5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【G's新企画】双恋 -フタコイ- twin girls

1 :名無しくん、、、好きです。。。:02/09/04 19:56 ID:GU700R57
メリパのように即死企画でないことを祈ろう。

G'sマガジソのサイトは↓
http://www.mediaworks.co.jp/magazine/index.html

908 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:06 ID:???
「大好きだ、愛してるよ薫子…」
「私もぉ…好きだよ…」
お互いの顔を見て愛の言葉を囁く、うん、私、あの人のこと好きだ…でも…

「…………ぷっ」

駄目だ、やっぱり我慢出来ない

「んっふふふっ、ぷぷ…あははははは!」
「…んもう、酷いじゃない薫子!”練習しよう”って言ったのは薫子なんだよ!」
私の上に覆い被さっている菫子が唇をとんがらせて怒る。
「だってさぁ…菫子マジ顔になってんだもん」
笑いながらつんつんと鼻先をつっつく、菫子の顔が真っ赤になる。
「ばかっ!そうじゃないと練習にならないでしょっ」

そう、いつあの人と”どうにかなっちゃっても”大丈夫なように!って
数日前から菫子と”練習”を始めたのだ。


909 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:06 ID:???
「でも、あの人は意外と奥手だからさ…私たちの方からモーションかけないといけないと思うのよ」
「うん、それにまだちょっと戸惑ってるみたいだから、私たちがちゃんとしないと!」
寝る前にベッドの上で膝をつきあわせて作戦会議、このときばかりは私も菫子も真剣だ。
あの人のことになるとなおさらね。

「んふふ、そうなると、この間の両腕に抱きつき作戦は大成功だったよね〜♪」
「そうそう、真っ赤っかになって恥ずかしそうだったけど、嫌がってなかったもんね♪
 最後には”離したくないなぁ…”なんて呟いていたし、うふふ。
 それでさ、今度デートしたときは…ごにょごにょ」
さっき思いついたことを耳打ちする。
「あははっ、やっぱり考えることは同じね〜♪…うん、凄いいいよ、それ!」

思いついたのは、昔パパに毎日のようにしてたおやすみなさいのキス。
もちろんほっぺに
二人同時に両側から。

「私たちがちゅ〜ってしちゃったらさ、あの人絶対にメロメロになっちゃうよ」
「うんうん、しかもそれが不意打ちで別れ際だったらもう完璧!」

あの人はオロオロしちゃうかな?真っ赤になっちゃうかな?それとも?それとも?
私たちはなんか嬉しくなっちゃって、くすくすと笑い合う。



910 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:06 ID:???
「えへへ、それじゃ、練習しよっか♪」
「うん…二人でほっぺにキスしあおうよ、その方がお互いに分かりやすいし」
「ん〜いいね、それ、じゃあ薫子からほっぺだして♪」
「うん、ほら、ぷりぷりのほっぺですよ〜♪」
ゆっくりと右頬を突き出す、すると菫子がぺろりと唇を舐めて私の腰に腕を回した。
「あんっ、菫子…」
「えへへ、本番の時も、逃がさないようにしなきゃね…ぎゅ…」
私も菫子の腰に腕を回す、あ、腰細いな…あの人の腕なら…二人分くらい大丈夫だよね…?
「じゃ、いくよ、薫子」
菫子がにっこり笑うと、私と同じ形の唇が頬に吸い付いていく、あ、唇ってこんなに柔らかいんだ…
「ん…ちゅ…はぁ…」
頬がちょっと吸われてじんわりとしてこそばゆい…
「……じゃ、次は私ぃ…」
思わず、ぼーっとしちゃってた…
「ん…菫子、ほっぺ赤いね…」
「薫子も赤いよ…ん…早くして…」
ごくりと唾を飲み込む、菫子の頬に軽く唇をつける、びくんと震える菫子の身体
もう一回ちゅっと柔らかい頬に口づけ、あんまり吸い付いたら下品よね。

「…ぷは…はぁ…はぁ…」
なんか、あんまり納得いかないなぁ、これであの人は喜んでくれるのかな?

