5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

○ 趣味の部屋『塔失愛好会』Part11 ●

1 :あゆみちゃん:02/07/21 03:07
[愛好会活動内容] 芸術品・塔矢アキラの鑑賞及びストッキング
[愛好会規約]
小説の後10件はmage進行/ジャンプネ夕バレは火曜日の午前0時/荒らし煽りは痴呆
[愛好会会員心得]
芸術品への思い入れは多種多様であり、 ここは様々な塔矢アキラを攻め入れる場所です。
趣味に合わぬと文句をいうよりも、進んで自分の趣味を語りましょう。

■前スレ ● 趣味の部屋『塔矢愛好会』Part10 ○
http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1026465840/

■関連スレは>>2-5参照

2 :あゆみちゃん:02/07/21 03:08
【関連スレ】
■ヒカルたんスレ おまえら男ならヒカルたんハァハァだよな?Part13
http://school.2ch.net/test/read.cgi/campus/1026748201/l50
■筒井たんスレ 筒井たんを困らせたい奴が集うスレ
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1019502007/l50
■漢スレ お前等!漢ならアキラたんハァハァじゃねーか!
http://school.2ch.net/test/read.cgi/campus/1021540087/l50

【過去スレ】
■初代 趣味の部屋『塔矢愛好会』男性会員募集中!
http://game.2ch.net/hobby/kako/1017/10173/1017347460.html
■Part2 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1019064730
■Part3 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1020066796
■Part4 http://game.2ch.net/hobby/kako/1021/10211/1021141636.html
■Part5 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1022165277/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_5.html
■Part6 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1023646842/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_6.html
■Part7 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1024761069/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_7.html
■Part8 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1025370400/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_8.html
■Part9 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1026060127/

■AAスレ 誰かコイツの名前教えろ:html化待ち
ログ置き場→http://ime.nu/hpkqub.tripod.com/log/akira.html

3 :あゆみちゃん:02/07/21 03:08
【倉庫番さんありがとう!】
■小説倉庫
http://blue.ribbon.to/~hikalog/akira/top.html
■魔境共同お絵描き掲示板
http://blue.ribbon.to/~hikalog/ibbs.html

【ログ取り屋さんありがとう!】
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/

4 :あゆみちゃん:02/07/21 03:11
次スレはちっちゃいアキラが必ずたてる事。
立てても誰も文句を言わない事。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 04:46
>1
お、おまえどさくさにまぎれて・・・フェイントかましたなっ!
・・・・・・・ま、いっか。
俺も、次スレは久しぶりにちちゃーいアキラたんに立ててほしい。
アツイ住人たちと素晴らしい職人さんと俺たちを掻き立ててやまないアキラたんに乾杯。
ビールが上手い午前5時。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 04:58
|||"|ヽ シンスレデキタノォ?
|▽゚)_| ウワァイ、シンスレダァ!!
⊂ノ シンスレダァ!!!
|  
|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:48
>>6
アキラたんおはよぉー!
朝から可愛いねえ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:52
前から思ってたんだが、AAアキラたんの語尾の伸ばしかたがカワイイ。
「〜ノォ」「〜ダヨォ」「〜ダァ」
もうメロメロさ…。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:52
ハァハァハァハァハァハァハァハァ
またちっちゃいアキラたんナデナデしてくれないかにゃあ?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:54
>8
わかる。・゚・(ノД`)・゚・。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:56
>>8
それがキモイと言われているけどね。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 09:57
>11
初耳だ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:00
>12
そのままモテナイ君の相手をしてあげなさい。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:02
いや、電波には近づきたくないから相手やめるぞ。
このスレでもアキラたんハァハァハァハァハァウッ(マンボではない)だ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:03
>>12
オガタクン〜と同様にキモがってるヤシは多数いまつよ〜

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:04
原作のアキラがいつそんな口調をしてた
のかと小一時間(略
結局、ここで作り上げた架空のキャラに
(;´Д`)ハァハァしてるだけなんだな。
ペド創作キャラへオナニーしてるのと
一緒なんだな。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:07
>16
ageはやめたの?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:08
クリードの立てたスレを早く使い切る手伝いをしてくれてるんだね!

19 :研究会:02/07/21 10:09
今はクリードにかける言葉が見つからない。なんて言うか、すごく傷ついているような気がするんだ。
新スレ立てはお前なりによかれと思ってやった事なんだろ。そうなんだろ?
っていうかクリードは今居るのか?どうもよく分からないんだけど。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:09
>>17
(゚Д゚)ハァ?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:10
クリードとアキラ、どっちの話題に喰いつきがいいかと問われたら、

おそらくここの住人はクリードなんだろう(藁

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:11
>19
スマンが、クリードがよかれと思って立てたと思うのか?
「1」をちゃんと読んで来てくれよ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:12
>>22
どこがおかしいんだ?別に変じゃないと思うが。2ちゃんらしくてワロタよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:12
研究会さん、それはいくらなんでも好意的に捉えすぎているよ。
>1を読みなおしてくれ。根底にスレの私物化が見えないか?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:12
>>1
荒らし煽りは痴呆

ここは同意。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:13
         /|||||"|||ヽ
     ・゚ ゚・∩(;>。<)||゚ ゚・。
         ヽ  ∪
         O―、⊃

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:13
みんなアキラを泣かせるなよ!

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:14
問題はmage
それ以外は不覚にもワラタ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:14
>>24
私物化したいのはおまえの方なんじゃないのか?
誰が立てたっていいじゃないか。
それを「気に入らない!クリードが立てた!」と文句を
言って非生産的なことしてるおまえ。
なんなんだよ…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:14
>>28
mageもワロタよ。イインジャネーノ?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:15
>小説の後10件はmage進行
→なんだ、下げてないって文句言われる筋合いないじゃん
>ここは様々な塔矢アキラを攻め入れる場所です。
→なんだ、別に文句言おうが氏ね氏ね言ってもいいんじゃん

そういう風になるのは目にみえてるような気が。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:15
>>30
いや、それを厨に逆手に取られて職人さんがうpしづらくなりはしないかと、ね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:17
前スレ980
そうそう、かかとでトーントーンと蹴ってるんだ。
明子夫人はこう少し眉根を寄せて、「アキラさん、朝ご飯にしましょうね」って
声を掛けるんだな。するとアキラたんは
「今日はお父さんがいないから、ボクがお父さんの代わりに、納豆混ぜ混ぜしてあげるね」
と、神妙な顔で言うんだよ。ああ、可愛い。

34 : :02/07/21 10:17
相変わらず神経質なヤシ等ですな。

どこのアキラスレでも同じ。

ちょっとでも気に入らない事があったら

我が者顔でスレ自治について話し合う、正義の味方。

しかし、その正義は自分のためだけの正義。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:18
>>33
スレの空気を読まないで無理矢理軌道修正しようとしても滑稽なだけだヨ(藁

36 :研究会:02/07/21 10:19
>22
あれでクリードが素直に完璧に立てたら気持ち悪いよ。あいつはあまのじゃくの
へそ曲がりなんだから。オレ1なんてほとんど読んでいないし。あいつ流のシャレくらいにしか
思っていないんだ。
だーっ、もう、別にクリードを庇うつもりはないけど、つまり、クリードにアレルギー反応
起こしすぎて欲しくないんだよ!!
鼻歌でも歌いながら「お、新スレ、おつかれー、アハハ、しょうがないなあクリード」
ってそれくらいの余裕持って欲しいんだよ。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:19
24>29
前スレ941が俺の気持だよ。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:20
>>36
おまえ、ほんとうにたまにだけど良いこと言うな。
普段はコテうぜえ・小説の邪魔レスうぜえとしか思ってないけど。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:21
>>37
まんどくさいので読みに逝きません。以上。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:21
>33
いいなソレ。アキラたんはアキラたんなりに「お父さんの留守中に
家を守るのは男のボク」とか思ってそうだ。
5月5日に背の高さを柱に刻んでいた頃からな。

アキラたん…納豆は嫌いではないだろうが、髪の毛についたりは
しないだろうか。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:22
>35
滑稽だと嘲笑ってもらえれば、それで十分だよ。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:22
>40
  必  死  だ  な

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:24
>40
おもうに、あの明子夫人なら、「あらあら、アキラさん大変」とか言いながら、
息子の髪をツーテールにしてるような気がする。
メリットのCMの女の子が、ちっちゃいアキラに見えて仕方ないんだ。
そんな、おれはもうダメポ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:25
>>40
柱にオヤジの小さいときの傷もあったりする。
子供の日にオヤジの小さい頃と背比べをするアキラたん。

負けて牛乳とニボシを食べるアキラたん。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:25
>43
ツーテールって何だ?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:26
研究会さん、まだいたら鬼灯の鳴らし方教えてくれ。
まず皮を剥いて、良く揉んで、種を出すんだよな。
それから口に入れて鳴らすんだ?
どんな音がするんだ?
……ここまで書いてスンごクやらしく思えた。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:27
ポニーテールはわかるよな?
ツーテールは左右で二つに縛るやつ。
髪の毛をな。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:30
>47
ああ。そういうことか…。
俺の姉は納豆食べるときタオルをターバンみたいにして髪の毛を
絶対外に出さないで食ってる。
そこまでして食べたいものなのかと思うんだけどな。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:30
「お父さんみたいに大きくなれるかなぁ」と言いながら、煮干を牛乳で飲みこむわけだな。

で、一緒にお風呂に入って、名人の珍子に目をまん丸にするアキラたん。(;´Д`)ハァハァ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:31
>47
髪の毛以外の何を左右に縛るんだ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:33
…タマ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:34
陰嚢

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:34
                       
                      ナットウタベルカラ ムスンデモラッチャッタ!
         ∋/||||||~|||  クルッ    
          ||(*゚ー゚)| 彡     □←納豆
           ノ つつ     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
          (_,,うつ     ○ ̄ ̄ ̄○

54 :研究会:02/07/21 10:35
>46
ヘタがきれいに丸く実から取れているのが前提。中が空になった実の丸い口の部分を
(実の中に空気が入った状態で)軽く舌の上に臥せる。で、舌の奥で上手く空気を押し出すと
“hびっ”(w (いわゆる「今のはおならじゃないのよ!」)的な音が出る。“びゅ、ぎゅ”とか。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:35
アキラたん!めずらしくうなじが見えてるね。
ピンクのすべすべお肌に後れ毛が……(;´Д`)ハァハァ

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:36
>52
こんなネタでケコーンかよ…
お互い脳がイイ感じに沸いてるな(w

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:39
おならじゃないのよ、おならじゃないのよ・・・じゃなくて、
「見て」
彼はそう言うと、朱色の鬼灯を乗せ淡紅色の舌を突き出した。
φ(..)メモメモ

ところで、アキラたんが教わるのか? ヒカルたんが教わるのか?
どっちだっけ?

58 :52:02/07/21 10:40
>56
ケコーン式は芹澤の介添えで……。
縛らせろよ。"

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:42
57はエンライタンでつね。
鬼灯書いてくれるのかな?
ずっとほうずきだと思ってたよ。

60 :研究会:02/07/21 10:43
>57
ヒカルの口の中を見て興奮するアキラでもヒカルに口の中を見られて興奮するアキラでも
どっちでもいいなあ。奥まで見られて興奮するアキラの方が好みだけど(w

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:46
>58
俺はS因子を持っているから縛りは出来んぞ。
それより芹澤の介添えなら「アキラ入棒」を是非やりたいんだが?
勿論俺が先だがな(w

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:50
>61
いや、夫婦の最初の共同作業だからな。
二輪挿しがベストだが、そんな鬼畜な行い愛するアキラたんにはできん。
おれはフェラりーで。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:55
>62
そうか、上下で同時入棒か。いい式になりそうだな。
しかしスタートがそれだとお互いにアキラに溺れて即リコーンな気がする(w
今でもこんなにアキラ(;´Д`)ハァハァなのにその身体を味わってしまったら…!

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:56
午後から仕事なんで、いまは書けないけど鬼灯書けたら書いてみたいなと。
研究会さんが書いてくれれば゜一番いいんだけどね。
昔江ノ島行った時、海鬼灯ってのを買った事があるんだが、
あれも鬼灯の仲間なのか? 江の島とか、葉山、鎌倉って、塔矢家に似合ってないか?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 10:57
寝てもも覚めても夫夫でアキラたん、アキラたん。
(;´Д`)ハァハァ うるさい新婚家庭になりそうだ。
ああ、アキラたん(;´Д`)ハァハァ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 11:05
海岸を散歩する塔矢家ご一行様。
父は勿論和服。程よく蒸れている。
母は白いパラソルがデフォルトだな。
おかっぱ息子はツーテール、貝殻を拾っては、これ碁石にできる?
と尋ねている。夏の葉山でちょっとだけ浮いてるかも。

67 :研究会:02/07/21 11:06
>64
エンライさんだったのか。遠雷お疲れさん。終わっちゃったのか。でもアキラの体が
代償じゃなくて御褒美になる日は近いと思ったよ(w。
海鬼灯は知らん。オレにはンな風流なモン書けないよ。来週また出張あるし。
遠雷ってタイトル、アキラが浣腸されて腹がゴロゴロ鳴るからかなーとか考えてたバカだし。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 11:07
>64
うみほおずき ‥ほほづき【海〈酸漿〉】
海に住む、ニシという巻貝の卵嚢(らんのう=卵の袋)。
穴をあけて中の液を出し、ほおずきと同じように鳴らして遊ぶ。

[株式会社岩波書店 岩波国語辞典第五版]

鳴らして遊ぶという意味では同じ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 11:20
>66
綺麗な貝殻は明子さんにあげるんだろうな。
あと、ガラスが削れて石みたいになってる奴とかは「宝石だ!」とか
言って喜んでくれるんだ…。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 11:30
相変わらず神経質なヤシ等ですな。

どこのアキラスレでも同じ。

ちょっとでも気に入らない事があったら

我が者顔でスレ自治について話し合う、正義の味方。

しかし、その正義は自分のためだけの正義。

71 :エンライ:02/07/21 11:35
>67
タイトルを遠雷に決めたとき、アキラとヒカルのエピソードがあったんだけど、
いざ書く段になったら、長くなるしトーンが変わりすぎて統合性がなくなるんで、
削っちゃったんだよね。スカはどこらへんで書けばいいのかわからなくって、
今回は逃げました。あんときは妄想一発で書いてたし。
倉庫番さんにタイトルつけてと言ってもらえなかったら、途中でやめてたと思う。
妄想って思いついたときが楽しいんだよね。
海鬼灯、勉強になりました。多謝。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 11:38
http://black.sakura.ne.jp/~contra_trimar/image/furogyouten.jpg

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 12:04
おい、みんな朝からアツイな!
遠雷、最後まで書いてくれて嬉しかった。
あのしめ方、アキラの只者じゃない感じ出てて気に入った。
アキラ、ヒカル間のエピソードも知りたい。(アキラたんの葛藤ね)
>72
可愛いな。しかしデケエ・・・(w
いや、もともとアキラはデカイ派だから異論はないが。

74 :研究会:02/07/21 12:14
>72
久々にパソの前で大笑いした…。そうだな、長いな(w。
ポーズ意味不明だけど躍動感があるし。
クマとか人間じゃないものにドアを開けられた時のような驚きようだな。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 12:21
なんであのポーズなんだ?
アキラタン、もしかしてオナーニ中だったのか?(w

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 12:25
>75
だとしたらドアを開けたのは明子ママの可能性大だな(w

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 12:47
体がやけにリアルだが、毛が少ないなあ。>75

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:01
://jump.shueisha.co.jp/hikaru/imgs/akirahen.jpg
俺はやっぱりこっちのアキラたんの方が好きだ。
オヤジはなにか踏み台に乗ってるような気がする。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:04
72のアキラたんは、俺が剥いてやりたい!といった欲望が刺激される。
78のアキラたんは、ドナドナっていうか異人さんに連れられて行っちゃったというか、
着衣なのにいけない妄想が炸裂する。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:08
>53
カワエエ!カワエエ!!
そんなこんなですっかりアキラタンのとりこダーヨハァハァ(;´Д`)

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:13
>79
禿同!
ドナドナワロタ
アキラたん異人受けバツグンだろな!
異人囲碁打ち登場せんかい?またまた素晴らしい妄想小説が誕生しそうだ

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:32
新スレたってるし、レスも進んでるけど、小説がきてない。
職人さんがた、待ってまつ……………。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 13:42
北島ドリームとのんびり屋さん読みたいぞ。
他の職人さんも遠慮せず来てくれ(;´Д`)ハァハァ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 14:09
一日、繋げなかっただけで、新スレ移行してるわ、遠雷終わってるわ。
甘い経験はきてるわ。目が離せないじゃないか!?
遠雷タン、祝完結!
ラストの「きれいにして欲しいアキラ」にはチンピクだった。
削った部分も番外編で書いてくれよ。鬼灯もな。

甘い経験タンも、絶好調!
初々しい二人が可愛くてたまらん!!

裏失楽園タン、某Lタン、たくさんの職人さんたちの到来を待ってるよ。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 16:08
>1
ストッキングって何だよ…

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 16:19
>85
座間を悩殺した新初段シリーズの時アキラが履いていたアレ。
本当はタイツだと思うけどな。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 16:26
>86
あのころのアキラたんは何の疑問にも思わずタイツを履いていたんだろうな…。
幼稚園の頃や小学生の低学年の頃は白いタイツ着用かな。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 16:45
姉貴んちの息子が小1のとき、白いタイツをはいていって上級生に
からかわれたらしい。3年生になった今でもあだ名は王子様だ。
アキラたんも王子様って言われてたりして。
もっとも俺にとってアキラたんは王子様というより白雪姫だがな!

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 17:30
白雪姫、アキラたん!(・∀・)イイ!!
おいらのチッスで目覚めるアキラたん。
花嫁としておいらが連れ帰るから、小人の88はちゃんと見送ってくれよ。
そしてドレスの裾を捲り上げ、白馬の上でおいらはアキラたんのアヌスに……。
(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 18:47
アキラタン ああアキラタン。アキラタンへの妄執は増すばかりだ。ここの影響は大きい。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 19:43
<89
すぐアヌスかよ!

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 19:43
慌てたためにリンク張り間違えたぞ! >89だ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 19:58
アキラたんの菊門はみんなの宝さ。ああアキラタン(;´Д`)ハァハァハァハァ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 20:59
そういえば、以前菊門開帳のAAがあったな…。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:08
>94
たまにアレ、見たくなるんだよな(;´Д`)ハァハァ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:12
昨日のラジオ体操アキラたんシリーズオモロかった。
妄想に終わりはないんだな(w
アキラの笑いのツボについて最近考えている。
アキラは普通皆がウケルジョークで笑えないのではないかと。
笑ってくれなかったらショックだなぁ(w

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:17

ペド・・・・・・・

             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U ヽ___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/  
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::< 
  └___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::::::::::::::::::::|

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:22
>97
いうな

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:42
>96
手足がつってしまうアキラたんにウケタ(w
テレビもあんまり見なそうだし、状況を把握してないと笑えない系は無理っぽいな。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:47
アキラの笑うイメージはクスッとかウフフって感じ
それか微笑
笑うと可愛いんだよな

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 21:47
>96
年長者の放つオヤジギャグに対しては
心の底から楽しそうに笑う姿を見せる技術を体得してそうな気もするぞ。
座間との新初段戦の時も和やかに周囲の笑いをとってたりしたよな…大人ばかりだったけど。
オヤジ相手は問題ないとしても、若いもんのギャグについていけるかどうかは甚だ怪しいな。
「なぜ、今の話でみんな笑ってるんだろう…?」とポカーンとしてるアキラたん。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:18
>>26
オレはアキラのナミダに弱い、と思う。
アキラに泣かれたらなんでも許しちまいそう。
>>72
リアルアキラっていうか……さっそく使わせてもらう(w
>>78は保護本能をかきたてる表情っていうのかな?ランドセルアキラたんハァハァ(;´Д`)

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:23
>101
言えてる(w
おやじギャグには食いつきそうだ。
アキラタン本人に関して言えば、自然体そのまんまでおかしい奴=天然ボケケテーイだと思うんだが(w

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:27
なり続ける電話を見てひと言。
「誰もでんわ。」
腹筋が筋肉痛になるほど、笑い転げるアキラたん。
こ、このパターンなのか?つらいぞそれは(w

105 :甘い経験(16):02/07/21 23:35
「…進藤、」
耳をくすぐる優しいささやき声に、おぼろげな意識の中でヒカルが答える。
「な…に?とうや…」
「いい?」
なにが?と聞き返そうとした時には既にヒカルの身体はうつ伏せにされていた。
アキラがヒカルのうなじに軽くキスする。そして背筋をすっと指でなぞると、ヒカルの
身体がビクンとはねた。
アキラの手がヒカルの白い双丘を愛しそうに撫で、それからチュッと音を立ててそこに
キスした。そしてそのまま双丘を揉みしだきながら背中の窪みに口付けし、ゆっくりと
唇と舌での愛撫を開始した。
アキラの舌が、ヒカルの背骨に沿って探るように動いていく。双丘の谷間を降りて
行こうとするその動きから、ヒカルにアキラの意図が伝わった。
「やめっ…やめろよ…っ、そんなとこっ…!」
ヒカルはアキラから逃れようとするが、アキラの手がしっかりとヒカルの腰を捉えて
放さない。そしてヒカルの抗議を無視して、そのまま舌先でを入口をくすぐった。
むず痒いような、くすぐったいような感触に、ヒカルが身体を震わせる。

突然、アキラの攻撃が止んだ。どうしたんだろうと頭を巡らすと、アキラは手を伸ば
して、いつのまにかベッドサイドに置かれていた見覚えの無い小ビンを手にとった。
そして中に入っていたとろりとしたものをその手に受けるのが、見えた。
それは何だ、と問う間もなく、アキラがヒカルの背を抑え、自分の足でヒカルの両足を
割り開き、固定する。そしてヒカルは後ろにヒヤリとしたものが塗り込められるのを感じ、
その感触に声にならない悲鳴をあげた。
「な、なに?今の………ひぁっ…」
そのままぬめる指がヒカルの中に侵入してきた。
「潤滑剤だよ。」

106 :甘い経験(17):02/07/21 23:35
「バッカヤロウ…なん…で、そんなの……んなに、用意がいいんだよっ…!」
ヒカルの必死の抗議に、アキラが優しく答える。
「キミだって、そのつもりだっただろ?」
耳元で甘い囁き声が聞こえる。
そのつもりだったのは確かにその通りだけど、でも違う。こんな筈じゃなかった。
ヒカルの中でアキラの指が動いた。そのなんとも言えない感触から逃れようと、ヒカル
が身体をひねる。何かを探るように内壁をうごめく指がそこをかすめた時、ヒカルは
思わず声を上げた。
その声に応えるように、アキラの指がもう一度そこに戻り、確認するように軽く擦る。
「ここだね?」
アキラの冷静そうな声に、ヒカルは泣きそうになった。もう許してくれ、と言いたかった。
だがアキラはそんなヒカルに構わずに、ヒカルの内奥のポイントを攻める。
すっと抜け出るかと思った指は、更にもう一本追加されてヒカルの中で動く。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:36
兄貴なんかは知性とウィットに富んだ会話でアキラタンを笑わせたりなごませたり
得意そうだが、俺達がアキラタンを楽しませるためにはチョト努力が必要そうだな。
エチーで満足させりゃ、とも思うが、やはり、自分の話を興味深く聞いていたり
ウケテ笑ってくれるアキラタンを見たいじゃないか。
誰か、アキラタン攻略本出してくれよ(w

108 :甘い経験(18):02/07/21 23:37
「やっ、やだっ…、なに、これ……、あ、やぁっ……!」
アキラの指が動く淫靡な音がヒカルの耳にも届いて、ヒカルは羞恥に顔を赤く染めた。
その音が恥ずかしいだけでなく、いつのまにかアキラの指の動きに、もっと強く、もっと激しい
刺激を欲してしまっている自分がいる事に気付いて、恥ずかしくて気が変になりそうだった。
そして自分の口から漏れる、抑えようとしても押さえ切れないその声が、更にヒカルの羞恥を
強めた。それを煽るように、ヒカルの中でアキラの指が動く。
後方への刺激に、先程アキラの口に放ったヒカル自身はすでに先程以上に怒張し、涙を
こぼして、解放の瞬間を待ち望んでいた。
「とう…や…、オレ、もうダメ…」
イかせてくれ、ヒカルはアキラにそう哀願した。
「まだ、ダメだよ、進藤」
だがアキラはヒカルをぎゅっと握ってそれを押し止め、そして後ろから指を引き抜いた。
「あっ…」
突然空虚になったそこが失われたものを追い縋るように動いた。
が、すぐにそこに何か熱いものがあてがわれ、そして先程とは比べ物にならない重量と
熱さを持ったものがヒカルの中に侵入してきた。
「あ、あぁ…っ!」
身体をムリヤリ引き裂かれるような痛みに、ヒカルは悲鳴を上げた。
悲鳴を上げながらも、だがヒカルの狭道は入ってきた物を逃すまいと締め付けた。
「…んど……ちから、抜いて…」
苦しげな擦れ声でアキラが耳元で囁く。
「やっ…イヤだっ…!いやっ…あ、あぁ……あっ!」
だが体内に異物が侵入してくる苦痛が、肉体の悲鳴が、ヒカルに拒否の言葉を叫ばせる。
「進藤…進藤、進藤、」
なだめるように、懇願するように、アキラがヒカルの名を呼ぶ。

109 :甘い経験(19):02/07/21 23:40
「はっ、あ、あぁあーーー!」
残りの距離を一気に詰められて、ヒカルの口から悲鳴が上がった。
痛い。苦しい。辛い。涙がぽろぽろと頬を伝わり落ちる。
体内の異物感と痛みと不快感。じんわりと体内に何かが広がる感覚。
「と…や、」
ヒカルは助けを求めるように、自分にその痛みを与えている人物の名を呼んだ。
アキラが荒い息をついて、半ば脱力して、ヒカルの背に体重をかける。だがその腕は
しっかりと後ろからヒカルを抱きしめていた。
「進藤…」
熱い擦れ声が耳元で響く。背に押し当てられた心臓の鼓動を熱く感じる。
「あ、つい…」
背中から、アキラの擦れ声が届く。
「キミの、中って…」
バカヤロウ、とヒカルは心の中でアキラをなじる。熱いのはおまえだ。おまえの方だ。
耳元で感じる呼び声が、吐息が、熱い。自分を抱きしめる腕が、背に密着した胸が、熱い。
体内に留まったまま脈打っているアキラが、熱い。
その熱さに、熱に、呑み込まれる。心臓の音が、流れる血液の音が、体中で熱く大きく
感じられ、だがそれが自分のものなのか、アキラのものなのか、わからない。
アキラの手が頬の涙を拭い、アキラの唇が耳元を、首筋を優しく愛撫し、彼の名を呼ぶ。
「とう…や…」
ヒカルは首をねじって、彼の顔を見ようとした。
そのヒカルの唇に、アキラの唇が横からそっと優しく触れて、離れた。
ヒカルの目からまた、一筋の涙が零れた。
きっと、今流れている涙はさっきとは違うものだ。
「進藤、好きだ。」
アキラがヒカルの顎を捉え、アキラの唇が頬を流れる涙を吸い取りながら、言う。
「だから…」

110 :甘い経験:02/07/21 23:41
エヴァンズ、やるな。と思ったらヤバイじゃんか。
マルヤマはまだ先が長いからどう転ぶかわからんな。タイガーはどこへ行ったんだ?
今夜オレは何時に寝られるんだ?最後までTVを見てしまうのか?
と思ったら大相撲ダイジェストかよっ!この隙に風呂入って来るか。

今日はここまで。あとちょっとだ。がんがれ、オレ。
じゃなくて、がんがれ、アキラたん。がんがれ、ヒカルたん。と言うべきだな、ハハ。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:48
続きが激しく気になり待つ。

112 :107:02/07/21 23:50
甘経キタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
邪魔してまってゴメン!笑いと会話でのアキラタン攻略法を考えてるんだ。
やっぱ若造の未成熟な舌先では満足できないのか?アキラタン(*´Д`*)ハァハァ
しかし、甘経のアキラタンはいつから♂に目覚めてたんだ?

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/21 23:59
甘験キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
男の本懐を遂げたんだね、アキラたん。おめでとう!アキラたん。
終わっちゃうのは寂しいが、続きはやっぱり楽しみだ。がんがれ!

♂というより、ヒカルたんに目覚めたのではないだろうか。

114 :甘い経験:02/07/22 00:27
ゴルフに気を取られてハァハァが途切れてしまった。
明日続きを出せるかどうか、あぶねぇ。

目覚めてたのは前作第三部の始めのあたりだが、
♂に、だか、ヒカルたんに、だか、そんなん区別つくんかよ?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 00:44
>114
♂全般が恋愛の対象ならゲイなんで、区別はつくぞ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 01:07
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ..∧ ∧      < 甘い経験のアキラたんはヒカル純愛がええのう
  .(; ゚Д゚) y^~     \____________
 ./| V|)
 `.⊥/ .⊥
 ∈__※__∋
 ∞∞∞∞∞
 ∞∞∞∞∞
 ∞∞∞∞∞
 ∞∞∞∞∞

117 :甘い経験:02/07/22 01:16
あ、文脈読み違えてたか?オレ。
自分が♂である事に目覚めたのと、ヒカルたんハァハァに目覚めたのが
同等で区別はつかない、と言いたかったんだ。
他の男には全然興味ねえだろ。…だが女にも興味なさそうだな……
ってことはやっぱヒカルたんか(;´Д`)
思いっきり純愛だよ(w

118 :107:02/07/22 01:53
>117
そうか純愛か。純愛なアキラタンハァハァ(;´Д`)
俺は男が、というよりアキラタンだからエチーの対象だ。
俺も純愛だよ、アキラタンハァハァ(;´Д`)くやしいが応援しるぞアキラタン!
甘経たんもがんがれ!

119 :カゲロウ・2:02/07/22 01:58
その噂を聞いたのはいつだったか。
―最近その碁会所に進藤ヒカルが出入りしているらしい―
和谷はそこが塔矢元名人の経営する碁会所だととうに知っていたし、アキラがよくそこ
で指導碁のような事をしているという話も聞いていた。
そんな場所にアキラのライバルを自称しているが、特に親しいわけでもないヒカルが
頻繁に通っているとは到底思えない。
ましてやヒカルは森下の研究会にも参加しているのだ。
―そんなのあるわけないだろ―
元々その噂を持って来た人物も話の又聞きとやらで信憑性も薄く、和谷が一笑に伏して
結局はその話題は流れたのだった。
その時は気にも留めなかった話だが、たまたまその碁会所の前を通りかかった今になり、
ふと思い出して覗いてみる気になったのは、知らぬ間に心の奥底にその欠片が沈んで
いたのかもしれない。

「いらっしゃい。ここは初めてね?」
碁会所の自動ドアが開くと、受付にいるエプロン姿の快活そうな女性が声を掛けて来た。
「あ、まあ…」
塔矢門下の本拠地という思いのせいか、無意識に力んでしまっていた和谷の返事はいつ
もの彼らしからぬ歯切れの悪さだ。
だがそんな事を気にする風もなく、受付の女性は話を続ける。
「…じゃあ、まずはここに名前を…」
和谷はそれに適当に相槌を打ちながら、碁会所の中をさり気なく見回す。
他の碁会所となんら変わる所はない。普通の碁会所だ。
――当たり前か。
塔矢の名に過剰に反応している自分に気付き、なんだか急に馬鹿馬鹿しく思えてきた。
特に打つつもりも無かったのでこのまま帰ろうかと視線を戻しかけたその時…

120 :カゲロウ・3:02/07/22 01:59
――…いた!
奥まった席に座る、見慣れた後姿。間違う筈がない。進藤ヒカルのそれだった。
そしてそのヒカルに対峙しているのは……塔矢アキラ。
信じられない思いで目を見開く和谷の前で、二人は気付く事なく盤面に向かっている。
互いに石を置いて何か話している様子は検討でもしているのだろう。
しかし段々とその声が大きくなり、最後は立ち上がって言い争いが始まってしまった。
「いっちゃん、又かい?」
「そうみたい。毎回最後はこうなるのよねぇ」
和谷の少し後に来た常連らしき初老の男性に話し掛けられ、受付女性は軽く肩を竦める。
その言葉に和谷の心臓がドクンと跳ねた。ヒカルはここに何度も来ているのだ。
そして恐らくその度にアキラと会っている。
裏切られたと思った。
ヒカルに対して猛烈な怒りが込み上げて来る。と同時に何故かアキラに対しても同様の
怒りを覚えた。和谷自身にも説明の出来ない胸が焼けるような感覚に更に苛立つ。
これ以上二人を見ていると、どうにかなってしまいそうだ。
「ちょっと、キミ…!」
受付女性の声を背に受けながら、和谷は逃げる様にして碁会所を後にした。
その脳裏には先程見た光景がちらつく。
端から見たら単なる子供同士の口論にしか見えないだろうが、和谷にはわかっていた。
二人にしか触れることの出来ない空間が、確かにそこに存在したのだ。
そしてもう一つ、網膜に焼き付いて離れない映像があった。
…ヒカルに触発されるようにして声を荒げたアキラ。
――あんな塔矢、オレは知らない…

121 :107:02/07/22 02:26
陽炎キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
和谷の深層因子発芽キタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
わかるぞ和谷。アキラたんの目にはヒカルたんしか映ってない。だがハァハァはとめたくて
とめられるもんじゃないよな。つづき禿しくキボン!

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 02:30
http://ux01.so-net.ne.jp/~ev-net/autotext/alterego.html
             ↑
いきなり次回予告みたいなヤツ、物語を作ってくれる。
下のがその例。暇つぶしにどうぞ。

知恵者のアキラ


知恵者のアキラが田舎道を歩いていると、
碁が現われて謎をかけた。

「アキラよ、昨日は幽玄の間、明日は神の一手とは?」
アキラ、少しもあわてず
「碁よ、それは今日をヒカルにするだろう?」
「つまり?」
「幽玄の間とは苦々しい対局のこと。
それを棋院で願うと神の一手になるのだ」

碁はアキラの知恵に感心し、
以後ヒカルとなってアキラに仕えた。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 02:38
うわっタイミングマズ〜……。

気を取りなおし。
カゲロウたんキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
ここでも和谷はトーマスの面目躍如とになるのでショッカー!
期待しつつ(;´Д`)ハァハァ ……

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 02:51
甘経験、カゲロウ
                  キタ
         ┏━┳━━┳╋━━━┓
         ┃  ┠━━┻╋┓   ┃
         ┃  ┃  ┏━╋┛   ┃
       キタ╋━╋━┻(゚∀゚ )━-━╋━━!!
         ┃  ┗━┳━╋━━━╋
         ┃     ┃  ┃     ┃
         ┗━━━┻━╋━━━┛
アキラタンはタチでもネコでも魅力的ダーナ(*´Д`*)おっさん掘られたいかも
アキラタ〜〜〜ン(*´Д`*)ハァハァ
カゲロウは和谷が新鮮でオモロイぞ.どんどんアキラタン蟻地獄に嵌ってくれ
アキラタンはカワイイからなあ!(*´Д`*)ハァハァ

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 03:12
カゲロウキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
和谷もアキラたんの虜か?気づくが気づかまいがアキラたんを見た瞬間
男どもも脳にアキラたん因子が植えつけられるらしいからな
どんな風に花開くか楽しみだ

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 05:01
某Lたん、のんびり屋さん、アゲハマたん、夢魚たん、裏失たん、偽りたん、リレー少年王
待ってるぞ〜!
新作もワクワクしながら待ってるーぜ!

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 10:57
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_|  スイカ
| | |つ
| |∧|〇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 12:22
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_| ダレカタベルカナ? 
| |⊂)
| |∧|   〇
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 12:27
うわぁ、ア、アキラたん、スイカくれるのかい?
いっしょに食べようね。
そうだ。スイカ割りしようか?
目隠しをしてスイカを割るんだよ。アキラたん、やってみるかい?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 12:52
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー^)_|/ コレデタタクヨ 
| | |つ/
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 13:09
Σ(゚д゚; アキラたんが持ってるのって…、そ、それ鞭じゃないのかい。
それの大好きな緒方クンや座間のおぢさんは今、いないんだ。
スイカを割るのは、普通の棒にしておこうね。

他には誰もいないのか。
二人きりでスイカ割り…… アキラたんを食べたい(;´Д`)ハァハァ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 13:13
| |_
| ||||,||ヽ
| |‐゜)_| ボクヲタベル…? 
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 13:25
なんでもない…、なんでもないよ。
アキラたんが食べたいくらいにカワイイってことさ。
…きょうは暑いねえ。
さぁ、目隠しをしようアキラたん(;´Д`)ハァハァ

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 17:50
アッキラタ〜〜〜ン!可愛いなぁ!今日のラジオ体操は上手に出来たかい?
おっさん見に行きたいぞ〜ハァハァアキラタンの爪の先まで神経の行き届いたラジオ体操
短パンからニョキッとのぞく可愛いあんよ(;´Д`)ハァハァ
アッキラタ〜〜〜ン!おっさんにもスイカくれ〜!

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 17:58
おまえら前スレ9に偽りさん来てるぞ!
それに魔境の残照のつづきアキラたんバージョンも来てる!
ステキな作品なのでおまえらも飛んでみそ。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 18:11
アキラたん、暑中お見舞い申し上げます。
覚えてますか?僕はアキラたんに逢うために山を売った男です。
毎日貴方の事が頭から離れません。浴衣姿の貴方の写真を枕元に置き、毎晩貴方と
手を繋いで眠る夢に酔っています。
ああ、アキラたん、またきっと貴方に逢いに行きます。
暑いですが、夏ばてなどしないように、どうぞお体ご自愛ください。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:00
ラジオタイソウ ガンバルゾウ!

| |_
| ||||,||ヽ
| |ー^)_| ピッ!
| |  |つ  
| |∧|  
        / |||||,||ヽ
       |_(*゚ー゚)||  ピッ!
     彡 ⊂  っ
   ((   ⊂、 /   
     ミ   ∪  

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:02
  ||||||'|| ヽ
...,||(゚ヮ゚*)_| ピッ!
 ⊂|⊂ |
  ⊂,,ノ
   ,,∪  
       ,,   
     ,ミ||||"|ミ,,  ピピッ!
    "(ヽ ゚ヮ゚ ノ)"  キマッタッ!     
      |  |             
     ⊂__⊃      

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:04
(;´Д`)ハァハァ
なんて元気に頑張る子なんだアキラたん(;´Д`)ハァハァ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:11
アキラタ〜〜〜ン!
おっさんの為にサービスショットありがとな〜〜〜!
これで暑さも乗り切れるし、明日からも仕事頑張れるずぉ!
アキラタンはおっさんの元気の素なんだよ〜〜〜!
しかしピッピッピッピ!って可愛いなぁぁぁぁぁ!(;´Д`)ハァハァ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:23
あああアキラたんラジオ体操カワイイぞ!
ピッ!ってキマッテルぞ!手足の先までアキラたんの神経が!ハァハァ(;´Д`)

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 19:58
アキラたんのピッ!ピピッ!にウケタ(w
なんかカワイイよな

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 20:21
ちっちゃいアキラたんも今の色っペーアキラたんも(・∀・)イイ!が
一番好みは小学6年生のランドセルアキラたんかな(w
昨日のドナドナでないが、定まらない魅力があってたまんねえハァハァ(*´Д`*)
ここでいろんなアキラたん楽しめて幸せだ。もっといろんなアキラたんが見たい。
ってことでランドセルアキラたんのつづきくれ!ください!

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 20:52
>143
そういや、小学6年の女の子二人が、売春で捕まったぞ。
女の子の方が金欲しさに学校からテレ倉に電話したんだと。
今さらだが、6年生でも出来るんだなセクース……と思いながら、ふと
リンケージのアキラタンを思い出して鼻血でそーになったよ(w

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 20:55
ビクッ.||||||~||||||||||~||  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) < オトウサンノ プリン タベチャッタ……
     ./ つ つ   \________
  〜(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `J

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:00
ペド

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:01
>145
アキラたんも鼻ぢ出てるぞ(w

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:05
>145
ポーク仕様のアキラたんだな(W
でもビクビクドキドキのアキラたんもカワエエ(*´Д`*)ハァハァ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:08
>145
脚の芸が細かくて(・∀・)イイ!
抜き足差し足のアキラタンの脚(;´Д`)ハァハァ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 21:20
>143
はにかんだアキラに淫乱な因子を見つけたりする楽しみ。
清廉潔白としたアキラに悪魔な一面を見つけたりする楽しみ。
ここの小説でいろんなアキラにゾクゾクさせられてる。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:04
http://school.2ch.net/test/read.cgi/campus/1026748201/746
魔境の奴なんだけど、アキラたんが陰陽師しててワラタ。

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:28
>151
さんきゅ!今見てきた。
アキラた〜〜〜ん(*´Д`*)ハァハァ
751の七部ズボン、アキラたんの小学校の制服っぽいので着せてみたい

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:38
GBA2を買おうかどうか悩む…。
アキラたんはどのくらい出てるんだろう。
囲碁のスターターボックスは買ったんだが。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:47
  ||||||'|| ヽ
...,||(゚ヮ゚*)_| ガッコ ヤスミダヨッ!
..⊂|____U_》
.......|__|__|
........U U

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:51
>153
オレも……ゲームよりアキラたん目的だかんな(ワ

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 22:53
>154
うおおおお!言ってみたら制服アキラたんが来た!
しかもランドセル背負ってるじゃねーか(*´Д`*)ハァハァ
禿しくさんきゅ!

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/22 23:07
>154
ランドセル……ランドセル……ランドセル……ああアキラたん…。
アキラたぁぁぁぁぁん!(;´Д`)ハァハァ

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:05
今回もアキラタンの美しいお顔を拝顔出来なかった。
ヒカルスレが羨ましい。毎回出てるモンな。当たり前か、主人公だし。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:09
社っての無口だな
雰囲気的には三谷っぽい気がするが

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:13
>158
伊角の碁ってのもあったから、アキラの碁もキボン!キボン!キボン!
逢えないのが辛いよアキラタ〜〜〜ン(;´Д`)ハァハァ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:14
関西はまだキャラが掴みきれないが、ヒカルよりもアキラに絡んで欲しい。
その方が合ってるキャラに想える(単なる顔のイメージによる&願望な)

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:20
>161
関西ってことは関西らしさを意識したキャラ出しをするのだろうか?
そういうのはコテコテしすぎてて苦手なのだが、今回の感じだとコテコテではない感じだな。
口を開いた時がカギだ(W
どんなキャラだと思う?

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:33
社は三谷と加賀を足して2で割ったような印象

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:34
>162
願望としては不器用で無口な奴、だけど負けず嫌い。う〜ん、だがこれだと三谷っぽいな〜。
光よりも影に引き寄せられるタイプだと面白いな。=ヒカルよりもアキラに惹かれるタイプ。
太陽より月、犬より猫が好きなタイプであってくれ。ただの願望(w

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:39
確かにヒカルタンの方は、院生仲間や門脇など絡んでくる奴が多い。
神の一手カプールであるアキラタンにもバランスとってホスィ(゚д゚)
アキラタンには兄貴や芦原や親衛隊しかいないしな、しかもたまにしか出てこない。
同年代の崇拝者が欲しい所だす(w

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:43
最初は和谷のようにアキラを煙たがってやっつけてやる!と息まくが、あっけなくやられ、
いつしか塔矢崇拝者にっつーのキボン!
海王高校(仮)まで転校してきてアキラに纏いつくキボン!(w

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:52
「オレはあいつの碁に魅せられた。(それがいつしかあいつ自身に、魅せられていた。)」
ぐらい言ってくれ!

