 ID:NaAY6E9o
個人的には秀栄がまだ林家だったときに秀甫と打った碁が並べていて
印象に残った。たしかなんかの雑誌の巻頭を飾ったとかいう対局だっと思う。

112 :名無し名人:02/01/17 02:26 ID:axcSFXr3
あげとこう

56 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)