5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

FF・DQ千一夜物語

673 :犯罪(笑):01/10/15 03:09 ID:???
 リルムたんスレ発生を祝してぬるいですが一本進呈します。
 …外道の極み「アウザー×リルム」です犯罪です。

 くすぐったい。
 筆。
 私の大事な筆。
 背中をなぞり、お尻をなぞって、触っちゃいけない所をくすぐる。
 私は目を硬く閉じて、力を抜いて、アウザーさんの膝の上にうつ伏してる。
 アウザーさんは、脂肪の塊、ライジングビスト。
 似顔絵描いて上げたら、アクアブレス飛び出したから、間違いない。
 そういったら怒りもしないで笑ってた。
 太りすぎて、自分でろくに動けやしない。
 おなかの脂肪に埋もれたちんちんなんか、立ち上がったって見えやしない。
 おなかも膝もたぷたぷ、なんだか海の中みたいでそんなに嫌いじゃないんだ。
 少し広げた足の間、かさかさとくすぐっていた筆が、だんだん、ぬるぬる濡れてきてる。
 内股に、ぬるぬるを塗り広げられて、私の体が火照りだす。
 アウザーさんは絵が好きだ。
 絵も好きだけど、筆ももっと好き。
 筆で私にいたずらするのがいちばん好き。
 だって、アウザーさんのちんちんはおなかに埋もれてどこにも届かないから。
 太りすぎた指は私のどこにも入れることが出来ないから。
 内股に塗るぬるぬるが足りなくなって、穂先が私の中をくすぐる。
 ちゃぷ、と、音がして、私のお尻がきゅっとなる。
 絵の具をたっぷり含んだ穂先が、私のお豆を生暖かく、ぬるぬるこちょこくすぐってる。
「ふぁ…」
 まだぺったんこのおっぱいが、急に膨らんだみたいにつんつんしてる。

674 :犯罪(笑):01/10/15 03:11 ID:???
 アウザーさんは、私を仰向けにして、大きく開かせた足を自分の膝に乗っける。
 絵の具が、こぼれないように。
 ぴちゃぴちゃと音を立てて、穂先を浸し、アウザーさんはぬるぬるの絵の具を
私の体いっぱいに塗り広げていく。
 足の裏も、脇の下も、お臍も、掌も、肘の裏も、うなじも、おっぱいも。
 全部塗り終わるか、絵の具が尽きたら、その日はおしまい。
 筆の穂先以外を使っちゃ駄目、それがお約束。
 アウザーさんは、絵の具壺が乾ききらないように、何度もくすぐり、肌をなぞるから、
私の体は火照ってじんじんして、きゅっとする。
 筆の動きがやんだ。
 私はぼんやりしたままアウザーさんを見上げる。
「おしまい?」
「もっとして欲しいか?」
 おなかの底がじんじんして、いつまでもやって欲しい気がするけど、
体が暖かくてとろんとして、このまま眠ってしまいたい。
 私はアウザーさんから筆を取り上げて、絵の具壺に自分で浸す。
「お返し」
 アウザーさんのたぷたぷのおなかに、筆を走らせる。
 くすぐったがっていたアウザーさんは、そのうち鼻息を荒くして、ごろんと寝そべった。
 もう私は眠くなっちゃったけど、アウザーさんは太りすぎて絵の具がとても足りないけど、
スケッチくらいはしてあげるね。

    おしまい

446 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★