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:57
久しぶりのヒカルたんの笑顔が可愛かったなあ。
しかしあんな笑顔を見せる相手が門脇とは!なぜアキラたんじゃないんだ!
と言っておくのがこのスレ的には正しい反応なんだろうか…。
ごめん、なんか、勢いが足りねえ……待ちくたびれてるんですよ、オレは。
やっぱ主役はいいよなあ、毎回出番があって。当たり前だが。

しかし、折角の新キャラなんだが、ストーリー的にはイマイチ来週への期待が盛り上がらん。
そういう意味では、門脇再登場の先々週が一番ワクワクしたよ。
新キャラ、どんなのが出て来るのかと期待しすぎたせいか?
登場までちょいひっぱりすぎだったのかもな…、と稀にはマジに語ってみたりする。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 00:59
そろそろ海王囲碁部のような、アキラ中心のエピも欲しい所だ。
このままではアキラはヒカ碁の蚊帳の外じゃんか?出来上がっちまったキャラにはしてほしくないぞ!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:00
>164
光よりも影に引き寄せられる……なんか良いぞ。岸本や芹澤もそんな感じか?とふとオモタ。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:07
>168
原本にハァハァが出てこない昨今、たまにマジに語るのもありだろ。
確かに今までの濃いキャラ設定に比べると弱い気がしる。まだわからんがね。
例えば、加賀。登場時から濃かったろ?そういう登場の仕方でもないし、雑魚キャラなのか?の疑いも。
そうするとストーリ展開にも期待が持てなくなる。
それより何より問題はアキラたんだ!169じゃないが、いっちょあがりにされたんじゃタマラン。
まだまだ若先生にも葛藤してもらわんとな!

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:09
芹澤……、遠雷完結したのわかってんのに、またくるんじゃないかと待ってる自分に鬱。
研究会もそうなんだよね。ワキは今なに考えてんのかな……。
本編でアキラたんに(;´Д`)ハァハァ できない分、ここでハァハァしてーよ……。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:11
>>169
>海王囲碁部のような、アキラ中心のエピも欲しい所だ。
はげしくドウーイ!ドウーイ!ドウーイ!
ほった、ここを見てるか?このままではアキラたん親衛隊のオレタチが狂い死む。
なんとかしてくれい!

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:13
初手に天元持ってきた時点で、スンゲえ自信家か、
かつてのヒカルのように無邪気なバカかとわくわくすると同時に、
本田の心中を思い、怒るな、冷静にいけよと、思わずエール。
そんなわけで、今週も面白かったよ。新キャラ、曲者っぽい。
これでアキラたんがちらりとでも登場してくれていたら。ウゥゥゥ(´Д⊂

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:16
>172
俺は芹澤が危険と知りつつアキラに溺れてゆく様を描いてほしいんだが。例の代償をきっかけによ。
危険と知りつつもいつの間にか溺れさせちまうのが魔性ってやつだろ?
アキラたんの魔性の様が見たいハァハァハァハァ(;´Д`)
研究会は、成就前のワキのアキラたんストーカー日記を書いてくれ!

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:20
>174
自信家でクセモノならすげー嬉しい。
登場の仕方がいまいちしょぼかったな。
自信家クセモノとからんでゆくアキラタンが見たい(;´Д`)ハァハァ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:26
某海賊漫画みたいに、表紙(とびらっていうのか?)で
アキラたんエピを見せてくれないかなあ……。
4人持碁のときのかな、ネクタイしたアキラたんがちっちゃな女の子と
話してる表紙、ほのぼのして好きなんだよな。アキラたんに会いたい……(;´Д`)ハァ

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:27
本誌にGBAのアキラタンの出現条件が出てたな。
アキラタンと約束しるにはいろんな条件をクリアしなきゃならんのだな。
さすが高嶺の花、アキラタン(*´Д`*)ハァハァ
越智の親密度ってなんだ?40以上でないとアキラタンに逢えんのか。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:28
>174
碁を知らない人間には、新キャラの一手にどんな意味があるのかわかんねえよ。
最後の一行には禿しく同意。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:32
>178
ゲームでなくてもアキラたんといいとこまで持っていくのは至難の技だな。
逢う約束取り付けるだけでも大変そう。
それこそ、芹澤なみなあくどい手を使わねえとダメそうだ。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:36
>177
そうだよな。本編に出ないときは、せめて扉絵で登場させてほしいよな。
その点、先週の表紙は嬉しい悲鳴だったわけだが。
あの浴衣姿のアキラたんだけで飯10杯はいったもんな(w
この飢え方を見てくれほった!マジで。

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:39
この飢餓感が新たな妄想を呼びそうな予感(w

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 01:44
今、むしょうにlinkageさんの、兄貴とアキラたんの会話が聞きたい。
中華を食べに行くときの二人の会話とか好きだなあ。
Linkageさん頼む。あまり焦らさないでくれ。放置プレイはイヤ!イヤ!

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 02:05
あの表紙一つで、職人さんも小説書いてくれたもんな。
やっぱ本編にアキラたんがいないと寂しい……。
ヒカルスレが羨ましい……。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 02:12
まあ他を羨ましがっててもしょうがない。
しかしここは確かに自給自足が多い(w
明後日はアキラたんTVご出演があるはずだし、それまでみんな自給自足で頑張ろう!(ナニヲダ?)
きっと職人さんがその分ハァハァさせてくれるぞ!

186 :研究会:02/07/23 04:08
本田を破った後、社はアキラの居る碁会所にフラッと現われてアキラと一戦交える。
社の人を試そうとかく乱するような応手に冷静に対応し勝利するアキラ。それで社はアキラの事が気に入る。
実は社はしばらく広いアキラの家に下宿することになっていたのだ。
社は女にもモテるが気に入れば男でもイケる両刀使いだった。大人の前では礼儀正しいが
アキラと二人きりになると何かと手を出してくる。風呂にも強引に一緒に入ってくる。
アキラは相手にせず何でもないよう装おうとするが、ある時ヒカルがあまりに和谷達と楽しげなのに
なのに腹を立て、当てつけのつもりでヒカルの前で社の誘いに応じてしまう。
当然後ですぐ社にそのつもりがない事を伝えるが,社が聞き入れてくれるはずがなかった。

…確かに飢餓感で妄想が暴走しかかっている(w

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 04:26
>186
ワラタ
そこまで逝っちまうか(w

188 :研究会:02/07/23 04:28
それにしても男前な新キャラ出してきたもんだ。さすが小畑。
体格的にも、まるでアキラを食ってくれと言わんばかりだ(w。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 04:40
>188
そういうニオイぷんぷん撒き散らしてほしいもんだ社よ。
最近ヒカル以外でアキラたんに禿げしく絡んだキャラって越智の後いたか?思い出せないほど遠い記憶だ。

190 :エンライ:02/07/23 04:57
ワロタよ、研究会さん。俺も同じだ。
俺が考えたのはな、社としては塔矢名人の息子、若手筆頭のアキラを意識してるんだよ。
34号見た感じじゃ、自分の碁に夢中で寡黙、飄々としていて無意識に辛辣。
というわけで、アキラと同類項。北斗杯の代表に選ばれた社は、同じ代表のヒカルの碁に
興味を持つ、最初はヒカルと仲良くしてるんだけど、そのヒカルがアキラに固執していることに気がつく。
で、改めてアキラに注目するが、それは以前とは違う意味合いを含んでいた。
そして、アキラもまたヒカルに固執していることに気づき、心理的な疎外感から、
アキラを碁ーカーン! なんて―妄想仮名。金曜からずっと俺の脳髄を犯してるんだ。

俺の中でアキラはヒカル一筋、ファム・ファタールってのがデフォらしい。

191 :研究会:02/07/23 05:25
新章になって伊角和谷ヒカルアキラって4人揃いのイラストが多いから、
こいつらの本格的な絡み合いがメインになるかと思った。でも相変わらず伊角和谷とアキラに
接点がないんだもんなあ。
東の塔矢アキラ、西の社清春って意識があると思うよ。社には。
兄貴の登場がない分社にプチ緒方的なものを求めてしまうのかもしれない。
誰かが言ってたけどいかにも社って童貞じゃないっぽいし(w。
そんな社もやはりアキラには本気にならざるをえない。そういうことだ。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:31
今回棋士の距離感についていろいろ考えた。
門脇と和谷は初対面のような気がするが、普通に話していた。
勿論、既に出会っているのかもしれないが、同業者という気安さが
あるのかもしれない。すると棋士であるというだけで、接点になりうるのではと思った。
いや、ただそれだけ。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:40
>191
同意。
アキラにライバル意識ムンムンで(内心下心ムンムンムラムラで)カラム人間模様が欲しい。
「塔矢アキラ・・・オレをマジにさせやがった。」てな感じで。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:43
研究会タン、遠雷タン、大いに妄想してくれ!
そしてそれを俺達にも分けてくれ!
といってもまだ社のキャラ確定してないしな(W

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:47
そうなんだよな。芹澤みたいにあんまり絡んでこないんだろうなってわかれば、好き勝手書けるけど、
まだなんにもわかんねえもんなあ……、北斗杯があるから今後も絡んでくるのは必至だし。
まだうかつなこと書けない。でも妄想は止まらない。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:48
>192
それは一理あるかも。
だがアキラみたいな性格だとどうしても表面上の付き合いになりそうだ。
新キャラもそれっぽい気が……物怖じしないでヒカル達と付き合うが
心は決して許さないみたいな。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 05:51
>195
止まらない妄想なら吐き出しちまえ!(w
まだキャラ定まらないで絡んでもこないうちだったらおふざけとして
許されるんじゃないか?
ってか飢え過ぎててなんでも食いたい感じだ(w

198 :研究会:02/07/23 05:52
>194
お前の妄想も出せ。語れ。希望でいいんだから。オレらだけに恥じかかすな。
確かにもう少し社のキャラの手がかりが欲しいが、まあいいじゃん。
で勝手に盛り上がるだけ盛り上がって社のキャラ全然違っててみんなで倒れると(w。

199 :194:02/07/23 06:08
>198
そうだな・・・社の家は貧しいんだ。そんでもって複雑な事情がある。
碁が唯一の癒される場みたいな。
それでアキラのような生まれつき恵まれた奴に憎しみに近い拒否反応がある。ヒカルに対してはライバルと認めながらも好意を持つ、がアキラにだけは絶対負けたくないとな。
で、社はもちろん童貞ではない。道頓堀近くのスナックの女(年上のおさな馴染みと既に経験済みで、
しかも風俗の女からもモテモテで貢がしてたりする。
いちいちアキラの事が引っかかり、しかも名前も覚えないわ、一番触れて欲しくない
深層の傷跡掻き毟られるわでプライドが傷つき、無理矢理やっちまう。
そのシーンをビデオに撮ってアキラを苦しめるのだが、いつしかマジで惚れちまう。
・・・とこんなとこか。
やっぱガタイのいいのにやられるアキラってのはソソルな、おいハァハァ(;´Д`)

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 06:30
兄貴、今日も俺は朝勉だぜ。
明け方兄貴と話すのが楽しみだったりするのだが、最近ちっとも現れてくんないな。
気が向いたらまた声かけてくれや。

201 :研究会:02/07/23 06:36
>199
妄想1行目からワロタ。
ふと思ったんだけど、囲碁のプロって前科者でもなれるのかな?
保護監察受けてた奴とか。いや、別に社がどうとかじゃなくて。
学校で問題起こしたとか新聞沙汰になった奴でも試験勝てばいいのかな。プロの世界って
普通そうだよな。実力のみ。
世の中が何もかも信じられない。信じられるのは己の実力のみって不遜なキャラいいよな。
多少ベタでもハングリーな奴が欲しい。アキラもようやくヒカル以外に目を向ける気に
なるような。プロ編に突入したんだからなあ。
そうでないと、ヒカルまで安くなってしまう気がする。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 06:43
>201
いや社がそうだったらかなりおもしろい。
今までにないキャラで大歓迎。アキラの気を惹くつうかアキラに汗かかせるような
キャラ出て欲しいからな。
実際どうなんだろ?勝負の世界なんだから、無粋な規制は欲しくないな。
あくまでも実力主義で逝って欲しい。
社が、俺の生きていける場所はここしかない、みたいな。
碁で拾われなければ、人間のクズみたいな裏街道歩むしか術がない、みたいな。
おい、どんどん妄想膨らむじゃねーかよ。どーする?(W

203 :研究会:02/07/23 07:01
どうしようもないものを妄想と言う(w 
溜まった妄想はここで吐く。犯罪に走らないために。このスレはその為にあると
認識している。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 07:09
キョウモ ラジオタイソウイッテキタヨッ!
オニイサンニ ジョウズッテ ホメラレチャッタ!

  ||||||'|| ヽ
...,||(^ヮ^*)_| ピッ!
 ⊂|⊂ |
  ⊂,,ノ
   ,,∪  

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 07:10
慣れ居合いか

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 07:22
アキラたんおはよう!
今日もかわいく元気だね。
アキラくんは自分ちのお庭でも体操の練習したり、お父さんと乾布摩擦したりするんだよね?
今度お兄さんともしよっか。

>朝勉君
毎朝ほのぼのしてたもんなあ。
兄貴に会えなくても勉強頑張れよ。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 07:23
  / |||||,||ヽ ピッ!      
  |_(*^ヮ^)|  ワアイッ! ボク モット       
  / つ ノつ   ジョウズニ ナルヨッ!         
 (__-、ノ          
 ノノU            
 ∪      

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 07:33

  _
  |||,|||..ヽ  206クン ミテタノォ?
  |ー゚*)_|  ハズカシイナァ・・・
  ⊂ノ    ミンナ オシゴトト オベンキョウ
  |      ガンバッテネッ!
  |    ~~~~~~~~~~
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~  
|
|  サッ
|彡
|
|
|    

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 08:04
>208
アキラた〜ん(*´Д`*)ハァハァ
アキラたんに応援されたら百人力ダーヨ
今日も仕事頑張るぞっ!

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 08:22
>206
あんがと〜!
>208
アキラタン、俺も見てたよ。
今日のポーズもキマッテルぞ!
アキラタンは努力家だからなぁ
俺も休みだからってだらけないようにガンバルよ!

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 08:23
オレもがんがる!

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 08:27
みんな夜通し妄想を語り明かしてたんだな。
アキラ日照りがヒドイもんな。
でも、明日には会える。きょうも1日かんがろう!

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 14:23
元気なアキラタンをみると癒されるぞ(;´Д`)ハァハァ
昨日はアキラタン日照りの上小説来なかったんだな
今日こそは頼むハァハァこの枯れ木に水をハァハァハァ

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 14:57
暑いなぁ。今日はまだいい方だが。
暑いとやりたくなんねえか?おまいらハァハァ(;´Д`)
ああアキラたん、いっぺんでイイ。やらしてくれ!

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 14:59
俺は明日アキラたんに会えるのを楽しみにしてるぞ!
それを心の頼みにアキラ日照りを乗りきってるんだ。
果たして明日、先生と呼べ発言が聞けるのか?
アキラたん、原作通り上着脱ぎながら言ってくれよ。
アキラたんの生ストリップショー……(;´Д`)ハァハァ

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 15:04
>214
昼からさかってるな(w
だが俺も昼日中から冷房もかけない閉め切った部屋で
互いの汗にまみれて酸欠状態になりながらアキラとやってみたい。
意識の朦朧とするアキラをガッツンガッツン責め立てたい…ハァハァハァハァ

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 15:51
>215
生ストリップかハァハァ楽しみにしてるぞアキラたん。
上手に出来たら、アキラたんのおぱんつに現生何枚でも突っ込んだるで。
それともぶっとい現生のほうがいいか?ハァハァハァハァハァハァ(;´Д`)

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 16:09
おまえらマジで飢えてんな(w
>216
互いの汗貪り合いながらのセクースは興奮しる。燃え上がるパッション!
アキラタンと2匹の獣になって貪り合いてえハアハア(;´Д`)

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 16:15
>218
そういうあんたもかなりキテルな(w
>208
アキラたんくぁわいいのぅ(*´Д`*)ハァハァ

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 17:43
生ストリップとか言うから想像したじゃねーか!
上着を脱ぐときにサラッと揺れるおかっぱをよぉ…。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 19:55
かわいいかわいいアキラたんに逢いたいずぉ(;´Д`)ハァハァハァハァ職人さんカモン!

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 19:57
かわいいかわいいアキラたんに逢いたいずぉ(;´Д`)ハァハァハァハァ職人さんカモン!

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 20:12
俺とてあいたいずぉ!

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 20:13
ああ、全くだ。

225 :のんびり屋:02/07/23 20:20
「あ……おとうさん」
 アキラくんは強ばっていた指をゆっくりと開くと、グーパーを繰り返しました。
 お父さんは厳しい顔でそんなアキラくんを見つめています。その怖さといったら、アキラくんが
もっと小さいときに碁石を口にいれてしまったときと同じ顔でした。
 アキラくんは目をぎゅっとつぶって首を竦めました。
 怒られてしまうに違いないと思ったからです。
「アキラ。こんな薄着で飛び出して…、どうするつもりだったんだ?」
 しかし、お父さんの声はいつものように穏やかで、アキラくんはそっと目を開けました。
 ドキドキしながらお父さんを見あげて、そしてアキラくんはきゅっとその懐に抱き着きました。
 そして後ろを振り返り、池のほとりの大きな石を指差します。
「うさぎちゃんが、あそこにいるみたいだったの」
「うん?」
 雪をかぶった石の上には、相変わらずウサギがしゃがんでいるように見えました。
「早く見に行かなきゃ、いなくなっちゃうでしょ。それに、おそとはさむいから、こごえちゃうもん」

226 :のんびり屋:02/07/23 20:22
 ブルブルと震えているアキラくんの小さな手を自分の懐に入れて、お父さんは溜息を吐きました。
 ウサギの心配をする前に、アキラくんはまず自分の心配をしなければなりません。
「凍えてしまうのはおまえの方だよ。そんなに外に行きたいのなら、ちゃんと暖かくしてからだ」
 お父さんはアキラくんを抱えたまま冷たい廊下を戻ると、アキラくんを緒方さんのお布団の上に降
ろしました。
「服を持ってくるから、アキラは緒方くんに温めてもらっていなさい」
 確かにアキラくんのお布団もお父さんのお布団も、毛布が捲られたままになっていたのですっかり
冷たくなっているようです。
 アキラくんはコクンと頷くと、モソモソと緒方さんのお布団の中に潜り込んでいきました。
 お父さんはアキラくんがきちんと緒方さんのお布団の中に入るのを確認したあと、肩をぐるぐる
回しながら長い廊下を歩いていきます。背中のある一点に痛みが走りました。
「いかんな…。歳か?」
 お父さんは苦虫をかみつぶしたような顔をしてさらに身体を右に捻ってみます。鈍い痛みは気の
せいではありませんでした。
「いかんな」
 ジャンプしたアキラくんを夢中で抱き留めたとき、背中の筋を違えてしまったようでした。

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 20:30
ペドおえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

228 :研究会:02/07/23 20:54
のんびり屋さんキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!!
気のせいかみかん缶になろうとがんばってるような(w。でもオレ塔矢パパって絶対
脱いだらすごいって思っているけどなあ。すごくてもピキッっていく時はいくか。
今ががんがんに夏だろうが新章新キャラでただれた妄想が飛び交おうがのんびり屋さんの
お話が来ると「地獄に仏」っつーか「けだものの巣に天使」っつーか安心するよ。
しかしオレが親だったら絶対兄貴のふとんにアキラは入れんぞ(w

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 21:08
***   ********   ********
***   ********   ********
****   ******   *********
****         *********
***   ●   ●  ********
***          *********
****     ×   *********のんびり屋さんキタキタキターーーーー!!!!!
*******      ***********
***************************

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 21:29
のんびり屋さんキターーーーー(;´Д`)ーーーーー!!!待ってたずぉ〜〜〜!オヤジにこわばるアキラタンカワエエ!碁石口に入れちゃったアキラタン〜カワエエよ〜ちくしょう!ハァハァハァハァ(;´Д`)ハァハァハァハァ

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 22:34
のんびり屋さんキタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!!
確かに爛れた妄想に溺れてるオレ、でも小アキラタンだけは悲しませたくない守ってあげたいぞ!
愚かなオレを癒してくれる天使、アキラタン!愛してるぞ!アキラタ〜〜〜ンハァハァハァ(;´Д`)

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 23:29
バイトから帰ったらのんびり屋さん
キタ━━━ /||||,||ヽ━♪━♪☆||||,||★Akira~★||||,||ヽ━♪━☆||||,||ヽ━━☆
☆☆━━l_( ;゚−゚)_|━♪━|_(゚。゚)_|━♪━l_( ;゚〇゚)_|━♪━l_( ;゚×゚)_|━━!!!
兄貴ーーー!羨ましい!冷たいアキラたんを暖めてあげるのは俺のはずなのに。
うさぎちゃんを気にしるアキラたん、ああ、なぁんて可愛いんだ(*´Д`*)ハァハァ
ハァハァグーパーをしる俺の天使アキラたんギュウッとしたい(*´Д`*)ハァハァ
お父様もいい味出してる。

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 23:35
ペドは犯罪でつ。

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 23:54
小アキラたんキタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
マジで、よくこんな掃き溜めに舞い降りてきてくれたっつう感じだ(w
みんなも小アキラたんを愛してるんだなぁ。
守ってあげたいって気持ちにさせるよな。俺も冷え切ったアキラたんを布団に入れて
ふうふう暖めてやりてーハァハァ(;´Д`)

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/23 23:57
>229
すげー!

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:12
           /⌒ヽ   /⌒ヽ
          /    ヽ /    ヽ
          |     | |     |
          |     | |     |
          |     | |     |
                V     ヽ
        /              \
       /                 ヽ
       |                  |   
       |    ●       ●    |   /─────────  
       ヽ                / < 小アキラたんハァハァハァハァ(;´Д`)                     
        \      ×      /    \─────────
          -、、,,,,,___,,,,,、、-        
             / 丶'  ヽ:::           
            / ヽ    / /:::
           / /へ ヘ/ /:::
           / \ ヾミ  /|:::
          (__/| \___ノ/:::
             /    /:::
             / y   ):::
            / /  /:::
           /  /::::
          /  /:::::
         (  く::::::::
          |\  ヽ:::::
            |  .|\ \ :::::
     \    .|  .i::: \ ⌒i::
      \   | /::::   ヽ 〈::
         \ | i::::::   (__ノ:
         __ノ  ):::::
       (_,,/\

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:13
>>233
このスレは女ばっかだから仕方ないと思われ
もうひとつの方にいったら?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:21
月は満月だし、マターリしてていい気分だ。
こんな夜は兄貴やちちゃーいアキラたんと戯れたいところだ。
のんびり屋さん、そろそろ読みたいと思ってたら来てたので嬉しかった!
小アキラたん見てるとこっちまで幸せな気持ちになってくる、カワイイ(;´Д`)ハァハァ
社妄想、是非文章化キボン!遠雷さん、研究会さん発散しる!リンケージさん、そろそろランドセルアキラたんに逢わせてくれ!
ここの小説、いつも楽しみにしてるんで職人さん達どんどん妄想して逝ってくれ!(w
欲望の保健室の宮本のモデルにした奴に、社がそっくりだったのでまじビクーリした。

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:32
>236
こえぇぇぇぇ!!!(禿ワラ

240 :甘い経験(20):02/07/24 00:34
「や、やぁあっ…!」
繋がったままで体勢を変えられた痛みが、ヒカルにまた悲鳴を上げさせた。
アキラがすかさず、今度は向かい合う形でヒカルを抱きしめ、悲鳴をなだめるように、
今度は強く唇を吸い、そして頬を伝う涙をそっと舐め取る。
「とうや…、とうや、とうや、」
ヒカルは彼の名を呼びながら、その身体に全身でしがみついた。
そんなヒカルをなだめるように、アキラの唇がヒカルの額に、目元に、頬に、そして唇に、
そっと触れる。
小さな子供のように涙を流すヒカルが、アキラを呼ぶ声が、アキラを昂ぶらせる。
手の届かないところで輝いている太陽と思っていたヒカルが、強い陽射しにものともせず、
すっくと立ちあがり、周りの草花を圧するように咲いていたひまわりの花のようだと思っていた
ヒカルが、今、自分の腕の中で、小さな可憐な花のように、泣きじゃくっている。
その花をそうっと優しく眺めていたい気持ちと、荒々しく摘み取って散らしてしまいたい気持ち
とがアキラの中で責めぎ合う。だから、口では優しくヒカルの名を呼びながら、ヒカルの中に
留まっていたアキラは猛々しくその質量を増し、ヒカルの中でヒカルを圧迫する。
「くっ…」
その圧迫感にヒカルが苦しげな声をあげる。
けれどその声を無視して、ゆっくりとヒカルの中でアキラが動き出す。その動きがもたらす
ものが、苦しいのか、そうじゃないのか、わからなくなる。狭い入口をアキラが出入りする、
それがもたらす感覚が、痛みなのか、それとも熱さなのか、わからなくなる。耳元でやけに
大きく聞こえる熱い荒い息遣いが、自分のものなのかアキラのものなのか、わからなくなる。
そしてヒカルの中で動くアキラがヒカルの中のポイントを確かに刺激し、ヒカルは苦痛の奥
に確かに感じられる官能に身を任せようとする。熱い固まりがその官能に火を点け、気付いた
時にはその熱は脳髄にまで達して、考える事も感じる事も全てはドロドロに熔けてしまって、
もう、何もわからないまま、ただ、熱い熱に飲み込まれる。

241 :甘い経験(21):02/07/24 00:35
誰かの声が聞こえる。悲鳴のような、泣き声のような、けれど確かに甘い愉悦を含んだ声が。
それが自分の口から発せられた声である事にもヒカルは気付かず、全身を熔かすような熱い
坩堝に身を委ねた。身体を揺さぶる動きが次第に激しくなる。
全身を揺さぶる熱いうねりについに臨界点に達したヒカルは、痙攣させながら熱い体液を放出
すると同時に体内の灼熱の固まりをきつく締め付けた。
それが自分の中で暴れるように熱い熱を吐き、なおも余韻でビクビクとふるえ、そうして自らの
痙攣が去る頃に、力を無くしてずるりと体内から這い出るのを、ヒカルは遠い意識の向こうに、
感じていた。
そして自分の上に熱を持った肉体がずっしりと覆い被さる。けれどヒカルはその重さを、汗の
臭いを、荒い呼吸に合わせて上下する胸の動きを、そしてその動きが次第に緩やかになって
行くのを、心地良く受け止めた。
「しんどう…」
まだ熱に浮かされているような擦れ声が、ヒカルを呼ぶ。
「…すきだ…」
アキラの手がヒカルの顔の輪郭を探り、ヒカルの手がアキラの顔をそっと支えて、唇と唇を
重ね合わせた。

242 :甘い経験(22):02/07/24 00:38
シャワーを浴びた方がいい、そう言われて、ヒカルはアキラに抱えられるようにして浴室へ
連れて行かれ、全身を清められた。

浅い呼吸を繰り返しているヒカルを部屋に置いてアキラは一旦姿を消し、それから、コンビニ
で買ったスポーツドリンクを手にして戻ってきた。
きゅっと蓋を捻ってから、それをヒカルに手渡す。ヒカルは力のよく入らない手でそれを受け
取ったが、持ち上げて口元まで持っていくのも億劫だ。その様子を見てアキラがそっとペット
ボトルを取り上げ、中身を口に含んで、口移しにヒカルに与えた。
最初の一口が口の中を潤おし、二口目が喉にしみとおり、三口目でやっと、飲んだ気になれた。
ふうっ、と一息ついた。だが渇きはまだ癒えていない。
ヒカルが手を差し出すと、アキラが微笑んでペットボトルを渡した。今度はちゃんとそれを自分
で口元まで持っていき、ごくごくと喉を鳴らしてドリンクを飲むと、ヒカルは大きな息をつき、とん、
と音をたてて残り僅かになったペットボトルを床に置いた。
それを見て、アキラがヒカルの額に軽くキスしてから、残りを全部飲み干した。
ほのかに甘いスポーツドリンクが胃から全身に染み渡ったよな気がして、ヒカルは、ようやく
呼吸を整えることができた。そして、ちらりと横に腰を下ろしたアキラの顔を見ようとしたら、
アキラが自分を見て微笑んでいたので、慌てて目を逸らした。
なんだか、いいように扱われてしまったようで、悔しい。その笑みにそんな風に感じてアキラを
睨みあげると、アキラはそんなヒカルをなだめるように優しく笑っている。
その余裕の笑みが余計に癪に障った。
ヒカルが落ち着いたのを見てアキラがつと立ち上がり、ヒカルの正面に廻って座り直した。
そして、
「進藤、」
と呼びかけた。

243 :甘い経験(23):02/07/24 00:38
「今日の事、怒ってるか?…イヤだった?」
急に真顔になってそんな事を聞いてきたアキラにどう答えていいかわからず、ヒカルはただ
首を振った。
「キミが、どういうつもりなのかは分かってたけど、ボクだって、そうそうキミの思い通りに動く
つもりはない。」
アキラの目が、まるで睨むように、真っ直ぐにヒカルの目を見据えた。
「もし…キミが、ボクを女の子みたいに抱きたいだけなら…それだけじゃボクは嫌だ。
ボクだって男だ。ボクがキミを好きだと言ったのは、キミをこうしたかったって事だ。
キミだけじゃない。ボクだって同じだ。それを分かって欲しいんだ。
でももし…もし、キミがそれが嫌だっていうんなら…」
そこまで言って、アキラは口篭もった。
嫌だと言うならどうすると言うつもりなのだろう?

イヤか?と問われれば、つい、そうだと答えてしまいそうになるが、白状してしまえば、よかった。
実は、すごく良かった。まるっきり予想外の経験ではあったけれど、またしてもいい、いや、して
欲しい、と言ってしまいそうなくらいだ。
だいたい、もしまたアキラに耳元で「好きだ」と囁かれ、抱き寄せられたら、抵抗できる自信なん
て、まるっきりない。だがそれを素直に口に出すのがイヤだった。
男のオレが、「また抱いて欲しい」なんて言えるもんか、というなけなしのプライドの他に、そんな
事言ってしまったらアキラがますますつけあがるんじゃないか、という懸念があったからだ。
「でも…」
ヒカルは何とかアキラに対抗しようと、対抗できる術はないかと、一生懸命考えた。

244 :甘い経験(24):02/07/24 00:39
「でも、オレがおまえを好きだってことも、わかってるよな、おまえ。」
ムッとした声で言ったつもりなのに、アキラは軽く目を見開いて、それから、本当に嬉しそうに
口元を緩ませた。その顔はなんだか今にも泣き出しそうなくらいだ。
「…嬉しいよ、進藤。」
ああ、結局は、何を言ってもコイツを喜ばせるだけなんだろうか。
「だったらさ、オレだってヤられるばっかじゃ、嫌だってのもわかってるって事だよな。
じゃあ、ヤらせろ、って言ったら、ヤらせてくれんのかよ?」
「もちろん。」
にっこり笑って、アキラが答えた。
「キミにそんなふうに言われるなんて嬉しいよ。なんなら、今からでもする?」
余裕綽々のアキラが、本気で憎らしいと思った。
「それは…いくらなんでも、今はムリ…」
おまえ、オレが出来ないのわかっててそんな事言ってるだろ?
そう思いながら、ヒカルはアキラを睨みつけた。
そんなヒカルを見てアキラがクスッと笑い、頬に軽くくちづけて、耳元で囁いた。
「いつか、そのうちね。」

オレは、本当にとんでもない奴を好きになっちまったのかもしれない。
完璧にしてやられた、という気がして、ヒカルは脱力して天井を見上げた。
ダメだ。今日のところは完全にオレの負けだ。ギブアップだよ、塔矢。
でもこれでおしまいって訳じゃねえからな。いつかリベンジしてやる。
その時に泣き言いったって遅いからな。
オレだってヤられてるばっかじゃねえんだ。いいか、待ってろよ、塔矢。

― 完 ―

245 :甘い経験:02/07/24 00:40
以上、お付き合い、どうもありがとうございました。
次作「甘い経験・Part2」ヒカルたんのリベンジ編をどうぞお楽しみに。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:40
ぺどきたーーーーーーーーーー

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:45
甘験キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
アキラタンに迷いなし!潔し!たまらん!!
つ、次はリベンジ編。つ、つもりアキラタンがあんあんするですね。
待っとります。待っとります。(;´Д`)ハァハァ しながら待っとりますです!

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:50
ぺど







ぺどき

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:51
たー


オバくせー

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 00:55
甘経験キタ━━━*♪・・*♪゚゚♪\(*^▽^)/☆\(^▽^*)/ヤタ━━♪・*♪・・*♪:*━━━━!!!!
兄貴ん時と違って、余裕というか幸せそうなアキラたん。
オレは掘られた経験はないが、やってみるといいのか、そうか(w
アキラたんが望むなら、俺も菊門投げ出してもいいぞ!アキラたんにならな!いらねーか、そうか(w

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 01:06
甘経キタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
甘経たん乙!
そういえば無題アキラタンはもともと無理矢理兄貴にネコにさせられた感あった。
本質はタチだったのか!(w
やったりやられたり……天国だなハァハァ(;´Д`)アキラタンはなにをしても魅力的ダーヨハァハァ(;´Д`)
アキラタンやられ編期待しる。ヒカルタンがんがれよ!

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 01:16
小説キタ━━━━━━(^∀^)━━━━━━━!!!!
のんびり屋さんと甘い経験さんあんがと〜!飢え死にせずにすんだ(ワ
>>238
あらためて宮本を社に置き換えて読んで見るyo!

253 :甘い経験 :02/07/24 01:40
甘経験キタ━━━*♪・・*♪゚゚♪\(*^▽^)/☆\(^▽^*)/ヤタ━━♪・*♪・・*♪:*━━━━!!!!
漏れもこんな体験してみたいぞ!アキラたんとな!

254 :研究会:02/07/24 02:21
甘味キタ━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!!
どっちが突っ込むか揉めた時はやはり囲碁で決めるんだろうな。
時間がかからないよう九路盤で。それ用のをアキラが買ってくる。
負けた目数でプレイも変わる。1目半以下の差はゴム使用の通常、2目半でバイブ使用、3目半で生出し
4目半差で恥辱のコスプレ撮影会とか(w
…すまん。暑さで脳やられてるんだ。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 02:55
>254
ワラタ。
あんたほんとヤヴァイんじゃねえか?
でもいいなソレ(w

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 03:34
>254
言葉攻め&アキラタンにヤラシイ言葉をイパーイ言わせるちゅうの加えといてくれハァハァ(;´Д`)

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 04:13
贅沢は言うまい。
制服姿でフェラしてくれりゃそれだけでもうハァハァ(*´Д`*)

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 07:11
>257
贅沢だ

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 10:24
| |_
| ||||,||ヽ
| |o ゚)_|  ゼイタクダ!
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 12:19
>259
そうだ!豪華3点セットなみに贅沢だ!ヽ(`Д´)ノ

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 12:31
>259
アキラたん、257みたいな贅沢なやつはやめた方がいいyo!
オ、オレはアキラたんの手を握れればそれだけで……いやチューなどさせて貰えればなお
……ちょっとだけ舌入れさせて貰えればハァハァハァハァ(*´Д`*)

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 12:37
> 259
アキラタン意味わかって言ってるのか?(;´Д`)ハァハァ
人の口調真似たくて仕方ない時期なのか〜?可愛過ぎてたまんねー

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 13:09
| |_
| ||||,||ヽ
| |Д`)_| タマンネー
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 13:24
| |_
| ||||,||ヽ
| |∀^)_|  エヘ
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

265 :245:02/07/24 13:25
>254
研究会さん、あんたヤベェよ。よくまあそんな事思いつくな(w
揉めた時は碁の勝負でってのはオレも考えたけどさ。
だが、若さに溢れた15才の青少年達にそんな細かい事をしている余裕はないと思われ。
用意周到ではあるけどな(w
Part2がヒカルたんのリベンジ編であるならば、Part1はアキラの陰謀編とでも言うべきだろうか。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 13:53
>263
ア、アキラたん・・・・・?(゚Д゚;

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 13:57
おまえら今日はアキラたんのTV出演の日だよな?
出待ちして〜!(;´Д`)ハァハァ

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 15:18
>264
小悪魔アキラタン!もっと玩んでくれ
のんびり屋さんの後に出てこられるとまじでタマンネエよハァハァ(;´Д`)

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 15:46
| |_
| ||||,||ヽ
| |ε゚*)_|  ボクモ ハゲシクニンジャ
| |⊂) シタイナア
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 15:54
>269
拗ねてるアキラタン(;´Д`)ハァハァ
激しくニンジャ、アキラタンとこにも来てくれるといいな!

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 16:33
アキラたんオレのうちにも来てくれよ!
アキラたんが来てくれるなら24時間囲碁漬けだって楽しいもんさ!

今夜あの一瞬だけ越智になりてぇ(;´Д`)ハァハァ

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 17:47
| |_
| ||||,||ヽ
| |д´)_| ボクノコトハ 
| |⊂)    センセイトヨンデモラオウカ
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:01
>272
アキラたん……なんかコエ〜ぞ(w

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:05
>272
今日の台詞の練習してるんだね(^^)

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:08
>272演技派だな(w

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:20
先生か…
なんかイメクラのようだ(w
アキラが先生役で俺が生徒役な。

先生、ちょっとでいいからヤらせろよ…(;´Д`)ハァハァ

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:24
「先生、強がり言って感じてんじゃねえかよっ。」
なんつって俺ん部屋でアキラたんを犯してーハァハァ(;´Д`)

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:32

           TVキョクニ イッテキマ〜ス♪
               /||"||||ヽ .
               ||(*゚ー゚)|
               と  つ  
               (つ ノ 
             〜  (/

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 18:57
裸で行くのは危険だよアキラたん!

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 19:14
気をつけていくんだよアキラたん。
帰りにはちゃんと俺が迎えに行ってあげるから大人しく待っているんだよ(;´Д`) ハァハァ
>276-277
非常にいい。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 19:16
そうか…越智になったら先生(アキラたん)にそんな目で睨まれるのか(;´Д`)ハァハァ
それはそれでいいんだが
だったらオレはヒカルたんになって熱い眼差しを向けられたいぜ(;´Д`)ハァハァ

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 19:18
あーもうしつこいくらいだが、>278のアキラたんの腹!ケツ!そして爪先!
ごきげんな笑顔!!!
最高だぜ……。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 19:27
>282
おまえもか!?
このアキラタン、たぶん一番好きかもしれん。
ハラ、ケツ、脚のビミョーな感じ(w
転ぶんじゃねーか、おい?みたいな・・・なんか釘付け(w

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:09
くそっ、アキラたんのストリップショー遠目でやんの
もっと近くでやらんかいゴルァヽ(`Д´)ノ
コミックスと逆で、越智のほうが近目に陣取った構図。
だがアップは綺麗だったな。肌ツルツル。
毎晩誰かのスペルマジュース飲んでんじゃねーだろな?アキラたんハァハァ(;´Д`)

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:24
オチよりアキラたん近くにしてくれよな!?
しかも動きギこちない…
オレのスペルマジュ−チュのめば身体がゴムに…
いやアキラたんの賃子伸びたりしたらいやだから
控えておくとするか…

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:32
後から見るとアキラタン首の上辺りが涼しそうだ。
思わず手、入れてみたくなっターヨ
揺れるおかっぱ、珍子のにほひハァハァハァハァ(;´Д`)

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:44
精一杯犯らせていただきますハァハァハァハァ(;´Д`)ハァハァハァハァ
アキラたんオレと一発やろうハァハァハァハァ

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:45
精一杯……精液一杯ハァハァハァハァ(*´Д`*)

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:48
. /|||||||~||
. |(*゚ー゚)|     アキラたんのために
 ⊂   つ    AAEインストールしてみた。 
 .(0 ...ノ  
   `J

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 20:58
実況でアキラたん、デリヘルとか言われてたよ(w
確かに電話一本で来てくれるなんて、越智がウラヤマスィ
俺にも個人レッスンしてくれよ、アキラたん(;´Д`)ハァハァ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:01
>289
なんやそれ?
AAしやすくなるんかい?

