5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【336】何でささkむつみは…【vol.3】

1 :ガシっと(以下略:02/07/15 09:37 ID:I8WIQlIU
17歳の現役女子高生であることを隠してるの?


vol.1 何でささkむつみは原画描かないの?
http://game.2ch.net/gal/kako/1004/10041/1004101669.html
vol.2 336-2
http://game.2ch.net/test/read.cgi/gal/1008691207/

ささきむつみはどうだい?(同人板)
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1014287178/

470 :436:02/09/05 06:14 ID:???
衣擦れの音と共に2人の体が露になった。月光の下に照らされたその肢体に俺の
視線は釘付けになる。透き通るようなきめ細かく白い肌、まだふくらみ始めた
ばかりの乳房の頂点にある桜色の小さな突起、そして全く毛の生えていない割
れ目、どこをとっても文句のつけようがなかった。
「双樹ちゃん・・・」
「きゃっ!?」
いてもたってもいられなくなった俺は、まずは双樹ちゃんを抱え上げ、後ろ向き
に抱っこするように膝の上に乗せた。
「なんだか・・・赤ちゃんみたいですね」
まるで自分の股の間から生えているように見える肉棒を凝視しながら、双樹ちゃん
が恥ずかしそうに言った。俺はかすかに苦笑すると双樹ちゃんの胸に手を伸ばす。
「んっ・・・」
触れただけで双樹ちゃんは敏感な反応を示した。俺がゆっくりと乳房を揉んでいく
とすぐに甘い声を上げ始める。
「あっ・・・んうっ・・・」
「どう、双樹ちゃん。気持ちいい?」
「はい・・・すごくいいです」
「そう。それじゃあこっちはどうかな?」
そう言うと俺はもう片方の手で双樹ちゃんの割れ目に触れた。途端に双樹ちゃんが
体をびくっと震わせる。指を使って丹念に秘唇を愛撫していくとやがて中から愛
液があふれ出てきた。
「双樹ちゃん、感じてるんだね?」
「ああん・・・恥ずかしい・・・」
「恥ずかしがることないんだよ。好きな人にこういうことをされて濡れてきちゃうのは
当然のことなんだ」
「そう・・・なんですか?」
「もちろん」

471 :436:02/09/05 06:15 ID:???
やがて分泌された愛液によってすっかりぬかるんできた双樹ちゃんの秘口に俺は指を
突き入れた。中は暖かく、俺の指を心地よく締め付けてくる。
「沙羅ちゃん・・・」
「な、何だ?」
それまで俺達の行為を呆けたように見つめていた沙羅ちゃんに俺は声かける。
「沙羅ちゃんも俺がするように自分の中に指を入れて動かしてごらん」
「そ、そんなことして本当に気持ちいいのか?」
「当たり前だよ。もしかして沙羅ちゃん自分でしたことないの?」
「き、決まってるだろ!」
「それじゃあ尚更挑戦してみないとね」
「わかったよ・・・」
沙羅ちゃんは頷くと足を左右に大きく開いた。俺と向かいあうように座っているため沙羅
ちゃんの大事な部分がよく見える。俺達の行為を見ていたせいか、いつの間にかそこは
愛液できらきらと光っていた。
「んっ・・・こうか?」
おそるおそる沙羅ちゃんが指を入り口に差し入れる。
「うんっ・・・」
入れた途端に沙羅ちゃんがうわずった声をあげた。そしてすぐにくちゅくちゅと指の出し
入れを開始する。それを見て、俺も中断していた指の動きを再開した。まだ未経験の双樹
ちゃんを気遣ったゆっくりとしたストローク。それでも双樹ちゃんには刺激が強すぎるくら
いらしく指が肉壁をかき回すたびに体をびくびくと痙攣させた。沙羅ちゃんも俺の指の動き
を真似しながら、何度も何度も指を往復させた。やがてすぐに限界がやってくる。
「ひああっ!私っ、私、もうっ!」
先に絶頂を迎えたのは双樹ちゃんのほうだった。ぴぃんと背筋を伸ばしたかと思うと、次の
瞬間がっくりと前のめりに倒れこむ。一方の沙羅ちゃんは始めての自慰のためか、中々イく
ことができないようだ。それなら・・・
「沙羅ちゃん、手伝ってあげるね」
「え?・・・うわっ!」

472 :436:02/09/05 06:16 ID:???
ひとまずぐったりとしている双樹ちゃんを横に寝かせておいて、俺は沙羅ちゃんの体を抱え
ると、くるりと反転させて四つんばいの体勢をとらせた。ちょうど沙羅ちゃんの秘部が俺の目
の前に来る形となる。
「今度は沙羅ちゃんを気持ちよくしてあげるからね」
「い、いらないっ!私は・・・ひぃんっ!」
沙羅ちゃんの抗議をこれ以上続けさせないために、俺は沙羅ちゃんの秘部をぺろりと舐めた。
さらには上にある小さな蕾も人差し指でくすぐる。
「ひゃんっ!?お、おいそっちは違うだろ!」
「違わないよ。こっちでもとっても気持ちよくなれるんだよ」
「ば、馬鹿!そんな汚いところで・・・ふああっ!」
くにくにとアヌスをいじられて沙羅ちゃんが悲鳴をあげる。だがその声には明らかに快感も
混じっていた。
(こりゃ結構開発のしがいがあるかも・・・)
そう思った俺はターゲットを菊花の方に変更した。舌を使って入り口をじっくりとほぐして
いく。やがて頃合を見計らって指を慎重に挿入した。
「んああっ!入ってくるっ!」
沙羅ちゃんは俺の攻めから必死で逃れようとするが、がっちりと体をおさえつけられているため
それは徒労に終わった。指は第2関節のあたりまで飲み込まれたあとそれ以上進まなくなった。
「うーん、さすがにすごい締め付けだね」
俺は感嘆の声を漏らさずにいられなかった。つるりとした内壁がぎっちりと俺の指を取り囲み
きゅーきゅーと音が聞こえてきそうなほど締め付けてくる。そのまま腸壁を傷つけないように
指を内部で上下させた。

473 :436:02/09/05 06:17 ID:???
「くはぁっ・・・ぬ、抜いてくれ・・・」
「いいよ。・・・ただし沙羅ちゃんがイってからね」
俺はとどめとばかりにさらに指をずん、と突き入れた。
「んーーーーっ!!」
それで限界がきたらしく、次の瞬間、秘口からぷしゃ、と愛液が噴出し、俺の顔に降りかかった。
沙羅ちゃんは先ほどの双樹ちゃんと同じようにぐったりとシーツの上に崩れ落ちる。
「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」
2人はただただ荒い息をつくばかりだ。だが2人ともまだ満足していないことはよくわかる。それ
は俺とて同じことだった。
「沙羅ちゃん、双樹ちゃん、いよいよだよ・・・」
俺は再び2人を抱え上げると、今度はシックスナインの体勢をとらせる。そして俺は双樹ちゃんの
お尻の前に移動すると、手でペニスをささえて双樹ちゃんの膣口にあてがった。
「あ・・・・・」
自分の穢れの知らない場所に押し当てられたものの正体を知り、双樹ちゃんの声が緊張を帯びる。
「最後に聞くけど・・・本当にいいんだね?」
「はい・・・後悔なんてしません。双樹の初めて・・・もらってください」
「わかった。それじゃいくよ?」
双樹ちゃんがこくりと頷くのを待って、俺は徐々に肉注を内部へと埋めていった。

190 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)