「…薫子…交代…一回ずつ、ね」
「うん…」


911 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:07 ID:???
ちゅっ…ちゅっ…ちゅっ…ちゅっ…ちゅっ…ちゅ…ん…
お互いに何度も何度も何度も頬にキスを繰り返す、頬、唇、頬、唇、頬、唇。
柔らかい柔らかい柔らかい、あの人の唇だと思ってキスされる、あの人の頬だと思ってキスをする。
一回キスされるたびに、頬がじんじんする。
一回キスするたびに、唇が熱くなる。
そんなのが何層にも何層にも積み重なって
頬と唇が、とろとろに溶けそう…このまま…唇同士が触れ合ったらどうなるのかな?

「ね、薫子…」
ふいに菫子から声がかかる、お互いの顔を見つめ合う…
濡れた瞳、赤い頬、熱い吐息…私も、こんな顔してるんだろうな…
「ん、なぁに、菫子…」
ちょっと震えるような声、何かを期待しているような声。
「唇に…して…ね、キス…」
「うん…これも、練習だよね…いっぱい練習しよ…」

やだ…このままじゃキス中毒になっちゃいそう…そう思ったらカーッとなって
頭の中がぐるぐる回りだした。
そんな状態の私に菫子の唇が私の唇と重なり合う…


912 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:07 ID:???
「ん…ふ…ちゅ…んぁ…」
「んぁ…菫子…ちゅ…ん」

お互いに唇をついばむように貪り合う、頭の中がますます熱くなっておかしくなってきた
うん、きっとそのせいだ、菫子の口の中に舌を差し入れたのは。

「っ!」

その瞬間、菫子はハッと我に返る、唇についた唾液をふき取るように手を口元にやって背く。

「…こ、これで練習お仕舞い!いいでしょ?ね?」
「…う、うん…」
思いがけない菫子のあわてっぷりに私も急速に熱が冷め始める…やだ…どうしよ…


913 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:09 ID:???
なんだか気まずい雰囲気、一言の言葉も交わさない。
そのうちに菫子はパジャマの乱れを手早く直すとお布団に入る。

「…お先に…」
「菫子ちゃん…」

私も慌ててお布団の中に入る。
あ、菫子、背中むけちゃってるよ…どうしよ…どうしよ…

「…ね、薫子…」
「うん…」
「えと、さっきはさ…私の方から…その、誘ったのに…ごめんね」
「違うよ、悪いのは私だよ…キスしてたら…おかしく…気持ちよくなっちゃって…だから…」
「…あ、あのね…私も…気持ちよかったよ…薫子の唇…」


914 :菫子と薫子SS:02/12/17 00:09 ID:???
「え?」
ごくりと唾を飲み込む音が聞こえたような気がした。
「いっぱいキスしあってたらさ…なんかぼーっとしちゃって…
 あの人にされてるんだ…って思ったらさ…えと…だから、
 あんなこと言っちゃったんだ…ただ…薫子があんなことしたからビックリしちゃって…」
「………」
「なんか凄い恥ずかしいことしちゃったって思っちゃったから、それで…」
「菫子ぉ…」
「でも、もう大丈夫だから…気にしないで…それにさ…」
菫子がこちらに振り向く、そして…恥ずかしそうに呟く…
「恋人だったら…もっと…凄いことしないといけないんだよね?」
「え?」
ぎゅっと私の両手を握る菫子、恥ずかしそうにはにかむ。
「だから、もっともっとい〜っぱい練習しようね、薫子♪」
「うん、うんっ!」
薫子の手をぎゅっと握り返す、この間にあの人が収まるのは、そう遠くなさそうだなと思った。

−−−−−−−−−−−
>866-870の作者です
とりあえず、GSの状況に合わせて
彼女たちの進展を思いつくままに書けたら書こうと思います。

自分的に双子モノの最高峰といえば某有名近親相姦hpの双子の姉妹の話だったなあ。



202 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.07 2022/05/23 Walang Kapalit ★
FOX ★