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:04

   /||"||||∧∧
   ||(*^ー^)゚Д゚)  何見てんだゴルァ
    | つと  |
   〜、__つ   |〜
       U^U

293 :夏の終わり 1:02/07/24 21:04
※ 本日エロはございません。明日以降に持ち越しとなります。
  そんな訳で、スルーしてやってください。



あと二日で8月が終わる。
暦の上では8月の上旬に立秋を迎えているのだから、間違いなく秋だけれど、そんな気配は微塵もない。
今日は進藤が遊びにくることになっている。
勿論、いつものように碁を打ちにくるんだ。
僕は、どこで打とうかと朝から思案していた。
父は、午前中から後援会の会長たちと出かけているので、普段研究会に使っている広い和室を使ってもいいのだが、できたら風通しのいい部屋で、クーラーをつけずに対局したいと考えていた。
なぜなら、先日棋院で会ったとき、進藤が体がだるいと言っていたからだ。
夏場のイベントに頻繁に狩り出される彼は、クーラーの効きすぎた会場で対局とは違う神経を使っていると本当に消耗すると、散々ぼやいていた。
「もう駆け出しの新人じゃないんだから、少し仕事をセーブしたほうがいいんじゃないか」と僕が忠告すると、進藤は照れたような笑みを浮かべて、
「ちょっとまとまった金が要るんだ」と、オーバーワークの説明をしてくれた。
「車でも買うのか」と尋ねたら「秘密」と返されて、少しだけ腹が立った。
普段、よく言えば物事に頓着しない、悪く言えば無神経な進藤だが、最近は僕の感情の変化を敏感に察知し、ご機嫌をとるようになってきた。
それはそれで嬉しいことなんだけど、彼が僕の鼻先にちらつかせる餌が、「対局」だから嫌になる。
今日の約束は、そのときの餌だ。
何が嫌って、僕にとってその「対局」は、拒むことの出来ない魅力的な餌だということだ。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:05
>291
アスキーアートエディタってやつだよ。
AAをつくるツール。でも上手く行かんなあ。

295 :夏の終わり 2:02/07/24 21:05
毎年、3名の新人がプロとして名乗りを挙げる訳だけど、やはり進藤以上に僕を魅了する打ち手は現れない。
ただ知らないだけで、いずれ僕たちを脅かす存在が、いまもどこかで石を並べているかもしれないし、たった今生まれて初めて碁と出会っているかもしれないし、いま正にこの時刻産声を上げているかもしれない。
それでも、僕にとって進藤ヒカルは特別な存在なんだ。
常勝なんて有り得ない。
有り得ないから、連勝が記録になる。
伊角さんや門脇さんは安定した実力の持ち主だし、越知は相変わらず探求心に富み勝つことに執念を燃やしている。だからといって怖いと思った事もなければ、侮ることもない。
僕も進藤も、勝率7割をキープしていて、それは素晴らしい数字だと持ち上げられる。
でもそれは、10回打てば3回は負けるということだ。
結局、勝つことよりも、負けることのほうが、難しいのかもしれない。
そんなことを考えながら、中庭に面した縁側に出ると、気持のいい風が吹き込んできた。
夏の庭は、滴るような緑で溢れていた。
僕は足を止め、猛々しい生命力を内に秘めた緑陰に目を留める。
涼しげなワンピースをまとった母が、ホースで水をやっていた。
勢いよく迸る水飛沫が、夏の陽射しのなか銀色に輝き、小さな虹を芝生の上に描いていた。
「アキラさん」
僕に気づいた母が、話しかけてくる。
「進藤君は何時ごろいらっしゃるの?」

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:05
>290
いいなデリヘルアキラ(;´Д`)ハァハァ
アキラたんのアブナイおこづかい稼ぎ

297 :夏の終わり 3:02/07/24 21:06
僕は奥の和室を覗き込み、柱時計で時間を確認した。
「二時過ぎにやってくる約束ですから、あと30分ぐらいできますよ」
「あら、30分しかないの? お通しするお部屋にクーラーは入れておいた? 今から入れても、すぐには涼しくならないのよ」
どうしようか一瞬迷ったが、僕の選択に間違いはないと思い、母に答えた。
「今日は風がいいから、縁側で打とうと思うんだけど……」
母が手元で水を止め、振りかえる。
「そうね、それがいいわ。体が冷えすぎるのねよくないものね。進藤君のお夕飯は?」
これは、言外に食べていくようにと促しているのだ。
僕は内心の苦笑を気取られないよう気をつけながら、夜は二人で出かけるつもりだと話した。
「つまらないわ」
母は、水撒きのホースをくるくるとまとめながら、可愛らしい文句を口にした。
「アキラさん、進藤君を一人占めしてずるいわ。お父さんは遅くなる予定だし、あなたたちまで外で食事するとなったら、私は一人っきりよ。こんなことなら、あと二人ぐらい、子供を産んでおくんだったわ」
母は、時たまこうして拗ねて見せる。普段のおっとりした口調が幸いして、なんだか微笑ましくなる。
「わかりました。進藤がきたら、聞いてみる」
「本当? 言ってみるものね」
おどけて笑う姿は、どこか少女めいている。
「進藤君が呼ばれてくれるなら、今日は奮発しましょうね。いいお肉をいただいたのよ。すき焼きなんて暑気払いにどうかしら」
「お母さん、献立は進藤がOKしてから考えてくださいね」
「ハイハイ、わかりました。アキラさん、あなたお父さんより口うるさいわ」
ホースの始末をすると、母は縁側に腰を下ろした。
「ねえ、アキラさん。あそこに咲いている白い花、わかる?」
僕も、母の隣に腰を下ろし、白く細い指が指し示す方向に目を凝らした。
「夾竹桃の隣、白い花が二つ咲いているでしょう」
「ああ、ええ、咲いてますね」
「あれね、何年も咲かなかったのに、ことし久しぶりに蕾をつけたのよ」
「なんていう名前ですか?」
「娑羅双樹。夏椿ともいうわね」
濃い緑の中に浮かぶ二つの白い花は、清楚で涼しげに見えた。

298 :夏の終わり 4:02/07/24 21:07
「あの花にはね。少しだけ因縁があるの。聞く?」
「伺いましょう」
僕がふざけた口調で頷くと、母は目を細めて笑った。
「先月、本因坊戦のあった旅館、わかるわよね。庭園で蛍の鑑賞ができる」
僕は、母の一言に心臓をざわめかせていた。
どうして忘れることができるだろう。
あの庭園で、僕は消えることのない炎を見つけたんだ。
「この娑羅双樹は、最初あのお庭にあったのよ」
「え……」
思い出す。
夜目にも艶やかな白い花を揺らして、僕の前に唐突に姿を現した進藤のことを。
「お父さんが、はじめてタイトルホルダーになった対局も、あの旅館だったのよ。
その記念にと、旅館の方からいただいたの」
「なぜ、あの木を?」
母は、含み笑いのあとでゆっくりと口を開いた。
「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色 盛者必衰の理を表す」
「平家物語ですね。おごれる人も久しからず。唯春の夜の夢のごとし。
……お父さんらしいな」
僕は少しばかり自分を恥じた。
父が、娑羅双樹に奢ることなかれと自分を戒めたのに、この不肖の息子は………、まったく違う心映えで眺めていたんだ。
「でしょう、お父さんらしいでしょう。ちょっと気障よね。でも、改めて素敵な人だと思ったわ。
そんな思い出のある場所で、あなたがタイトルを手にしたことが、とても嬉しかったよ。
あなたからの電話を切ったあとで、お父さんとそんなことを話して……、そう言えばと思って娑羅双樹を見たら、花が咲いてるじゃない。
ただの偶然かもしれないけれど、ちょっと……感動してしまったわ。」
母は、時々手放しで惚気てくれる。
息子としては、辟易することも多々あるのだが、仲がいいにこした事はない。

299 :夏の終わり 5:02/07/24 21:07
「アキラさんは、好きな方、いるの?」
僕は即座に答えられなかった。
「最近……、アキラさん辺りが柔らかくなったから、もしかして恋でもしてるのかなって」
「よくわかりません」
僕はそう答えるしかなかった。

―――――塔矢も……、俺のこと好きになってよ

進藤はそう言った。
僕もはっきりとした言葉で応えたことはないが、気持は同じだ。
でも、言えない。
母のように惚気ることは、僕たちには許されていない。
「そう……、いまは碁のことで頭がいっぱい…ね。それはそれで素敵なことだと思うわ。
人生を賭けて打ちこめる何かに出会えるなんて、そうはないんですもの。
恋もね、同じ。人を好きになることもね。そうはないのよ。だから……」
「だから?」
「誰かを好きになったら、その気持を大事になさいね」
風が渡る。
梢が揺れる。
涼しげな葉擦れの音は、耳に優しい夏の歌だ。
一陣の風にやんだ蝉時雨が、すぐに息を吹き返し、夏が短いことを嘆くように、また盛大に求愛の歌を歌う。
母は、気づいているのかもしれない。
僕の気持を。進藤の気持を。僕たちの恋を。
だが、不思議と心は凪いでいた。
同性であるという一点で、誰に知られてもいけない想いだ。
だから、僕は言葉にすることを躊躇っている。

300 :夏の終わり 6:02/07/24 21:08

―――――――――塔矢も……、俺のこと好きになってよ

今更、そんな言葉を口にする進藤を、僕はなによりも愛しく思う。
先に君を求めたのは、僕なんだ。
それは恋ではなかったけれど、間違いなく僕が、僕の人生に、君という存在を必要としたんだ。
その事実に、なぜ君は気づかないんだろう。
もっと自惚れていいのに……。
「アキラさん」
「はい…?」
僕は少し上の空だった。だから、母の口から零れ落ちた「シンドウ」という名前に、過剰に反応していた。
「えっ!」
「いやだわ、なぜそんな大きな声を出すの? そこの進藤君の鬼灯、こっちに頂戴」
「あ、ああ。はい」
先日、進藤が母に買ってきた鬼灯は「進藤君の鬼灯」と呼ばれ、鉢物のなかでは一番大切にされていた。
「さすがに……花は終わりね」
母の白い手が、よく熟れた朱色の実を摘み取っていく。
「アキラさん、爪楊枝持ってきて」
母はよく揉んだ鬼灯の実から、爪楊枝を使って器用に種を取り除く。
「アキラさん、覚えてる? 鬼灯笛」
手渡された実を指の先で揉み解す。
「勿論、覚えてるよ」
つるつるとした皮を破らないように、気をつけて爪楊枝を使い中味を掻き出していると、きゅぷぎゅぷっという、どこか間の抜けた音が隣でする。
母が得意そうに鬼灯を鳴らしている。
僕は、なんだかおかしくてたまらなかった。

―――――ぎゅぷっぎゅぷっ

母が軽く吹き出すと、僕も釣られて笑っていた。
涼しい風のなか、母とふたり縁側に座り、鬼灯で遊んでいるのが、不思議と楽しかった。

301 :夏の終わり 7:02/07/24 21:11
言葉は要らない。
それでも行き交うなにかが、ある。
ぎゅぷっ
鬼灯の音の向こうでからりと乾いた音がした。
続けて、砂利石を踏みしだく音。
「進藤君じゃない?」
母が口の中から、鬼灯を取り出すとはしゃいだ声で言った。
「進藤君!」
パタパタとサンダルが軽やかな音を立てる。
「進藤君、こっち、こっちよ。お庭に回って」
表と庭の仕切り戸のところで、手を振る母の後姿を眺めながら、僕は鬼灯の皮を舌に乗せた。
「お邪魔します」と、会釈しながら西瓜片手に進藤が仕切り戸をくぐり、夏の庭に姿を現した。。
「まあ、こんな気を使わなくてもいいのに。あら冷えてるのね」
「えへへ、自分が食べたくって。よく冷えてるのを買ってきました」
「いま切ってくるわね。少し早いけど、お三時にしましょう」
母は西瓜を受け取ると、表に回る。それと入れ替わるように、進藤が縁側にやってくる。

302 :夏の終わり 7-2:02/07/24 21:12
「よお」
片手を挙げて満面に笑みを浮かべた進藤は、夏の陽射しそのものだ。
僕も笑顔で応じる。

―――ぎゅぷっ

「塔矢…?」
「ぎゅぷっ」
「…………なんの音?」
「ぎゅぷっ」
「塔矢?」
僕は、舌先に鬼灯を乗せ、ぺろりと見せてやった。
「なに、それ?」
「鬼灯だよ」
「鬼灯って食えるの?」
思わず声をあげて笑っていた。進藤の問いがあまりに彼らしくて。
「知らない? 鬼灯笛」
「知らないよ。なんだよ、それ」
どさっと重い音を立てて、進藤が僕の隣に腰を下ろす。
「よく熟れた鬼灯をね。こういう風に揉んで……、そう、柔らかくなった?柔らかくなったら……、この爪楊枝で、ここから中味を掻き出して……。
あ、ダメだよ。力任せにしたらすぐ破けるから……気をつけて。そう……そんな感じ」
なぜか、僕たちは鬼灯に夢中になっていた。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:16
スマソ、今日はここまでで。
俺は前置きが長いんで、エロに辿りつくまでに疲れちまうんだな。
いまからビデオ見て、デリヘルアキラたんに(;´Д`)ハァハァ してから、
続き書くよ。変なとこで終わってて、ほんとスマン。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:20
>292
メチャクチャかわええ………。
文句はないでつ。もっとAA見せろや!(゚Д゚)ゴルァ!!

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:22
ピルピルピルピル
 (( ∩ ))        新作キタ――――――――――――!!!
  γ'⌒ヽ/|||||||~|`
  し'ゝつ|(*´ー`)|つ

スマン、しばらく練習させてくれ。

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:24
キタ━━━ヽ(゚∀゚)ノ━( ゚∀)ノ━(  ゚)ノ━ヽ(  )ノ━ヽ(゚  )━ヽ(∀゚ )ノ━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!

このまえ研究会の兄貴と話してた鬼灯の話だな!
そして続きだ!

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:26
新作だーーーっ!
                  キタ
         ┏━┳━━┳╋━━━┓
         ┃  ┠━━┻╋┓   ┃
         ┃  ┃  ┏━╋┛   ┃
       キタ╋━╋━┻(゚∀゚ )━-━╋━━!!
         ┃  ┗━┳━╋━━━╋
         ┃     ┃  ┃     ┃
         ┗━━━┻━╋━━━┛
エンライタン嬉しいなあ!書いてくれたんだな!

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:32
夏の終わりキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
すっごく風流でいいよな〜。
明子ママとアキラの会話にアキラの育ちってのが見えるようでな。
愛情たっぷりに育てられたんだろうな。
そんなアキラたんを手折ってもいいっすか?ハァハァ(*´Д`*)

309 :研究会:02/07/24 21:34
エンライさんだよね。すげえな。浮かんだ情景をそのまま描き出せるんだな。
ばあちゃんはほおずきの中身そのまま食っていたけど、オレは何か酸っぱそうで
ダメだった。ほおずきの実を揉んで柔らかくなって、へたをクルクル回すと皮が薄くなった
オレンジの実の中で種が踊るのが見える。口を傷つけないようそのヘタを引き抜く時今までの
苦労が報われるかオジャンになるかドキドキなんだよな。

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:35
>289
ハードルやってるアキラたんっぽいな
アキラたんのオマタハァハァ(;´Д`)

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:37
>305
かわいいアキラタンをイパーイ作ってくれ!

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:39
夏の終わりキタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
鬼灯の話、いいな! 俺、前の話、スゲー好きだったんだよ
エロまでマターリ和んどくよ(*´Д`*)

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:40
305のアキラたんAAが、あお向けだったらヤバイよな(w

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:44
>313
アハハ。それ大歓迎だが(w
夏の終わり、明子さんのファンになりそだ(w

315 :研究会:02/07/24 21:47
>305
頼む!!うつ伏せでもいいからアキラの口を少し「アンアン」的に改良してもらえないだろうか!?

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:53
いいのうデリヘルアキラ
大好きなエチーで荒稼ぎ(*´Д`*)ハァハァ
うちにも来てくれ〜!

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 21:59
>315

 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ/|||||||~|`   アーン
  し'ゝつ|(*´∂`)|つ

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 22:02

 (( ∩ ))
  γ'⌒ヽ/|||||||~|`
  しιつ|(*´θ`)|つ  ハァハァハァ………ンンッ!
   ↑
  注目

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 22:04
明子さんがみょうにカワイイぞ。>夏の終わり

320 :研究会:02/07/24 22:08
>317
うおおおお!!(;´Д`)ハァハァイイ!!ありがとう!!なんてイイ人なんだ!!

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 22:09
>318
珍湖?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 22:10
研究会たんにはいつも励ましてもらってるからお礼さ!

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 22:31
>321
珍子。

324 :研究会:02/07/24 22:36
オレもヤヴァイがお前らだって相当なもんだと常々思う(w

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 23:01
チチャーイアキラたんも兄貴もだけど、茂人も来ないな…。
やっぱり兄貴のデカチンがないと茂人も来ないんだろうか。
寂しいなあ。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 23:11
>325
茂人の目当てはデカチンだからな(w
兄貴か兄貴のデカチン小説が来れば、きっと現れるだろう。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/24 23:47
321と323の冷静なやりとりにワラタ(w

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 02:02
裏ロリビデオを手に入れたいならまずはここ・・・です
欲しいけどルートが分からない初心者にもやさしく
 “とにかく安く、そして確実に”
少女の道草、マニア撮りロリータ・・・etc.
サンプルはタダでした。良かったらみてください。一日しのぎのネタには
なると思います。今ならおまけもレアなあります。数に限りがあるんでお早めに。。
http://up.to/muke

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 02:47
裏ショタアキラを手に入れたいならまずはここ・・・です
欲しいけどルートが分からない初心者にもやさしく
 “とにかく安く、そして確実に”
アキラたんの道草、マニア撮り○秘アキラたんの買い食い・・・etc.
サンプルはタダでした。良かったらみてください。一日しのぎのネタには
なると思います。今ならおまけもレアなあります。数に限りがあるんでお早めに。。
http://akira/muki

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 03:03
>329
注文しますた(;´Д`)ハァハァ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 03:40
>329
アキラタン、何を買い食いしたんだ?(w

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 07:11
よっちゃんイカじゃねーか?ハァハァ

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 08:12
カリカリ梅かもな。
スッパーって顔したアキラたんもかわいかろう。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 08:37
エンライさんキテタ━━━(∀゚≡(゚∀゚≡(゚∀゚)≡゚∀゚)≡゚∀)━━━!!!!!!
いつもながらその情景描写にウットリれす、(;´Д`)ハァハァ
それでいてエロもイケるんだからスゲエよなあ(;゚∀゚)=3

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 08:44
鬼灯をアレコレしてる描写がまたなにげにエロイ━━━!!!

優しく揉んで、柔らかくして、掻き出して・・・・
>あ、ダメだよ。力任せにしたらすぐ破けるから……気をつけて。そう……そんな感じ」
ぎゅぷっぎゅぷっ・・・・・・・・・・・(;´Д`)ハァハァ

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 11:57
デリヘルアキラの「精一杯やらせて頂きます。」
頭から離れん。
真面目で完ぺき主義のアキラたんの精一杯の中身っつーのがよハァハァ(;´Д`)
な、何してくれるんだ?アキラたん。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 12:11
>336
のどの奥まで深くしゃぶリ込むアキラタン(;´Д`)ハァハァ

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 12:20
アキラたんはグルメだからな(w
ヨッちゃんイカで思い出したよ(w

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 12:37
ランドセルアキラたん待ってるぜ!
ランドセルデリヘルアキラハァハァ(;´Д`)

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 12:50
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_|  アッ イカ!
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        <□ミ

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 12:58
| |_
| ||||,||ヽ
| |∀゜)_|  サラニ ウメ!
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         。←

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 13:01
| |_
| ||||,||ヽ
| |ω`)_|  スッパー…
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

343 :塔矢明子:02/07/25 13:14
アキラさん、お願いだから拾い食いはやめてね……。

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 13:25
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_| ヒロイグイナンカ シテナイデスッ!
| | |つ))
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 13:26
>>340-343
ワラタ
ほのぼのしてて(・∀・)イイ!のう

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 13:28
>344
ほんとかなぁ?アキラタン。
お口んとこによっちゃんイカカスがついてんぞ。

347 :塔矢明子:02/07/25 13:44
アキラさん、嘘をつく子はお仕置きよ。

348 :塔矢行洋:02/07/25 13:49
明子。
私の大事な息子にお仕置きとはどういうことだ。
おまえがそこにイカをおいていたのがいけないんだろう。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 13:56
夫の愛情を一身に受ける息子に、明子さんは戦いの烽火をあげたのであった……。
おしりペンペンハァハァ(;´Д`)

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 14:03

         "/|| || |||  ウゥ・・イタイヨ・・ヒック・・ヒック
        " |||| || |)   ヒリヒリ ヒリヒリ
           ノ つ      
          ((#_,,うつ   

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 14:15
かわいそうに
オシリが真っ赤じゃないか…。
オレのところに来るかい?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 14:46
アキラタンのケツにスリスリしてえハァハァ(*´Д`*)

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 14:48
デリヘルアキラ「精一杯やらせて頂きます。」
ふと気づくと玉までしゃぶるアキラタンたんハァハァ(;´Д`)

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 15:12
「精一杯やらせて頂きます。」
オレのケツの穴まで舌をのばしてくれるアキラたん。
あっアキラたん・・・そこはっ・・・!

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 15:32
ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ
アキラた〜〜〜〜〜ん!

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 17:47
アキラたんのブルセラ売れるだろうな。
写真つき毛つき制服ならおまえらいくら出す?

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 18:27
>356
ボーナス少なかったんで30でどですか?
アキラタンの毛ハァハァ使用済みおパンツも付けてホスィ(゚д゚)

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 18:59
俺は5万だな…。これで精一杯だよアキラたん。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 19:04
>345
喜んでもらって幸いだよー。
昨日と今日、会議で暇だったから携帯から書き込んでみた。

360 :夏の終わり 8:02/07/25 19:06
「あなたたち、私の鬼灯を丸裸にしないでちょうだいね」
西瓜の載ったお盆を手に、台所のほうからやってきた母が、至極真面目な顔で言うから、僕はまた噴出してしまった。
「"進藤君の鬼灯"じゃなかった?」
「それはこの子の名前。一度いただいたんですもの。これは"私の鬼灯"よ」
言い募る様子が子供じみている。
進藤がくると、母は少女を通り越して子供になってしまうようだ。
彼の中の澄んだ部分が、人を無邪気にするのかもしれない。
「あ!」
進藤が声をあげる。鬼灯の実を爪楊枝で破いてしまったんだ。
「ああ、言ってる傍から。進藤君、コツがあるのよ。しつこいぐらい揉むの。
焦らないでね。皮が梳けてくるくらい揉むの。それからヘタをくるくる回すと、ね、
わかるかしら? なかで種が踊っているでしょ? この状態まで我慢して。
それからそぉーっと下手を引き抜くのよ。ね、この口の部分に少しでも傷ができたら、鳴らないの」
母は、小さな子供と話しているように、とても優しい口調でお手本を見せてくれた。
今度は進藤もうまく種を掻き出し、鬼灯を完全な形で空にすることができた。
「できたら、空気を入れて膨らまして、……あら、電話だわ。あとはアキラさんに聞いてね」
静まりかえった家の中に、旧式の電話の猛々しい呼び出し音が響く。
黒いダイヤル式の電話を初めて見たとき、進藤は目を丸くして驚いていた。
『俺、この手の電話、実物見るの初めて』
まだ使われているとは思わなかったと言われた時は、さすがに苦笑が零れた。
進藤は、『試していい?』と断ってから、ふたりの知人に電話をかけていた。
その横で、僕も少し面白がっていたのだが、かけた相手が和谷君と幼馴染の藤崎さんだったことに、苛立った。
あの時は、なぜ自分が苛立つのか、まだ理解していなかった。
今なら、わかる。あれは嫉妬だったんだ。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 19:07
>359
ケータイからAA書き込めるのか?スゴイ!

362 :夏の終わり 9:02/07/25 19:12
『いま塔矢の家、電話がさ、黒いダイヤルのヤツで、珍しいからかけてみた。
…………うん、うん。そう、用なんてないよ。どうせ和谷ヒマじゃん。
今日対局も指導碁もなかったろ?』
和谷君のスケジュールを把握している進藤に腹を立て、和谷君に嫉妬した。
あれは最初の北斗杯のあった年だから、もう3年前になる。
僕が、自分の気持に気づいた頃だ。
進藤は本当に好奇心が旺盛で、なんでも知りたがる。
でも、知りたがるだけで、覚えようとはしないし、初期衝動が満たされると途端に興味を失う。
僕がなかなか自分の気持を言葉にできないのも、そこに理由の一端がある。
進藤の言葉や気持を疑うわけじゃないけれど、でも心の片隅に不安があるんだ。
同性愛という物珍しさに夢中になっているだけで、すぐに飽きてしまい興味を失ってしまうんじゃないか。
僕そのものを欲しているのではなく、同性との恋愛というあまり日常的でないシチュエーションに、気持を掻き立てられているんじゃないか。
そんな事はないと自分の不安を打ち消したいが、いま嬉々として鬼灯と格闘している進藤を見ていると、むしろ不安の根拠を見せつけられたようで、ますます落ち込んでしまう。
もう、二度も体を繋げながら、いまだにこんなことで悩んでいる僕は、ただのつまらない小心者だ。
「塔矢、なにボーっとしてんだよ」
軽く頬を突つかれて、僕はまた自分か物思いに耽っていたことを気づかされる。
「あ……、ごめん」
「もしかして、疲れてる?」
「そんなことないよ。ごめん」
「謝るなよ。な、それより、これをどうするんだ?」
進藤の指先が軽く摘んでいるのは、空気を送り込まれて、丸い形を取り戻した鬼灯だった。
「あ、上出来、上出来」
僕も急いで自分の鬼灯を膨らますと、潰さないように細心の注意で摘んで見せた。
「このヘタのあったほう、穴の開いているほうをね、舌の上に乗せるんだ」
僕を真似て、進藤が舌を覗かせる。
「そうしたら、口のなかで…舌を使って押すんだ。こう」
――――ぎゅぷっ
僕の口のなかで鬼灯がおかしな音を立てる。

363 :夏の終わり 10:02/07/25 19:13
「フン?」と鼻を鳴らしたあとで進藤の頬が動いた。が、ブチュっという小さな音が聞こえただけだった。
「あれ、失敗?」
「失敗だね」
「おかしいな」と首を傾げながら、進藤はもう一度鬼灯を膨らました。
「こっち側を下にするんだよな?」
進藤が尋ねるので、僕は少し顔を近づけて、彼の口元を覗きこんだ。
ふっくらした唇が開き、濃い桜色の舌が差し出される。
いつもはモノクロの碁石を摘んでいる指が、今日はあざやかな朱色の実を摘み、舌に近づく。
鬼灯を乗せた舌が、すっと口の中に消える。
その瞬間、僕の下腹部にずきりとした痛みのようなものが走った。
僕は思い出していた。
進藤の桜色の舌の感触を。
少しだけ開いた唇から、またブチュっという音が聞こえる。
「おかしいなぁ、言われたとおりやってるつもりだけど」
潰れてしまった鬼灯を、進藤が指で取り出す。
鬼灯も指先も、濡れて光っている。
動悸が早くなる。
下腹部の痛みが疼きに変わる。
僕はおかしい。僕はおかしい。一体何を考えているんだ。
「塔矢、もう一度お手本見せて」
「え、あ、ああ、うん」
縁側に片手をつき、進藤が体をひねるようにして、上半身を僕の前に持ってくると、下から覗き込むように、僕の口元に視線を据える。
その視線に何もかも見透かされそうで、できることなら逃げ出したかった。
でも、今更逃げ出せるはずもなく、僕はため息で騒ぐ心臓を落ち着かせると、一連の動作を繰り返した。
「塔矢って、唇薄いよね」
僕の努力を嘲笑うように、進藤が何気なくそんな言葉を口にする。
「きれいなピンク……」

364 :夏の終わり 11:02/07/25 19:14
鼓動が跳ねる。
僕は髪の生え際に噴出した汗を拭いたがったが、進藤の瞳に囚われて、腕を動かすこともままならなかった。
疼きが血を呼び集める。
―――――見ないで欲しい!
強く思った。
彼の視線が、いつだって僕をおかしくするんだ。
幽かな変化の兆しに、気が遠くなる。
僕は目を瞑った。進藤の瞳からほんの少しの間でいい、逃れたかった。
僕は舌先で鬼灯に触れた。
今のいままで、それは鬼灯でしかなかったのに、目を閉じて振れるそれは、進藤の舌のように思えた。
「ぎゅぷっ」
滑稽な音が大きく響く。
「塔矢、上手だな」
感心したような、進藤の声。
「なあ、これでいい?」
僕は目を開けざるをえなかった。
信じられないほど近くに進藤の顔があった。
いまにも鼻と鼻がくっつきそうだ。
「見てて」
進藤の言葉は、僕を縛る呪文だ。
僕は動けない。
進藤の唇と舌が、鬼灯を弄ぶ図に、僕の頭の芯は熔けていきそうだ。
舌が引きこまれ、鬼灯が口のなかに消える。
淡い色の唇が目の前にある。
僕は知っている。
この唇の感触を。
この唇が、僕に触れる感触を。
進藤の口元から、ぎゅぷっという音が漏れたのと、母が声をかけてきたのはほとんど同時だった。
「アキラさん!」
僕たちは、慌てて体を離した。

365 :夏の終わり 12:02/07/25 19:14
「いま、お父さんから電話で、忘れ物を届けに行くことになったの」
さっきと同じワンピースだったが、首もとに涼しげな水色のスカーフを垂らしただけで、母は既に外出の装いだった。
「出たついでに、お父さんと食事してくるから、後は任せていいかしら?」
どうして嫌だと言えるだろう。
「わかりました」
「進藤君、ごめんなさいね。なんのお構いもできなくて、ゆっくりしてらしてね」
門扉のほうから、車のクラクションが聞こえてきた。
「あら、車、もうきたみたい。アキラさん、おかしくないかしら?」
母は、つば広の帽子をかぶり、僕に尋ねる。
「おばさん、キレイ」
短い感想は進藤のものだった。
母は、嬉しそうに笑うと、「お上手ね」とまんざらではない口調を聞かせ、小さな包みと白いハンドバックを手に、パタパタと忙しない足音を残して出かけていった。
そのつむじ風のような顛末に、僕と進藤は、思わず顔を見合わせていた。
進藤に向かって、僕は苦笑を零していた。
だが、進藤はそれに応えてはくれなかった。
前にもまして真剣な瞳が、僕を見つめている。
「破けた」
彼が吐き出した鬼灯は、確かに大きく裂けていた。
「塔矢の貸して」
「え?」
進藤は、僕の肩を両手でつかみ、顔を近づけてきた。
思いがけない事の展開に、ただ呆然としている僕の唇に、進藤のそれが重なる。
「え」と呟いた形で開いていた唇に舌が侵入する。
それは強引に歯列をこじ開け、奥まで入りこむと、すぐに去っていった。
僕と進藤は目を閉じることさえ忘れていた。
進藤の瞳が遠ざかる。
彼は僕の肩に手を置いたまま、少し顔を離すと、ふっと小さく笑った。
濡れた唇が開かれ、僕から奪い取った鬼灯が、顔を覗かせる。
それをまた、口のなかに含み、進藤は言った。
「塔矢の……甘い………」

366 :夏の終わり 13:02/07/25 19:16

――――――ぎゅぷっ

鬼灯が鳴った。
鬼灯を奪われた僕は、こくりと喉を鳴らし、湧き出す唾液を飲みこんでいた。
「好きだよ」
囁きと共に、進藤の口のなかの僕の鬼灯が、目に入る。
肩をつかむ進藤の手に力がこもる。
僕はその熱とわずかな痛みに、我を忘れて口走る。
「僕も……、好きだ」
言ってしまった。
今日まで躊躇っていた言葉を、遂に口にしてしまった。
後悔はなかった。だが、大切に秘密を、大切な宝物を、曝してしまった事に一抹の寂しさを覚えた。
その寂しさを慰撫するように、進藤がまたくちづけてきた。

      鬼灯が
           渡される。

もう自分の気持を偽ることができない。
僕たちは、鬼灯を間にはさみ、舌の交歓を続けた。
耳の後ろでごとんという音を聞き、自分が縁側に押し倒されたことを知った。
ひさしは逆光に黒い影となり、その向こうに目に染みるような夏の青空が広がっていた。
「進藤……」
息継ぎの為に唇が離れたとき、僕は囁いた。
「進藤じゃない」
進藤は少しきつい口調で言うと、鬼灯の残骸を勢いよく吐き出してから、冷たく見えるほど真剣な面持ちで、僕に命じた。
「ヒカルって、呼べよ」

367 :夏の終わり 14:02/07/25 19:17
金色の前髪がまた降りてきた。
僕は言われたとおり、彼の名前を呼ぼうとしたが、それは声となる前に、進藤の唇に奪われた。
呼吸を重ね、吐息を交わし、唾液を啜りあう。
進藤は性急な動きで、僕のシャツの裾を引き摺りだし、その隙間から手をさし入れてくる。
わき腹を撫で上げられて、体が震えた。
「ダメ。ここじゃ……しんど……」
「ヒカルだろ?」
彼は少し体を離して、にやりと笑う。
「言って」
「ヒカル……」
「そう、ここじゃダメって、どこなら良いの?」
下腹部に集まっていた血液が、一度に上昇したように、僕の頬や耳が燃えあがる。
「アキラ……」
進藤が耳元で囁き、熱い舌で耳朶を舐る。
「どこならいい?」
僕は、進藤の首に腕を回していた。
もう、認めてしまったんだ。今更逃げられない。
逃げられないなら、正面から迎え入れるしかないじゃないか。
僕は、夏の空に目で別れを告げると、進藤の耳に直接聞かせた。
「僕の部屋」
進藤は、スニーカーを脱ぎ捨てると、僕を軽々と抱きあげた。
まだ、人の目を欺かなくてはいけないけれど、自分の気持には正直でありたい。
「降ろせよ」
進藤の強い視線が僕を捕らえて話さない。
「自分で歩ける」
流されるのではなく、自分の意思で抱かれたい。
声は少し震えていたけれど、気持はちゃんと伝わったみたいだった。
なぜなら、進藤が嬉しそうに笑ってくれたから。

368 :夏の終わり 15:02/07/25 19:19


キスを繰り返しながら進藤は悪戦苦闘のなか、僕のシャツのボタンを一つ一つ外してくれた。
重ねる唇からは、どちらのもの特別のできない、熱い吐息が漏れる。
ボタンを外し終えると、進藤は僕の素肌に触れてきた。
その指先が腰骨を掠めた瞬間、僕が感じたものは、たまらない疼きだった。
危険な熱を孕んだ進藤の右手が辿りついたのは、僕の背中。僕のすべてを支えるように進藤の掌が押し当てられる。
その熱に、僕は軽く瞼を閉じ、幽かな吐息を漏らした。
畳の上に僕の体を横たえながら、進藤はオープンシャツとタンクトップを乱暴に脱ぎ捨てていく。
その間ですら、僕のわずかな表情も見逃すまいと言うように、鋭い視線が僕に注がれていた。
全裸になった進藤が、赤ん坊の世話でもするように、僕の腕からシャツの袖を抜いていく。
「自分で……できる」
僕は上擦る声を隠さずそう言った。しかし、進藤は答えようともせずに、僕を生まれたままの姿にしていく。裸の背中に、畳はひんやりと冷たく感じた。
「アキラ」
僕が顔を上げる。
「9月になったら、また会えなくなる」
進藤は全裸だ。恥じらうことなくすべてを曝し、静かに言葉を重ねる。
「会いたいときにいつでも会えるわけじゃない。もしかしたら、これからが苦しいかもしれない」
僕は頷いた。来月から春先まで、本因坊戦のリーグが始まる。
「ヒカル?」
「棋院とかで会えても……ろくに話せないかもしれない。それでも、俺の気持だけは疑わないでくれるか?」
 僕はゆっくり身体を起こすと、口を開いた。
「ヒカル……、今更だよ。僕は、君が思うより君のことが好きなんだ。
ただ言葉にするのが怖かった。認めてしまうのが怖かった。
でも、もう自分の気持を偽れない。それぐらい、君のことが好きなんだ」
「俺……、おまえに抱かれたいし、おまえを抱きたいよ」
僕は、いま目の前にで正直に欲望を口にする人間が、なによりも愛しかった。
誰よりも愛しかった。

369 :夏の終わり 16:02/07/25 19:20
「僕も、同じだ」
「アキラ」
進藤が相好を崩す。
進藤はもう躊躇わなかった。
僕の心を試すような質問も、もう必要ない。
彼は男で自分も男なのだ。
それでも、こうして抱きあいたいと思う気持に、嘘はない。


進藤が畳に手をつき、僕に覆い被さる形で膝を進めた。
その膝に、僕はそっと左手を置いた。
「アキラ?」
熱を帯びた黒い瞳が僕を見つめている。
僕の右手が動いた。
「アキラ……?」
進藤の腰が引く。
が、それを逃がすまいと、膝に置いた僕の手に力が篭る。
「アキラは、そんなことしないでいい」
「したい、ヒカルにさわりたい」
僕の右手は、半ば変化を見せる進藤の性器を優しく包み、愛撫の真似事をしていた。
その拙い動きに、進藤の頬が染まる。それに勇気を得て、僕は少し力をこめて、ゆっくりと手を動かした。
進藤の器官が、たちまち張り詰めていく。
不自然な態勢で僕の愛撫を受ける進藤の腕が、がくがくと震えていた。
「ヒカル、感じる?」
精一杯の勇気で僕は尋ねる。
「いい……、感じる」
荒くなる呼吸を隠しもせずに進藤が呟くと、僕はとても嬉しかった。
進藤は、上から覆い被さるようにして僕の唇を奪った。
「ん―――、ク……、う……っ」
僕の抗議の声を、進藤は熱い吐息の中に絡めとると、そのまま抱きしめ、押し倒した。
「一緒に……」
キスの合間に、進藤が囁いた。その意味するところを悟り、僕は頷いた。

370 :夏の終わり 17:02/07/25 19:26
―――――ぅん…………

無理矢理、進藤の舌が僕の唇を割った。
僕はそれを喜んで迎え入れた。
玩具をなくして淋しがっていた手は、恋人の明るい色の髪に忍び込む。
梳るように指を動かし、愛しいと思う。
思った途端、僕は泣きたくなった。
僕がここにいることを確かめるように滑り降りていく、進藤の手が愛しいと思った。
そう思ったら、もう我慢ができなかった。
なぜ、自分以外の人間をこうまで愛しく思えるのだろう。
消えない熱を残して、進藤の唇が僕の肌の上を滑っていく。その感覚は僕にとって懐かしくも思えれば、まったく始めて知る感覚のようにも思えた。
欠片ほどの罪悪感も、いまの僕にはなかった。あるのは愛しさだけだ。
それをどう伝えれば、進藤にわかってもらえるだろう。
「ヒカル……」
譫言のように恋人の名前を呼ぶ。
繰り返せば繰り返すほど、胸に溢れてくる、泣きたいほどの愛しさ。
それだけで酔ってしまいそうだった。

気がつけば、軽く足を開いていた。その間に進藤の身体があった。
胸に落とされるキスは濡れた音を聞かせる。
進藤の舌が胸の突起を転がすように動いた時、僕の身体の奥に甘い痺れが走った。

―――――あ、………

僕の声の変化に気づいた進藤は、唇で執拗にそこを弄んだ。
軽く甘噛みされたとき、自分でも恥かしくなるような声をあげていた。
「アキラ、可愛い……」
嬉しそうにそう言うと、進藤は僕の唇に音のするキスをくれた。
「僕は、…自分が、こんなにいやらしい人間だとは……思わなかった……」
「もっと、………いやらしくなって…………」
そう言いながら進藤は、固く屹立した自分自身を、僕のペニスに擦りつける。

371 :夏の終わり 18:02/07/25 19:27
―――――あ……っ…

鼻にかかった甘い声が、自然と零れる。
「もっと、聞かせてよ………アキラの…声」
促す進藤の声も、甘く掠れている。
それに応えるように、僕は進藤の身体を強く抱きしめた。
どんなに抱きしめても足りないような気がした。
進藤が下から上へ擦り上げるように腰を動かすと、そのたび僕の身体の奥底で怪しくざわめく感覚があった。
それがなんなのか気がついて、僕は怖くなる。
それを欲しがる自分が怖くなる。
でもそれは、偽りのない気持だった。だから、言葉にする。
「ヒカルが…、欲しい……」
「アキラに言われると、それだけで……おかしくなりそ………」
進藤の言葉の意味もわからないまま、僕は手を伸ばし、いま自分が欲しいものに正直に触れた。
さっきとは違い、手に余るほど猛々しく育ったそれに、指を這わす。
この熱いものが、激しく脈を打つものが、また自分に埋め込まれるのかと思うと、確かに怖かった。
だが、それを求めている自分に嘘はない。
「ヒカル」
催促する。
しかし、進藤はゆっくりと顔を横に振ったあとで言った。
「まだ……、痛いよ」
「痛くてもいいんだ」
「俺はね、おまえが考えているより、ずるいんだ。痛い思いなんてさせねえ。
俺のこと思いだすたびたまらなくなるほど、気持ちよくなって。俺じゃなきゃ感じなくなるほど、夢中になって」
恐ろしいことをさらりと口にして、進藤は身体を離した。
突然離れた肌を追って、軽く身体を起そうとした僕の胸を手で押しやると、進藤はいきなり僕の股間に顔を埋めた。

372 :夏の終わり 19:02/07/25 19:28

――――――あぁっ!

進藤の熱でさんざん擦り上げられていた僕は、それだけで上り詰めてしまいそうだった。それが嫌で、とっさに、進藤の頭を太股で挟んでいた。
進藤の動きが止まる。しかし、ねっとりと僕に絡みつく舌は、間断ない刺激を与えつづける。

――――――あっ、ぁっ…、あ…………

執拗に追い上げられる。
僕は、激しく首を振って、その快感の波に飲み込まれそうになるのを堪えた。
が、その最後の抵抗も、進藤の確実な愛撫にあえなく散る。
進藤の指が、僕の内部を差し入れられたのだ。
白濁が噴き上がる。
「ダメ。ダメ、嫌だ、進藤!」
この数週間、封じこめていた言葉が口をついて出たことにも、僕は気づかない。
進藤がきつく吸い上げると、腰のあたりに気の狂いそうな快感が生まれ、僕はまだ残っていたものも吐き出していた。
「嫌だ、嫌だよ、進藤、でる……」
逃げを打つ僕の足をしっかりと片手で抱きとめたまま、進藤が顔を上げた。
彼の喉が上下に動く様子を、涙と欲情で潤んだ僕の瞳は、すべて映していた。
羞恥に頬が染まる。快感に息が上がる。目の前の男が愛しくて嫌になる。
ペろっと舌先で自分の唇を舐めて見せたあとで、進藤はまた僕のペニスを咥えた。
そして、侵入を果たした指がおもむろに動き出した。
抜き差しで始まったそれは、徐々に複雑な動きに変わっていく。
入り口のあたりで円を描いていたかと思えば、奥を抉るように深く差しこまれ、かと思えば中を広げるような動きを見せる。
その間も、ペニスには熱い刺激が加えられていた。
内部を犯され、性器にはたまらない愛撫を与えられ、放ったばかりだというのに、僕の若い雄は、すぐさま熱り立つ。
「ダメだ、ヒカル、もう…ダメ…………」
口では拒みながらも、身体は更なる頂点を求めて、大きく揺れる。
やめて欲しいのではない。過ぎた快楽が怖いのだ。
飲みこまれてしまう自分が怖いのだ。

373 :夏の終わり 20:02/07/25 19:30
なにも考えられなくなる。
進藤を愛しく思う気持とはまた別に、進藤を欲しがる気持。
それが、あまりに強烈で僕は嫌だと叫ぶ、ダメだと繰り返す。

初めてではない。でも、これは初めて知る悦びだった。
この前、進藤に抱かれたときも、快楽に喘いだ。
でも違う。
今日知るこれは、まったく違うものだった。
「ヒカル、……このままじゃ、おかしくなる………」
快楽の海に叩き落され、僕は咽び泣く。
懇願は、すでに言葉をなしていない。
進藤の耳にそれは、甘い悲鳴にしか聞こえなかった。
「アキラ?」
名前を呼ばれて、僕は訳もわからず、何度も何度も頷いていた。
「可愛い……」
吐息まじりの優しい声。
しかし、その次に与えられたのは、「ズン」という重い衝撃と焼けつくような熱だった。

僕は、一瞬、呼吸を忘れた。
身体の中で、めりめりという音が聞こえたような気がした。
痛みはあった。
約三週間ぶりの挿入に、まだ経験の浅い身体は鈍い痛みを訴える。
それなのに――――――。
その痛みを凌駕する、快感があった。
一番大きな部分がゆっくりと押しこまれた。
まだ慣れていないそこはが、ギリギリ限界まで広げられた時、僕は言葉にできない痛みに正直に顔をしかめた。
だが、その部分を飲みこんでしまえば、あとは楽だった。
ずくっと、肉が軋んだ。
きつい部分を通り過ぎると、進藤のそれは僕の内臓を押し広げつつ、一気に沈みこんでいた。
濡れた肌と肌が、改めて熱を分かち合う。
進藤のペニスは根元まで僕の中に埋め込まれていた。

374 :夏の終わり 21:02/07/25 19:30
ふたり、水をかぶったように汗をかいていた。
ふたり、全速力で駆けぬけたあとのように、荒い息をついていた。
進藤が、苦しい息のなかからそっと尋ねる。
「わかる?」
彼の手が、僕の腹を撫で擦っていた。
「さわって」
進藤が投げ出されていた僕の手を取り、腹に置く。手を重ねたまま、また動く。
僕のそこには、薄い肉を突き上げるナニカがあった。
真剣な瞳が、僕の瞳を覗きこんでいる。
僕は小さく頷いた。

わかる。
進藤が僕の中にいる。

理性が戻ってくる。
ぱしっとひとつ瞬きをして、僕は恋人を見つめる。
全身に汗をまとい、自分を抱きしめている男を見つめる。

―――――ヒカル…

喘ぎと一緒に恋人の名前を呼ぶ。
愛しさという熱が全身を満たしていく。
「好きだ」
という言葉は飲み込んだ。
いまは胸がいっぱいで、言葉にできない。その代わりに、僕は自分から、キスを強請った。
進藤の肩に手をかけ、ほんの少し体を起こし、自分から唇を奪いにいった。
そのとき、身体のなかで進藤がぐりっと動いた。
それは、僕の前身を走りぬける甘い疼きを生む。

375 :夏の終わり 21-2:02/07/25 19:31

――――――う…んっ…………

進藤の両手が、僕が浮かした背中の下に入りこみ、その身体を支える。
「おかしくなりそう……」
進藤が体を起こし、僕の立てた足の膝裏にそれぞれ手を入れる。
足を抱え上げられ、僕の身体がベッドに沈む。そのとき、進藤の熱く滾ったものが僕の肉壁を抉るように動いた。
僕の足をしっかり抱え、進藤が動いた。
灼熱の律動に、僕はちいさく身体を震わした。
進藤が長いストロークで、僕を追い上げていく。
汗が散る。
声が上がる。
息が乱れる。
深く押し入るそれに僕はうめいた。
ゆっくりと引いていくそれに、僕は追いすがった。
繋がっているのは身体の一部分でしかないのに、そこから生まれる熱は僕のすべてを満たしていく。
「怖くないよ」
僕は、無意識に呟いていた。
突き上げられて甘く泣き、突き放されてしがみつき、それでも怖くないと、途切れ途切れに呟いていた。
ひとつに溶け合う瞬間、僕たちは深いくちづけを交わしていた。

376 :夏の終わり 22:02/07/25 19:32
「ただいま」
父と母が帰ってきたとき、僕たちは何事もなかったように縁側に近い座敷で、碁盤を挟んでいた。
「あ、良かった。あなた進藤君、まだいらっしゃるわよ」
僕たちは、連れ立って玄関まで迎えに出る。
「お帰りなさい。進藤、今日泊まっていきますから」
「先生、今日もお邪魔します」
進藤が、僕の隣で頭を下げる。
「あなたたち、お夕飯は?」
「あ、まだなんだ。なにかあります?」
「また、夢中になっていたんでしょ。はい」
母の言葉に、鼓動が跳ねた。確かに、僕たちは夢中になっていた。
時がたつのを忘れるほどに。
「実は、進藤君の分も買ってあるの。帰ってたらどうしようと思ったわ」
母が、行き付けの寿司屋の折を掲げて見せた。
「良い日本酒をいただいたんだ。君たちも付き合いなさい」
そう言って居間へと向かう父からは、お酒の匂いがした。
「進藤君、明日一局打とうか?」
「お願いします」
「明日よ、明日。今日は碁の話はなし。ね」
母が朗らかに笑う。
父が苦笑を零し、僕たちは子供を演じる。
そんな、夏の終わりの夜。



             鬼灯の花言葉は、――――「偽り」と「欺き」。

377 :エンライ:02/07/25 19:41
鬼灯は、これで完結です。
浴衣の青の続きだと思ってくださぃ。
青は、青い浴衣って意味じゃなく、青○ンの意味です。って、言われなくてもわかるか。
青のほうで、アキラが「好きだ」と自分から言ってないんで、補完するため書いたんですが、
続き書く予定はいまんとこありません。ネタください。
えっと、これは研究会さんの妄想のおかげなんで、感謝です。
一応自分でも鬼灯もらってやってみたけど、音なんないっすよ。
無駄に長くなっちまったけど、読んでもらえればありがたいです。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 19:42
ナルシストだな・・・(呆

379 :エンライ:02/07/25 19:49
呆れられてしまった。

380 :エンライ:02/07/25 19:51

     〃ヾ▼  ノ
   ⊂(´−`⊂⌒ヽつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

このAAのアキラたんヴァージョンないですかね。

381 :エンライ:02/07/25 19:53
なぜ、アニメのアキラたんはあんなに苦しそうに話すですか?

382 :エンライ:02/07/25 19:53
ログ流し中

383 :エンライ:02/07/25 19:53
ログ流し厨

384 :エンライ:02/07/25 19:58
今日、二度目の書きこみ禁止。

385 :エンライ:02/07/25 19:59
数が問題なんですかね、量が問題なんですかね。

386 :エンライ:02/07/25 20:00
口の中が青臭いって、どっかに入れたかったのに、忘れた。

387 :エンライ:02/07/25 20:00
はい、これで完了。お騒がせしました。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 20:10
    ┌┐    ┌──┐         (゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚).        ┌─┐
┌─┘└─┐│┌┐│         (゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚).        │  │
└─┐┌─┘│└┘│┌───┐(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)┌───┐│  │
┌─┘└─┐│┌┐││      │(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)│      ││  │
└─┐┌─┘└┘││└───┘(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)└───┘└─┘
    ││        ││         (゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚).        ┌─┐
    └┘        └┘         (゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚).        └─┘
ええな〜ヒカルもアキラも色っぺーよハァハァ(;´Д`)
3年後のふたりなんだよな?
それんしてもエンライたん、書くの早いよな〜!

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 20:19
   .. ___   
     |||||||~|||丶 ノ     夏の終わりキタ――――――――!
   ⊂(´−`⊂⌒ヽつ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もうかなり嵌まってるよゥ!!!!  好き好きエンライたん!!

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 20:29
目開けてるバージョンを

   |キターーーーーーー♪
   │               
   │   /|||||"|\  ノ        
   │ ⊂|(゚ー゚⊂⌒ヽつ      

ヒカルの気持ちに不安になるアキラカワエエ
男臭くなったヒカルにメロメロになってくアキラ
いやらしいアキラが大好きだハァハァ(*´Д`*)
ネタか?では、芹澤を溺れさすアキラたんを!あいつをアキラから二度と這い出れない蟻地獄に落としてくれ

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 20:29
>361
基本のAAを定型文登録してるんだよ。
それが↓。あとは適当にな。今日のは「さらにウメ!」が好きだ。
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_|   ショウセツ アゲル カワリニ AA ダーヨ
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 20:53
夏の終わりキテタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
珍子欲しがるアキラタンハァハァ(;´Д`)
「欲しい」なんて言われてみてぇなあ
アキラタンのあの瞳でよ
ヒカルの奴役得だなゴルァヽ(`Д´)ノアキラタンの部屋生臭くしやがって羨ましいぞ!

393 :エンライ:02/07/25 21:01
>倉庫番さま!
>375の
足を抱え上げられ、僕の身体がベッドに沈む。
を、
足を抱え上げられ、僕の背中が畳で擦られる。
に、直してください。お手数かけます。

ボツ原稿使いまわし、バレバレ。
書くのはホント遅いですよ。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:04
鬼灯キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
子供を演じるってのが、どきどきしたよ。
エンライタンの書くのは、背徳感があるんだよな。
おいらも>390同様、溺れる芹澤が読みてえ!(;´Д`)ハァハァ

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:11
浴衣シリーズ風情があるな。
これから塔矢家は晩酌か。
先日松島に旅行に行った友人に、雪の松島という酒貰った。
久しぶりに日本酒が上手かったぞ。
アキラたんとさしつさされつ飲みたいものだ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:16
アキラたんとさしつさされつ!(・∀・)イイ!!
エンライたん、酔っ払って(;´Д`)ハァハァ してるアキラたんなんて、どうだい?

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:20
>391
いつも和ませてもらってサンキュっす!
小説書きさんかや?小説もくれ!どっちもくれ!
強欲の罰は甘んじて受けよう

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:34
>>358
船に乗れ。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:35
>358
山を売れ。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 21:39
いつからここはネタリクスレになったんだ?
妄想話が発展してってならまだしもさ。
最近どんな小説が来るのかわからない期待感が薄れて寂しいぞ。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:14
いいんじゃねーの?リクぐらい。それが職人さんの元火になる可能性もあるかもだし。
元火にならなきゃ、却下だし。
つーか荒れてたから職人さんが来ずらい雰囲気だろ?
魔境と違って、もともと小説少ない場所だし。
せめてもの夢と希望を託してんだよ。
ってことで他の職人さんもずっと待ってるぞ!つづき気になってるのイパーイある。

402 :エンライ:02/07/25 22:21
>400
俺が迂闊にも、ネタくれって書いちまったのがいけなかったのかもな。
正直、すまんかった。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:23
>398>399
山はないので船にのることにしますた。
アキラタ~〜〜ン待っててくれ〜〜〜!ハァハァハァハァハァハァ(;´Д`)

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:38
>402
エンライたんがネタくれ言ったからリクったわけじゃないんだ。
もともと読みたいと思っていた。続編キボンのノリだと思うのだが。
いや、遠雷の世界にすごく濱ったもんでな。
それと俺も、続き待ってるのたくさんあるぞ!

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:42
希望を忘れないという事はいいことだ!
みんなアキラたんとの幸福な明日に向かってGO!GO!GO!
いつかはアキラたんとハァハァハァハァハァ(;´Д`)

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:42
マグロの一本釣りと遠海漁業、どっちが金になるんだ!?
赤銅色に日焼けした腕のなか、白い肌を染め甘く喘ぐアキラたん!
俺も船乗って、金稼ぐとするか!待っててくれよ、アキラたん(;´Д`)ハァハァ

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:49
>406
禿げしく知りたいところだ
率のいい方に乗らねばな!
鍛えぬかれた海の男になって帰ってくればアキラタンもオレにイチコロかも
欲しい〜なんておねだりしてきたりしてな(;´Д`)ハァハァアキラタン

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:55
おまえら、なんか愛しいぜ!
アキラたぁぁぁん!オレも逝くぜぇぇぇぇぇぇぇ!(*´Д`*)ハァハァ

409 :裏失楽園:02/07/25 22:57
「緒方さん」
 ボクはシーツに右の膝を突くと、髪を撫で上げて彼の顔を上げさせた。少し潤んだように
見えた瞳は相変わらずボクをまっすぐに映している。
 ――この顔を見て、どうして触れずにいられるだろう。
 ボクは彼の顔を見つめたまま唇を触れ合わせた。緒方さんは嫌がることもなく、無表情に
ボクの目を見ている。だが、やがて舌を絡め出したのは緒方さんの方で、そうなるとボクは
もう何もできなくなった。
 彼にされるがままに歯茎の裏で感じ、同じようにボクも彼の口蓋を舌先で刺激した。
 ほんのすぐ傍のバスルームでは進藤が裸になって、シャワーを浴びている。緒方さんに弄
られ、白濁を散らした肌を清めているのだ。なのにボクは、両膝を広いベッドに乗り上げて
緒方さんと互いの唇を貪りあっている。深く、深く。
 溢れる唾液はもう顎を伝い、喉を通って落ちてゆく。
 ボクは夢中になって緒方さんの柔らかな髪を両手で掻き回し、ふいに伸びてきた彼の腕に
キツク抱きしめられた。
「ふ……、ん」
 喉元に噛みついてきた緒方さんの顔を押し戻して、ボクは彼のシンボルに手を伸ばした。

410 :裏失楽園:02/07/25 22:58
 進藤と相対しているときは自ら昂ぶらせなければならなかった彼の牡は、今や雄々しく天
を見上げている。
 ボクはそれを掴むと、力を込めて握り込めた。
 一瞬息を詰めた後で低く唸る緒方さんの声を愛しい気持ちで聞く。
 緒方さん、と呼びかけると彼は眉根を寄せて閉じていた瞼を薄く開け、薄茶色の瞳でボク
を見た。
「……ボクはこの間、進藤を抱いて、彼とキスをしました」
 その瞬間、緒方さんの視線に強い意志が宿る。
 進藤ヒカルという太陽をボクのものにした夢のような一瞬。それを改めて言葉にすると、
ひどく遠い昔の出来事のような気がした。
「でも……あなたは進藤とキスをしていない。そうですね」
「――ああ」
 掠れた声で応えがあり、ボクはほうっと深く息を吐く。
「よかった………」
 進藤と緒方さんがキスをしていなくてよかった。進藤に緒方さんが触れていないのが嬉し
いのか、緒方さんに進藤が触れていないのが嬉しいのか、相変わらず判りかねていたけれど、
素直にそう思った。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 22:59
>395
雪の松島の大吟醸は一度飲んでみたいな。
アキラたんに似合う酒ってなんだろう。
日本酒は勿論だが、スコッチなんてどうだ?
ワインよりスコッチって感じなんだが。
ヒカルたんはサワー、それも巨峰サワーとか甘い系って感じがする。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:10
  キタ.━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┏━━━━━━━━━━━━━━┓┃
  ┃┏━━━━━━━━━━━━┓┃┃
  ┃┃┏━━━━━━━━━━┓┃┃┃
  ┃┃┃┏━━(゚∀゚)━!!!!!.     ┃┃┃┃
  ┃┃┃┗━━━━━━━━━┛┃┃┃
  ┃┃┗━━━━━━━━━━━┛┃┃
  ┃┗━━━━━━━━━━━━━┛┃
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛
いま、山猫で再生読んできたばかりだから、裏失の緒方に心から
良かったねと言えるぞ!俺も大人になったもんだ。でも、アキラたん(;´Д`)ハァハァ
こう、アキラたんのほうからチッスしてくれて、髪の毛がさらっと目の前で揺れたら……。
おれならむしゃぶりつくね!!!(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:22
・.゚・∴..*.+.: ∴ o *∧∧* o ∴::.。.:*・゜.∴
裏失キタ━━━━━━━━.(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!
∴・.゚.・∴..*.+.:: ∴ o ** o ∴::.。.:*・゜.∴ * o.∴ * o
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚(゚∀゚)゚・*:.。.
アキラタンが、兄貴をあやす聖母のようにも想える。
兄貴沈子に自ら手を伸ばすアキラタン……ああ、いけないよアキラタンハァハァ(;´Д`)

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:32
裏失キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
ヒカルたんが近くにいるのに…危険な香り漂うアキラたんにハァハァダーヨ。
このままおっぱじめるのか?期待しる!(;´Д`)ハァハァ

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:32
>411
アキラたんの場合、なんでもストレートで逝くのが合ってる気がする。
もちろんスコッチも(・∀・)イイ!
ラム酒をロックで、なんつーのもいいかもしれん。
ヒカルたんはチューハイ系賛成!鬼灯のヒカルたんなら渋い系も合いそうだ。

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:37
                    / 〇 \
                      
                     /|||||||~||   
           ウンウン.      |(*゚ー゚)|    イロイロト オハナシスルノモ タノシイヨネ  
            ../|||||||~|    ⊂ 1 ヽ /||||||||ヽ
           /|( ゚∀)    |  ∪.||||||||||||
        ../|||||||~|'⌒  ) ̄ ̄ ̄/||||||||ヽ∩/⌒/ |
       ./|( ゚Д)/ソウダナ   |||||||||||| ィ|    |
      | ′  つ          /⌒ / |l   |
      | l∪./          ./ /| . |」 /||
      | `/           .ι ゝ| . | ||  ||
       、 l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l/ _」 /|| ||

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:41
>416
うわ〜アキラたんがイパーイ(;´Д`)ハァハァ
こんな家に住みたいぞ(W

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:45
うん、楽しいよ。アキラたん’s!
夏の熱い盛りに、アキラたんはダイキリ、ヒカルたんはマルガリータ。
兄貴はさっぱりとジンライム。和谷は中ジョッキ、伊角さんは白ワインなんて、どうだ。
名人と森下9段が冷酒を酌み交わし、桑原は養命酒。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:47
>416
一匹じゃねえ一人わけてください(*´Д`*)ハァハァ

420 :塔矢明子:02/07/25 23:51
どなたか、あの子達にカルピスとチーズケーキを持っていってくださらない?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:52
冷酒ってのはけっこう回りが早いよな。
だが暑いとビールに手が伸びる。
アキラたんにはコロナビールなんぞ似合うんじゃないか?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:53
>420
逝きますっ!逝きますっ!逝きますっ!

423 :塔矢明子:02/07/25 23:55
>422さん、お悪戯はダメよ(にっこり)

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:57
立ってるのがアキラたん。
向かって左から芦原・兄貴・笹木さん・名無しさん。
研究会のその後っつーことで今日の俺のAAは終わりダーヨ。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:57
カワイイなぁアキラタンズハァハァ(*´Д`*)
1が議長のつもりなんだろな

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/25 23:59
アキラたんがコロナなら、ヒカルたんはジーマだな。
で、ヒカルたんが絞ってやるよとか言って、ライム絞るんだけど、
ぴっとアキラたんの白い頬にまで飛んじまうんだ。
それで、ヒカルたんは

1・衆人監視の中、舐めとる。
2・親指の腹で拭う。
3・慌てて自分のシャツの裾でふき取る。
4・いけない妄想に前かがみとなりトイレに急ぐ。

さあ、どれだ!?

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:01
アキラたん’sじゃないのか………。
でも、アキラたん’sなんだよ、俺の中じゃ。
(;´Д`)ハァハァ 可愛いのう………

428 :424:02/07/26 00:02
…って思ってたけど、みんなアキラたんっていうほうがかわいいな。
萌えるな!!!
| |_
| ||||,||ヽ
| |ε`)_|  ギュプ ギュプッ 
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

429 :400:02/07/26 00:03
和やかなとこ、邪魔してスマソ。
400は言葉が足りなかった。
住人がなんかの時にこんな話が読みたいだのあの話の続きが読みたいっつーリクは有りだと思う。
けど職人サイドがリク要求するのはどうよ?
職人さんってのは自分の中の妄想が溢れて文章にしてるんだと思い込んでたからさ。
ネタ切れだからなんかくれっつーのは違うんじゃないかと思ったんだ。
俺の勝手な意見だけどな。
まあエンライさんもそんなに真剣に言ってたんじゃないかもしれないが。
あと前にも出てきたがボツ原稿の使いまわしってのが気になったんだ。
アキラの為に用意されたんじゃないのかと思ったら、なんか冷めちまったんだよな。
謙遜して言ってるんだろうってのは想像ついたが、アキラに対してそんなに思い入れがないのかと思えた。
こんな意見がここでは歓迎されないってのはわかっているし、嫌ならスルーしろって言われそうだが
遠雷はすっげー好きだったから残念で一言いいたかったんだよ。

やっぱ職人叩きだと思われんのかな(ニガワラ

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:03
ヒカルたんつーか、おれなら迷うことなく1を選ぶな。
ライムの香りとアキラたんのすべすべのほっぺたの感触を
同時に堪能するんだ。(;´Д`)ハァハァ (;´Д`)ハァハァ (;´Д`)ハァハァ

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:13
>429
おまえの言いたいことはわかったが深く考えすぎだと思うぞ。
エンライたんの文にはアキラたんへの愛が溢れてると、読んでて俺は思う。
職人さんのト書きを気にするよりも本文を堪能した方が楽しいとは思わないか?
ということでアキラたんハァハァ(;´Д`)だよ。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:13
>426
ヒカルたんなら3っぽいな。
兄貴だったら1。オレだったら4だろな(w
1キボンだがアキラたんに殴られそうだ。

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:15
>400
いや、職人叩きなどとは思わんぞ。
アキラたんハァハァ度にもいろいろレベルがあるんだろう。
400がエンライたんより高いのだろうと思っただけだよ。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:15
>341
しめた! って感じのアキラたん最高だよ…。
早速食っちゃったんだね。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:19
>426
俺は2だな。じっとアキラたんの目を見つめて、親指でぐいっと。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:19
>424
可愛いAAありがとな!
アキラたん’S・・・まるで夢のような・・・ハァハァ(;´Д`)

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:26
422タンはカルピスとチーズケーキをもう運んだのかな?

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:30
>437
悪さをしかけて叩き出されたとか(w

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:34
AAアキラタンは小学校低学年以下ってイメージがあるから、
さぞかしにぎやかなことだろう。
塔矢夫人、次は冷たい麦茶でも運びましょうか?

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:40
しゃべり疲れて眠ったとこなんかカワイイだろうなあ(*´Д`*)ハァハァ
アキラタンが5人もすやすや眠ってるってどうよ?

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 00:45
>429の言いたい事もわかるし、職人叩きだとは思わないよ。
でも、「遠雷」自体がここで真夜中複数で話してるうちに
妄想が暴走して始まったもんだからな。
俺はエンライタンがそういうノリを求めてんだと思ったけど?
浴衣は、33号の表紙見て書きはじめたんだよな。
したら、2週間ぐらいの期間で、「夏の終わり」まで入れると原稿用紙で50枚以上
書いてる計算になる。十分、愛を感じるよ。
433の言うとおり、400の愛のほうが深いんだろうな。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:24
>440
そりゃ、明子夫人の目を盗み、お持ち帰りさ。 


/|||||||~| /iii\
|(*゚ー゚)|(∀` * ) アキラタン ボクタチノ
 ⊂⊂⌒ ⊂⌒ヽ    愛ノ巣ニアンナイスルヨ
  ⊂⊂ ))  ) 
       ノ ((_ノ

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:29
2週間で50枚以上…よく数えたな、アキラたんみたいだ(w

使いまわしって言い方は語弊があるかもしれないけど、
思いついて走り書きして、でも書き切れなくて置いといたネタが、
あるきっかけで復活って事はあるんじゃないか?
いや、蛍〜浴衣シリーズがそうなのかどうかは知らねぇけどさ。

だが愛の深さや大きさを計るのは意味が無いから止めとけ、と言いたい。
や、野暮なこと言ったな。すまん。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:42
>442
ど、泥棒だ!泥棒だぞぉぉぉぉぉぉぉ!!!
1匹持ち去られたぞぉぉぉぉぉ!

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:47
いま、試しに「浴衣」を400字詰めて換算したら36枚あったぞ。
青と夏の終わりも入れたら、100枚ぐらいあるんじゃねえの。
それだけ書いても、文句つけられるんじゃ、職人さんも立つ瀬がねえな。
400タンの思い入れのほうが勝ってたからしょうがねえか。(w

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:48
>442
疑う事を知らないアキラたんの442を信用しきった目が愛しいぜ(;´Д`)ハァハァ

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:51
>445
もうそろそろその話はいいんじゃねえか?何人かレスってるし。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:55

    ..+   :  *.     ☆+
 ☆   へ    へ      +
    //',',\ / / ヽ    イマ 帰ルヨ〜
 _//〃',〃ヽ/|||||||~||  +  
  ゝ'〃',〃.,/';" |(*゚ー゚)|   .・.・:☆
  ´〃///〃⊂    つ
 .・.      / / /      +
+     *   し' し'    


                      
                     /|||||||~||   
           ウンウン.      |(*゚ー゚)|    

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 01:56
タクサンズレター
ケシワスレモアッター

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:01
>448
お〜い!アキラタ〜〜〜〜〜ん!
どこに帰るんだ〜?可愛いなぁあもう(*´Д`*)ハァハァ

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:11
>444
1匹ってあんた(w

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:15
  <朝>                 __
               _____(   ()
               | /|||||||~||  |  ̄ ̄
              /\|(*'ー`)|  | ユメノクニダヨ…
              //\\ つ ⊃. |     ムニャムニャ……
             //  \\.  、 |
             //    //(_)|
             \\  //    |
              \\// ̄ ̄ ̄
                \/

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:19
>448はアキラたんの夢だったのか?
スゲーなあ!
俺もいい夢みれそうだハァハァ(;´Д`)

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:30
飛ぶ夢ってのはフロイトに言わせると性的な夢らしいな。
俺も良く見る。
アキラタンと二人で飛ぶ夢みたいぞ。アキラタンはウィディングドレス着用な

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 02:36
今日は一日デリヘルアキラでヤヴァイくらい体温が上がったが、一連のAAに癒されたぞ!
エンライたんと裏失たんの小説も読めたし素晴らしい一日だった。

456 :エンライ:02/07/26 05:25
>429さん
正面から意見してくれてありがとう。
俺は不器用だから、妄想が溢れなきゃ文章にできないんだ。
特にエンライとして書いた物は、それ以前に書き始めてまだ完結していない話を、
ほっといても書きたくてたまらなかったんだ。
それぐらい、ここで芹澤妄想話に花咲かせたのは楽しかったんだよな。
蛍は魔境に七夕の日にアップしようと鵲の羽書いたとき、ヒカルたんだけじゃ寂しい。
アキラたんにもこの季節限定の話ってことで、7月は本因坊戦があるのを思い出して、一気に書いた。
浴衣は、33号の表紙見たら書かなきゃ収まりつかなくてね。夢中になって書いたよ。
ボツ原稿の使いまわしってのは、遠雷から割愛したヒカルとアキラのHシーン習作。
今回、一部でも生かすことができて自分的にはラッキーでした。

小説って、書いている間は孤独な作業の積み重ねだから、ここで妄想を共有して書くってことが、
新鮮だったんだよね。それで浮かれて人に不快感与えてたら、世話ないよな。
俺のつまんない言葉で、がっかりさせてすんませんでした。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 06:12
エンライたん、スマン一言言わせてくれ。
オレはエンライたんの書く文が大好きダーーーーーーー!
いやまじアンタスゲえよ!なんて妖しく艶のある文を書くのでつか!
ティンコ触らずともただ読むと言う行為のみでイッてしまいそうれす。

>進藤君、コツがあるのよ。しつこいぐらい揉むの。
>焦らないでね。皮が梳けてくるくらい揉むの。それからヘタをくるくる回すと、ね、
>わかるかしら? なかで種が踊っているでしょ? この状態まで我慢して。

ヤヴァイ、明子ママにもハァハァしそうだ・・・・

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 06:20
>456
別に不快感なんてないぞ。むしろ「スゲーなおい」って感じだった。
小説書く上で、以前ボツってたフレーズを再利用するのもよくある
ことだ。それを非難される謂れはない。
…そう思うが。

大体、愛の重さ云々をこんなところで持ち出すのもナンセンスだと思うぜ。
ここでハァハァしてる同士、ランクをつけてどうするよ。

ということでエンライたんよ、激しくオツー。毎回熟読させてもらった。
また是非書いてくれよな。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 06:36
    /||"||||ヽ
    ||(*゚ー゚)|    l.⌒Y⌒.l    ミンナニ トドケ――――――!!
     /つ:_|つ   \  /
     (____i.._、  〜   Y
     (/(/

460 :400:02/07/26 07:19
>エンライさん
ボツ原稿ってのはそういう意味だったのか。別のなにかのかと思っていた。
俺も思い込みで言ってたところがあったのはすまんかった。
実は遠雷妄想の場には俺もいたんだ。
指導碁を騙って呼び出せってレスったりもしたし。
それを文章化してくれた時はめちゃめちゃ嬉しかった。
そん時あっという間に文章に出来たエンライさんをすげえ妄想力の持ち主だと思ったんだ。
その分エンライさんに思い入れみたいのもあった。
だからネタ要求&ボツ発言に過剰に反応してしまったんだよ。
俺の勝手な理想像を押し付けて悪かったな。
俺が言えたことじゃないが、今まで通りここに妄想を溢れさせて欲しい。

スレ住人にもおおむね冷静な意見を貰えて言ってみて良かったぞ。
愛の重さについては目に見えるもんでなし、どっちが上とかは思わんがな。
これからは名無しに戻って431の言う通り本文でハァハァすることにするよ。

俺の一連の書き込みで気分を害したヤシもいると思うが、そいつらにもすまんかったな。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 07:56


ヒカル?
  /||"||||ヽ,、  アキラ アソボ
  ||(*゚ー゚)〃ヾ▼         
   ∪∪ )(▽゚,, )   
   し'し' ⊂⊂ ⌒つ
 

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 08:16
         ヒカルモラジオ体操ニイコウヨ
  ||||||'|| iヽ
...,||(^ヮ^*)_| ピッ!
 ⊂|⊂ |
  ⊂,,ノ
   ,,∪  

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 08:30
朝っぱらから鼻血ふきそうにハァハァしてしまったよ
夏の終わり、マジよかった(;´Д`)ハァハァ
お疲れっした! 次も頼んます!!
・・何かいろいろ意見あるみたいだけど、ここではもっとマターリハァハァしたいぞ

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 10:26
おまいらー、絵掲にデリヘルアキラたんがうpされてたぞー!

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 11:12
akirasaikou

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 13:20
>460
俺もあそこにいた。
また妄想話に花咲かせようぜ。
最近俺は社に自分を重ねて抜いてる。ってことで実は奴がどんなキャラかドキドキだ。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 13:26
>416以降のアキラタン’sと住人の攻防にワラタ
ひとり持ち出そうとしてる奴までいてウケタ
アホっちゃアホだけどこういうの楽しいな

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 13:33
>464
ミターーーーーーーー!
ほんとお願いしたいよアキラたんハァハァ(;´Д`)

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 15:34
フタリデ ラジオタイソウ タノシイネッ! 
  ||||||'|| iヽ     〃ヾ▼
...,||(^ヮ^*)_| ピッ!  (▽゚,, ) ピッ!
 ⊂|⊂ |      ⊂|⊂ |
  ⊂,,ノ       ⊂,,ノ
   ,,∪        ,,∪  

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 15:39
「夢の魚」はどうなりましたでつか
水族館デートの続き、キボン

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 15:51
   
   タノシイネエ
    ワアイッ!
  ||||||'|| iヽ      〃ヾ▼
...,||(^ヮ^*)_|ピ ピッ!  (▽゚,, ) ピピッ!
 ⊂|  |つ     ⊂|  |つ
  ヽ  ⊃      ヽ  ⊃
   ,,∪        ,,∪  

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 15:55
>470
アキラに対する思い入れが400のレベルに達していない場合、
書きこみ禁止となっております(藁

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:05
           フタリデ カイキンネラオウナ
ウン
  /||"||||ヽ〃ヾ▼
_||(*゚ー゚)(▽゚,, ).__
 |≡(   )(   )≡|
 `┳(__)(__)(__)(__)━┳
,..,..┴,...,...,...,....,....,....., ┴,,,,..

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:09
デリヘルアキラのフェラ妄想でハァハァ(;´Д`)やりながら言うのもなんだが
なごむなぁ・・・アキラとヒカルのラジオ体操ストーリー

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:11

      /||"||||ヽ〃ヾ▼   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ||(*^ー^)*゚Д゚) < …何見てやがんだ、ゴルァ!      イイナァ
       | つと. |    \__________   ∧∧
        |  ⊂__) ..                    (゚ー゚,,)
       し'`J                         (___)〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ずれても見逃してくれ。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:19
>466
社がどんなキャラかで碁のおもしろさも変わってくるしな。
クセモノキボン!
社に自分を重ねてって、社になりきってアキラタンをやりまくってるのかyo?

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:27

 ∧_∧
( ;・∀・) アキラたんを思うと……
人 Y /      いつも心は前かがみ
( ヽ し
(_)_)

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:29
>475
同じく……イイナァ(*´Д`*)ハァハァ

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 16:38
>470
夢の魚はなんとなくたそがれ時に似合う。
某Lたんとアゲハマさんにもそろそろ来て欲しい夏の夕暮れ。
待ってるずぉぉぉ!

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 17:33
この手のAAは許されるのか?


   +    …ゥウ、…イ!!
    ▼〃ヾ パンパン…ピュ!!  +
 +   (;゜д゜)   +
    (  つ /||"||||ヽ    +
     ),ィ⌒||(*^σ^)*  アッ!  +
   (_(__人__,つ 、つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 17:49
>480
(・∀・)イイ!
エロってより可愛くて微笑ましくてワラタ
そういや昔アキラタン菊門ご開帳AAってのもあったな(w

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 18:04
>476
社みたいの(俺設定)に犯られるアキラたんってどんなかとイメージしてると
手が伸びる(w
同い年の訳有りっぽいのにいいようにされてるのがアキラたんには屈辱なのか、
すげー悔しそうな面してる。
そこを無理矢理よハァハァハァハァハァハァ(;´Д`)

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 18:21
一連の無垢なAAアキラたんを見てると、犯したりマワしたり想像してる自分の心の汚さってどうよ?
と思うな。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 18:34
>483
いきなしどうしたんだ?
アキラタンハァハァ(;´Д`)がこのスレの信条だぜ?
おまえアキラタンで抜いてないのか?

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 18:44
>483
思春期か?
まあここが剥いてない奴もいるさ。
無理には勧めないぜ。オレは今日も精液臭い妄想にまみれてるがな(W

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 18:57
ここには濃いエロもホノボノもあって気に入ってる。
正直自分ものんびり屋さんが書いてくれたときはのんびり屋さん大丈夫か?
と心配になったが、肝が据わってるというか、エロはエロで読むのは嫌いじゃないというのを聞いて安心したぞ。
これからも幅広い話題をここで楽しみたい。職人さん、感謝してる!

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:02
483はアキラに対する思い入れが足りないようです(藁

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:03


. ||||~||||ヽ ナツヤスミハ カキイレドキ
 ||(゚ー゚*)_|  イソガナクッチャ!
 ⊂l~~l|   セカセカッ
  ノ__ノ〜  オガタクンモ キテクレルトイイナッ!
   UU

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:07
>488
ア、アキラたん!裸エピロンがまくれてるぞ(;´Д`)ハァハァ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:09
>488
アキラタン、オレも久しぶりに兄貴と一杯やりたい気分だ。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:14
              ┌─────――――┐
              │Bar チチャーイアキラタン  │
              └─────――――┘   
     \ 三   \     |||~|||||ヽ
    三 \ ∧∧ \  ,|_(*゚ワ゚)||   イラッシャイマセッ!
    三三 (   ゚)   .h  ( つ)U)
      三/ ̄(つu Ц\    | 
     三 (┳_ \  三 ̄ ̄ ̄ ̄
         ╋━J   ̄ ̄ ̄三 ̄ ̄ ̄ ̄  
         ┻   三 三 三

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:49
>>487

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 19:52
>491
アキラたん!とりあえず、生くださいハァハァ(;´Д`)

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:10

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< お父さんから、もらったんだ。 もうネット碁はしないからって
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:12

  ∧_∧
 ( ;・∀・)   ゴ、ゴメン アゲチマッタ……
 (  つと)
  )  ) )
 (__)__)

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:12
おーいおまいらちゃんと読んでるのかー?
なんか絡み多いな。夏だからか?
>483は日頃アキラたんを犯したり回したりを想像してるんだ。
だが一連の無垢なAAアキラたんを見るにつけ、汚れきってる
自分の頭を再認識してしまうということだろう。

>494
じゃあお兄さんとチャットでもしようかー?

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:14

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< いいよ。夕飯、食べたらね> 496
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:18
>497
アキラたん、今日の夕飯は何かな?(;´Д`)ハァハァ
俺はアキラたんを食べたいよ(;´Д`)ハァハァ

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:27
んー惜しいかなアキラたん。
お父さんのパソコンはたしかマックじゃなかったかな?

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:38
アキラたんはPCに夢中なのだな(*´Д`*)可愛い
442にさらわれないように気をつけるんだぞ!(w

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:49
夏のせいか?心も体もざわつく。ああ、アキラ(;´Д`)ハァハァ
上目遣いでオレのをしゃぶるお前がちらついて何も手につかん。
デリヘル妄想の弊害。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 20:55
>501
出せだせ。出すもんどんどん出しちまえ。
そんでここにもいっぱい吐き出せ。
研究会も言ってたが、犯罪防止の一環を担う塔矢スレ(W
捕まんなよ。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:13

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< マカロニサラダとウナギとキンピラ>497
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:15

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< 緒方君から借りてたのはマックだね> 499
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:17


  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< その点、ネットは安心てお母さんが言ってたよ。>500
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:17
おお、精力つけてんなー>ウナギ
アキラたんが名古屋に行ったとき、きっと櫃まぶしを食べたと思って、
俺も食いに行ったんだぜ。櫃まぶし。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:18

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< 赤福氷も食べたよ。>506
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:24
アキラタン、赤福氷ってなんだ?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:26

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< かき氷の中に伊勢名物の赤福餅が入ってるんだ。>508
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:27
それは知らないな。アカフクコオリって読むのか?
アキラたん、ヒカルたんのことを考えながらいろんなもの食ったんだなー。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:31

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< いつか進藤と食べにいきたいな。>510
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:35
さすが塔矢家。食ってるもんが違うなあ。
アキラたん、食べてすぐ横になると牛さんになっちゃうぞぅ。
おじさん半分牛になっちゃターヨアキラたん、風呂まだか?
おじさんと一緒に入ろーよ(;´Д`)ハァハァ

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:39
ハハ、アキラたんパソコンの前ではちょっと大胆だな。
進藤を食べに行きたいなんて……なハァハァハァ(;´Д`)

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:40

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< お母さんか、お風呂はいりなさいって。
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \ ボク、もう一人では入れるんだよ。またね〜。>512
 (,  |\||  VAIO   |   \______________
     '\,,|==========| 

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:43

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚Δ゚)|| _カタ_ _< ボクそんなこと言ってないよ…。>513
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:44
>514
ア、アキラたんっ、いっしょに〜〜〜!ハァハァハァハァ(;´Д`)

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 21:46

  |||~|||||ヽ   カタ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,|_(*゚ワ゚)|| _カタ_ _< ボクは進藤と対局したいだけなの。
  ./ つ_|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| \_____________
 (,  |\||  VAIO   |
     '\,,|==========|

518 :のんびり屋:02/07/26 21:53
 耳を澄ますと、お父さんの控えめな足音がどんどん小さくなっていきます。
 アキラくんの身体が冷え切っていたせいか、緒方さんのお布団の中は信じられないほどに暖か
でした。
 お父さんに言われたとおりに、アキラくんはごそごそとお布団のトンネルを潜っていきます。
「あったかーいね。ほんとあったか〜い、ねぇ」
 アキラくんはブツブツ独り言を言いながら、緒方さんのシャツにタッチしました。ぐっすり
眠っているらしい緒方さんの背中はとてもぽかぽかしています。アキラくんは両手両足で緒方
さんの背中におサルのようにしがみつくと、両方のほっぺたをこすりつけてうっとりしました。
「ぽかぽかしてるねぇ……」
 緒方さんの背中はちっともふかふかではありませんが、その暖かさはまるで、お日さまをいっ
ぱいに浴びたお布団のようです。
 アキラくんはしばらくうっとりしたあと、ほっぺたを真っ赤にしながら、緒方さんの身体を
軸にして枕上を目指しました。
 お布団の中にずっと潜っていると、息苦しくなってくるのです。
 やがて、背を向けて眠っている緒方さんのすぐ隣に顔を出すと、アキラくんは冷たい空気を
お腹いっぱい吸い込んでふうっと吐き出しました。すると、緒方さんの薄茶色の髪の毛がふわ
ふわ揺れます。アキラくんは楽しくなって、深呼吸を繰り返しました。

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:09
キモイな!!何がのんびり屋だよゲロ!!

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:11
のんびり屋さん
       ┏━┓
       ┃  ┃      ┏━━━━━━━┓
 ┏━━┛  ┗━━┓┃              ┃
 ┃              ┃┃  ┏━━━┓  ┃
 ┗━━┓  ┏━━┛┃  ┃      ┃  ┃
 ┏━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                            ┃
 ┗━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━━━━━━━━━┛
       ┃  ┃      ┃  ┃      ┃  ┃
       ┃  ┃      ┗━┛      ┃  ┃
       ┃  ┃                  ┃  ┃
       ┗━┛                  ┗━┛
アキラタ〜〜〜〜〜〜〜ン!ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ(*´Д`*)

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:13
518=520

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:15
・.゚・∴..*.+.: ∴ o *∧∧* o ∴::.。.:*・゜.∴
キタ━━━━━━━━.(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!
∴・.゚.・∴..*.+.:: ∴ o ** o ∴::.。.:*・゜.∴ * o.∴ * o
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚(゚∀゚)゚・*:.。.
思いがけず、早めのうPウレシイぞ!
アキラたんの独り言可愛いなあ(;´Д`)ハァハァ

523 :のんびり屋:02/07/26 22:15
+       +
        +
       +
 ○< ̄\ 
 .   |__)
+ . /|||||||~||
  . |(*゚ー゚)|      + 最近はとんとこんな感じです。
.  ⊂;;;;;;;;;;;つ 
   .(0 ..ノ
    .`(/ ,,,
 ,,, ,
    +

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:16

                 /   /|
                |>>518. | グサッ
              ∵,,|∧_∧| |___
             / ∴(;。∀;;゚)∴ ../|
             | ̄ ⊂**:∴⊃  ̄| |
             |_∴//== |___|/
                //__(_)
               /// //.    | |
                 // |   | |
         ∧_∧  // |   | ;::
        (  ´∀)// "''""''"''"''
        ノ   、つ
       / ∧  // ///
       (_) ヽ(_`)

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:22
>523
カワイすぎるぞっ!ハァハァハァハァ(・∀・;)ハァハァハァハァ
いつも癒されてます。ありがとな!

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:24

       ∧w∧
       (*゚ー゚) ∬   ノンビリ屋サン ニラ茶ヲドウゾ
       /  ⊃旦     エンライサンモ400サンモイカガデス?
     @(__)

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:31

>>1が好きなのは子供 ママはだめよとすがるけど
ボインの君では反則ファイル いたいけな子供が好き
毛も生えそろわない 甘い匂いがする
ロリータ >>518はロリコン
ロリータ >>518はオガアキ大好き同人女

塾まで迎えに行くよ 砂場で遊ぼうよ>>1
暑けりゃ 服を脱ぎなよ >>518は見るだけで満足
ほら触れてごらんよ ピクピク動いてる ハハハハハ
ロリータ 僕>>518はロリコン
ロリータ 禁断の果実

パパママごめんなさい アハン 許して悪い子だよね アハン
だけど 子供が好き

ロリータ 僕>>518はアブノーマル
ロリータ >>518は変質者かもね
ロリータ >>518はロリコン
ロリータ 禁断の果実 (カモン)

♪ ヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノヽ(゚∀゚)ノ   ♪
 ♪ ( へ)  ( へ)  .( へ)  .( へ)  ♪  ♪
  ♪ く    く     く     く

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:33
天使アキラたん
キタ━━━━━ /||||,||ヽ━♪━♪☆||||,||★Akira~★||||,||ヽ━♪━☆||||,||ヽ━━━━☆
☆☆━━━━l_( ;゚−゚)_|━♪━|_(゚。゚)_|━♪━l_( ;゚〇゚)_|━♪━l_( ;゚×゚)_|━━━━!!!
俺もアキラたんの冷たいホッペスリスリされたいぞぉぉぉぉぉ!(*´Д`*)ハァハァ
プクプクしたホッペとチェリーの唇のアキラたん
一生大切に守りたい(*´Д`*)アキラたぁぁぁぁぁぁん!

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:39
いよいよ最終段階に突入ですね……マターリ マターリ♪
|_|_|_|_|_||::::::::::::     ;||_|_|_|_|_||_|_|_
|            ||::::::    .;' ||            ||
|______||:: ∩_∩ 一息つきましょうかね____
 / / / / / / / / (´ー`) / / / / / / / / / / / / / / / /
./ / / / / / / / /(~旦⊂)/ / / / / / / / / / / / / / / /
============== (´ (´ノ ==========================
  | |::::    / (__(___) /|      | |::::
           | ̄ ̄ ̄ ̄|/:::

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:41
>523
アキラたん、もしかして白いタイツをはいてるのか?
そういえば幼稚園の時うさぎ役で白いタイツ履かされたぞ(w

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:46
┐(´ー`)┌

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:51
>523
クリスマス小アキラたんだっ!(*´Д`*)ハァハァ
抱きしめて♪くちづけて♪あの星よりも輝く君に〜♪

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 22:53
こちらの住人のようです。引き取ってください。

528 :名無し臭 :02/07/26 22:48
>526
女ですが、何か?
ここはミルミルとキティヲチのときからいましたが、何か?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:20
夏だな…。
アキラたんはあまり荷物を持っていかないけど、
ハンカチはどんなものを持っていってんだ?
ティッシュは持っていくタイプなのか?

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:28

ばぁーーーぶぅぅーーー!!!
                PAPAPAPAPAM!!  ∧
     ノハヽヽ      ;;''"´"'''::;:,,,      ||~|||||,,,,     ,,,;;;'''∵'
    ( +`D´)¬=ー,|━;;    ,,;;;;´"'' '  (;゚∀。;||∵・ζ
    ( oつ几O'~ ̄   ´''::;;;;::'''"´     ⊂  ⊂. ) ζ''':::;;;;,,,∴,
                            /, < <∵∴・:;
                           (_)(__) ズビャビャビャ!!!  

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:30
>534
ああ、夏だな。
アキラこそいろいろ荷物持ってそうに見えるけどな。
ヒカルタイプはポケットにケータイだけで手もジーパンで拭くタイプっぽい。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:32
>>535
ア、アキラたんがそんな……でも(;´Д`)ハァハァ

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:35
>537
こういうのは?
         
         :;:;:
          ::,:  :'
           |~||||:'":'`,;
       ⊂::;: ( ;゚∀'"`,;;.’ グチャッ
         ;:;:::,`:,:'",;,:
          | |"`
          (__∴;,:'"`,;.’‘
     ハデニヤルナヨ  从, ヤッタルヨ
  ∧_∧   ∧_∧゛_, ;:' ズドドドドドドドドドドド!!
 (    )  (    )/l ζ
 (    )  (    □/ ;:.,
 | | |    l ○  l_」''
 (_(__)  (_ノ 〜":::::

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:40
>537
もう何も目に入らないんだろう・・・最終段階だ・・・そっとしといてやろう。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:40
>>538
そんな事ばかりしてると怒られるずぉ!
できるだけこっそりsageで(;´Д`)ハァハァ
するように。逮捕されるずぉ!

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:42
>539
ああ、最終段階だな。
最愛の人を自分の手にかけて殺し、そしてその血肉を啜る…。
俺は愛でて愛していい気持ちにさせてやりたいけどな

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:43
>540
それも奴の選んだ道。
俺たちは心静かにしてりゃいい。
しかし体は禿げしくアキラタンハァハァ(;´Д`)

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:48
>541
しかし最愛の人を自分の手にかけてっつーフレーズなんかキタんだが、
よく映画なんかで究極の愛みたいに書かれることないか?永遠に自分のものにするみたいな。
まあ、片方のエゴなんだろうけど。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:54
>>543
奴の気持ちはわかるぞ。好きな人をボロボロにするのは興奮するしな。
まあアキラにとっては迷惑このうえない話だろうけど。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:55
めちゃくちゃエゴだろうよー。>543

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:57
究極の状態に突入した場合、アキラタンに言われるなら
どっちがいい?

@「こんなこと...楽しいですか」
A「あなたが良ければ...いい」

漏れ@!

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:58
確かにエゴ。アキラたんこんなのでスマソ(;´Д`)ハァハァ

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/26 23:59
>>546
(;´Д`)ハァハァ@!

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:02
>546
つうかアキラは2は言わねえだろ?
でもどうかな?あなたとなら堕ちてもイイ感覚で2言われたらメロメロだ(*´Д`*)ハァハァ

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:03
>546
いいいいい@!
@が醒めた冷たい目なんだろ? 少年王のそれなんだろ?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:04
あーでも、裏失アキラたんはAかもな〜。
困るなあ。どっちもいいな。
アキラたん相手ならもう何でもいいって感じだ。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:07
>550
状況としてはアキラたんはもう俺に覚めてるわけよ。
んでキレた俺が死なばもろとも覚悟でアキラに……そこで残酷なほど冷たい目で
言われるわけだ。
なんかゾクゾクするな〜(;´Д`)ハァハァ・・・俺、マゾかもしんねえ(w

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:09
>551
ああ、裏失アキラたんは2っぽいな。
緒方とどこまでも堕ちていきそうな。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 00:36
のんびり屋さんキテタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
アキラのフェラ妄想でドドメ色にくすんだオレも、一時心安らかになれる風のようだ。
掛け値なしにカワイイぞ!

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 01:10

ボクハ フジミダゾウッ!
  ワアイッ!
ラジオタイソウハ カラダニイインダヨッ!
  ||||||'|| iヽ 
...,||(^ヮ^*)_| ピッ!
 ⊂|⊂ |
  ⊂,,ノ
   ,,∪  

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 01:32
>552 「もう覚めてる」って事はそれ以前があるってことかよ。図々しいな(w
オレの希望は両方だ。


「こんな事…楽しいんですか…?」
アキラの黒い瞳が冷たく、オレを見返した。
その瞳には以前の情熱の欠片も見られない。
ただ、残酷なまでに冷ややかな視線でオレを見ていた。
それなのに、オレはその目にゾクゾクする。
オレがおまえを殺すんじゃない。おまえがオレを殺すんだ。
その、冷たい瞳で。オレに突き刺さるように冷たく光る、その瞳で。
その瞳の光を、オレが今、消そうとしているのか。
オレはアキラの首を抑えた手に力を込めた。
「くっ…」
苦しそうな声が漏れる。
「あ…なたが、こんな、ひとだった、なんて…」
アキラの白い細い喉にオレの手が食い込む。
「…望む、なら、そう、すれば…いい。一度は…」
やめろ。言うな。それ以上言うな。
「一度は…愛した、あなた、だから…」
―アキラ!
オレは声に出さずに大きく彼の名を呼んだ。
アキラ、アキラ、アキラ…

オレは…、オレは、なんて事をしてしまったんだ。オレの、アキラ。
オレの眼下に、アキラの白い裸体が横たわっていた。

…妄想が爆走し過ぎだ…スマソ…本当に殺したい訳じゃねぇんだよ、アキラたん…

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 01:51
>556
おまえこそ相当ずうずうしいぞ(w
映画とかで殺しちまうのも大抵相手が離れていっちまうのが原因だよな。
だがやっぱりエゴだよな。
相手の幸せより自分の想いを取るってことだからな。
それだけ狂わせてくれる相手もなかなかいないが・・・アキラたんハァハァ(;´Д`)

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 02:10
┐(´ー`)┌

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 02:13
>558
批判要望出してきました。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 02:44
アニメキャラをデフォルメ幼児化させ、かつ性欲の対象としてえがいている
スレの内容を持つ。趣味一般板として妥当なのか?
批判要望にかけこむ前に、まず己を振り返ることが先じゃないだろうか。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 02:48
>560
アホ。2ちゃんのスレ十分許容範囲の内容だ。
大人しく規制されとけ。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 03:03
なんか、無性に兄貴と話したいぜ。
兄貴、また熱帯魚買いに言ってるのか?
戻ったら、土産話でも聞かせてくれ。

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 03:45
(゚Д゚)ハァ?

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 03:45
>>555
いいな〜アキラたん(*´Д`*)ハァハァ
>>554 >>556
ワラタ

565 :不死身の少年王:02/07/27 04:41
>556 許せ……。


「……ふうっ!」
絞殺されたはずのアキラ王が、むっくりと起き上がった。
「首に痕がついちゃったじゃないか。まったくもう!ボクの白い肌が……レッドに見られたら、
なんて言おう……」
アキラ王は文句を言いながら、首を左右にコキコキ捻り始めた。
その姿を、556は呆然として見つめていた。
予期せぬ事態に顔はすっかり青ざめ、全身が(((((;゚Д゚)))))ガクガクブルブル激しく震えていた。

アキラ王は556を一瞥すると、ゆっくりと立ち上がった。
額に浮かんだ汗を手の甲で拭いながら、慌てて駆けつけた可憐な執事・座間を睨みつけた。
「遅いっ!それでも執事かっ!?恥を知れっ!!」
座間は一糸纏わぬアキラ王の肩にマントをかけると、激しく叱咤する王の足元に跪き、
深々と頭を垂れた。
「……も…申し訳ございません、アキラ王。執事座間、一生の不覚にございます……」
「556の公開処刑を行うぞ。異存はあるまいな?この者を引っ捕らえて処刑場へ連行しろ!」
座間が驚いて顔を上げると、そこにはアキラ王の股間があった。
アキラ王は、頬を染める座間に動じることなく平然と仁王立ちしていた。

566 :不死身の少年王:02/07/27 04:43
座間は軽く咳払いすると、伏し目がちに口を開いた。
「公開処刑でございますか?……ということは、アキラ王……アレを用意せよと仰せで?」
「そうだ。ボクはシャワーを浴びてくる。それまでにコスチュームと道具を用意しておけ。
道具はオガタンにチューンアップさせておけよ。フフ……この不心得者は、ボクが直々に
冥土へ送ってやろう」
「ははっ!王の仰せのままに……」
アキラ王は冷ややかな笑みを浮かべて頷くと、マントを翻し、その場から去っていった。

公開処刑場には大勢の民が集まり、刑の執行を今や遅しと待ち侘びていた。
「公開処刑とくりゃ、アレだよな?」
「そうだよ、アレだ!アキラ王のアレはハンパじゃなくセクスィーだってもっぱらの噂だぜ!
オレは今日初めて見るんだ。もう興奮しまくりさハァハァハァハァ(;´Д`)」
「そうそう滅多に拝めるモンじゃねェ!目玉かっぽじって、よォく見ておかねェとなハァハァ(*´Д`*)」
民の期待が集まる中、アキラ王が颯爽と現れた。
「キタ━━━━━━━━.(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!」
民の歓喜の声が処刑場にこだました。

567 :不死身の少年王:02/07/27 04:48
アキラ王は、何故かセーラー服姿だった。
その手には機関銃を携えていた。
「この『M3A1』を使うのも久々だな……フフ、腕が鳴る」
舌舐めずりしながら、アキラ王はさも嬉しそうに呟いた。
壁を背に立つ556を見据えるその瞳は、獰猛な肉食獣のそれだった。

「死ぬ前に何か言いたいことはあるか、556?」
機関銃を構え556に照準を合わせると、アキラ王は尋ねた。
556は待ち受ける死の恐怖に失禁しながらも、なんとか声を絞り出した。
「アキラ……オマエを愛していた……。いや違う。今も、そしてこれからも、オレは未来永劫
オマエだけを愛し続けて……それなのに……」
「これからも?未来永劫?ボクは予言者じゃない。未来に何が起こるかなんて、わかるとでも
思っているのか?そんな戯言に付き合う気はない」
抑揚のない低い声でそう言い放つと、アキラ王は静かにトリガーを引いた。
「サヨナラ……ボクの556」
小声で呟いたアキラ王の口元を切なげに見つめていた556は、断末魔の叫びを残し、無残にも
その場に崩れ落ちた。
「……カ・イ・カ・ン……」
飛び散った薬莢が顔を掠めていたのだろう。
頬にうっすらと血を滲ませるアキラ王は、うっすらと笑みを浮かべ、「ふうっ」と熱い溜息をついた。

568 :不死身の少年王:02/07/27 04:51
「……アキラ王、オ、オレも殺してくれハァハァハァハァ(;´Д`)!」
「い、いや…まず、その格好のまま満員電車痴漢プレイを……ハァハァハァハァ(*´Д`*)。
その後なら、アキラ王の『カイカン』のためにこの身を捧げるぜ!!」
「ダメだッ!とにかくセーラー服デリヘルだハァハァハァハァハァハァハァハァ!!」
酸欠寸前の民の声など、快感の余韻に浸る恍惚状態のアキラ王の耳に届くはずもなかった。

「…アキラ王……私の最期も是非それで…ハァハァハァハァ(;´Д`)」
蜂の巣となった556の遺体を淡々と処理しながら、座間はあらぬ妄想に身を捩り、
でっぷりとついた下腹の肉を可憐にプルンと震わせるのだった。

      
  -了-

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 04:55
       ┏━┓
       ┃  ┃      ┏━━━━━━━┓
 ┏━━┛  ┗━━┓┃              ┃
 ┃              ┃┃  ┏━━━┓  ┃
 ┗━━┓  ┏━━┛┃  ┃      ┃  ┃
 ┏━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                            ┃
 ┗━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━━━━━━━━━┛
       ┃  ┃      ┃  ┃      ┃  ┃
       ┃  ┃      ┗━┛      ┃  ┃
       ┃  ┃                  ┃  ┃
       ┗━┛                  ┗━┛
待ってました少年王!
やってくれるじゃねーかよ、おい(w
仁王立ちのアキラタンの股間ハァハァ(;´Д`)

570 :565:02/07/27 04:58
アキラたんに機関銃を連射させてみたかったんだよ!
「カ・イ・カ・ン」と言わせてみたかったんだよ!
セーラー服は……この場合のお約束なんだよ!

>556よ、他意はないんだ、スマン。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:01
不死身の少年王キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
セーラー服と機関銃じゃん(w
わかる奴何人いるだろ?
アキラカッコエエなあ(;´Д`)ハァハァ惚れ惚れする。
556も本望だろう。

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:06
しっとりしたアキラもいいけど、少年王のどこか天然で、残酷な天使という
風情もたまらんのだよハァハァ(;´Д`)
ちちゃーいアキラたんに通じる部分があるな。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:11
こんな時間に一人でごくろうさん

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:16
♪さっよっならっは別れ〜の言葉じゃなくて〜♪
♪再びっ会う日までの長い約束〜♪
だっけ? ま、とにかく!

キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(。  )━(A。 )━(。A。)━━━!!!!!
少年王、待ってたよ!
他の職人さんたちも待ってるんだからなぁぁぁぁぁぁぁ!
いたいけな俺たちのこと、忘れないでくれよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:30
>574
いたいけか?(W
アキラタンに関してはいたいけにもエロガッパにもなれるオレたちってことで
職人さんオレも待ってるぞ!

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:33
>>556
きた・・・・・
俺的にはズシっときたぜ イイ(゚∀゚)!!!
しかも其の後に少年王w
朝から愉快だな

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:37
腹を空かしたひよこのように、職人さんを待ってる
俺たちは間違いなくいたいけではないかと。

  / ̄ ヽ
  |^◇^ ヽ   「いたいけ」
 (     )  
  ''ゝ'''ゝ´

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:39
なんかやっぱここって年寄り多いのか?(W

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:43


 ヽ /|||||||~|| /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |(*゚ー゚)| <  早起きは、ラジオ体操のためだよ
   | . . |   \__________
  ⊂______ |
      ∪

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:44
578はなぜ大文字のWを使うのだろう。
もしかして、大笑いって意味か?

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 05:55
>580
打つと最初にくるのが大文字なんだよ。あまり意識してなかったな。
大笑いの時に使う・・・それもいいな。
不死身のアキラタン、今日も完ぺきなラジオ体操頑張ってくれよ〜(;´Д`)ハァハァ

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 08:11
(w のwがwarai の頭文字だと最近知った・・(;´Д`) 

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 08:37
>579
アキラたん…。お腹のところにある点々はもしかしなくてもピンク色の突起ですか?

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 10:31
のんびり屋さんの小説は隔離一健全だと思うわけ。それを「性愛の対象」と
言ってるのは荒らしだけなんだよなー。荒らしの心の中ではあの話が
性愛の対象になってんだなと思うと(w




( ´,_ゝ`)プッ

585 :556:02/07/27 10:35
あ、ありがとうよ…>不死身の少年王
オレ観に行ったぜ、「セーラー服と機関銃」。ああ、年寄りだとも(w

アキラたんに機関銃ぶっ放されたら…嬉しいじゃねぇか。そんな風に死ねたら本望だぜ。
「サヨナラ……ボクの556」この台詞だけで、もう死んでも良い、そう思うよ。

機関銃じゃなかったと思うが「俺達に明日はない」的な死に方もカッコイイよな。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 10:46
のんびり屋さんと少年王キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
ブツブツ独り言を言ったり、うっとりしるアキラタンの可愛いこと、どうしてくれようか!(;´Д`)ハァハァ
サンタの格好も可愛すぎて子供が欲しくなっちまったよ(w
不死身少年王、機関銃ぶっ放すアキラタンに痺れたぜぇ!
残酷だけど魅力ある・・・しかもセーラー服かよ…俺もアキラに見つめられながら殺されてぇ

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 10:52
>585
正直羨ましいぞ!

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 11:21
>584
荒らしは風邪っぴき小アキラたんで抜いてるんだな。
そこには奴なりの深い愛があるんだよ。

俺はもちろん健全もほのぼのもエローも大好きさ!
んでもってやっぱり少年王イイ!!! 時事ネタって笑えるよ。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 11:33
薬莢で顔に血を滲ませるアキラか……Sの魅力爆裂ハァハァ(;´Д`)
SもMもイケル、凛もはにかみもド・淫乱もイケル…アキラたん…!

590 :甘い経験・Part2(1):02/07/27 13:21
「進藤、今日、ボクの部屋に来ない?」
アキラとしては、それは思いきって言ってみた言葉だった。
「おまえんち?ちょっといきなりそれは…だいたい、おまえんちなんて緊張しそうだし…」
「なに、言ってんだよ、ボクの家、じゃなくてボクの部屋。」
よく、わからない、という風にヒカルが首をかしげた。
「アパート、借りてるんだ。」
ヒカルの足が止まった。
「オレ、初めて聞いた。そんな事。」
「進藤…?」
「オレ、何にも知らないんだな、オマエの事。
何にも話してくれないんだな、オマエ。」
「それは…今まで言う機会が無かっただけで、知ってるのは両親くらいだよ。」
まさか、こんな風に言われるとは思ってもいなくて、思い切って言ってみた誘いの言葉が
ヒカルに予想と正反対の態度を取らせたことに、びっくりして、がっかりして、けれどなんとか
ヒカルをなだめようとして、彼を見た。
ヒカルはぷい、と頬を膨らませて、横を向いていた。
「進藤、怒ってるの?」
いつもはヒカルのどんな表情も可愛いと思うのに、今日はただ、悲しかった。
「ボクの部屋には来てくれない?」
つまらない事で拗ねているのは、ヒカルにもわかっていた。
それに、アキラが自分の事を話してくれなかったのは悲しいけれど、それ以上に、今のアキラ
は悲しそうな顔をしていたので、ヒカルは黙って首を振って、
「ごめん。」
と小さく呟いた。

591 :甘い経験・Part2(2):02/07/27 13:21
「上がって。何にもない部屋だけど。」
黙ったままヒカルは靴を脱ぎ、部屋に上がり、中を見回した。
殺風景な、何も無い部屋。
室内がきれいに片付けられているせいだろうか。
几帳面なアキラらしいとは言えるだろうが、どことなく、寂しさを感じさせるような部屋だった。
例えば、和谷の部屋は、同じような(もうちょっとここよりも狭いけれど)一人暮らし用の部屋
だったけれど、もっと雑然としていて、こんな風に「空っぽだ」という印象は受けなかった。
「進藤、まだ、怒ってる?」
アキラがそっと背後からヒカルの身体を抱いた。
「ここに、来たのはキミだけだ、進藤…。」
「おまえ、寂しくないのか?こんな何も無い部屋で。」
思わずそんな言葉がヒカルの口からこぼれた。
寂しかった。独りで。寂しかったからこそ、何もないこの部屋が安心できた。
でも―今は、違う。
「だって…今は、キミがここにいるじゃないか。」
ヒカルの頭に頬を寄せてそう呟いた。
キミがここに来てくれることがあるなんて、思わなかった。
この部屋で、キミと二人でいるなんて、そんな事があるなんて、到底思わなかった。
あの時はボクはずっと一人だと思っていたから。
ヒカルの身体に廻した腕に力がこもった。ヒカルの手がそっとその手に添えられた。
その温かさが、嬉しかった。

592 :甘い経験・Part2(3):02/07/27 13:22
「今、キミがここにいるのがどんなに嬉しいか、わかる?」
アキラがこの殺風景な部屋で、どんな思いを抱えていたのかはわからない。
けれど、今のアキラの言葉には嘘がない事だけはわかった。
そういう風に言ってもらえてオレがどんなに嬉しいのか、おまえはわかってるのか、塔矢?
身体に廻された手をそっとほどいて、向き直る。
不安そうな目で、アキラがヒカルを見ていた。
どうして、そんな不安そうな顔をしているんだ、塔矢?オレがここにいるのに。
そっと手を伸ばしてアキラの顔に触れた。
それから、目を閉じて、そっと、アキラの唇に触れた。
自分からキスするのは2度目だった。
何度も触れた唇なのに、身体が震えた。
アキラの唇は柔らかくて、甘い香りがするような気がした。
同じ唇なのに、触れられるのと、自分から触れるのとは全然違うような気がした。
「塔矢…、」
「なに、進藤…?」
「オレ…おまえの事、抱きたい……いい?」
「いいよ。」
思い切って言ってみたのにあっさりと返事をされて、何だか急に腹立たしく感じてしまった。
いいよ、と言われて嬉しいはずなのに。
なんだか悔しい。
だから、つい、拗ねたような事を言ってしまった。
「…おまえ、わかって返事してんのかよ?」
「なに、怒ってるんだよ?やだって言ったほうが良かったのか?
前にも言ったろ。キミだったら嬉しいって。」
なんでこんなになっちまったんだろう。
さっきまでの甘い空気がどこかへ行ってしまったようで、自分の不甲斐なさが情けなくて、
アキラの肩をぐいと引き離した。

593 :甘い経験・Part2(4):02/07/27 13:23
「進藤?」
「おまえ、ズルイよ。
ズルイよ、塔矢。いっつもおまえばっかり余裕でさ。
オレがおろおろしたり、ドキドキしてたりしても、平気な顔してさ。
ズルイよ。」
「そんな風に思ってたの?そんなに平気そうに見えるんだ?
そんなに、ボクが平気だと思ってたのか?キミは。」
ある意味、ヒカルの言っていることは正しかった。
相手が恋焦がれたヒカルであることにときめきはしても、やはり情事に対する一種の慣れの
ようなものがある事は事実で、だがその事をアキラが哀しく感じてしまっているという事を、
ヒカルは知らないだろう。いや、しかし、その事には決して気付いて欲しくはない。
以前あった事を悔やみはしない。忘れられるとも思っていない。
けれど時々こうやって小さな後ろめたさを感じてしまう事が悲しい。
「…ごめん。」
そう言って、アキラはヒカルの顔から目をそらし、ヒカルに背を向けた。
平気なことが辛いなんて、言えない。
「塔矢…」
なんでだかはわからない。
でもなんだかアキラの背中が泣いているようで、ヒカルはその背を抱きしめた。
「塔矢、ごめん…」
背中からつたわってくる体温が、まわされた腕に込められた力が、重なって感じられる胸の
鼓動が、心地良い。心地良くて、けれど悲しくて、アキラは涙がこぼれそうになった。
「進藤…」
静かな声で、アキラがヒカルに呼びかけた。
「…進藤、カーテン閉めて、電気消して…?」

594 :甘い経験・Part2(5):02/07/27 13:24
その呼びかけにヒカルは、ぎゅっと腕に力を込めアキラを抱きしめてから、そっとアキラから
離れて、言われた通りに外界とこの部屋とを遮断し、灯りを消す。
振りかえると、薄暗がりの中、アキラはベッドに腰掛けていて、ヒカルに小さく微笑みかけた。
ヒカルが近づいていくと、アキラがヒカルに向かって手を伸ばした。
そしてヒカルの顔を引き寄せてくちづけると、そのままベッドに引き倒した。
パサリ、とアキラの黒髪が白いシーツの上に広がった。
アキラの上に倒れ込む形になってヒカルはアキラに体重をかけ過ぎないように気をつけながら、
アキラを味わった。

切なげな眼差しで、アキラがヒカルを見上げている。
「進藤…好きだ…」
ヒカルにはアキラの心の動きはわからない。
わからないけれど、なにか、その眼差しがヒカルの心を射た。
最近では、いつも自信満々、悠然としたアキラに慣れてしまったヒカルは、突然目にした
アキラの頼りなさげな表情に胸が痛んだ。
ちらりと黒い影が胸をかすめる。ヒカルは首を振って、その影を追い払った。
知らない。おまえなんか、知らない。今、ここにいるのは、オレと、塔矢と、二人だけだ。

595 :甘い経験・Part2(4) :02/07/27 13:24
「進藤?」
「おまえ、ズルイよ。
ズルイよ、塔矢。いっつもおまえばっかり余裕でさ。
オレがおろおろしたり、ドキドキしてたりしても、平気な顔してさ。
ズルイよ。」
「そんな風に思ってたの?そんなに平気そうに見えるんだ?
そんなに、ボクが平気だと思ってたのか?キミは。」
ある意味、ヒカルの言っていることは正しかった。
相手が恋焦がれたヒカルであることにときめきはしても、やはり情事に対する一種の慣れの
ようなものがある事は事実で、だがその事をアキラが哀しく感じてしまっているという事を、
ヒカルは知らないだろう。いや、しかし、その事には決して気付いて欲しくはない。
以前あった事を悔やみはしない。忘れられるとも思っていない。
けれど時々こうやって小さな後ろめたさを感じてしまう事が悲しい。
「…ごめん。」
そう言って、アキラはヒカルの顔から目をそらし、ヒカルに背を向けた。
平気なことが辛いなんて、言えない。
「塔矢…」
なんでだかはわからない。
でもなんだかアキラの背中が泣いているようで、ヒカルはその背を抱きしめた。
「塔矢、ごめん…」
背中からつたわってくる体温が、まわされた腕に込められた力が、重なって感じられる胸の
鼓動が、心地良い。心地良くて、けれど悲しくて、アキラは涙がこぼれそうになった。
「進藤…」
静かな声で、アキラがヒカルに呼びかけた。
「…進藤、カーテン閉めて、電気消して…?」

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 13:47
甘い経験キタ━━━*♪・・*♪゚゚♪\(*^▽^)/☆\(^▽^*)/ヤタ━━♪・*♪・・*♪:*━━━━!!!!
やっぱりアキラたんは、緒方に何されてるかあんまり解ってなかったんだな。
おぼこいアキラたんハァハァ小アキラたんよりのアキラたんハァハァ

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 13:48
甘い経験キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
アキラたんはアニキにヤラレタことよりもアニキに嫌われたんじゃないかという事を気にしてるわけか。
こんなアキラたんを目の当たりにしてはアニキもお手上げだな(w
まさに根っからのファムファタルと言う感じだ(;´Д`)ハァハァ

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 13:49
いつからアキラたんはアンニュイ淫乱アキラたんになったのだろう?ハァハァ(;´Д`)

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 13:50
甘験キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(。 )━(A。 )━(。A。)━━━!!!!! 
愛を乞うアキラたん……、なんて儚くも美しいんだ。
(;´Д`)ハァハァ

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 13:53
甘経キタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
青春だな。初恋だな。初めての経験だなハァハァ(;´Д`)
オレ初やりの時、彼女が経験有りだったんでなんとなくヒカルたんの
気持ち解るぞ。
愛があればテクニークは後から付いてくる。ガンバレや!

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 18:06
のんびり屋さんのアキラたんよりも小さいころのアキラたんを一日お預かりしてみたい。
保父さんになって、アキラたんにどろどろの粥とかかぼちゃスープとかをふーふーしながら
食べさせてみたい。
薬局でそんなことを考えた俺は、だがしかし夜のためのゴムを買って帰った。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 18:28
>601
ワラタ
理想と現実は違うし(w
だが、今朝からセーラー服デリヘルアキラたんとやることばっか考えてる俺にだってロマンはある。
ちっちゃいアキラたんに夏の星座を教えてみたいとか、釣りを教えてみたいとかな。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 18:43
      ∬∬   チュ-…
     /|||||||~|| 〃ヾ▼    
     |(♯゚ー゚)|(゚ε゚*) ))) 
       | つつ と と )   
       |  |   Y  人  )))
      し`J  (_)`J

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 19:39
このスレ塔「失」愛好会だって今ごろ気づいた...遅い...

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 19:41
>603
アキラタン、頭にローソク二本立ててるように見えるのだが……。
……八墓村?

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 20:20

しょちゅうおみまいもうしあげますっ!
    .,,.    '":::,,,..      O :∵o∞∞o∵:   O
,,,,.. ..,;;;;;;;;iiii;;;,,... ....,,;;"::   O .:∴o      o∴:  O
||iiiiiiiiiiiiiiiiii|||iiiiii;;;;;;,,... ...,":  O :∴8      .8∴  O
||||||||||||||||||||||iiiiiiiiiiiii"",,,...'"::: O :∴o     o ∴: O
!!||||!!!!||||||||||||||||||||||iii;iiii!!!'"  .O ∵:∴∞∞∴:∵ O ,、*
::レ∠ii||||||||||!!!!!!!!ii;;~^''"      O :∵∴∵∴: O    -*
:: /|||||||||||!!!!,,.'''"~"''~          O O O O      -*
: |'''''''""~~''"ハナビ::::::::::::::::::::    *-         -*
: |       キレイダネッ!::::::::::::::: *'" i  i  i "'*
: |          :         *  *  *
iii||,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ハヾ▼トウヤノホウガ キレイダ!
|||ii::::/|||~||||ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::(プ..ヽ"
|||||:::|_(*゚ヮ゚)||::::::::::::::::::::::::::::::::::と´   |つ    :
|||||:::: ノ:::::つ::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::::::|   |
|||||::::((::_,,うつ::○ ̄ ̄ ̄○::::::::U~ U
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 20:28
アニメのアキラたん、ジャケット脱ぐときも髪の毛ゼンゼン乱れないんだな…。
今日はビデオ撮って、コミックスと並行して観てたんだ。
10巻の170ページのかわいいアキラたんは凛々しくなっていたが、
うなじの刈り込み具合は再現されてた。
いやー10巻のアキラたん、キュートシーンが多くていいな。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 20:35
とと、なんだよアキラたんとヒカルたん、2人で碁しながら花火鑑賞か?
どさくさに紛れてヒカルたんがすげえこと言ってるな〜。
お兄さんも混ざりたいけど、邪魔になるかもしれん。
とりあえず花火に祈っておこうか。
かわいい2人に幸あれ!

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 20:39
>606
スゲー可愛い(*´Д`*)
今、外から、ちょうど花火の音が聞こえてる
俺は寂しい独り者。夏祭りにも行かず、こうしてココを見てるんだが・・・
でも、ココでハァハァしてるほうが楽しいやい!

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 21:01
>606
アキラタンはいつもケツをだしてるのう
感心じゃ(*´Д`*)ハァハァ
蚊にさされぬようにな
マターリしてていい夜じゃ

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 21:10
>607
うなじから刈り込みにかけて手を突っ込んでみたくならなかったか?
俺、こういう具合の見るといてもたってもいられない(w
先生と呼んでもらおうか、に青ざめる越智がいいよな。
調教開始って感じで。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 21:27
>604
俺も今気付いた(w
アキラたんに悪い虫がつかないように、ちゃんと検索よけしてんだな

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 21:54
>611
なった。あのミラクルスポットの手触りを堪能してみたい

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 23:42
今日はどこも静かでマターリだな。
久しぶりにこういうのもいいもんだ。
ズブロッカ飲みながら兄貴でも気取るか。
それにしても兄貴、夏休みの取り過ぎはちちゃーいアキラたんと茂人の機嫌を損ねるぞ(w
特にちちゃーいアキラたんは怒らせたら恐そうだ。
アキラたんのムチでたたかれてたいなあ。アキラたんのゾクゾクしてる顔が見たいんだ(;´Д`)ハァハァ

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/27 23:54
>614
本編で出番がないからな…。兄貴
ま、そのうち出てくるだろ。

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 00:19
そうだなあ。ちちゃーいアキラたんも、兄貴も茂人も出てきてくれればいいとは思うな。
3人がそれぞれ楽しんでると見ててこっちも楽しくなるのにさ。
でも、いろいろゴタゴタしたりするのを見ると、やっぱり躊躇したりするのかもな…。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 00:57
しかしこのスレ、ほんと年寄り多いな(w
「セーラー服と機関銃」に「八墓村」かよ。
俺は絵掲のデリヘルアキラ見て「スーパーリアルマージャンPV」のミキちゃん
思い出しちまったよ。
そうだ、アキラたんと脱ぎ麻雀ってのもいいな(w
碁じゃ勝てねぇが麻雀ならなんとかなるかも。
俺の前で一枚一枚脱いでいくアキラたん(;´Д`)ハァハァ

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 01:31
八墓村といえば、アキラタンは横溝系の雰囲気に合いそうだ。
おどろおどろしい世界の主人公で男達を狂わせる宿命を持つとか
呪われてるとか。旧家の跡取りで双子(w 
なぜか兄弟でファックしたりするんだよなハァハァ(;´Д`)
吸魔もアキラタンにピッタリだった。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 08:37
ゆうべは小説来なかったのか、残念。
口開けて待ってるぞ。おながいします。
>618
妖しいとか毒とか影がアキラたんには似合うよな。
それが近づきがたい所以でもあるが、惹き付けられる所以でもあるハァハァ(;´Д`)

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 08:55
( ´,_ゝ`)プッ

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 09:01
漫画サロンのアキラスレに、毛が無いアキラ話を延々と続けないでください。おながいします。

ペド好きなのはわかりますが、あちらでもアピールされては迷惑です。

ついでにモウしますと、ネタバレスレで塔矢家の食事事情の妄想トークを繰り広げられるのも

キモイっす。浮いているので、ここから出てこないでください。

あまりにもオイタが過ぎるようでしたら、本スレからこちらの隔離へ誘導URLを今度から貼らせてもらいます。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 09:11
>606
そんな格好だと腹こわすぞアキラタン(w
誰かセーラー服と機関銃アキラ描いてくれハァハァ(;´Д`)

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 10:26
プチ住人、いろんなスレにマルチポストしてんじゃねーよ(呆

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 10:26
横溝の舞台背景というか時代?は合う気がしる。
昭和?明治?

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:19
アキラってキャラ自体、平成では浮いてるからな(w
大正とか昭和初期の方がハマるかもしれん。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:31
格好的にそうだもんな。
書生とかでもはまりそう。
でも金持ち(没落中でも栄えててもいいが成り金はパス)の息子で、
大人しく、それでいて清廉な少年。
庭師や運転手の好奇な目に曝されながらも凛として生きていくアキラたん。。。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:37
>626
そういうのも読んでみたいな。
パラレルっていうのか?

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:41
>626
没落貴族で家の為に成金息子に体を売るとかはどうだ?ァハァハァハァ(;´Д`)

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:42
>627
パラレルなのかもしれんな。
自分じゃ書けないから誰か職人さんに拾ってもらえないだろうか…と甘えてみる。
金持ちの息子なのに誰にでも優しいんだと思うな。
持碁のときの表紙のように、小さい子にも優しく微笑んだりする(大正時代の)アキラたん。
しかし大正時代ならもう今はお亡くなりになってるか相当なご高齢になってるんだなあ。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 11:49
>628
その成り金息子に越智か?
親戚筋に緒方。こいつも何かと融資を持ち出しアキラたんを狙ってる。
庭師はなんとなく加賀。運転手は北島とか。
で、肝心のアキラたんはヒカルたんに淡い恋心を持ってるんだ。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 12:19
同人女ってほんと、パラレル好きだな。801板いけよ。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 12:25
没落して少年売春ってのどうよ?
おきやのショーウィンドウに並ぶアキラたん(;´Д`)ハァハァハァハァ

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 12:34
高い志の為の身売りをキボン。復讐とか。
しかし飢えると妄想も果てがないな(w

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 15:03
んじゃ俺も妄想してみっか。
アキラのためなら命も投げ出せるっつー下僕が北島で、卑怯な手を使ってアキラをものにしようとする上院議員が座間。226にかかわる獅子が社とか加賀
しかしまじで本編出ないと妄想も果てしなくなるな(w
どっちにしても社にはアキラと絡んでほしい。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 15:11
彼女が今日もPS忘れてきた。
いい加減にしやゴルァ!
アキラタンのために彼女が一瞬疎ましく思えた。許してくれ。
愛してるんだけどな。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 15:22
海にきてる。今日はちと寒いな。
ちちゃーいアキラたんみたいのがイパーイいる。素っ裸で海に駆け込むガキまでいる。アキラたんを海に連れてきてみたい。
これからモーテル行く。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 15:26
>636
携帯から書き込んでるのか?
俺、デートのときの携帯は厳禁だって言われたよ。
ホテル逝くのはかまわんが、ここで芹澤がアキラたんにしたようなことは
しちゃあかんぞ。

海で一緒にアキラたん。
クラゲにさされて腫れちゃったところをふーふーしてやりたいな。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 15:27
>629
さびしいこと言うなよ!
がんがってチャレンジしてみろ。
そして新職人誕生に俺を立ち合わせてくれ!
その間に俺は妄想の世界で遊んでるとするか(w

…あ、ああぁ……アキラたん、今日は積極的だな(;´Д`)ハァハァ

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 17:15
>637
彼女に疑われたって奴か? 彼女今シャワー浴びてる。オレは今んとこ大丈夫かな。
いや芹沢には興奮したが、まだクスリ系は使ったことないんだ。
興味はあるんだけどな。
アキラたんみたいな子はなかなかいないな。

640 :研究会:02/07/28 19:07
今出張帰りの東京駅…疲れた。早く帰ってゆっくり小説読みたい。

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 19:26
>640
お疲れさん。小説読むのもいいけど体休ませるのも大事だぞー

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/28 21:28
仕事持ってる人多いんだな。
深夜小説来ねえかな〜。

643 :裏失楽園:02/07/28 22:10
「ボクの味は以前のボクと違いますか?」
 彼の応えを待たずに緒方さんの肩に手を置くと、ボクはまた彼の唇に自分のそれを押し付ける。
口に溜まった唾液を舌で掬うようにして彼の口元へと運んだ。何度かそれを繰り返すと、彼の飛
び出した喉仏がゴクリと動いた。ボクの唾液を嚥下したのだ。
「違っていたとしても、これが今のボクです」
 彼の口元を親指で拭うと、ボクは彼の陰茎に手を伸ばした。ボクや進藤のそれとは太さが明ら
かに違う幹をマイクを持つように握り、先端にそっと口付ける。
 彼が先程使ったローションのせいで、それは人工に作られた苺の味がした。
 馴染みの緒方さんの味は舌先に乗ってこない。緒方さんは少しも滲ませてはいなかったのだ。
 ボクは緒方さんの身体についたローションを舐め取るようにして、味の濃い部分を舌先で強く
擦る。彼が口の中で膨らむのを確かめながら、ボクは片手で自分のベルトに手を伸ばした。
「ボクは進藤のものもこうして舐めました。あなたが教えてくれた全てで、進藤を抱き――」
「――もういい。オレをこれ以上不快にさせないでくれ」
 鋭い舌打ちが聞こえる。以前なら確実に身体を竦ませていたそれを、ボクはどうしてだかやけ
に冷静に受け容れていた。
 もうボクのポジションは崖っぷちにいる。進藤と緒方さんのどちらに対してもだ。

644 :裏失楽園:02/07/28 22:11
 そのことを知っていたからかもしれない。あれほど痛かった鳩尾の痛みも、頭に鳴り響いてい
た耳鳴りも、こめかみを圧迫していた心臓の鼓動も気にならなくなっていた。
 ボクはようやく片手でベルトのバックルを外しすと、今度はボタンに指をかける。
「もう、緒方さんしか知らなかった頃には戻れないんです」
 ボクは進藤が欲しかった。ライバルとしてでも……友情でも愛情でも良かった。あの太陽の強
烈なそれに似た光を、ボクは傍に置いておきたいと願ったのだ。
 しかし、ボクが彼のところにまで行くのは、何も知らなかった頃に戻るのは無理だった。
「彼をボクと同じ場所へ堕としてやりたかったんです。だから進藤を抱いて……でも、ボクはあ
なたとも離れられない」
 早くしなければ進藤が帰ってきてしまう、その思いがボクを更に焦らせた。
 ボクは唇を湿らせると喉の奥へと彼を呑み込み口蓋と舌で彼を愛撫し、空いた両手でボタンを
外した。
「フ…ン、強欲だな」
 ジッパーを下ろすと、スラックスと下着を一緒に掴んで引き摺り下ろす。
「これが、ボクなんです」
 そうだ、ボクは強欲なのだ。緒方さんが知らなかっただけで。
「……あなたしか知らなかったころと、今のボクが違うというのなら、いっそ慣れてください」

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 00:47
裏失キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(。  )━(A。 )━(。A。)━━━!!!!!
強欲なアキラたん(・∀・)イイ!!
(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァ

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 00:56
あげちまった、スンマソン

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 00:58
ログ流したほうがいいのかな

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 01:52
>645
いや、たぶんあげてくれたおかげでここにこれた。
お気に入りからは今も入れない。

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:03
裏失
        ∧_∧
キタ━━━∧(  ゚∀゚)━━━━━!!!!
      ( ⊂    ⊃
      ( つ ノ ノ
     |(__)_)
      (__)_)
おフェラアキラキタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
馴染みの兄貴の味って、アキラたんハァハァ(;´Д`)舌に馴染むほど、舐めてたんかいな?
オレのものどの奥までしゃぶってくれやハァハァハァアキラたんよ〜ハァハァ(;´Д`)

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:04
dドル?

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:09
裏失楽園

            ▼〃ヾ  /|||~||ヽ ▼〃ヾ  /|||~||ヽ
            (゚▽゚) |(゚ー゚)| . (゚▽゚) |(゚ー゚)|
    キ〜〜     |〜 |〜 |〜 |〜  |〜 |〜 |〜 |〜   タ〜〜〜!!!!!
            ノノノノハ ノノノノハ  ノノノノハ ノノノノハ
              | |     | |     | |     | |

魔境からコピペ。
ズレ修正したけど、どーかな。

凛とした棋士のアキラと手馴れたアキラの淫蕩な魅力にフラフラさ。
フラフラフラフラフラダンス〜〜

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:09
>650
鯖越智か?
こっちからは入れるが、オレもしばらく気づかなかった。
上位10以下はこっちからもまだ入れないみたいだな。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:13
>651
カワエエじゃねえかハァハァ(;´Д`)
フラダンスアキラたん。
おかっぱに花飾ってみたらどうだ?もっとカワイクなるんじゃね?

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:30
やっと繋がった……と思ったら裏失キテタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
情熱的じゃないかアキラタン(*´Д`*)ハァハァ
ほのかに3pの予感

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:31

            ▼〃ヾ  /|||~||*
            (゚▽゚) |(゚ー゚)|    花飾りね…
             |〜 |〜 |〜 |〜     
            ノノノノハ ノノノノハ  
              | |     | |   

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:35
>655
可愛すぎだ(*´Д`*)ハァハァ
俺の嫁になれ!

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:48

       /|||~||*
      |(゚Δ゚)|    やなこった…
       (|  |)     
      ノノノノハ  
        | ||   

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:51
研究会、乙!ゆっくり体休めてくれ。
アキラタンの大胆どエッチな夢みれるといいな(w
やっぱフェラはいいよな〜ハァハァ(;´Д`)

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:52
ズレタンデ、ヤリナオシ。

       /|||~||*    >656
      |(゚△゚)|    僕は誰のものでもない…!
       (|  |)     
      ノノノノハ  
        | |  

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:53
>657
アキラタン〜〜〜!そのつれない素振りもそそるんだよな〜(*´Д`*)ハァハァ

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 02:53
>656
二度もふられて哀れなりよ。

662 :657:02/07/29 02:58
いやそんなつもりじゃなかったんだが。
656、スマソ(w

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 03:05
>662
いや、アキラタンになら罵倒されたい蹴られたい(w
二度も俺のほう見てもらえて幸せ。
そういう態度とられるとますます追っかけたくなっちゃうんだずぉ
アキラタ〜ン(*´Д`*)ハァハァ

664 :研究会:02/07/29 03:53
かちゅで書き込めなかった…。
とにかくエンライさんお疲れさん。いろいろ伝えたい事はあるけどまた明日にでも。
とりあえず今夜はいろんなアキラで眠れそう。ってか夢で逢いたいぜアキラ。兄貴にも。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 05:34
研究会は、鬼灯まだ読んでなかったんだな。
出張、おつかれさん。

出張と言えば、タイトル戦の地方手合いも出張みたいなもんだよな。
新幹線の個室Hなんてどうだろう。
たまたま同じ新幹線に乗り合わせたアキラ、桑原本因坊が個室だと聞き、
挨拶に行く。そこで手足を縛られて、あーんなことやこーんなことを。
(;´Д`)ハァハァ 様々なシチュで乱れるアキラが見たい。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 07:11
もう家を出る俺。
昨日はここ見られなくてがっかりだったよ。
裏失たん、そろそろ濡れ場だな(;´Д`)ハァハァ

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 14:09
昨日3時過ぎまで見れなかったんだな。
と裏失キテタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
自分から舐めに入るアキラたんハァハァ(;´Д`)
「進藤のも舐めました」なんてよー
オレのも頼むよアキラたん

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 16:32
   いっしょにおかしをたべませんか?
          ∧_∧ ■
           (・ω・)丿 ッパ
.         ノ/  /
         ノ ̄ゝ
                      ||||||'||ヽ
                    ...,||(゚ヮ゚*)| ヒカルノブンモアル?
                    .⊂|____U_》
                      |__|__|
                      .U U


ズレテモユルセ

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 16:38
   

      /||"||||ヽ〃ヾ▼  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ||(*^ー^)*゚Д゚) < お菓子はもらってやるけど、アキラはやんね―ぞ      
       | つと. |    \__________  
        |  ⊂__) ..                  ゛■ ∧_∧ ■″  
       し'`J                     ッパ ヽ(^ω^ )ノ ッパ     
                                   . |  |
                                    / ̄.\   

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 16:48
>669
なにげにエキベンじゃねーかハァハァ(;´Д`)
ここのAA楽しいな。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 18:18
夜、帰ったらここに繋げなくなってたんで焦った(w
裏失ついに3Pか?ハァハァ(;´Д`)
ここに載っけてくれる職人さん達ありがとう。まじで感謝します。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:09
>>639
それ、たぶん俺だ。
浮気なんてしてねーよ。アキラタンで抜いてるだけじゃねーかとは、さすがに言えない(w
これも浮気になるのか?

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:17
俺なんかなあ、アキラ受で検索したんだぞ。
裏探すの趣味だぞ!(;´Д`)ハァハァ

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:18
俺なんかなあ、アキラ受で検索したんだぞ。
裏探すの趣味だぞ!(;´Д`)ハァハァ

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:18
>668
やっぱアキラタンをつるならお菓子なんだな。かわいい(w

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:18
俺なんかなあ、アキラ受で検索したんだぞ。
裏探すの趣味だぞ!(;´Д`)ハァハァ

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:19
スマン、三回も

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 19:22
>677
コーフンしてるな(w

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 20:49
2ちゃんになれてない厨がいるなぁ

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:02
アキラたん、お父さんにお誕生日おめでとうって伝えていてくれよ。
今日はみんなでケーキでも食べたのかな。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:19
       ../|||~||||ヽ
      .. |(*゚ー゚).|ρ    オトウサン オタンジョウビ オメデト〜!
         U  つ
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /    | | |      \
  /   .  |~~~~~~|      \
/    .  |~~~~~~~~|      \

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:31
>681
可愛いなアキラタン(;´Д`)ハァハァ
手に持ってるのなんだ?
ってか塔矢元名人って何歳だろな?

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:39



   還   暦   

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:55
     ../|||~||||ヽ
    .. |(*゚ー゚).|ρ  >682 ユメイロノ チイサナ スプーン〜
       U  つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 21:57
塔矢アキラの幼少時代って、もっと殺伐としてるとおもう。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:01
>684
夢色かいいのう夢色(*´Д`*)ハァハァ
それ一本くで

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:05
>685
じゃ、殺伐としてる小アキラ小説を書いてみてくれ〜!

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:06
その歌、歌えるぞ >684 マリタン
世代が…(;´Д`)

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:11
>684
スプーンおばさんかな?(;´Д`)見たことないけど歌は知ってる

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:15
  _
  |||,||ヽ  
  |ー゚)_|  ビデオガ アルンダヨ!
  ⊂ノ    
  |
  |    ~~~~~~~~~~
   ~~~~~~~~~~~~~~~~~

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:15
>684
わ、わからん……やっぱここは年寄りが…(w

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:15
>>688
俺も歌えるぜ…なんてこったい

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:27
>672
うちはデート中にかかってきたのに出るだけでも不機嫌になる。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:34
ああん久しぶりにデカチン兄貴キタ━━━ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)━━━━━━!!!!
アキラたん兄貴のチンポはあたしのものよっ!貸しなさいっチュバッチュバッチュバッああんっ美味しいわぁぁぁぁ(*´Д`*)ハァハァ
ねえみんな兄貴を知らない?最近いないわよね?それにちいさいアキラたんもいないのよ?もしかしてもしかしてふたりで海外にトンズラじゃないでしょうねぇぇ?そんなの許せないっ!ジェラシィィィィィィィヽ(`Д´)ノ
兄貴あの日のことは内緒にしたげるっ(*´Д`*)ハァハァああん早く帰ってきて〜!このままじゃ茂人アヌースウズウズ渦なの〜〜〜ん(*´Д`*)ハァハァ兄貴ぃぃぃぃぃィィンィィン♥

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:40
   ▼〃ヾ           /|||~||*
   (゚▽゚) スキヨ〜     |(゚O゚)|    スプーンオバサン♪
    |〜 |〜         . |〜 |〜     
   ノノノノハ         . .ノノノノハ  
    . | |          .   . | |   

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:41
茂人か!?
久しぶりだな。オレも兄貴とちちゃーいアキラたんは旅行に行ってる気がするよ。
茂人も夏ばてしてないか?してないようだな(w

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:41
茂人だ! 茂人〜〜〜久しぶりだなあ。
相変わらず熱いな。そんなおまえにあいたかったぞ!
おまえが来たら兄貴もちっちゃいアキラたんも来てくれそうな気がするよ。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:42
>>694
茂人…相変わらずハイテンションだな(w
久々に会えて嬉しいよ。
俺も兄貴とちっちゃいアキラたんの居所が掴めないんだ。
2人で優雅にヴァカンスでも楽しんでるのか?

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:44
696たん697たんありがとう一日おきにうなぎ食ってるから大丈夫よん(o^^o)でもお化粧が大変なのよぉ!塗ってる側から汗が流れてくるのもうイヤになっちゃうわん)`ε´( これは女ならではの悩みね(^o^)フフフ
早く兄貴のクーラーのきいたマンションで一緒に暮らしたいわん♥

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:46
   ((((("))           /|||~||*
  .(□_□) ……  ..   |(゚ー゚)|    タノシイネエ
    |〜 |〜         . |〜 |〜     
   ノノノノハ         . .ノノノノハ  
    . | |          .   . | |   

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:49
698たんそうなのよっヽ(`Д´)ノどこかで優雅に?イヤよイヤイヤッ!茂人も連れてってくれなきゃイヤイヤ〜ン(><)キャァ
700たんったらもうっ!茂人倒れそうよぉぉぉん兄貴ったらぁぁぁぁぁ♥

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:52
>700
ワラタ
すごいタイミングで(w
こんな風に楽しんでそうだな。
あ、いや、茂人大丈夫だ、ふたりはきっとすぐ帰ってくる。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:53
>700
兄貴の……がなんとも(w

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 22:59
  ┌──────────────────┐
  │                          . │
  │ しばらく留守にする。            . │
  │ オレのことは――心配しなくていい。    |
  | 魚にはテトラミンを朝夕一つまみずつ   |
  │ 与えておいてほしい。             |
  │ じき帰ってくる。                 |
  │                    緒方     |
  └──────────────────┘

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:00
帰ってこなくていいよ。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:05
ああんっ兄貴♥わかったわんρ(⌒◇⌒)ノ茂人が魚のお世話をするわん♪テトラミンってなにかしらん?
まあいいわ(#^.^#)兄貴早く帰ってきてねえぇぇぇぇぇぇぇ\(^o^)/

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:07
>706
魚の餌だよ。兄貴の部屋にもあったような気が。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:07
>706
茂人……熱帯魚死なせるんじゃないぞ。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:09
茂人、魚に変なもん食わせるんじゃないぞ(w

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:11
見せてやるよ。俺がただの厨房じゃないってことをな!

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:18
ああん兄貴の枕を濡らしながらジッと待つわん♥大丈夫よっ兄貴V(^0 茂人魚たんたちととっても仲良くなれそうな予感♥
兄貴のデカチン話いっぱいキテキテキテ〜〜〜〜〜〜〜ン(*´Д`*)ハァハァ

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:20
( ´,_ゝ`)プッ
http://freehome.kakiko.com/tuk/iiyo.html

713 :研究会:02/07/29 23:23
茂人だ。何か感動。兄貴が帰って来た時茂人が水槽で泳いでいそうだな(w
勝手に大きな水槽持ち込んで。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:35
研究会たん兄貴のマンションでみんなで遊びましょーよ(#^.^#)お酒飲みましょーよ茂人のお友だちの
綾香ちゃんと沙由紀ちゃんも連れてくるわん!キャーなんか合コンって感じ?研究会たんに研究されちゃったりして(●^o^●) 0(^ ^0) (0^ ^)0キャア キャア 0(^ ^0) (0^ ^)0キャア キャア
ダメよっダメッ!茂人のアヌースは兄貴のものなのよっ!ゴメンネ研究会たん(*´Д`*)ハァハァ

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:38
>711
そうだな。リンケージさんのデカチン小説も読みたいよな!

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:43
>714
し…茂人……お前イイ(w

717 :研究会:02/07/29 23:47
研究したいのはアキラだけだが茂人は解剖してみたい。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/29 23:52
あらためて700すげーカワイイ(;´Д`)ハァハァ
俺もアキラタンと南国に旅行してえ
大胆になるアキラタンハァハァ

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 00:10
アキラタン、今回も綺麗な顔を拝めなかった。
社の正体がまだぜんぜん明らかにされてないわけだが、どうもこの北斗杯予選ってのが
アキラタンの隣の席をめぐる♂どもの戦いに思えてくる。
オレも参戦したいぜ。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 00:25
俺、来週こそはアキラたん本誌復活だと思うんだ。
元名人と社の師匠は勿論知り合いだよな。
せっかく東京きたんだからって、名人のとこにも対局に行くんだ。
もう、俺の中では決定だよ。そうなりゃ、絶対アキラたんと対局するよな。
次週予告を見る限り、社の素顔があきらかにされるなんだろ。
アキラたんに負けて、切れる社とか落ち込む社とか……。
とにかく、なんでもいいからアキラ出せ!ウワァァァァン(´Д⊂

721 :研究会:02/07/30 00:38
裏失楽園さん、他にも同じ事を言う奴が居たけど、ぜひ、3Pお願いします。
もうそれしか考えられません。切望者が多い割に実は意外に少ないんだよっ3pって…!

それとエンライさん、改めて御苦労さまでした。オレの話なんてほんのあれだけなのに
お礼言われたら返って困る。エンライさんって普段から何気ない日常を無意識に文章化
しているんじゃないだろうか。それにエンライさん自身豊かな感性でいろんな経験を
重ねているんだと思う。とにかくイイものはイイ。イイもの読ませてもらってありがとう。
次のネタはどの辺だろう。やはり旬は社だが…ってか今週あれだけかよ社!!!(w
ただ相当の実力者っぽいから720の意見に賛成。で塔矢家に泊まってアキラを食っちまう。
社の素顔、これ。食いしん坊万歳。

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 00:49
食いしん坊万歳!な社が(・∀・)イイ!!
好奇心旺盛で、アキラたんに再選を申しこむ。
すると名人が、本選までうちに逗留すればいいと進言。
いや、北斗杯の本選が東京かどうかはわからんが。
とにかく、アキラんちにしばらく寄宿する社。
「自分、性欲なさそうやな」とか言って、挑発する社!!
元名人と明子さんが寝静まった頃、そっとアキラの部屋に忍び込み……
(;´Д`)ハァハァ

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 00:55
やっぱみんな飢えてんだな(w
だがやっぱ社いいよな!だだもんじゃない目してるやんけ?
願望もあるが、新章入ってからアキラたん関係の絡みが少なすぎるよな。
是非アキラたんと絡んで欲しい。
無理矢理アキラたんに咥えさせる社なんか絵になんねーか?ハァハァ(;´Д`)

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 00:59
社、関西弁なのかな……。
関西弁だとお手上げだ。そそるキャラなのにな。

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:05
食いしん坊万歳ってなんかいいな(w
720の言うように来週でアキラにこてんぱんにやられて
猛烈にアキラを意識しだす展開キボン!
そんで後にヒカルを知ってアキラがヒカルひとりをライバルと認めてることを知ってキレル
塔矢アキラのライバルはオレだ!絶対その目をオレに向けさせて見せる!とな(;´Д`)ハァハァ
アキラのストーカーと化す社

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:07
724は職人さんなのか?
関西弁かどうかはしらんが、そんなのこっちで勝手に脳内変換するから、ぜひ、書いてくれ。
「あれ、いってみようかな…」とぼそっと呟いて、いきなり自分の逸物をアキラの口に突っ込み、
アキラの頭をがしっと掴まえてイラマチオ!
「あ、フェラよりいいかも……、もっと口すぼめてくれます?」とか飄々と言って、
自分の快楽のみを追及する、ワガママ鬼畜男。
屈辱に頬を濡らし、えずきながら口を犯されるアキラ(・∀・)イイ!!

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:07
>724
関西弁、むしろセクシーつうか野郎臭くてナイスだと思うが。
塔矢・・・どついたるねん!ハァハァ(;´Д`)

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:10
俺も、727に同意だよ。
単に俺が、関西弁書けないだけ。
ヘタな関西弁書くと、関西のヤシって本気で怒るし。
いや、全員が全員じゃないけどさ。
社は書いてみたいんだけどな……。

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:13
>726
いや〜同感だ。
フェラ大好きだ(w
社は風俗姉ちゃんとのエロ経験豊富な身勝手男キボンだ。
しかしどういうキャラなんだ!引っ張りすぎだっちゅうの。

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:17
>728
そうか、そういう問題があるのか。
オレは関西じゃないから関西風なら別によしとしちまうけどな。
っていうか自分が関西でもたぶん気にしねえな。
気になる奴は気になるもんなのかね。

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:20
来週、社の実態がわかるらしいが、誰との絡みなんだろう。
720読んだら、アキラたん以外考えられないと思えてきた!
アキラたんに会いたいよぉ………(;´Д`)ハァハァ

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:22
>731
ほったがここ読んでてくれるといいのにな(w
聞いてくれほった!これが俺たちの叫びだ!

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:25
関西出身の同僚が、さんま見るたびにうるせーんだ。
あれは関西弁じゃない。さんまは奈良出身だから、京言葉の影響があるとか、
関東の俺には、説明されてもちんぷんかんぷん。
そいつの実家に遊びに行った時、環状線のなかで喋るなって言われた。
なんでって聞いたら、関東弁は聞いてて腹が立つからといわれた。
似たようなこと言うのが周りに多くてさ(w

社、今は寡黙なイメージだけどさ、同い年のアキラたんやヒカルたんとは、
どんな感じで喋るんだろうな。興味あるよ。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:28
アキラたんを出せ!!!
あ!いいこと思いついたぞ。北斗杯のポスターにアキラたんを起用するんだ。
広報に移動になった天野(捏造してまつ)が、こんなポスターじゃダメだ!って。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:29
>726
イラマチオってなんだ?おフェラの親戚か?

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:32
従兄弟かな。検索して拾ってきた。

イラマチチオとは?
支配感の極致が左のSMフェラです。
女性の口に挿入して腰を振る 「イラマチオ」というフェラチオです。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:37
>734
リアルならそれありそうだよな!
囲碁推進の為にヒカルの碁のポスターだって碁会所には貼られてるんだろ?
世間に目を向けさせる為に囲碁界のスターを起用ってのは有る展開だと思う。
傘たんの小説にもあったが、囲碁雑誌以外のインタビューを受けるってのもありだしな。
CDデビューだって無い話じゃないはずだ(w

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:38
>736
さんきゅ!ひとつ勉強になったぜ。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:41
イラマチオって言うのか……。
知らずにやってた。あれ、結構いやがるんだよな。
酷いとか言われちまうし。でも、こう好き勝手してるってのが(;´Д`)ハァハァ
相手が凛としたアキラたんなら、ますます(;´Д`)ハァハァ

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 01:48
>739
やらせるといつもより濡れ濡れになる女もいるぞ。
Mっ毛のある奴なら好きだろきっと。アキラタンはどうなんだろう?
スッチーアキラタンとイメージプレイしてーな。無理矢理アキラタンの口に突っ込み
「あっ教官、止めて下さい……はぐっ、あ、やあんっ」ハァハァ(;´Д`)

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:02
北斗杯……アキラたんを巡って必死の攻防を繰り広げる男達(;´Д`)ハァハァ

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:03
           ,,r''..:::::::;;;r---,、::::::::::;r---..、:::::::.\
.         /..::::::;;;r',r   ,r' `ヽ;r'   \\::::::::.\
.       /.::::;r'7/ / ,' /        ヽ ヽ 丶::::::::.\
       /.::::;r' ''",' ,' ,'  '          ','、 ヽ 丶:::::::.`、
      /.:::;r'   ,' ,' ,'    ,'       ',  ',`、 ヽ  ヽ:::::.ヽ
.     /.::;;'   ,' ,' ,'    .,'   i.i    ;  `, ',    ヽ:::::..',
    /.::;','   ; ,'  ,' .' ;  i   l:l    i ;  `, ',     '、:::::',
    /.::I,'    i.,'  ,' ,' ;  l   llvl i   l ',  ', ',   ',',',':::::i
   /.::l '  :  l,' ;,' ,i ,i  il   ll l l   .li ',  `, ',   ',';,';:::l
   ,'.:::l  : .i : l,' i,' ,iill,'l  ,'l:l  ll  l l   l!l, ',   `';   ','; ';:l
  ,'.:;!:l .i ! i i' i!' ,il lハ ,' l:li  l l  ', !,  .l '!, ',   ';   ','; ';l
.  ,',' l:l ll ', l .l l ill-!--!!、、!lヽ l !  ', !, l __!,,',   i:i   ; ; i
. ,',' l!l ll  l l ! l, ハr''?''''=ェミ! ゙!   ヽ!',,'ィュ=''''i-、 l::i   i i l
. !'  ll l l!l  l l, l:!r' ! ,ヽ,,,,ノ `       !"'ヽ,,,,ノ , '、!::i  i i','
    ! ll ll, '!l:', l::l  ゙'''''''"          ゙'''''''"   l::li  ! l l
     l !lli,  ll'!!;;!                     !;;!!7/ ,','
     ! ! ', ll`'-l                     l-'"l,r'!
        ', l l::::::',        、 ,          /::::::l!
        '! !ri::::'、                  /::::::i!
           !ハ:::ヽ、    -'''' ----     ,,r'':::::ll:l
           /::rr'':::iヽ、          ,,イ::::ll:ヽ!'!!
           |:::ll:::::::l  \       .,,r''  l:::/::::::|
           |::::`ヽ:::l   丶、____,,r''    r'.:::::::::|
塔矢はオレのもんだ! 誰にも渡さねえ!

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:04
       ,.. -v--- ..,,_
    ,r "         ヽ、
   ,r' ,' ,  .  :   . ',  ヽ
.  / , ,:': :  : :  :. .: :. ', :. ヽ
 /! : : :' :  : :  . '' . '  :: :',
 | : : : :  : :  : .: .:. : :  .|
 '、i l ! ! ,ヘノヽ :i i ノヘイノ: ,' ;'
  ヘ、、Vノ`ニニ-`!'ヘノレニニ''ル','ノ
  ','、ヽ!、   ゚    /  ゚  レ'|
  '、ゝ! `  ∵   |  ∵ "|/
   `'i!,      、 」   ./"
    |ヽ  ,.-ニニニニヽ /
   r''1. \ `'" ̄ ̄" /、
  ,'  ヽ  \     / | ヽ
''~~ヽ  ヽ  `''---'" ノ  `,-
塔矢アキラ・・・一生かかってもモノにしてみせる。
北斗杯はその足がかりだ。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:06
::;r':;r':;r'.:;r'.::;'.i!:::i!::::!i!:::i!::i!;::::', '';:':,:':,'::,'':;:''-::::.`丶、
:';r'.:;r' .;r'.::::;' i!i:::i!::::!i!:::l ';:i,';:::', ',';:':,::':,':;:.'';::':::;;:.ヽ`ヽ
'' .;r'.::;r'.::::::; .i!.i::!i:::::!i!::i!_ ';:; '';:',:::';:::::';:::':,'':,':::. ', 、` 、 `
;r'..:::;r'.:::::::;' .!:::!::!'';::::!i:! !''-':;、_':;';::',';:',';',':;':,':;::::::.、`丶、
::::::;r'.:::::;r'.:::::::::!:! ';::::::! !  '; `'!;:':;;',';:',';':,':;':,:::::::.、  `
::;r'二''ヾ;::::::::i!::::!  ';::::!  _,,==、 ';::::',';:',';:,:':,:':;::::::.、
;' /ー"ヽ ';::::;''!::::!`  ';:::!  '!i  ,,ゝ 'r'!';ハ,!::',':;:':;:';:::::.、
! /^ヽ.  ';::! !:::::!   ';!  `  li   !;! '!i::i';','';:,'';.、`ヽ、
!, :  (   ';:! ';::!    `   ヽf、   !ヽ '!::! '!:i',ヽ ヾ、 `
:', '、 )   !!  ';:!            ヽ、 !'  !i `ヾ、
:入 - 、     ヽ.             丶  '!
/ ヽ、_ `                  /
.   ヽ                   i
.                 `''' 丶  ノ
                      j
                    r''~
       ヽ,            l
        ''::ュ,、_        ノ
          l'"~`'''''----'''"
          ノ ` ヽ、
         /i;;::::::::.. '、
.        / ';;::::::::::::.`、ヽ、___
.        ノ  'i:::::::::::::::.!::::::::..  ̄ '''''''---  _
.       /   ,':::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'::. `、
          ,:'::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::;':::::::. `
塔矢アキラ・・・待ってろよ。
おまえの高慢な菊門にオレの滾ったトーマス一本ぶち込んでやるぜ!

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:07
                       ,ヘ
              ヽ、 ト、. l`、 ,/ |',
             ヾ'‐-ゞ'ヽ、'| 'r'  /. ', ∧
        弋‐- 、、..,,,`、 ‐-、ヽ |   !ノ// 'V' i   ,,..
         \ 、__─,. -‐ 、  i'"-‐ 、  i, -''" /
       _,.--‐ヽヽ、,.:   ‐ , 、 ⌒ ヽ``''-、、,   ム,,
       __`>   / ,. ‐''" i  !  、 `ヽ,\ ヽ、 ''" /
      ``‐、-‐'"/ //  /!i  l   ヾ、 、 \ ``' Z-
       -=ニ"/イ/    l || i  |,   ト \ヽ\、  `=‐
        ,/  / /  ! | '| l  |i  i !\ ヽ`、 ヽ 、-`'‐
      ∠_  i/ ,  ,:| i| ' li |`、 i |ヽヾ-、ヽ、 ヽ\
        ムr /' i   ,i, ∧, ∧. lヽ` i!、 `'ヽヽ、‐- ,,'v,.ゝ
        /,; / i /、,_'  V 'il | \l. `,\ヽ‐-=-、,,`、
       ''"""/ ,イ i弋''r'j:.、   ゙'゙,.:;r'r〒ァヽ、`、‐-ヾ```
         //リメ,i,   ̄       ̄  i /`'>,ゞ´`
         "   iハ'            'イ'ィi/
             ',i`、    、 ,      / |iリ'
          _,,,.. -';;|\  __  _    / |/ヽ ..,
   _,,.. -‐ '''' "´  ;;;;;;;;;;ヽ \.   ` ,/ ,/;;;;;;;;;;;;;;``''‐‐- 、 _
''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,, ;;;;;;;;;;;;;\,ヽ ,__,./ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''‐
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ,/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
黙れ、童貞ども。 おかっぱのバージンはこのオレがいただく。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:14
あほ

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:16
;;;l;l l;;;;;ll l;;l;;;;l;;;;;;||;;;;;;;;;;//|;;ll;;;;;;;;/;//|;;;;l/;;;/l//;;;;;;llノ;;l;;;;;;;;;|   ||;l;;;;;ll;ll;;ll;;;;;;;;l;;l |
;;;;;| |;;;;;||,|;;;;;;;;|;;;;;;||;;;;;;;;// |;;;ll;;;;;/l;// |;;;/;;;/l/;;/;;;;,.,ll;;;l;;;;;;;;/   l;/ll;;;;;;||;;;||;;;;;;;;;;|│
;;;;;| |;;;;l ll;;;;;;;;;l、;;;|'|;;;;;/,.,.,._l;ll;;;;//// |;;:/;;/ l/;/|;;;;;ノl;;;ll;;;;;;;/ ,.,-┤|;ll;;;;;;||;;;||;;;;;;;;;;|.l
;;;;;| |;;;;l;ll;;;;l;;;;;;:;:;;l::l;;/_.,.,.,-l;l;;;H;;//,、|/;;;/ /;;//;;;;/|;;;ll;;;;;;r;''",.-"レ|;l;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;;;;;/
;;;;| |;;;;/;ll;;;l;;;;;;;;;;;;;l、;/"'l、 (;;;レ;;;;;/'‐、、‐'‐/l/ /;;;//トノ;イ;;;;;;;;;ノノ l;;;;;;;;;l;;;;;レ;;;;;;;;;;|
;;;;| |;;;||;;;ll;;ll;;;;;l;;;;;;|"'  "'‐-'="-        .;  "--"'-‐''"  r┬-ノ;;;;;;;;l;;;;;;;;;|
;;;;| |;;;ll;;;;l;;ll;;;;;l;;;;;;;|                :          ノl /;;ll;;;;;;;l;;;;;;;:;|
;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;:l                ::         /;;;;;;;;;;;l;;;;;;;ll;;;|''||
;;;;;;ll;;;ll;;;;;;;;ll;;;;ll;;;;;;;|                ::,,        /;;;;;;l;;;;:l;;;;;;ll;;;l,.,.l|
'|;;;l;;;;;;ll;;;;;;;ll;;;;;ll;;;;;;;|              ‐ ,,'''        /l;;;;;;;ll;;;l;;;;;;;ll;;;ll;;|'|
、l;;l;;;;;;ll;;;;;;;;;l;;;;ll;;;;;;;ト、                      /l;;;;;;;/;;;/;;;;;;ll;;;;/;;ll
、、l;;、;;ll l;;;;l;;、;;;ll;;;;;;;'、\       ,,,,,.,.,.,.,.,.,,,,.--      /;;/;;;;;;/;;;;/;;;;;;ll;;|;;;;/l
 ヽ-,.,.,;、、;;;lヽ;;;ll;;;;;;ヽ \        -.....--      /ノ;;;/;;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;;;;/
      "''''‐‐,.,,.;;;、ヽ  "-,.、            /'"~ ̄ ̄"''-‐、;;;;/;;,.‐''"
        /;:;:;::l "''   "'‐,、         ,.‐';l、
一番強い人にボクをあげる。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:19
4連発炸裂!
爆笑させてもらった。
研究会たん、またリンカーン書いて暮れよ。こいつらで!

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:21
あ、もたもた書いているうちに、アキラたん、御自ら!

強いってのは、碁の腕ですか?Hですか?
Hなら、俺も腕に覚えが。参戦させてください。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:34
;;;;;;;  ;               ::::::::: : :/:|"/ /==;;;\ヽ\ / ,./  /   "''‐,.,/// /./
;;;::"  :::             ::::::::::::::,.,-'"  ''/.イ/:,.-,.:::::ll"'l、 Y // /:::::::::: ::::::::::// / / ,
;;;"   '' ::      ::: ::::  :::::,.-''"/   //|;;:::、ノ ノ  | / Λ / :::   :::::// //  /
"      ::;;;;    ::;; ,.,.,.‐''";///   レ \‐,.,.,./  | ./ / // :::''"   // /ノ   /
    ,.-‐‐''"''‐‐---'''''"/;;;;;;;/ //       ""''‐,.    レ レ"''',.     //  // / ///
::::,.,.-''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;;/  レ           ::::::::,.       ::,.   / // //  //
''"/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ l;;/   |            '''''             //  // //  /
,./;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::/;/     "                        ''レ二'_‐/,./ /  /
//;;;-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::''''''レ                           ,.-'''"/"ヽヽ、/ //   //
 /;/;;;;;;;;;;;;;;;;/:"   |                           :::、 /::/'"ノ::ノ l レ/ /  //
,///;;;;;;;;;;;;;/''    l、                    __    ,.:::::::ヽ,l、::::::/ ノ / /  //
//;;;;//;;;;/    ::   ll、                   '"   ,ノ::::::::::::::‐=,."_,./:: / /   /  /
/;;;;/ /;;/"    ::   ;;l、          "''‐-、,.、    :::::‐''":::::::::::::::::::::::::"~´::::::/ /  / /
/ /;;/     ::   ;;;;ヽ、            
/ ,.,.//      ::    ;;;;;;ヽ          :
その上目遣いがたまんねえんだよ!逝くぜぇぇぇぇぇぇぇ!

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:39
そういうヒカルたんも、最近たまんねえっす!

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 02:41
めがねガッパのAAなかった。
本文長すぎエラー食らっちまった(w
社、とんでもねえキャラだといい。
アキラたんは大きくても小さくてもカワイイな〜ハァハァ(*´Д`*)
俺を惑わせるファムファタル。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 03:44
職人さま、止まってる小説のつづきをおながいしますだ。
全ての小説の完成を見るまでは史ねないっす(;´Д`)ハァハァ

754 :研究会:02/07/30 04:04
>748
本田は意外とテクニシャンかもしれない。何故か最初に見た時からそんな印象が
強かった。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 06:18
研究会たんは仕事あるのにこんな遅くまで起きてて大丈夫なのか?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 06:50
兄貴と一緒に、ヤクルトが飲みたくなった。

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 07:15
俺もヤクルト飲みたい。薄くして

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 09:56
……なんか、腹一杯ヤクルト飲んだ気がする。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 10:39
ヤクルト・・・何のことかと思えば兄貴スレの話題か(w

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 12:19
来週こそはアキラたんに登場願いたいもんだな

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 12:45
>695
の口をおっきく開けて歌うアキラタンが愛しい(*´Д`*)ハァハァ

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 12:52
昨日は茂人の元気な姿も見れたし楽しかったな。
職人様方、いつまでも小説待ってます。
そういえば、最初に住人妄想から生まれた座間アキラ強制フェラのつづきは
どうなっちまったんだろう。座間の人も待ってるんぞ。
おやじ好きな俺としては北島ドリームも楽しみに待ってる一つだ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 13:16
これ、可愛いよな(;´Д`)ハァハァ
   ▼〃ヾ           /|||~||*
   (゚▽゚) スキヨ〜     |(゚O゚)|    スプーンオバサン♪
    |〜 |〜         . |〜 |〜     
   ノノノノハ         . .ノノノノハ  
    . | |          .   . | |   
AA職人さんにも感謝。
男達のアキラたん争奪戦ワラタ。台詞もいかにもそいつが言いそう(w
だが、アキラたんの台詞に一番やられた(;´Д`)ハァハァ

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 18:20
          (      )           ッ" ̄~ヽ
   , '⌒ヽ  (        ) ――――― .'*゚ー゚* ',
  (    ' (         V⌒)       ヽ   ,, '
   ゝ   `    ⌒ヽ       )   /  ~ー''
  (            )        .ヽ /      |  
 (   
(    
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ~~~~      ~~~   ~       ~~~~~
  ~~~    ~~~~    ~~       ~~~
     ~~~      ~~    ~~~~     ~~~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / ||"||||丶   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     |_(*,゚ワ゚)|< サキニ イッテルヨ〜!   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     / つ    \_______::::::::::::::::::::::::::::::::::
   〜( ,ノつ  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     (/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 18:21
子供囲碁入門がNHKでやってるよ!
将来はアキラたんにでてほしいなぁ…

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 18:49
>764
この前、海で見た光景と同じだ、感動!
ガキがすっ裸で海目指して走っていった。
やっぱアキラたんだとカワエエなあ(;´Д`)ハァハァ

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 19:09
>764
可愛い(*´Д`*)ハァハァ
このケツと腹はどうしたものか!エクボかそれは?
ショタおやじにさらわれないか心配で昼寝も出来んな

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 19:41
アキラタンを背中に乗せて泳ぎたいハァハァ(;´Д`)
生アキラタン日照りがつづくな〜。明日はTVにご出演。
しかし明日のアニメ作画ヤヴァクなかったか?
いや、オレの思い過ごしならいいのだが……。

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 19:41
俺はこの方法でイきました
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | …もっと舌使うて、んっ……  |
   | アキラはん…               |
   \                  /
      ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  
       ゝヘヘヘミ
      ∠vVゝゞ>  
       (^д^ )>  
       γ-.,- ヽ、
      /i・ 、 ・ヽ. i
      ( mnヽ  /.ノ
     ||||||||| ))  /l  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ||||||||| ;),.,,.)< …ッ、ぅ…ヤシロ  |
      /   つ丶  ヽ \_____/
.    (  _)  l  i
     し´ し    ヽ_ノ

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 20:20
>769
アキラたんが妊婦になってるぞ!
つーかアキラたんを八頭身にせい。

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 20:33
>768
ああ、一瞬このアキラタンは!?と思たyo 
今はとりあえず考えないようにしているが(w
>769
社ゴルァ!ヽ(`Д´)ノチチャーイアキラタンに手だすな!中学生のアキラタンにしとけ
つっても中学生でも淫行なんだけどな(w
みんな捕まんなよ

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 20:40
>747
のアキラにゾクゾクキタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
そんなこと言っていいのかよアキラ?ハァハァ(;´Д`)女王様は強い男がお好みか。
745の社。黙れ、童貞ども。も飄々&エロくてナイス。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 20:55
久しぶりに小説倉庫行ってみたら、すごく見やすくなっていた。
本当に倉庫番さんありがとうという気持ちでイパーイだ。
いろいろあったが、ここから沢山の名作が生まれていってるんだよなーと思うと感慨深い。
これからもどんどんいい作品生まれていって欲しい。
極たまーにマジに語ってみる。

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 21:12
       ((((("))   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       (゚д゚ ) < フン、強欲だな  |       
       γ-.,- ヽ、\______/
      /i・ 、 ・ヽ. i
      ( mnヽ  /.ノ
     ||||||||| ))  /l  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ||||||||| ;),.,,.)< これがボクです  |
      /   つ丶  ヽ \______/
.    ( 、,.)  l  i
     し´ し    ヽ_ノ

   パクってばかりですまん。裏失バージョンでどうだろう。   

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 21:31
>774
やはりアキラたんが三頭身妊婦だといまいち萌えんな。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 21:43
左のはケツで右のは腹じゃなくて膝だろ?>775

777 :研究会:02/07/30 21:49
妊婦っつーか、座っている膝だと思った。
塔矢家は和風だからアキラの部屋も襖でカギが無し。
社が泊まった時にアキラはヒカルとヤる夢を見て寝言で喘ぎ声をアンアン言ってしまい
目を覚ますと音もなく部屋に来ていた社が目の前に。
「随分イイ夢見ていたようやな」
と社に見すかされたように下半身をまさぐられる。
ヒカル日照りで体がもたなくてついつい社の言いなりになるアキラとかイイな。
社の髪の色、進藤と同じっぽいし。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 21:59
少年アキラにしてみたぞ、どだ?

       ((((("))   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       (□□ ) < フン、強欲だな  |       
       γ-.,- ヽ、\______/
      /i・ 、 ・ヽ. i
      ( mnヽ  /.ノ
     |||||||||||||/l    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ||||||||||;),.,, .)< これがボクです  |
      /   ∨ノ丶  ヽ \______/
.    /   /\/  l  i
    ((  \     ヽ_ノ
    | |\ ) 
    | |//

779 :研究会:02/07/30 22:00
兄貴スレ見て来た。ヤクルトから金もらっている奴でもいるのか(w
兄貴はオロナミンC派だと思うが。
>755
ずっと起きていたわけでもない

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 22:05
>777
おお〜いいなソレハァハァ(;´Д`)
弱みを突かれるアキラハァハァ普段だったら絶対隙を見せなそうだからな。
そういういいポイントを突いてくる抜け目無い社ってのが(・∀・)イイ!
しかしアキラのヒカル日照りどころじゃねえ、オレ達も生アキラ日照りで苦しい。
だれかオカズくれ〜ハァハァ(;´Д`)

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 22:10
>777
イイ!
それを書いてけれ!ハァハァハァハァハァハァハァハァ(;´Д`)

782 :研究会:02/07/30 22:14
AAは同じ職人さんなのかな。スマン、ちょこっと希望。
相手の髪型は社、表情は774、台詞は「…もっと舌使えやゴルア」「…ッ、ぅ…ヤシロ」
アキラは778の少年型
なんてのを見てみたいのだが…。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 22:29
>782
こんな感じか?
        ゝヘヘヘミ
      ∠vVゝゞ>  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       (゚д ゚ ) <…もっと舌使えやゴルア       
       γ-.,- ヽ、 \_______/
      /i・ 、 ・ヽ. i             
      ( mnヽ  /.ノ
     ||||||||||||| /  l    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     ||||||||||;),.,, .) < …ッ、ぅ…ヤシロ    |
      /   ∨ノ丶  ヽ \______/
.    /   /\/  l  i
    ((  \     ヽ_ノ
    | |\ ) 
    | |//

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 22:35
アキラタンの上目づかいはマジたまらないっす(;´Д`)ハァハァ

785 :研究会:02/07/30 22:51
>783
ひたすら感謝。…イイ!!社に従属するアキラ!!

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 22:53
みんな飢えてるな〜(w
わかるよその気持ち
アキラたーーーんやらしてーーー!ハァハァ(*´Д`*)

787 :黒の宴:02/07/30 23:05
体の奥底に火が残っている。
消し去りたくても消えない。可燃物が近付けば一気に燃え広がりそうな小さくても危険な火種が。
男達の手による狂乱の宴から解放されたものの、しばらくの間アキラは毎夜のように
悪夢にうなされ苛まれた。
暗闇の中、ぬかるみのような地面から何本もの腕が生え出て来て足を掴まれアキラは転倒する。
その手は寄ってたかってアキラの衣服を引き裂き剥ぎ取り、口を塞ぎ目を覆い髪を捕らえる。地面に
大の字に縫い付けられて指先すら動かせないほどに全身を固定されると一斉にその手が数を増やして
体の表面を這い回る。手は指先が一体化してしっとりと濡れた生暖かい舌となり、首元を、胸を、
腹部を、腰を、そして局部を舐め回す。
ぬめぬめと敏感な箇所を責め立てられ、やがて両足の間に特に熱く固いモノが押し当てられてそれが
体の奥深くに侵入を始める。自分はそれを拒む事ができない。侵入を容易にするために足を限界まで
大きく開かされて腰を高く浮かされる。
体の奥に潜んでいた小さな火が大きく燃え上がって侵入して来るものと結びつきうごめいて呻き声すら
あげられないアキラを長い間翻弄し一気に外へ吹き出そうとして体の先端のある出口に突進する。
その瞬間に目が覚める。
部屋の中の空気はまだ早春の硬質な冷たいものなのにもかかわらず全身が汗でぐっしょり濡れている。
動悸がする。思わず夜着の下を見るが自分自身が熱く溶けそうな程に脈うっているだけだった。
いっそ吹き出てしまっていればよかったのに、寸前で止まっている。
その状態から先に自分で導く事が出来ない。試しても無駄だった。そうして消えない火種が
残る。壁にもたれかかって苦しいため息をつく。あのおぞましい経験は二度としたくない。
だけど体は、あの感触を望んでいる。あれ以上の快楽を求めている。あの研究会の日から。

788 :研究会:02/07/30 23:14
AA職人さんばかりに甘えていられない…本編が社を出し惜しみしているけど
それだけ重要キャラと踏んで勝手に社で妄想する事にする。
と言ってもまた思い付きエロ暴走させるだけで申し訳ないが。
若手棋士による〜その後という流れで。あいつらはもう出さんけど。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 23:15
続編
   ┃   ┏━┃              ┃┃
 ━┏┛ ┏━┃ ━━(゚∀゚)━━┛ ┃┃
 ━┏┛ ┛  ┃              ┛┛
   ┛       ┛              ┛┛

790 :甘い経験(6):02/07/30 23:20
ヒカルは震える手でアキラの制服の上着を脱がし、アンダーシャツを捲り上げて彼の上半身を
露わにした。何度か自分に覆い被さってきた身体を、今は眼下に見下ろしている。それは初めて
見た訳ではないはずなのに、やはり初めて見たような感慨をヒカルにもたらした。
ヒカルの下で、アキラは目を閉じて、ヒカルを待っている。
自分の心臓の音がうるさい。息をするのも辛い。
見た目よりもしっかりと筋肉がついている胸部に、ヒカルはぎこちなく手を滑らした。
その肌は白く滑らかで、ヒカルの手に吸い付くようだ。
つっと手を動かすと、敏感に反応してアキラの身体がひくりと動く。
恐る恐る動かしていた手が、アキラの心臓の上で止まった。
静かに自分を待っていると思っていたアキラの心臓が、激しく暴れているのを感じて、ヒカルは息
が詰まった。
―おまえも、ドキドキしてるのか?塔矢。オレだけじゃなくて、おまえも、同じなのか…?
息を殺してそっとそこにくちづけた。唇越しに激しい動悸が伝わる。それからペロリとそこを舐めて
みた。頭の上で、アキラが小さく息を飲んだのを感じる。そのままヒカルはそっと舌を這わせてみる。
すぐ横に、飾り物のような薄紅色の乳首があった。ヒカルはそれを舌先で舐め、それから口に含み
軽く歯を立てた。その刺激にヒカルの下で、アキラが身を捩る。その反応がもっと見たくて、ヒカル
は口の中の突起を舌先で転がし、吸い上げる。
最初は僅かな突起に過ぎなかったものが、ヒカルの口中でふっくらと形を明瞭にしていく。
「塔矢…感じて…る…?」
アキラは答えない。
けれど、震える身体が、甘い喘ぎ声が、そのままアキラの返答だった。
自分が与える刺激に、アキラが声を上げ、乱れている。
アキラの甘い喘ぎ声がヒカルの耳をくすぐり、その姿はヒカルの中の牡の征服欲を呼び起こした。

791 :甘い経験(7):02/07/30 23:21
アキラの下半身を露わにし、そして、自分も着ていたものを全て脱ぎ捨てた。
今までヒカルの与えてきた刺激に、アキラはすでに先走りの涙を流し始めていた。
初めて自分がされた時には、なんて事をするんだと思ったけれど、今、こうして自分の下に
いるアキラを見ると、汚いとかそんな事よりも、もっと気持ち良くさせてやりたい、もっともっと
アキラを乱してやりたい、と思う。
そのためにはどうしたらいいのか、ヒカルは身を持って知っている。
だから躊躇う事無く、ヒカルはアキラのそれを口に含んだ。
自分がされて気持ち良いことをアキラに返してやればいい。
ヒカルはアキラの反応を見ながら、自分でする時のことを、アキラにされた時のことを思い出し
ながらアキラに刺激を与えていった。
自分の口の中でアキラがそれに反応して形と質量をかえていく。
口いっぱいを使って次第に動きを荒々しくしていく。頭の上の方で、アキラが甘い吐息交じりに自分
の名を呼ぶのが聞こえる。
アキラの様子を、表情を見てみたくて、ヒカルは口をはなし、顔を上げた。
「塔矢、」
「や…進藤…」
切なげな声でアキラが続きを促す。
ヒカルは満足げに頷いて再度アキラを口に含んだ。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 23:22
オカズキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
研究会たん、777の妄想(・∀・)イイゾ!
あれに繋がるのか?忘れたいのに忘れられない四枚舌責め
アキラタンハァハァ(;´Д`)
社、アキラタンを気持ち良くしたってーな!

793 :甘い経験(8):02/07/30 23:22
そしてついに、ヒカルの口の中でアキラが弾ける。
一瞬その苦みと青臭さに吐き出しそうになったそれを、何とかこらえて飲み下した。
そうして顔を上げると、切なげに眉を寄せ、全身で荒い息をしているアキラがいた。
その姿をみてヒカルは、愛しい、と言うのはこういう気持ちだろうか、と思った。
オレのものだ。塔矢。オレの、オレだけのものだ。
投げ出された白い肢体をかき抱いて、抱きしめて、まだ荒い息をしている唇に口付けした。
アキラの舌が思いがけない強さでそれに応えた。
唇を離して、至近距離でアキラを見詰める。
潤んだ黒い瞳がヒカルを見返す。
アキラの美しい顔をもっとよく見たいと思って、額に、頬に張りついた髪を指で払う。
その指の動きに、アキラがそっと目を閉じる。
ヒカルはその閉じられたまぶたに唇でそっと触れた。
両方のまぶたに、そして額に、こめかみに、それからヒカルのキスは頬から顎へと下がって
いき、最後に形の良い唇にそっと触れ、それからもう一度ゆっくりと静かに唇を味わった。
すると待っていたかのようにその唇がヒカルを受け入れ、ヒカルを絡め取った。
二人はお互いにお互いを貪りあった。
「塔矢…塔矢、好きだ…」
「進藤…」

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 23:23
兄貴スレがヤクルトで1000逝ったぞ。
一日中ヤクルトかよ!

795 :甘い経験:02/07/30 23:23
研究会さん、直後にすまんかった。これから読ませてもらいます。
甘いのは今日はここまで。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 23:29
甘いオカズもキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!!!!!!!!
腹減った腹減った食うぞ食うぞ〜〜〜〜〜!

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/30 23:45
甘経たんキタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
ぎこちないヒカルタンの愛撫とアキラタンの甘い喘ぎ声ハァハァ(;´Д`)
ドキドキしてるアキラタン可愛いそ〜!アキラタンの喘ぎ声のイメージは猫の鳴き声だ

798 :研究会:02/07/31 00:04
>795
ゴチになりますた。甘味さん。なんかあのアキラ特有の息使いの声が聞こえてきそうだ。

今日DVD買って帰ったんだけど次巻がいよいよネットでアキラがsaiと対決の話が収録なんだよなー。
あの話まではDVD揃えようと思って。あの美しいアキラをDVDのクリアな画面で見たい。

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 00:04
黒の宴&甘験
キタ━┳━━┳━━┓    ┏━━┳━━┓
   ┃━┏┃━┏┣(゚∀゚).┫━┏┃━┏┃
   ┃  ┛┃  ┛┃    ┃  ┛┃  ┛┃
   ┗━━┻━━┛    ┗━━┻━━┻━┓
                             .┃
   ┏━━┳━━┓    ┏━━┳━━┳━┛
   ┃━┏┃━┏┣(゚∀゚).┫━┏┃━┏┃
   ┃  ┛┃  ┛┃    ┃  ┛┃  ┛┃
 !!━┻━━┻━━┛    ┗━━┻━━┛
研究会、社のキャラが的外れでもそんときゃそん時だ!
出し惜しみの結果、チョイ濃い目に熟成された社キャラを思う存分暴れさせてくれ!
甘験、震えてドキドキしてるふたりが初々しくてイイ。
俺もアキラたんにあえぎながら名前呼ばれてー!

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 00:14
・.゚・∴..*.+.: ∴ o :;*∧∧* o ∴::.。.:*・゜.∴
甘経験━━━━━━━━.(゚∀゚)━━━━━━━━ !!!!
∴・.゚.・∴..*.+.:: ∴ o ** o ∴::.。.:*・゜.∴ * o.∴ * o
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚(゚∀゚)゚・*:.。.
アキラたんの青臭いの俺にも飲ましてくれ!今だかつて飲んだことは無いがアキラたんのなら飲んでみせよう(;´Д`)ハァハァ
アキラたんの綺麗な顔のパーツひとつひとつにチッスしたいのう。
アキラたんを壊さないように優しく抱いてるヒカルたん、愛だなぁ。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 00:24
>798
俺もその回のアキラたんにヤラレタ口。
スタッフが替わった後だと思うんだけどあのアキラたんは美しかった。
勝ってるアキラたんより負け堕ちてるアキラたんに、なぜかソソられる。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 01:45
小説キテタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
黒宴…もしかして夜這い関西来るのか?来てくれるのか?ハァハァ(*´Д`*)
甘経…ヒカルタンの口の中でビーチクタチーのアキラタンワショーイ!ワショーイ!ワショーイ!
愛撫に耐えるアキラタンめちゃめちゃかわいいずぉ!

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 01:59
オカズだ〜!久しぶりにオカズが
         ∧__∧
キタ━━━ο( ゚ ∀ ゚ )◯━━━━!!! 
        \    ノ
         l⌒l、│
        (_) ノ
         _ ∪

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 03:06
>801
saiの一手一手に動揺したり、勝気に眉を吊り上げたりしるアキラがたまらん(;´Д`)ハァハァ

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 03:13
今まで飲んでた。久しぶりにカラオケ行った。
オレはアキラたんへの溢れる想いを込めて「抱きしめたい」を歌ったんだ。ああアキラたん(*´Д`*)ハァハァ
>>764
犯罪級に可愛い!誰に連れてきてもらったんだいアキラたん。
「先に行ってるよ〜!」のセリフも可愛い!オレに語りかけてくれてるんだよな?そんな気がしるよ。
愛ラブAA職人さん、小説職人さん。オレからアキラたんラブパワーを送らせてもらうぜ!
今日も枕を抱いて、アキラたんを抱いて眠りにつくぜハァハァアキラたん、タプーリ可愛がってあげるからね(*´Д`*)ハァハァ

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 03:38
>805
「抱きしめたい」って沢田研二の?

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 03:51
>806
ミスチルだ♪
抱きしめたい〜♪ 溢れるほどに
君への想いが 込みあげてく〜♪

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:01
>807
確か、キメのLOVE SONGか、彼氏に歌って欲しいLOVE SONGかなんかで10代、20代共にこれが1位だった。
結婚式のキャンドルサービスでもよく使われる。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:19
抱きしめたい〜抱きしめたい〜抱きしめたい抱きしめたい〜♪
革のコート袖も通さず風に吹かれ出ていくあの人を 色褪せた絵のように黄昏がつつみ
ヒールの音だけコツコツ響く
あなたは帰る家がある優しく包む人がいる指輪外して愛しあう不幸な女と呼ばせたくない♪

…沢田研二の方は兄貴が歌いそうな曲だな
ミスチルとはな…悪かったな、兄貴世代で…。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:23
ここの世代調査をやりたくなってしまいました(w
一番上で何歳くらいなんだろう?

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:28
DVD、先月のは特典映像の資料にアキラの海王中制服と表情集があった。
海王中制服のポーズがカッコ良かった。
今月のは三谷、岸本、ユン先生、葉瀬中理科の先生、までは良かったが
「葉瀬中囲碁部碁盤と碁石」にひっくり返りそうになった。そんな資料いらねーよ!!!

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:37
>811
俺も買おうかな。ビデオには撮ってたが特典映像なんていうと欲しくなる。
金ねーけど。
そういえば異聞録、今買うとポスター付いて来るんだよな。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 04:58
>812
異聞禄買ったけど中に入っていたハガキはハズレだった。全員あのカラーのポスターが付いて来るわけじゃない。
幸運にも当たりハガキが入っていた人はそのハガキを送るともらえる。ハズレた人もハガキを出せば
抽選で当たるかもってやつ。あのCMは誤解を招きそうだと思った。
確かに折り畳み式説明書の裏面が一応白黒のポスターではあるが。

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 05:04
ジャンプの柱にPSの新ゲームが出るとか書いてなかったか?っていうかPS2じゃないのか?
今度のも…。なんでだ?なんつーか…裏ステージがあって欲しい。アキラが脱がないと
話にならない。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 05:52
朝起きると、まずここ見ちまう。
エンライたん、ここにきてるよな?
小説、また書いてくれよな。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 06:04
エンライさんが沈黙しているのは新しい話を構想しているから…なんて
期待を抱いてはいけないだろうか。ひょろっとまた何か書いてもらえたら
嬉しいが名無しで気楽にスレを楽しんでいる気もする。それで良いと思う。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 07:04
黒宴と、甘験!
キタロォ━━━━━━( ◎)━━━━!!!!!!
                          ナンダイトォサ━━━(ノ∀゚ )━━━━━━ン!!!!!!

「久しぶりのおかずじゃな、キタロー」
「そうだね、父さん。お茶漬けだけじゃ、飽きちゃうしね」
「黒宴のアキラ君は、哀れというか。人間の業がかいま見えるのう」
「先の期待だけで固くしている父さんも、業が深いですね」
「キタロー、随分辛辣な口をきくようになったな」
「僕も大人になりましたから。甘い体験の進藤君は可愛らしいですね」
「平然としているな……、ハッ、キタローもしやおまえ」
「もしや…、なんですか?父さん」
「おまえ、ぬらりひょんに拉致された時……」
「拉致された時、なんですか?父さん」
「いや……、なんでもない……」
「変な父さん」

つーわけで久しぶりに腹は満たされたが、飢えはまだまだ満たされてないぞ!
Lさん、柳腰さん、アゲハマ嬢、少年王さま、夢タン、病床タン、みんな待ってるぞ―――!!
偽りさん、よかったらこっちに書いてくれよ。
裏失さん、次の登場楽しみにしてる。
座間×アキラ強制フェラさん、気長に待ってる。

兄貴とちっちゃいアキラ君、バカンスが終わったら帰ってきてくれよ―――――――!

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:04
キタロウとイトウさんって何だろうと思った

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:13
>817
朝から大笑いした(w
俺もここでアキラたんへの愛とどす黒い欲望を語りながら、ひたすら待つぞ〜!
みんな、アキラたんの生出演は今夜だぞ!
うわさではアキラたんが特殊メイクを施すと言われているが真実はどうなんだろうか?
監督〜〜〜!

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:29
特殊メイクアキラ期待。予告、カラーコンタクト入れてるみたいな目だった。
でも実際アイスブルーとかワインレッドとかのカラコン入れたアキラって綺麗だろうなあ。
そして同じ色のピアスをつけてやりたい。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:32
>816
俺もそう思うぞ。

>817、おまえアホだろ?愛すべきアホだな。
俺の心にアキラタンがいなければ、今すぐ817に熱いチッスをかましてやんのにな。
いま職場なんで、笑い堪えるのに必死だったぞ。
いままで、アニメは無理してまで見ようとは思ってなかったんだがな、
この飢餓には耐えられず、いい年こいてビデオ予約しちまったぞ。
神様、あの鼻が詰まったような声はいくらでも我慢します。
お願いですから、整った顔のアキラたんに会わせてください。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:37
  . /|||||||~||
  . |(*゚ー゚)|  モウ イマカラ
   ⊂   つ  メイクシナキャ マニアワナインダ!
   .(0 ..ノ■  キョウハネ〜トクシュメイクナンダヨ!
    .`(/..

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 10:54
>822
ああ、アキラタン、ヤパーリそうなのかい?
元がキレイダからなにも塗らない方がいいのにね。
まさか、監督アキラタンの演技力を疑ってるわけではないだろな?ゴルァ!
この暑さががんがれ!アキラタン。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 11:08
>822
アキラたんが持ってるのはメイクボックスかな?
キレイキレイしてもらうんだな(;´Д`)ハァハァ
肌が美しいアキラたんには素顔でいて欲しい。
電車とかで厚塗り女を間近で見ると萎える。
しかもキスすると味がするしな。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 14:01
>822
なんかヨタヨタしててかわいいな(w

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 14:06
>>813
なんだそっか。全員もらえると思ってた。
しかしここの年齢層って興味あるな(w

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 14:50
もーすぐ29だぞ。
丑さん年だ

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:14
>827
あ、いっしょだ。
丑年。29。

こっちじゃヒカ碁のアニメは放送してないんだろうなあと思ってたんだけど、
日曜日の朝6時にやってるというのを最近知りました。
アキラたんゴメン。早起きできないよ。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:22
ビデオ取れや。
俺BSで三倍録画して、なおかつ遅れて放送されるのは標準で取ってるぞ。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:24
ヒカルの碁フィギュアシリーズを大人買いしようと思っている36だ。丙午。
…最年長クラスだろうか。2chは20〜30代が多いと聞いているが。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:34

         /|||||||~||
       ⊂|(*゚ー゚)つ-、   塔矢さん、メイク室空きました―
      ///  /_::/:::/  
      |:::|/⊂ヽノ|:::|/」
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|
  /______/||
  | |-----------||
  | |        ||   

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:35
>829
ビデオはスカパーとつないでるんで、
配線変えるのが面倒くさくて…。
そのうちスカパーのどっかのチャンネルでやってくれるかな。

今日、チョコボールを食べたら銀のキョロちゃんが出ました。
常日頃アキラたんにハァハァしてる御利益だと勝手に思うことにしました。
アキラたんありがとう(*´Д`*)

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:52
スカパーはもうやってなかったか?
確信はないが。

>830
三十代はまだ他にもいそうだな。
俺も箱買いするつもりだが、アキラたんの仁王立ちが笑える。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 15:54
アキラたん、今まで待たされてたのかい?
お兄さんがメイクさんをお仕置きしてあげような(;´Д`)ハァハァ

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:13

  ,.-'"¨ ̄¨' ‐   〃/ww)    今日は越智君と奈瀬さんが
 (,,(,,i,,,i,,,,i,,i,,),)  从*゚ー゚)     見所だからね。僕はゆっくり
  ( ○-○)   ヽ| つつ     メイクしてもらうんだよ。



          / ||"||||丶  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |_(*,゚ワ゚)|<   ダカラオシオキナンテイラナインダヨ
          / つ    \_______
          ( ,ノつ  
          (/

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:15
>828
あれ?もしかして同郷かな?東北じゃね?

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:17
>833
スカパーでも放送してるみたいですね。
勉強不足でした。

821さんの書き込みが気になる。
アニメのアキラたん、鼻が詰まったような声なんですか。
見るのがこわいような…。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:19
>831>835
AA可愛いな。
くつろいでるアキラ。越智と奈瀬まで(w

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:20
鼻が詰まったっていうか、女性が無理して出してるって感じ。
実際そうなんだろうけど。
先週のデリヘルシーンはやけに苦しそうに聞こえて、それはそれでヤバかったよ(w

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:22
たしか朝勉の子もいたよな。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:23
>839
オレはけっこうあの声好きなんだ。
かすれたりする時は特になハァハァ(;´Д`)

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:26
>841
そうそうそう、おれの下であんな風に苦しげな声を出すアキラ……
と、想像したらまずかったよ。デリヘルアキラ、誰か妄想して欲しい。

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:27
>835のアキラ君は、優しい子だね。
ごほうびに撮影が終わったら、おじさんの車でおうちまで送ってあげるよ。
遠慮なんてしなくていいからね。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:28
お前ら、今日のアキラたんがアキラたんたりえる美しさを見せてくれることを
祈ろう。祈るんだ。整った顔だちで優雅な物腰で凛とした声で話すアキラたんを
得られることを祈るんだあああああああああああーーーーーーーー!!!!!
生霊飛ばしのシーンはまだ先か!?!!!

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:33
アキラたんは今変声期なのさ。
だからかすれてるんだぜ。夜に鳴かされたわけではナイ。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:37
>836
いえ、北陸です。

海が近いんでほとんど毎晩魚を食べるんだけど、
焼き魚をなかなかきれいに食べられない。
猫が食い散らかしたみたいになってしまいます。
アキラたんはすっごくきれいに食べるんだろうなあ。
骨だけきれいに残ってるって感じで。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:39
845の思い描くアキラは、穢れを知らない天使なんだな。
くぅぅぅぅぅぅぅ、それもいいよな。そんな天使を優しく大人にしてやるんだ。
(;´Д`)ハァハァ

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:41
やぱ進藤に執着しるアキラは美しいんだよな。
本編では出来上がっちゃってる感があるからなぁ。
もっとアキラたん本来の奇行に走る傾向をみせて欲しい。
そのためには執着しる対象物なり、出来事が必要なのだが。
一途なアキラたんのことだ。いくら社が♂の魅力で迫っても、貞操は守ると思われる。
ここはやはり進藤に何か起こるしかないのか?

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:41
アキラが残した魚の骨を食いたい

850 :塔矢明子:02/07/31 16:44
849さん、そのままだと食べにくいでしょう?
いま素揚げして骨煎餅にして差し上げるわ。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:45
>846
東北でも日曜の朝にやってるんすよ。
アキラは絶対すごくキレイな食べ方しそうだ。食べ物は粗末にしないつうか。
海老の殻とかも啜ってキレイにしそうハァハァ(;´Д`)

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:47
>850
確かに塔矢家って骨まで食ってそうだな(w
本来の金持ちって質素だったりするっていうし。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:48
明子さん……油で揚げたら、アキラ君の唾液が……
いえ、なんでもありません………。

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:48
塔矢明子夫人…あんたも尋常じゃない。さすがアキラの母親。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:50
カニを食うアキラが見たい
すすったり
カニ味噌ペロペロしるアキラハァハァ
貪欲なアキラの舌ハァハァ(*´Д`*)

856 :塔矢明子:02/07/31 16:51
あら、おかしいかしら?我が家では、骨煎餅は当たり前ですけど。
天日で乾してから、揚げると香ばしさが増すんですよ。
ね、アキラさん。アキラさんの大好物よね。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:53
おれは、果汁いっぱいの桃にかぶりつくアキラたんが見たい。
濡れた唇、滴る汁を舌で舐めとるアキラたん……(;´Д`)ハァハァ

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:55
塔矢明子夫人、いや、骨煎餅自体はいいんだがそれをここの住人に与えられると
いうところが…アキラが食べたチキンの骨もぜひお願いします

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:56
>856
明子さん、オレにもくださいっ!
毎日アキラタンと同じものが食いたい!胃の中身まで一緒。
ずっと一緒だよアキラタン(;´Д`)ハァハァ

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:57
ありきたりだが、縁日のチョコバナナ……。
アキラたんの形のいい唇に含まれる黒い果実……。
(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ (・∀・)イイ!!

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 16:59
>857
ああ、桃食う姿はセクシーだよな。
ピチャクチャ言って音もセクシーだったりする。
キャンディやソフトクリーム舐めるアキラたんもハァハァ(;´Д`)

862 :塔矢明子:02/07/31 17:00
>858
あら、身体にいいですもの、遠慮なさらないで。
チキンの骨は、噛み砕けないわね。それでスープを作りまょう。

>859
ごめんなさい。主人は内弟子は取らないんですのよ。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:01
バナナやキャンデーを小さな口で出したり入れたりしるアキラタンハァハァ(*´Д`*)

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:03
皮を剥いたライチーもいやらしくて(・∀・)イイ!!

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:08
そういえばアキラたんがもの食うシーンって出てきたか?
ヒカルはラーメンとか寿司食ってたが
ウーロン茶ですら手に持ってただけで飲むシーンは拝めなかったような・・・。
やはり、せくしーな食い姿が青少年に及ぼす悪影響を懸念してのことか?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:08
マジ腹減って来た…今夜は焼き魚にしよう。
アキラはヒカルと焼肉食いに行ったりしたらやはり大喧嘩しそうだな。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:35
焼き肉なんか行ったら
進藤、駄目だその肉はまだ生焼けだ…!とシャウトしそうだな。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:41
アキラが焼いてる側から、ヒカルはがつがつ食っちまいそう。
で、ヒカルは肉専門で、アキラはユッケとか冷麺とかサイドオーダー充実って感じ。
「進藤、野菜もとらないと…このサンチュで肉を巻いて、…」

ところで、こんなゲームがあるんだが。
ttp://www.ymori.com/flash/yakiniku.swf

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 17:49
>868
焼きすぎですぐゲームオーバーになった(w
ブロック崩しでアキラを脱がせてくゲームねーかな?(;´Д`)ハァハァ

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 19:20
>868
俺一皿おかわりもらえた。
肉食いてえ…。金ねえから兄貴がアキラたんとヒカルたんをつれていくとき
着いていってアキラたんのたれを貰いながら食いてえ…。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 20:13
ああアキラタン、今日も綺麗ダターヨ
越智を怒鳴りまくるオーバーアクションなアキラタンの演技にメロメロダターヨハァハァ(;´Д`)

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 20:29
確かに特殊メイクを使ってた部分もあったな。
ボクもそれが知りたいのアキラたんは生の方がウツクシい。
あれ、なんか日本画のおかっぱを想い出したよ。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 20:46
きのこがすっかりおかっぱに魅了され、心酔し、支配されたもよう。
調教完了の趣にひどくハアハアしますたハァハァ(;´Д`)

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 21:08
アキラたんの衣装は本編ハイネックの方が良くねえか?お馴染みのダイヤ柄だが(w
長い首とか細い肩とかキレイな体のラインが出ててイイんだなこれが(;´Д`)ハァハァ
今日の衣装も悪くはないが

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 21:41
明子夫人って何げにフグの調理免許とか持ってそうだな。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:09
今日のアニメアキラたん、まじサドかと思いますた(w

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:12
______________________
         | |
         | |
         | |
       / ◎\
      /./.|||||||~|| ♪
      ||..||(*゚ー゚)|||
       \=UU=/
         ´ |
         UU

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:12
______________________
                | |
                | |
                | |
              / ◎\
             /./.|||||||~|ヽ ワーイ
             ||.||(*゚▽゚)| ||
              \=UU=/
         (((     |´ |
                UU

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:13
______________________
                   | |
                   | |
                   | |
                 / ◎\
                /./.|||||||~||ヽ  アレ?
                ||..||(*゚ー゚)|||
                 \=UU=/
                  .´ |
                   UU

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:14
______________________
                   | |
                   | |
                   | |
                / ̄◎ ̄\
               /        ヽ
               ||   パッ   ||
               \       /


               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |     ヤーン!!     |
               \            /
                  ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:15
                 ヽ  '  '
                 ____ 
                /| ∩ /) /\
              /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/
                |  アキラ  |/
                 ̄ ̄ ̄ ̄

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:17
                     
                 /|||||~||ヽ_   ♪ キョウハ コレデ ガマンシテクレル?
                /||(*゚ー゚)/)/\
              /| ̄ ̄ ̄ ̄|\/
                |  アキラ  |/
                 ̄ ̄ ̄ ̄

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:42
お、お帰りアキラたん(;´Д`)ハァハァ
ガマンだなんて、タイヤ遊びするアキラたんもカワイイねぇ。

……この箱、お持ち帰りしよう!(;´Д`)ハァハァ

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:51
クレーンゲームじゃねえの?

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 22:55
カ…カワイイ!(*´Д`*)ハァハァ
特にアレ?がハァハァハァハァ
その箱はお気に入りかい?アキラたん。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:01
そういえば前クレーンゲームでアキラたんの人形があった。
もちろん取ったけど。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:07
>875
もってるだろうな(w
塔矢家は三人が三人とも常人ばなれしてそうつーか天然っぽいなあ。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:11
>886
ゲーセンにはワンピースしかなかった。
877のようにクレーンでアキラたんをつかみ取りしたい(*´Д`*)ハァハァ
しかし越智がアキラの影響受けまくりなのにワラタ
なんかアキラ宗教にでも入信したみたいだ(w

889 :甘い経験(9):02/07/31 23:16
重なり合った心臓の鼓動を激しく感じる。滑らかな肌触りが、呼吸の音が、ヒカルを見上げる
アキラの眼差しが、ヒカルを煽る。身体の中心が熱く、放出先を、行き場を求めてどくどくと
脈打っている。それが望む場所は…
「塔矢…オレ…オレ、挿れても、いい?」
「いいよ…いいけど、このままじゃダメだ。」
熱い息のヒカルを優しくなだめるように、アキラが言う。
「いくらなんでも、いきなりはムリ…だから…」
「あれ…どこ?」
「ああ、…机の、引出し。右側の真中。」
ヒカルが名残惜しそうにアキラの身体をぎゅっと抱きしめてから、ベッドを降りた。
言われた通りの引出を開けると、見た事のある小ビンがぽつんと一つ、置いてあった。
ビンを持ってベッドに戻り、伏せたアキラの上に乗ろうとすると、ギシリとスプリングが軋む。
伏せたアキラの白く丸い双丘をそっと撫でる。その肌の滑らかさにヒカルは思わず頬を摺り
寄せた。アキラの身体はどこもかしこも、なんて気持ちのいい肌触りなんだろう。ヒカルは、
まだ触れていない所があるのが勿体無い気がして、もう一度アキラの全身を確認する事に
した。黒髪のはらりと落ちた白いうなじに口付けしながら髪が指を滑るさらさらとした感触を
味わう。それから肩から腕にかけてのラインを撫でながら唇は首筋から肩甲骨へと移動する。
身体の下に潜り込ませた手でアキラの乳首を探り、こねまわし、摘み上げるとヒカルの下で
アキラが身を捩り、甘い吐息を漏らす。それに応じた背筋の動きを、ヒカルは唇と舌で感じ取る。
それからわき腹を通って腰骨を探る。滑らかな皮膚の下の筋肉の動きを辿りながら、届く
範囲のアキラの体中をまさぐる。背骨の一つ一つを確かめるように降りてきた唇が、また、
小さく引き締まった双丘に辿り着く。谷間にそって舌を這わせ、押し開いて、奥まった入り口
にようやく到達する。

890 :甘い経験(10):02/07/31 23:17
ごくりと息を飲んでヒカルは身体を起こし、先程もってきた小ビンを手に取る。ビンの蓋を開け
て、指で中身をすくい取る。薄いピンク色の潤滑剤のとろりとした感触が、なんだかそれだけで
いやらしいような気がする。
震える手でヒカルはたっぷりと掬い取った潤滑剤ををアキラの秘門に塗りこめる。そうして、
もう一度、ビンから掬い取り、その指をアキラの中に押し入れた。
アキラの身体がびくんと反応する。キツイ、とヒカルは思った。
本当にこの中に自分のが入ったりするんだろうか、と思いながら指を進める。
潤滑剤の感触と、指を包み込むような熱く柔らかなアキラの内部の感触が気持ちいいのか
悪いのか、よく分からない。
「塔矢…」
よく分からなくなってしまって、アキラの名を呼んだ。
「塔矢…、どこがイイのか、教えてよ…」
指を少しずつ動かしながら、ヒカルが尋ねる。
「そ…んなの…、自分で探せよ…」
「だって、わかんないよ、オレ、」
「やだね、教えてなんか、あげ…んっ…」
「ここ?」
「やっ……」
「こう…?」
「…んんっ……」
「ここが、イイんだ…?」
アキラの内部が、入口が、少しずつほぐれていくのを感じる。
ヒカルは既に奥まで潜り込んでいる人差し指に添えて、更に中指を挿入した。

891 :甘い経験(11):02/07/31 23:20
ヒカルが探し当てた小さなしこりを二本の指でさすり、強く押すたびにアキラの身体が跳ね、
指を飲み込んだ内壁が熱くうねる。アキラの口からこぼれるこらえ切れない喘ぎ声がヒカル
を弄る。もう我慢できない。ヒカルは硬く膨れ上がった自分自身をあてがい、指を引き抜くと
同時に一気に挿入した。
「…んっ…!」
ズンッと奥まで差し入れると同時に、ヒカルはこらえ切れない声をあげた。
ヒカルを飲み込み、包み込む、その感触に目が眩み意識を持っていかれそうになる。
ヒカルは達しそうになるのをなんとかこらえようとしたが、ほんの少し動かそうとした瞬間にもう、
包み込む内壁の圧力に耐えかねて、熱いアキラの内部に更に熱い精を放った。
射精の後の脱力感にヒカルがアキラの上にばったりと倒れこむ。
倒れこみながらも、こんなに早くイってしまった事が悔しい、と意識の隅で思った。
いくら初めてだからって。

だが動く事も億劫でそのままアキラの上に倒れ伏していた。
と、ヒカルの下でアキラが動いた。アキラの手が、投げ出されていたヒカルの手をとり、包み
込み、ヒカルを慰撫するようにそっと撫でた。その僅かな動きにさえ眩暈がする。
アキラはそのままヒカルの手を口元へもっていき、指先に口付けた。それから人差し指をペロリ
と舐めそのまま指を口に含み、口中でゆっくりと舐め上げていく。その感触にヒカルはゾクゾク
する。しゃぶられているのは指なのに、アキラの舌の動きに、まるで自分のペニスを舐め上げら
れているような錯覚を覚える。身体の中心がずきずきと熱を持ち始めるのを感じる。それに気付
いているのか、今度はアキラは中指の根元を舐め、指に舌を絡める。
アキラのその愛撫が、ヒカルを促しているのだとわかる。

892 :甘い経験(12):02/07/31 23:20
ヒカルの指を舐め上げる動きに合わせて、ゆっくりとヒカルの手がアキラの腰を撫でさする。
「ふっ…ん……」
ヒカルの軽い愛撫にアキラが指に甘い吐息を漏らす。ゾクゾクするような痺れがヒカルの背筋を
這い上がる。アキラの上でヒカルが少しずつ体勢を変え、手は腰から丸い双丘へ、そして秘めや
かな入り口へと移動していく。先程ヒカルの放った精で濡れている秘孔を指で弄ると、ぴちゃぴちゃ
と言う粘液質の音が響く。それにアキラがヒカルの指を弄る音が混ざる。ヒカルの息が荒くなり、
下腹部が熱く脈打っている。
アキラがヒカルの指先を強く噛んだのを合図に、ヒカルは指を引き抜き、自分自身を押し入れた。
熱く締め付けるアキラの内部を、ヒカルがゆっくりと動き始める。それにあわせてアキラの腰が
揺れる。アキラの中でヒカルが猛々しく硬度を増していくにつれ、動きは激しくなっていく。
腰を打ち付ける音とヒカルの荒い息とアキラの嬌声が混じり、その音がますます両者を昂ぶら
せていく。
そしてついに長く細い悲鳴のような声をあげてアキラが絶頂に達し、ヒカルを締め付け、それと共に
ヒカルもアキラの奥に二度目の精を放った。ヒカルの手の中で、そしてアキラの内部で、それぞれ
のペニスが解放の余韻にビクビクと震えていた。
今度こそヒカルは尽き果てた様子でぱったりと倒れこみ、アキラも高くかかげていた腰を力なく
落とす。背中で感じるヒカルの荒い息遣いと、大きく上下する胸が、体重の重みが、アキラには
嬉しかった。だからもう一度ヒカルの手をとって、指先にそっとくちづけした。

893 :甘い経験:02/07/31 23:22
なんか、つ、疲れた…。今日はここまで。

881で落っこちてるアキラたんの足がカワイイ。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:42
甘経キタ━(^▽^)━( ^▽)━(  ^)━(   )━(^  )━(▽^ )━(^▽^)━ !!!!!
たまらん。俺の珍子もアキラたんの中に挿れてぇよ!ビクビクしてぇよ(;´Д`)ハァハァ

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:42
甘い経験
                  キタ
         ┏━┳━━┳╋━━━┓
         ┃  ┠━━┻╋┓   ┃
         ┃  ┃  ┏━╋┛   ┃
       キタ╋━╋━┻(゚∀゚ )━-━╋━━!!
         ┃  ┗━┳━╋━━━╋
         ┃     ┃  ┃     ┃
         ┗━━━┻━╋━━━┛
なにげに「おかわりぃ」のアキラたんがたまんね〜ハァハァ(;´Д`)
オレは5回連続したことある(一晩にな)アキラたんを絶対満足させるからね!
だがちと、早いかもしれん……。
どーだ!おまえら、オレは若さのパワーでアキラたんをものにしるぞ!

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/07/31 23:50
アキラたんの指フェラキタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
魚介類の殻のように、アイスキャンディーのように美味そうになめるアキラタン(;´Д`)ハァハァ

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 00:18
オカズキタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
アキラタンの触り心地の良い素肌を堪能したい。全身ナメナメしてー。
>895
回数いけてもみこすり半じゃヤヴァイべ。
やはり一回一回の中身の濃さとバリエーションが勝負を分けるのさ。
相手の身になってやるセクースには自信があるぞ。奉仕するように抱くよ、アキラタン。

898 :研究会:02/08/01 00:26
hごぐがーーーーーーー!!!!はうはうあー!!!!!
エロいぜ甘味!!!濃厚な水羊羹だぜまるで!!!
あとオレが興奮しているのは…やっと…やっと…(ゴロゴロ床を転げ回る)やっと…
ああーーーーー!!!!早く火曜日ってか月曜日の深夜になりやがれこんちくしょう
兄貴イイイイイーーーーーーー!!!!!
…すまん、もう少し落ち着いてから来る…

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 00:49
>898
な、なんか良い情報っぽいな。
楽しみにしとこう。
>875
衣装はよ、ボンデージがマジモンで似合うと確信した。
あと、ナチスの帽子かぶせてよ。
ムチ持ったらカッコイイだろうなぁ、アキラハァハァ(;´Д`)
正直生意気なオッチーがアキラに言いたい放題言われてるの見てチョト快感覚えた。
アキラってのは直情的だよな〜。興味ないことには無感情なくせにな(w

900 :黒の宴:02/08/01 01:01
あの日、ヒカルの部屋でヒカルと唇を重ねた後一気に緊張が解けてアキラは気を失うように深い眠りに堕ちた。
ヒカルが何とか抱き上げてベッドに横たわらせ、ふとんをかけてくれた事にも目を覚まさない程に。
深夜に目を覚ました時、ヒカルの寝顔が間近にあった。頬杖をついてしばらくこちらの寝顔を見守ってくれて
いたかのようなポーズだった。アキラはしばらくぼんやりとヒカルの顔を見つめていた。薄い色の前髪の
何本かが睫毛の上に乗っていた。手を延ばして柔らかそうな頬に触れたかったが出来なかった。
朝、そのまま朝食をごちそうになって、別れた。せっかく用意してもらったため、少量だったが無理矢理
胃に押し込んだ朝食は駅のトイレで全て戻してしまった。体が受け付けなかった。
もしもヒカルに何か少しでも問われたら全て話してしまったかもしれない。全て話し、泣いて
すがったかもしれない。でもヒカルはアキラに何も聞かなかった。聞いてくれなかった。
ヒカルにはそういうところがあった。人が語ろうとしない事には決して踏み込んで来ない。
まるで彼自身自分の心の奥に誰も踏み込ませない大切な場所を抱えているかのように。
でもおそらくそれは自分のものとはだいぶ質の違うものだろう。

その後アキラにヒカルと二人きりで会う機会がなかった。今ヒカルの頭の中にあるのは
北斗杯予選の事だけなのだ。自分も忘れようと思い碁会所でただひたすら碁を打ち続けた。
指導碁であれ棋譜並べであれ。ふと、視線を感じたのはそんな時だった。
「…進藤!?」
なぜ咄嗟にそう感じたのかは分からなかった。だが思わずアキラが顔を上げて周囲を
見回した時に目に入って来たのは見知らぬ一人の少年だった。
体格も髪型もヒカルとはかなり違う。目付きも、ヒカルはあんな射るようには人を見ない。
どちらかと言えば緒方に近い性質のものだ。少し離れた柱の傍に真直ぐに立って、彼は無言で
こちらを見つめていた。ヒカルに思えたのは彼の黒い学生服のせいかもしれなかった。
ただそれだけのせいだとその時アキラは思った。

901 :研究会:02/08/01 01:08
うえっ、本文長すぎたらしい。取り乱してすまない。まだ何の確証もないのに。
暑かったしなあ、今日。でもアキラの久々の絶叫が聞けて良かった。
越智も何か憎めないんだよなあ。和谷とのクールな会話、好きなんだあそこ。
あっっっ、それとアキラのクレーン遊びカワエエよお!!!AA職人さんのセンスには
いつも感心させられるよ…。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 01:11

       ┏━┓
       ┃  ┃      ┏━━━━━━━┓
 ┏━━┛  ┗━━┓┃              ┃
 ┃              ┃┃  ┏━━━┓  ┃
 ┗━━┓  ┏━━┛┃  ┃      ┃  ┃
 ┏━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━┛  ┗━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                            ┃
 ┗━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━┓  ┏━━━━━━━━━━━┛
       ┃  ┃      ┃  ┃      ┃  ┃
       ┃  ┃      ┗━┛      ┃  ┃
       ┃  ┃                  ┃  ┃
       ┗━┛                  ┗━┛
社か〜〜?社なのか〜〜〜?

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 01:23
越智は素で虐めてやりたいタイプだが、案外アキラみたいなタイプには絶対服従しそうにも思えてきた。
身代わり人形から犬に昇格、越智・・・。
アキラに鞭打たれ小便漏らす越智が見てみたいハァハァ(;´Д`)
とオモタら黒宴キタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
先への期待だけで硬くなってるオレも業が深いのか・・・(w

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 01:45
黒い宴キトゥアァ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!!
見初めやがったなっヤシロ。ひと目でアキラタンを!
やつの頭ン中はすでにアキラタンの珍子でイパーイです(;´Д`)ハァハァ
研究会さん、仕事やりながらの職人活動乙彼さまっす。
体壊さぬように、だがどんどん暴走しまくってくれ!

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 02:00
>898
来週の祭りが楽しみだな!
じゃ、俺も床を転がるとしよう。
うがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
ゴロゴロゴロゴロゴロ

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 02:43
よくわからんが、俺も転がっとこう!
ンゴロゴロゴロゴロゴロゴロゴロ〜!
みんなとアキラたんハァハァ(;´Д`)出来てオカズを食えるのが無性に嬉しいんだ!

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 06:11
お、おれも混ぜてくれ!
アニメに(;´Д`)ハァハァ 、来週に期待(;´Д`)ハァハァ
ゴロゴロコロゴロゴロゴロゴロゴロロゴロゴロゴロ〜〜…!

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 07:14
| |_
| ||||,||ヽ  …
| |‐゜)_|  シカバネルイルイ
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 09:26
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ラジオ体操         塔矢アキラ   ┃ 
┃7〜8月                      ┃
┃   日  月  火  水  木  金  土     ┃
┃ ┌─┬─┬─┬7/┬─┬─┬─┐   ┃
┃ │/│/│●│26│27│28│29│   ┃
┃ ├─┼─┼8/┼─┼─┼─┼─┤   ┃
┃ │30│31│ 1│ 2│ 3│ 4│ 5│   ┃
┃ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   ┃
┃ │ 6│ 7│ 8│ 9│10│11│12│   ┃
┃ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   ┃
┃ │13│14│15│16│17│18│19│   ┃
┃ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   ┃
┃ │20│21│22│23│24│25│26│   ┃
┃ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   ┃
┃ │27│28│29│30│31│/│/│   ┃
┃ └─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 10:15
>908
ああ!アキラたん、そんな冷めた目で見ないでくれよ・・・いや、
冷たい眼差しのアキラたんにもハァハァだぜ!
もっと見てください!そしてなじってください!おながいします(;´Д`)ハァハァ

>909
これにハンコ押してもらうの? アキラたんは毎日早起きだね。
ラジオ体操の前にお父さんと碁を打ってるのかな? 
もしかして、お父さんも一緒にラジオ体操?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 10:28
おまえら、アホだな〜(w
だがなんだか愛しいぜ。
アキラた〜〜ん(*´Д`*)ハァハァ今日もラジオ体操頑張ったのかな?
7月は毎日頑張ったんだよね。
塔矢父も庭あたりでやってそうだ(w

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 11:02
アキラたん、いつものラジオ体操の歌の代わりに、この曲で体操してみないか?
イイ感じだぜъ( ゚ー^)ポークもちょっと出演してるし(ワラ
ttp://members.tripod.co.jp/yossykun/zoom.swf

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 12:46
              \ ´,ヽ´)                
                \_,ミ
        912タン ボクオドッテミタヨッ!

 ♪            ♪          ♪
  / ||"||||丶             ▼〃ヾヽ 
  |_(*,゚ワ゚)| (・∀・)スンスンスーン♪  (*゚▽゚)
   /,,⊃⊃"              /,,⊃⊃" 
"〜( ,ノ               "〜( ,ノ
  (/∪                (/∪
♪           ♪
 ∩ /|||||'|| iヽ           ∩  〃ヾヽ▼
  ヽ|(^ヮ^*)_|  イェスンスンスンスン♪ ヽ(^▽^*)
    ヽ⊂ヽ               ヽ⊂ヽ
     O-、 )〜゛             O-、 )〜゛
       ∪                 ∪

      シンドウハ ジョウズダナア!
      コンド オガタクンニモ オシエテアゲルンダッ!

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:02
>913
うぉぉぉぉぉ!
アキラタンマブすぎ〜〜〜!(;´Д`)ハァハァ

915 :912:02/08/01 13:06
>913
うおっ!モーレツに感動だぜ!
可愛いなぁ(*´Д`*)リクエストに応えてくれて、ありがとな!

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:11
 アツイネ     トウヤ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 アセカイタヨ   マタオドロウゼ  | 冷たくておいしいな
 /|||||'||iヽ    〃ヾヽ▼  <____________
 |( ・ヮ・,)\   (^▽^*) ,^^,ヽ
  / ∴ヽしヽ  ( / ∵し) ///∴ヽ
 `ー-´  )〜γγ`ー´○ヽ ̄ ̄ ̄/
| ̄ ̄∪∪ ̄ ̄(_(__) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|
|| ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄||

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:13
ズレタ……。
フタリハ西瓜タベテマツ、アキラタンノメハヤッパリ白丸ノガイイネ

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:16
スンスン体操の続きキタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
AA職人さん凄いなー!
これからも楽しませてくだせえ

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:31
縁側でくつろぐアキラタンとヒカルタン。
イイナ!季節感……癒されるぜハァハァ(;´Д`)
それにしても暑いな。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:48
        ̄ ̄\  〃ヾヽ▼  
アキラ、ハヤクコイヨ  > ._.(゚Д゚ )_ チャプ
キモチイイゾ __/  (_ U U_)  チャプ
         ~~~~~~~~~~~~~

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 13:51
   / ||"|||丶 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ||( ゚Д゚)_< チャントジュンビタイソウシナイト!
  (_ U U_) \_____
    ~| ̄|
    U U


暑い〜……海いきてぇ…………アキラたんと一緒に。(;´Д`)ハァハァ

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 14:17
みんなでアキラタン連れて、海イキテーな。
チチャーイアキラタンと中学生アキラタン両方とも連れてイキテー!
チチャーイアキラタンは大はしゃぎで走り回りそうだが、中学生の方は静かにしてそう。
泳ぎを教えてあげるよ、アキラタンハァハァ手取り腰取りなハァハァ(;´Д`)

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 14:34
……ダメポ。
夏、海、砂浜、パラソル!
その下で、なぜか海王中の制服を着て、
文庫本を読んでいるアキラたんしか想像できない。

いいんだ。チチャ〜イアキラタンと砂のお城を作るから……。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。 :02/08/01 14:36
海・・・おぼれちまったアキラたんをマウストゥマウスで救ってみせるぜъ( ゚ー^)

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 14:50
アキラたんは溺れないと思うな……・…だって……………………カッパ。
924!尻小玉抜かれないように気をつけろヨ!!

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 15:05
泳ぎ教えようとしたら、ガンガン泳げたりしてな(w
昼メシ出店でなんか買いたいが、アキラたんは何食べたがるだろうな?
シーフード焼きそばなんか合ってる気がしるが・・・。

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 15:14
泳ぎを教えるなら、波の少ない遠浅な海岸がいいぞ。
波が有ると難しい。
オレこの前海に行ったときは、しちりん持ち込んで焼肉やったんだよ。
途中スーパーでカルビ肉と牛タンと塩と胡椒一緒になったやつとか買っていって。
もちろんビールも。そういうのも楽しいぞ!
オレが焼いた肉に「美味しい!」と微笑むアキラたん。
ビールが効いてほろ酔い加減の色っぽいアキラたん。
こりゃ、この後が楽しみだ(*´Д`*)ハァハァ

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 15:37
フォトジェニックアキラたんの写真をイパーイ撮ってあげたい。
水着姿であ〜んな格好やこ〜んな格好のアキラたんハァハァ(;´Д`)
実際、写真撮られるのは慣れてるというか、アキラたんは絶対恥ずかしがらないで
目ジカラ発揮のカメラ目線な気がしる。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:07
>928
意外にノリが良くて、髪にハイビスカス飾ったり
カメラマンの「もうちょっと、水着降ろしてみてくれないかな。」や
「もうちょっと脚を開いて。」や「珍子掴んでみて。」に
ノリノリで応えるアキラキボン!ハァハァ(;´Д`)

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:12
>927
海のあとホテルに行った人か?
焼肉食ってホテルってエロいなぁ(w

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:25
| |_
| ||||,||*  ←アッ
| |o ゚)_|     929、ノリノリニハナラナイヨ!
| |⊂)
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:35
>931
すっかりノリノリだねアキラたん(*´Д`*)ハァハァ

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:35
>929
さらに、隣の人の沈子しゃぶってみて、にもニッコリ頷いてくれるアキラタンをキボンしまつ(*´Д`*)ハァハァ
海岸はいきなりAVビデオ撮影所に!
ああアキラタン、そんなに吸ったらオレ・・・。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:36
アキラタン……、ハイビスカスついてるよ。頭に……。


ところで、930を超えたのだが、引越しは950でいいのかな?

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:39
>934
もう越しちゃってもいいような気もするが、待った方がいいのかな?
出来ればちちゃーいアキラたんに立てて欲しいのだがな。
バカンスからまだ帰ってこないか……?ちちゃーいアキラた〜ん(;´Д`)ハァハァ

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:40
前スレでテンプレ屋さんがうpしてくれたののコピペです。
part11のURLだけ張り替えた。

○ 趣味の部屋『塔矢愛好会』Part11 ●

[愛好会活動内容] 芸術品・塔矢アキラの鑑賞及びストーキング
[愛好会規約]
小説の後10件はsage進行/ジャンプネタバレは火曜日の午前0時/荒らし煽りは放置
[愛好会会員心得]
芸術品への思い入れは多種多様であり、 ここは様々な塔矢アキラを受け入れる場所です。
趣味に合わぬと文句をいうよりも、進んで自分の趣味を語りましょう。

■前スレ ● 趣味の部屋『塔矢愛好会』Part11 ○
http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1027188460/

■関連スレは>>2-5参照

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:45
【関連スレ】
■ヒカルたんスレ おまえら男ならヒカルたんハァハァだよな?Part15
http://school.2ch.net/test/read.cgi/campus/1027353436/
■筒井たんスレ 筒井たんを困らせたい奴が集うスレ
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1019502007/l50
■お前等!人としてアキラたんハァハァじゃねーか!
http://school.2ch.net/test/read.cgi/campus/1027403970/

【過去スレ】
■初代 趣味の部屋『塔矢愛好会』男性会員募集中!
http://game.2ch.net/hobby/kako/1017/10173/1017347460.html
■Part2 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1019064730
■Part3 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1020066796
■Part4 http://game.2ch.net/hobby/kako/1021/10211/1021141636.html
■Part5 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1022165277/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_5.html
■Part6 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1023646842/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_6.html
■Part7 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1024761069/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_7.html
■Part8 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1025370400/ (html化待ち)
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/log/akira_8.html
■Part9 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1026060127/
■Part10 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1026465840/

■AAスレ 誰かコイツの名前教えろ:html化待ち
ログ置き場→http://ime.nu/hpkqub.tripod.com/log/akira.html

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:48
【倉庫番さんありがとう!】
■小説倉庫
http://blue.ribbon.to/~hikalog/akira/top.html
■魔境共同お絵描き掲示板
http://blue.ribbon.to/~hikalog/ibbs.html

【ログ取り屋さんありがとう!】
ログ置き場→http://hpkqub.tripod.com/

939 :訂正:02/08/01 16:48
次スレはpart12です。
他に付け足すことなかったか?

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:52
チチャ〜イアキラ君か兄貴に立てて欲しいけど、時間的に無理だよな。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:53
>939
乙!
過去スレがほとんどhiml化されてたんで、過去スレだけ一応載せとくな。
【過去スレ】
■初代 趣味の部屋『塔矢愛好会』男性会員募集中!
http://game.2ch.net/hobby/kako/1017/10173/1017347460.html
■Part2 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1019064730
■Part3 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1020066796
■Part4 http://game.2ch.net/hobby/kako/1021/10211/1021141636.html
■Part5 http://game.2ch.net/hobby/kako/1022/10221/1022165277.html
■Part6 http://game.2ch.net/hobby/kako/1023/10236/1023646842.html
■Part7 http://game.2ch.net/hobby/kako/1024/10247/1024761069.html
■Part8 http://game.2ch.net/hobby/kako/1025/10253/1025370400.html
■Part9 http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1026060127/
■Part10 http://game.2ch.net/hobby/kako/1026/10264/1026465840.html

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:54
前回のこともあるから不安になってきた。
ちょっと立ててくる。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 16:56
あんまり神経質にならんでもいいぞ。
もう、怖いものはないっつーか。
気楽に逝こうぜ。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/01 17:05
943の言うとおりだな。なに疑心暗鬼になってんだか。
でも、新スレ立ちました。

● 趣味の部屋『塔矢愛好会』Part12 ○
http://game.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1028188726/

945 :甘味屋:02/08/07 18:49
何事も、新たな経験の前には―特に無様な失敗など避けたい時には―下調べ、予習が大事…
と言うわけで、アキラたんとの甘い経験を夢見て予習に励むヒカルたん(w

(注:予習の必要ないアキラの出番は殆どありません。悪しからずご了承下さい。)

946 :甘味屋:02/08/07 18:50
「それでさぁ、加賀、教えて欲しいんだけど。」
バリバリと煎餅を齧りながら、ヒカルがこんな風に問い掛けた。
「男同士ってどうやってやるの?」
塩煎餅を流し込むために焙じ茶を口に含んでいた加賀は、いきなりのヒカルの発言に本気
でむせて咳き込んでしまった。
「だ、大丈夫…?」
気管に入りかけたお茶に激しく咳き込んでいた加賀は、涙の滲んだ顔を上げて、ヒカルを
思いっきり睨み付けた。
「いっきなり、なんて事言い出すんだ、この馬鹿野郎…!」
なんとか落ち着いた所へ、残っていたお茶一口飲んでから、加賀が言った。
「だいたい、なんでオレにそんな事を聞きに来るんだ!?」
「だって…加賀なら知ってそうだからさ。」
「オレをホモ扱いするつもりかよ、おまえは?」
「ち、違う、そうじゃなくて、加賀は物知りだからさ…」
ヒカルがあまりにも純真そうな顔で無邪気に見つめるので、加賀はついぽろっと言ってしまった。
「まあ、普通はアナルセックスだろうな。あとはフェラとか…」
「あなる…ってなんだ?」

947 :甘味屋:02/08/07 18:53
タイトル間違えた…
946は 「甘い経験」のための予習(1)

時系列的にはPart1の前にあたる話でつ。

948 :「甘い経験」のための予習(2):02/08/07 18:54
加賀はがっくりと肩を落とした。
本当に直接言ってやんねぇと、わからねぇのか、このガキは。
だいたい、どうしてオレがこんな事を教えてやんなきゃならないんだ。
知りたきゃ塔矢アキラに教えてもらえ、と言ってやりたいくらいだ。
どうせ(以前の進藤の話から考えれば)、アイツはきっと経験者だ。ヤリ方くらい十二分に
知ってるだろうさ。一体どんな奴が「教えた」のかまでは知らねえけどさ。
…だが、進藤は知っている。それが誰なのか。知りたいような、知りたくないような
だいたい、このクソガキが塔矢アキラを抱くだって?図々しい。
こんなヤツにやるくらいだったらオレがいただきたいくらいだ。
「だいたいなあ、男同士はどうやって、って、じゃあ女とはどうするのか知ってるのかよ?」
「知ってるよ、そのくらい。」
保健体育の授業でやったもんな、と思いながらヒカルは得意げに言った。
「女のあそこに挿れるんだろ。」
「だから男相手だって変わんねぇよ。」
加賀はぶっきらぼうに言い放った。
「他の穴に挿れるだけだよ。」
「他の穴?」
「…ケツの穴だよ。」
「ケツ…?えーーーーっ!きったねーーーー!!」
「…うるせぇよ……進藤…」
「だってさ、そんなとこに挿れたら、ウンコついちまわねぇか?」
「汚ねぇのがやだってんなら、ゴム着けるとか、先に処理しとくとか、色々あるらしいけどな。」
先に処理ってなんだ?と言われないうちに―そんな事までは言いたくない、と言うより、さすがに
詳しいやり方は知らないので、加賀は続けた。
「ま、それにエイズとか病気の予防にもゴムはつけたほうが良いらしいぜ。避妊は必要なくてもな。」
「…大変なんだなあ…。」

949 :「甘い経験」のための予習(3):02/08/07 18:54
「でもさぁ、加賀って、ホントーに物知りだなあ…」
感心したようにヒカルが言うのを聞いて、加賀は脱力しそうになった。
自分にこんな知識が無駄にあるのが何だか情けないような気がして。
「もっと詳しく知りたいんだったらな、」
加賀は湯飲みに残っていたお茶をぐいっと飲み干してから、続けた。
「本屋に行けばその手の本はいくらでもあるぞ。」
「そんなの、本屋で普通に売ってんの…?」
「って言っても女向けだけどな。」
「?」
「女はホモが好きだからな。エロ本なんかよりも堂々と並んでるぜ。
まあ…どこまで妄想でどこまで実際に近いんだかは知らねぇけどな。」
「ああ…いるな、そういう女って。なんかさ、クラスの女子にもそんなのがいるけど、あれって
よくわかんねぇよなあ。なにが面白いんだろうな、あんなの。」
「おまえも、気をつけねえと、知らない内に写真撮られて、『街で見掛けた美少年達!』
なーんて投稿写真、雑誌に載せられちまうぞ?」
「なんで、オレが?オレなんて…ああ、でも塔矢はキレイだからなあ。
…って、ダメだよっ!アイツはオレんなんだからっ!!
そんな、女どもの妄想のネタになんかさせるかよっ!!」

950 :「甘い経験」のための予習(4):02/08/07 18:55
こいつ、自覚ねえんだなあ。そりゃ塔矢みたいなキレイ系ではないけど、十分に「可愛い」系には
入るとは思うぜ。二人で並んでりゃあ、十分に人目を引く。ジャニーズからスカウトがきたって、
おかしくない。いや、それはさておき、それにしても、だ。
「アイツはオレんだ」ってのはなんなんだ?なんのつもりだ。こいつは。
図々しい。あの塔矢アキラを掴まえて「オレのもの」扱いかよ?
なんだってこんなヤツが…塔矢もどうかしてやがるぜ…
「…だから、もっと知りたきゃあ、そういうので自分でおベンキョーしやがれ。
オレなんかに聞いてくるな。」
「…って、買えるかよ、そんな女向けのホモ本なんて。」
「いちいち、いちいち、贅沢ってか、うるせぇヤツだな。なんなら、実地で教えてやろうか?」
加賀はそう言うとヒカルの肩を掴んで、畳の上に押し倒した。
だが、てっきり、「ふざけんなよ、加賀!」と跳ね返されると思ったのに、腕の下でヒカルが怯えた
ような目で自分を見ているのに気付いて、加賀は手を放した。
「進藤…?」
ヒカルがズッと後ろに下がって、身を起こし、震える声で言った。
「…そういうの、そういう事、やめろよ。」
「…悪かった。ゴメン。」
―なんなんだろう?この反応は。なんだか…こんな目にあったことでもあるのか…?
「本気のはずねぇだろ。ほんの、冗談じゃねぇか…」
「冗談とかで、する事じゃねぇよ…」
加賀は訝しげにヒカルを見るが、ヒカルはうつむいたまま、加賀とは視線を合わさずに、立ち上がった。
「ゴメン、加賀。オレ、帰る。」
「おい、進藤…」
ヒカルは床に転がっていたリュックを取り上げて、加賀を振り向かずに、力弱い足取りで、そのまま
加賀の部屋を出て行った。

951 :「甘い経験」のための予習(5):02/08/07 19:09
忘れていた事を、思い出さなくてもいい事を、思い出してしまった。
なぜ、あの人はあんな事をしたんだろう。
―知りたいんだろう?教えてやるよ。
「オレ…塔矢が最初じゃなかったんだ。」
バカみたいだ。ファーストキスなんて、女じゃあるまいし、そんなのにこだわるなんて。
ヒカルは唇をゴシゴシと擦った。

そしてアキラだって。
―アイツはオレのものだ。
―見ていたんだから、わかったろう?
思い出したくも無い、緒方の、そしてアキラの言葉が耳に甦る。
それを打ち消そうと、ヒカルはぎゅっと眼を瞑って、首を振る。
「知らない。知らない、おまえと緒方先生の事なんか。関係ない。」
考えるな、そんな事。考えたってどうにもならないんだから。前の事なんか、関係ない。
今は、塔矢はオレのものだ。あいつはもう関係ない。

会いたい。
急にアキラに会いたくなった。
この時間なら、きっとアキラは碁会所にいる。この間は「もう行かない」なんて言ってしまったけど、
そんな事で意地をはるよりは、会いたい気持ちの方が強かった。

952 :「甘い経験」のための予習(6):02/08/07 19:11
「進藤…!どうしたんだ?突然。」
嬉しそうに自分を見るアキラの表情を見て、ヒカルは心臓がズキンと痛むのを感じた。
「いや、なんかさ、やっぱりおまえと打ちたくなって…今日、いいか?」
アキラは眼を丸く見開いて、それからはにかんだように笑った。
「もちろんだよ。」
アキラが素直にそう答えてくれたのが嬉しかった。外野のオヤジ達が、またなんだかんだ言って
たが、そんな事は気にならなかった。
それなのに。
検討を始めたら、いつのまにか、いつものように段々とお互いの口調は激しくなり、ついには
「もう帰る!」と言って、ヒカルは席を立って、碁会所を出てしまった。そしてその勢いでビルの下
まで降りてしまってから、なぜ今日ここに来たのかを思い出して、ヒカルは大きいため息をついた。
―オレ、何やってるんだろう?
情けない。っていうか、どうしょうもない。こんな事の繰り返しじゃ。
今更碁会所には戻れない。けれどこのまま喧嘩別れのような状態で帰りたくない。
そう思って、ヒカルはアキラを待つことにした。
でも、碁会所のオヤジたちには見つかりたくなかったので、バス停の影に隠れるようにして、ビルの
入り口を見張ってアキラが出てくるのを待っていた。

953 :「甘い経験」のための予習(6):02/08/07 19:13
来た。塔矢だ。一人だ。よかった。
他のオヤジや受付のお姉さんと一緒だったらどうしようかと思った。
それにしても、これだけの人ごみの中でも、あいつだけは一際目立って、綺麗だ。
あんなに綺麗な人間を、オレは知らない。遠くから見ても綺麗だ。近くで見たらもっと綺麗だ。

ヒカルに気づかぬまま、アキラが近づいてくる。
段々と近づいてくるアキラの顔に見惚れている間に、アキラの横顔がヒカルの前を通り過ぎ、そのまま
アキラを見送ってしまいそうになって、慌ててヒカルはアキラに声をかけた。
「おい、塔矢、」
呼び止められてアキラが振り返り、その目が驚きに見開かれる。
「進藤!?」
ヒカルを認めると、みるみるうちにアキラの顔に喜びが溢れる。
その顔を見ただけで、待っていた甲斐があった、と、ヒカルは思った。

954 :「甘い経験」のための予習(8):02/08/07 19:14
「どうしたの?」
「おまえを、待ってたんだ。さっき、ゴメン。そう言いたくてさ。」
そう言われて、アキラが嬉しそうに、はにかんだように、笑う。
「こっちこそ、悪かったよ。ごめん。つい、さ、夢中になっちゃって…」
それから、小さな声で、こんな事を言った。
「キミが待っててくれるなんて、思わなかった。…嬉しいよ。」
言われて、ヒカルは思わず顔が赤くなりそうだった。言ったアキラも、少し照れたような顔をしている。
時々、本当に時々しかないのだけれど、アキラが子供っぽく見える時がある。こんな風に照れたり、
ヒカルのちょっとしたからかいを真に受けてしゅんとしてみたり。ヒカルにとって、大抵の場合、アキラ
につく形容詞は「キレイ」なのだけれど、こんなアキラはとても可愛いと思う。
髪をくしゃくしゃにしてやりたくなる。頬をつん、と、つっついてみたくなる。そしてもっと真っ赤になって
照れるアキラが見てみたいと思う。それなのに、どうしてか、素直にアキラに触る事が出来ない。
「あの、さ、塔矢、」
「何?進藤?」
アキラが微笑む。その笑顔があまりに素直で無邪気なので、ヒカルはそれ以上何も言うことができない。
「…なんでもねぇ…、いや、あの…ハラ減ったなあ、と思って…」
と適当なことを言って誤魔化した。
言えねぇよ、そんな顔されたら。おまえに触りたくてしょうがねぇ、なんて。
ヒカルは心の中で大きくため息をついた。

― 完 ―

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/07 19:24
ヒカルスレの山猫の日記にも似た……。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/07 20:06
甘経の予習キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!
>髪をくしゃくしゃにしてやりたくなる。頬をつん、と、つっついてみたくなる。
>そしてもっと真っ赤になって照れるアキラが見てみたいと思う。
ヒカルたんは俺たちの心の代弁者だね!(・∀・)

957 :甘味屋:02/08/07 22:12
誰だよ…ひとがコソーリと山猫してんのにageてやがるのは…
だが、日記の事教えてくれてありがとよ。似ちゃいねぇと思うけどな。
交際さんの書くヒカルたんは可愛いな。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/07 22:51
作家のオナニー具合が似てると。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/08 11:24
コミケ情報キボン
原作アキラたんに似てるのがあれば…買わせていただこう!

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/10 20:46
甘味屋予習キテタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
ヒカルタンはアキラタンにとことんメロメロやな
わかるぞその気持ち…ヒカルタンも立派なオレタチの仲間だ
加賀とヒカルタンの会話が微笑ましかったぞ
オレもアキラタンにハメるために勉強しる身分になってみたいぜ(*´Д`*)ハァハァ

961 :誘惑(8):02/08/11 20:29
Part9 からの続き

和谷の苛立ちはその後も続いていた。
最近、進藤は付き合いが悪い。どうやら塔矢とよく一緒にいるらしい。
大体塔矢門下と森下門下はライバルじゃなかったか?それなのに、当の塔矢アキラと馴れ
合って、どういうつもりだ。今日も、今度の森下先生の研究会に来るのかどうか確認しておこう
と思ったのに、いつの間にか見当たらなくなっている。
「進藤、どこ行ったか知らないか?」
「さあ?そう言えばさっき塔矢と一緒にいたけど…」
そう言われて、和谷は少しムッとした。
また塔矢かよ。最近のあいつらはなんかヘンだ。他の奴らは気付いていないみたいだが。
ああ、苛々する。塔矢の事を考えると苛々するから考えたくないのに、進藤のせいでまた思い
出してしまった。もしかすると、でも苛々の原因は塔矢と進藤のセットなのかもしれない。
訳がわからない。もう、嫌だ。こんな苛々は。

気を晴らそうと思って、和谷は棋院の屋上へ向かった。本来なら立ち入り禁止のはずの屋上
だが、鍵はかかっていなくて誰でも出入りできる状態になっている事を、和谷は知っていた。
こんな、息苦しい部屋の中にいるからこんなに苛々するんだ。今日は天気が良い。外に出れ
ばきっと気が晴れる。
階段を上っていって、最後の踊り場を回ろうとした和谷に、小さな声が届いた。

962 :誘惑(9):02/08/11 20:29
「…それよりもさぁ…、なあ…塔矢ぁ、」
甘えるようなヒカルの声が聞こえて、和谷は耳を疑った。なんだ、今の声は。
続いて、アキラの声が耳に入った。
「ばかっ、やめろよ、進藤、こんなとこで…」
「いいだろ、誰もいねぇよ…」
なんだ?今のは。
どういう事だ?

足音を潜めて階段を上っていく。
薄暗い、屋上へ通じるドアの前の踊り場に、和谷は信じられない光景を目にした。
抱き合ってキスしている、進藤と塔矢。
進藤の口から僅かに漏れる、あれは…喘ぎ声?
塔矢の首に手を廻して、しがみついて、何してんだ?おまえ?男同士で。
しかも塔矢の、手?なんだ?あのいやらしい手は。進藤の尻を撫で回して…
おい、進藤、なんだっておまえ、そんなヤツにそんな事、させてるんだ?

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/11 23:26
誘惑・・(;゚∀゚)=3 ハァハァ
続きが気になってしょうがないんだが。
和谷はトーマス化するのか? 続き待ってるぜ!

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/12 00:07
誘惑キテタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

ところでこれ、『無題』と同じ世界なんだよな?
すげェうれしい! 続編があるって幸せだ! 
誘惑たんがんがってくれな!

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/12 10:01 ID:???
誘惑、楽しみにしてるよ。

966 :誘惑(10):02/08/13 22:14 ID:???
気配に気付いたのか、アキラが薄目を開けて和谷の方を見た。
ヒカルを抱いたままのアキラの視線が、二人を睨みつけるように見る和谷の視線とかち合った。
一瞬眉を顰めて、それからゆっくりと唇をはなして、ヒカルの名を呼ぶ。
「進藤…、」
「や………と…や…」
名残惜しそうに、ヒカルがアキラの唇に追い縋る。
「進藤、」
とろけるような表情でアキラの首にしがみついたままのヒカルに、アキラが視線で、和谷の方を
指し示した。
「え………ぅわあぁっ!!」
ヒカルは慌てて真っ赤になってアキラから手をはなした。
アキラはヒカルの肩を抱いて、不遜な笑みを浮かべて、和谷を見下ろした。
「なに、してんだよ…、おまえら…」
「何って、見ての通りだよ。」
半ば開き直ったように、アキラが言った。
和谷はアキラを睨みつけて、言った。睨みつけながら、ダン、と音を立てて階段を上った。
「なんの、つもりなんだよ、貴様…、進藤に、何してんだよ、おまえ。」
「何してた、って、キスされてただけ。」
「されてたって、何だよ、その言い方…!進藤のほうから…そんな事、するわけないだろ!
おまえが、誘惑したんじゃないかっ!?」

967 :誘惑(11):02/08/13 22:15 ID:???
「誘惑?」
アキラが目を丸くして、和谷の言葉を繰り返した。
「へぇ、そうなの?」
それからヒカルに向かって、こんな風に言った。
「ボクがキミを誘惑したんだってさ。そうなのか?進藤。」
「塔矢っ…!」
面白がっているような口調のアキラを咎めるように、ヒカルはアキラの名を呼んだ。
「今、誘惑されてたのはボクのほうだと思うんだけど、ねえ、進藤?」
確かに仕掛けたのは自分の方だ。
和谷に自分とアキラとのキスシーンを見られただけでも恥ずかしいのに、こんな事を言われて、
ヒカルは恥ずかしくて死にそうな気分だった。
いつから見られてたんだろう。こんな所でキスをねだっていた自分をみられてたんだろうか。

からかわれているのがヒカルなのか、自分なのか、それとも両方なのか。
こんな場面を見られても、ひとかけらも慌てた様子を見せないアキラに腹が立って、和谷はアキラ
を睨みつけた。アキラはそんな和谷の視線を平然と、いやむしろ面白がるように受け止めた。自分
を、そしてヒカルをも、もてあそんでいるような、そんなアキラの態度に怒りが湧いてくる。
「塔矢、おまえ…」
怒りに震える声で自分を呼ぶ和谷に、アキラは小さく微笑った。

968 :誘惑(12):02/08/13 22:16 ID:???
「誘惑って言うのはね、」
アキラはヒカルの肩を抱いていた手で、そのままそこにいるように、と、ヒカルを押しとどめ、それ
から、つい、と和矢に向かって足を踏み出した。
気圧されたように、和谷が一歩後ろに下がった。
気にせず、アキラが和谷に詰め寄り、アキラの目が和谷の目を覗きこんだ。真っ直ぐ向けられた
アキラの視線から逃れようと、和谷は視線を揺らした。だがそれに構わず、アキラが今にも触れ
そうな至近距離まで顔を近づけると、和谷はもう、逃げられない。底の見えないような深い黒い瞳
に、幻惑される。
和谷の瞳に怯えを感じ取って、アキラは目をすっと細め、唇の端を軽く持ち上げた。それから、
両手で和谷の頬を包み込み、引き寄せ、目を伏せて唇を重ねた。
呆然としている和谷の中にアキラの舌が侵入した。逃げようとする和谷の顔をアキラはしっかり
と押さえつけ、舌を絡めとる。和谷の抵抗など意にかけず、アキラが和谷の口腔内を蹂躙する。
膝の力が抜けて立っていられなくなりそうになり、和谷はアキラの腕と肩にしがみつく。それでも
アキラは和谷への攻撃を止めない。薄目を開いて和谷の表情を観察し、そして和谷から完全に
抵抗の意思が消えたのを確認してやっと、アキラが和谷の唇を解放し、顔をはなした。
アキラがとん、と和谷の肩をつくとそのまま和谷はカベにもたれかかって、呆然としてアキラを
見上げた。
「こういうのを言うんだよ。誘惑するっていうのは。」
アキラは和谷の耳元でそうささやくと、一歩下がって、クス、と笑って和谷を見た。

969 :誘惑(13):02/08/13 22:17 ID:???
かあっと和谷の頬が赤くなった。
悠然とその様子を見下ろしながら、そのまま、立ち位置を変えずにヒカルの方を振り向いて、
「進藤、」
と呼んで、手を伸ばした。
「塔矢っ…」
目の前で起きていることにどう反応したらいいのか―怒るべきなのか、 わからないまま、ヒカル
は自分に向かって伸ばされたその手を掴まえた。
が、逆にアキラがその手を取って、強引にヒカルの身体を引き寄せた。
そしてそのまま、うろたえたヒカルの唇を塞ぐ。
そしてゆっくりとヒカルを味わった後に、ヒカルの目を見つめたまま、顔を離した。
「…塔矢っ…!」
今度はヒカルがはっきりと非難を込めてアキラの名を呼んだ。
「口直し。」
そう言ってアキラがにこっと笑ったのを見て、ヒカルはかっと身体が熱くなるのを感じた。
それからアキラは和谷を振り向くと軽い笑みを返し、それからヒカルの肩を抱いて、
「行くよ、進藤。」
と言って、和谷をそこに残したまま、歩き出した。
ヒカルがアキラの顔を見、それから、和谷を振り向き、何か言おうとしたが、強引なアキラの手に
引きずられるように、歩き出さざるを得なかった。

970 :誘惑(14):02/08/13 22:18 ID:???
カベにもたれたままずるずると腰をおろし、しばらくの間、和谷は呆然とそこに座っていた。
足に力が入らなくて立てなかった。
何もできずに、何も言えずにいるまま、アキラとヒカルが去っていくのを、ただ見送っていた。
よろよろと手を口元へ持ってきて、指で唇の輪郭をそっとなぞる。
アキラの唇の感触を思い出しながら。
いったい、今、自分に何が起きたのか。
キスって、あんなものだったのか、と陶然としながらも、アキラの顔を思い出した。
それから急に腹立たしさがこみ上げてきて、ぐいと唇をぬぐった。
なんのつもりだ。アイツは。オレを、もてあそんだのか?いきなりあんな、激しいキスをしてきて。
しかも、「口直し」だって?悪かったな、口直しが必要で。
アイツは、何を考えてやがるんだ。
この間のパーティでは突然、今までの諍いなんてなかったように笑いかけてきて。
オレときたら、それだけであがっちまって。蛇に睨まれた蛙みたいに。
そして今日はオレをからかうように、キスなんかして。
あの悪魔は一体何を考えてやがるんだ?
進藤の事も、こんな風にたぶらかしたのかよ?

971 :970:02/08/13 22:19 ID:???
昨日トーマスの誕生日だったんだな。
これは誕生日プレゼントには…ならねぇよなあ。ごめんよ、トーマス。

倉庫番様
いつもいつもありがとうございます。
毎度、注文が多くて申し訳ありませんが、以下の2点、お願いします。

・「甘い経験・Part2」で最後の21を前の頁に含めて[16-21]にしてもらえますか?
本来は20と21はまとめてUpするつもりだったのが長文ではねられて、
止む無く区切っただけだったので。
うpした時に言っておけばよかったですね。済みません。

・「誘惑」は無題、甘い経験に繋がってる話なので、相関図はこんな感じでお願いします。
第三部→予習→甘い経験→Part2→誘惑
無題・番外は第三部から分岐する形で。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/13 23:42 ID:???
誘惑キタキタ!!
どうなるんだ一体!
和谷おまえどうするんだ!
アキラたんを襲っても軽くあしらわれそうだし、
ヒカルたんだったらアキラたんの報復が怖いな(w

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/14 10:57 ID:???
誘惑キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(。  )━(A。 )━(。A。)━━━!!!!!
魔性のアキラ(・∀・)イイ!!

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/14 18:20 ID:???
誘惑キテタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!
続くのか?トーマスどうしたいんだ?
アキラたんを襲うには役不足だが、ヒカルたんならあるかも…
ヒカルたんがやられちまって、報復する悪魔のようなアキラたんを見たいぞ!!!

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/15 00:48 ID:???
キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
でも、和谷はヒカルというよりアキラの方に惹かれてるよな?
だったらアキラの方にGO!だろう!逝け逝け和谷!

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/15 12:18 ID:???
誘惑キタ━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!
和谷とのエチーはまだ無いからな。期待…和谷とのエチーといえばカゲロウさんはどうしてしまったんかのう?
偽りさんも早く来てくれ〜!

977 :誘惑(15):02/08/16 18:41 ID:???
「おまえ、なんて事するんだよ…」
「何が?」
アキラはヒカルの方を見ず、真っ直ぐ前を向いたまま、答えた。
「何が、じゃねぇよ、どういうつもりだよ、和谷にキスなんかしてっ!」
「声が大きいよ、進藤。」
低い声でアキラが言った。
階段から廊下に出て、振り返らずにすたすたと早足で歩いていく。ヒカルは必死に後を追う。
アキラは廊下の奥の小さな会議室に入った。
「おい、塔矢、」
ドアを後ろ手で閉めながら、アキラの背中に呼びかける。
「なんなんだよ、さっきのは。なんで、和谷にキスなんかすんだよ、オレの、目の前で。」
「わかってないね、進藤。」
滅多にない厳しい声色の理由が、ヒカルにはわからない。
「怒ってるのはボクの方だよ。」
やっとアキラが振り向いて、言った。
だがその表情の険しさにヒカルはぐっと押し黙ってしまった。
「先にボクの前であいつと仲良くしてたのは誰だ?
今までもずっとずっと、ボクの目の前で楽しそうにあいつと喋ってたのは誰だ?
大事な友達だなんて言ったのは誰だ?あいつと仲良くしろ、なんて言ったのは誰だ?
今までずーっとキミがしてきた事を思えば、キスの一つや二つ、何だって言うんだ。」
「な、何言ってんだよ、それとこれとは全然話が違うじゃ…」

978 :誘惑(16):02/08/16 18:42 ID:???
「違わないよ!ボクが今まで平気だったとでも思ってたのか?
キミはわかっちゃいない。ボクはね、あんなヤツにキミのまわりをうろうろして欲しくないんだ。
友達だって言うから、我慢してた。ボクには友達なんていないから、キミがどういう風に彼を
『大事』に思ってるかなんてわからない。だから今までずっと我慢してたんだ。
それなのにキミときたら…」
「塔矢っ!」
ヒカルがアキラの抗議をさえぎるように叫んだ。
「なんだよ、それ…、それって、ヤキモチやいてたのかよ?
それでなんで和谷にキスするんだよ?わけわかんねえ。」
「そんなの、ボクだって知るもんか。」
「じゃあ、オレが和谷とキスしてても平気なのかよ?おまえ。」
「いいわけないだろう!?そんなにあいつが大事なのか!?」
噛み付くような形相でアキラが言った。
「はあ?ふざけんなよ、訳わかんねえ事言ってんじゃねぇよ、このバカヤロウ…!」
思わずヒカルもかっとして、アキラの手首を掴む。そしてそのまま両手首を掴んでカベに押さえ
つけ、強引に唇を塞ぐ。荒っぽいキスを与えながら、身体を密着させ、脚の間に自分の脚を割り
込ませて、アキラの下半身を刺激する。
アキラがそれに反応してヒカルの口の中に息を漏らす。ヤメロ、と唇が動いているのがわかる。
顔をはなすと、アキラがヒカルを睨みつけている。ヒカルも負けじとアキラをにらみ付けたまま、
アキラのズボンのファスナーを下ろし、アキラのペニスを取り出して手中に収めた。
「何するんだ、やめっ……」
抗議の声など最初から耳にかけず、それを両手で扱きあげながらしゃがみこんで、ヒカルの手
が与える刺激に素直にムクムクと頭をもたげかけはじめたそれを口に含んだ。

979 :誘惑(17):02/08/16 18:44 ID:???
「…いい加減に…くっ……しろよっ、進藤…!」
「途中で止めていいのか?」
にやっと笑いながら、アキラの顔を見上げて言った。
「おまえも、バカな意地張ってると、昼休み、終わっちまうぜ?」
アキラは頬を上気させ、荒い息をはきながらも、ヒカルを睨みつけた。が、ヒカルが手を動かす
とその刺激に目を閉じ、頭を反らせる。そうしてもう一度ヒカルがアキラを根元まで咥えこむ。
口腔全体で絡めとるように締め付けられて、ヒカルの口中でアキラが欲望を解放する。ヒカル
は放たれたものを飲み下し、更にそれでは足りない、というように吸い上げ、丹念に舐め取ると、
ようやく腰を上げ、そして壁に寄りかかって荒い息をついているアキラの耳元でささやいた。
「つまんない事、考えんなよ。オレが好きなのはおまえだけなんだから。
おまえ以外の奴に、こんな事したいなんて思わねーよ。」
だがアキラはヒカルのそんな言葉など聞いていないように、ヒカルを睨みつけて、吐き捨てる
ように言った。
「よくも…よくも、こんな時に、こんな場所で…さっきといい、今といい、この恥知らずの色ボケ
野郎…!」
「バーカ、そんな顔で睨んだって恐くなんかねーよ。色ボケてんのはおまえだって一緒だろ。」
思わず振り上げかけた手を、アキラはぎゅっと握って、精一杯ヒカルを睨みつけた。
「…今日の手合い、負けたらキミのせいだからな。」
そんな捨て台詞を残して、くるりと背を向けて乱暴な音を立てて部屋を出て行った。
ヒカルはそんなアキラを半ば呆れ顔で見送った。
「…何言ってんだよ。負けるなんて思ってもいないくせに。」
そして時計を見、更に机の上に放り出されているコンビニの袋とそこから転がりだしているサンド
ウィッチを恨めしげに見た。
「やっぱし…時間ねぇかぁ…、昼メシ食い損ねたな。腹へった…」

980 :誘惑(18):02/08/16 18:44 ID:???
自分でも無茶苦茶な事を言っているということはわかっていた。ヒカルに責められるまでも無く、
馬鹿なことをした、とは、思っていた。
進藤はボクのものだ。ボクだけのものだ。
そう、和谷に見せ付けてやりたかった。それだけの衝動であんな馬鹿な真似をして。
和谷の事を「大事な友達」と言ったヒカルの言葉が、ずっと頭に残っていた。
自分にはヒカル以外に大事なものなんてないのに、それなのに彼は「おまえとは全然違う」けど、
それでも「大事な友達」だなんて言う。その「大事な友達」である和谷への嫉妬と、そして、自分は
持っていない友人を持っているヒカルへの嫉妬心が、あんな真似をさせた。

自分にはヒカル一人しかいない。けれどヒカルには自分一人ではないのだ。
皆から好かれる、太陽のようなヒカルが好きだ。そういうヒカルだからこそ、好きになった。
なのに友達と一緒に笑っているヒカルが、眩しくて、羨ましくて、けれどそれが自分ひとりに向けら
れたものでない事が妬ましくて、あの笑顔を自分だけのものにしてしまいたくなる。
いっそ彼をどこかに閉じ込めて、自分一人のものにしてしまいたい。
その光が自分以外の人間を照らしたりしないように。
それが歪んだ独占欲に過ぎないという事を頭では理解していても、心は黒い感情を抑えきれない。
そんな時には、本当に自分が嫌になる。そして、だからこそ、自分の心の闇をヒカルに照らして欲
しいと思う。だからこそ、あの太陽を自分ひとりだけのものにしてしまいたくなる。
どうしようもない、堂々巡りだ。
自分が情けなくて、アキラはため息をついた。
彼は、どうするつもりだろう。
自分とヒカルとは特別な仲なのだと見せ付けてやりたかった。おまえなんかに出る幕はないんだと。
それだけの子供っぽい理由から、もしかしたら、不要な火をつけてしまったのかも知れない。
あのままで済むはずがない。そんな嫌な予感がした。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/16 21:07 ID:???
キタ━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━!!!!!
誘惑楽しみにしてるんだよ!
毎日、ここ覗いてるんだ。今日は読めて幸せでつ。

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/17 20:04 ID:???
キテタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
そりゃこのままで済むわけが無い。
和谷には火がついたはずだ。
トーマス化した和谷を止められる奴はいない!


983 :誘惑(19):02/08/18 00:31 ID:???
何とか対局中はその事を頭から追いやる事ができた。ぎりぎりで勝ちを拾って、礼をすると、
頭を上げて周りを見回した。だが彼はすでに終局したようで、そこにはもういなかった。

けれど自分の部屋に帰っても、まだ昼間の事が頭から離れなかった。
塔矢の唇の感触。それが与える陶酔感とその後の屈辱。そして、抱き合って甘い会話とキスを
交わしていた塔矢と進藤。進藤を抱いていた塔矢は、二人の雰囲気は、キスだけでは済まない
ような、それ以上の関係があるような、そんな感じだった。
どういう事なんだろう。塔矢が、進藤を抱いているんだろうか。
あんな風に甘えて、塔矢の腕に抱かれているんだろうか、進藤は。
何を、バカな想像をしているんだ、オレは。
進藤の日焼けした体と、塔矢の白い体が絡み合っている。
塔矢の白い手が進藤の身体の上を這いまわる。それに進藤が甘い泣き声を漏らす。
どんな言葉をささやくんだ。塔矢は。そしてどんな声で応えるんだ。進藤は。
やめろ、バカな事は考えるな。
オレには関係ない。あの二人が、キスしてようと、セックスしてようと、オレには関係ない。
そうじゃないか?オレには関係ない。
それなのに。脳裏に浮かんで離れない、塔矢の顔。
笑いかけてきた、にこやかな笑顔。進藤を見た時の、花のような笑み。そして進藤を見る優しい
眼差し。熱い視線。そして―
「やめろっ!」
声に出して叫び、頭を振る。それでも浮かび上がる映像は消えない。
眼前に迫る塔矢の妖しい笑み。躊躇もなく触れてきた唇。押し入ってきた熱い舌。
あれがディープキスというものなのか。男にキスされて、腰砕けになるなんて、どうかしてる。
オレのことなんかなんとも思ってないくせに。からかうだけのために、あんな風に笑って。
あんなキスをして。
許せねぇ。

984 :誘惑(20):02/08/18 00:32 ID:???
許せねぇ。振り切るように、和谷は頭を振った。
気を落ち着かせよう。そう思って、PCの電源を入れた。
ネット碁のサイトにアクセスし、対戦相手を探す。今でも時々saiの名を探してしまう。
きっともうsaiは出てこないのだろうと、頭ではわかっていてもあきらめきれない何かがあった。
―やっぱり、いないな。
わかっていた事なのに気落ちしてしまって、なんとなく、ネット碁を打つ気にはなれなかった。
和谷はそのまま、前によく行ってていた掲示板にアクセスした。
何でもありのその巨大掲示板は、根も葉もない噂の中に時折真実のようなものが混ざっていて、
半分以上はウソだとわかっていながらその混沌とした情報の中を漂うのは刺激的でもあった。
だが、あまりにもくだらないウソや中傷や、なんの根拠もないような憶測に辟易して、最近はここへ
はアクセスする事は少なかった。
―ここに、アイツらの事を、書き込んでやったらどうなるかな…?
誰にでもわかるような簡単な当て字で―いや、「若手プロ棋士のTとS」と言えばそれだけで十分通
じるだろう―二人のことをぽろっと書いてやれば、後は適当に尾鰭がついて噂は面白おかしく作り
上げられていくだろう。
頭の中で文面を考えながら入力し、書き込みボタンをクリックしようとした。だがその時、なんだか
急に虚しくなって、和谷は手を止めた。所詮、ここは便所の落書きのようなものだ。それに、ここに
書き込んだことが、当の本人達の目に触れる可能性は少ないだろう。進藤はパソコンを持ってい
ないし、塔矢がこんな所に出入りするとは思えない。それじゃ、なんの憂さ晴らしにもなりゃしない。
奴らの知らないところで噂になってたって、あいつらは痛くも痒くもないんだ。
「ちぇっ、つまんねーな。」
なんか、面白いとこ、ねぇかな、そう思いながら、和谷はサイトの目次を表示させた。

985 :誘惑(21):02/08/18 00:33 ID:???
誤ってどこかをクリックしてしまったらしい。ウィンドウが開いて「趣味一般板」という頁が表示された。
―「趣味」か。オレには無縁な言葉だな。
だが、特にどこに興味があったという訳でもないので、和谷は見るともなしにぼんやりと、上位
スレッドのプレビューに目をやった。と、そこに上げられていた長文に和谷の目が止まった。
―なんだ?これ…ポルノ…か?なんでこんなのがこんな所に…
和谷はゴクリと唾を飲み込んだ。なんだ、と思いながら目は文章を読んでいた。
が、それは途中で寸断され、「省略されました・・全てを読むにはここを押してください」とメッセージ
が表示されていて、更に次のレスに続きのようなものが挙げられている。和谷は迷うことなく、画面
をスクロールさせて「最新50」をクリックした。雑談のようなレスやAAの後に、似たような長文レスを
見つけた。だが、先程目にした文章とは違う。さっきの前の分だろうか、と思いながら読み進める内
に、その内容に和谷は眉を顰めた。
―なんだ、これ?男…?ホモ話かよ…?
オレはホモじゃねぇぞ、と思いながらも、その性描写に和谷は自分が興奮しているのを感じていた。
―な…んだ?ホモって、こんななのかよ?こんな風に…
突然、和谷の脳裏に、抱き合ってキスしていたアキラとヒカルの姿が甦った。
―アイツらも…こんなふうに、してんのかよ…?
文字情報だけの描写は容易にその登場人物を別の人物に置き換える事ができる。
和谷はそれを自分もよく知っている人物―アキラとヒカルに置き換えながら読み進めるのに夢中に
なっていた。和谷の目の裏では、書かれている通りにアキラがヒカルを弄り、攻め、声をあげさせて
いて、そして書かれた喘ぎ声はヒカルの甘い声となって和谷の耳に届いた。

986 :誘惑(22):02/08/18 00:34 ID:???
それなのに、突然文章は途切れていて、その次には、目にうるさいAAを使った「キター!」(どういう
意味だ?一体?)だの「ハァハァハァハァ」だの、訳のわからないレスが続いている。
「なんだ、こいつら、バカじゃねぇか!?雰囲気ぶち壊しじゃねえかよ!!」
和谷はモニターに向かって悪態をついた。
―そりゃ、こんなの読ませられりゃ興奮はするかも知れねえけどさ…、っていうか、これ、一体どう
いうスレなんだよ?
そう思って、スレの1を読んでもさっぱり訳がわからない。1に書かれており、またスレッドタイトル
にもなっている名前も、和谷には聞いた事もない名前だ。
―芸能人とかじゃないよなあ。何かのマンガとかアニメのキャラクターのファン(?)スレなのか…?
でもここ趣味板だろ?これのどこが「趣味」なんだ?わけわかんねぇ。
この時間ではスレッドの内容を一気に読む事はできないので、100ずつ区切って読んでいく。
どうやら、先程の小説の登場人物に妄想するスレッドらしい、が、一体この訳のわからない空気は
何なんだ?(さっきの「キター」はどうやら長文―小説?―が「来たぞ!」と言う意味なのか?)
妄想小説も先程のものだけでなく、何種類かの小説が少しずつアップされている。
こんな、男同士のエロ小説なんかをこんなにいくつも、こいつら、一体何を考えてやがるんだ。ホモ
好きの女の妄想スレかよ?の割にはなんかレスは男言葉だし…。男が男に興奮して、どうするんだ?
「次100」とスクロールを繰り返す内に、やっとさっきも読んだレスに辿り着き、もう一度和谷は、―その
前段階を読んで少しは状況が掴めた―小説を、もう一度貪るように読んだ。
そして小説を読みきって、最後のレスまで読みきると、和谷はもう一度その画面をリロードした。
例の長文の続きが来ていないかと思って。だが、新しいレスは期待していた長文ではなく、別のレス
に対するレスが一つだけだった。それを見て、和谷は急になんだか自分がバカみたいに思えてきた。

987 :誘惑:02/08/18 00:35 ID:???
作中、一部不穏な発言がありますが、初心者の言う事と思って聞き流していただけると幸いです。
決して作者がそう思っているというわけではございません。

トーマスが誤ってハァハァしてしまうスレは、本来なら愛好会より魔境の方が雰囲気的に合ってる
気がするんだが、まあ、あんまり他所様の名前を出すのもな…

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/18 03:48 ID:???
誘惑
                 キタ
         ┏━┳━━┳╋━━━┓
         ┃  ┠━━┻╋┓   ┃
         ┃  ┃  ┏━╋┛   ┃
       キタ╋━╋━┻(゚∀゚ )━-━╋━━!!
         ┃  ┗━┳━╋━━━╋
         ┃     ┃  ┃     ┃
         ┗━━━┻━╋━━━┛
誘惑たん、俺夜中なのに笑い転げたよ!腹イテ〜!
キタ━━━━━━━━━!!!!しる手も震える(w
トーマスの行動は最初にここに来た俺にそっくりなんだよな(w
リアルなトーマス反応ありがとな!
さて、これからトーマスがどう動くか楽しみだ。
最終的にはアキラたんとやって欲しいが(タチでもネコでもどっちでもOK)
つづき激しくキボンしる!

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/18 07:21 ID:???
ハハハハ! 笑ったよ〜!
トーマスが見たのってプチじゃないのか? トーマスがプチの小説を読んで
「どうして塔矢のセクースがこんなとこで!?」と慌ててるのかと思っちったよ。

>988
俺の反応も全く一緒さ!

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/08/18 07:22 ID:???
誘惑キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
このスレ見てハァハァ(;´Д`)しる和谷……笑いすぎて涙出た(w
和谷に親近感覚えたぞ!
そのハァハァ(;´Д`)をどうするつもりなんだ和谷。

991 :偽り:02/08/18 16:02 ID:???
高級住宅が並ぶ道を走り、やがて目的地である一角の大きな門の前で
止まった。
進藤は車から降り、持ってきていた専用のリモコンで操作し門を開ける。
オレは透かさず、車を中に入れると後部座席にいる少女を抱きかかえた。
進藤が独立して建てた家は、かなり大きい屋敷と言える代物だった。
タイトル3冠の彼は、相当の高額所得者だ。
未来のトップ棋士という事で賞金を元手に二十歳そこそこの若い身空で、
銀行からローンという形をとって、この屋敷を買ったと訊いたその当時は
呆れたが、(貸す銀行もどうかと思うが)彼の活躍は凄まじくとうに
払い終えていた。
進藤の両親は一緒に住んでは居らず、広い屋敷に女房であるあかりと
二人の子供の4人暮らしだった。
所詮、普通の家庭で育った進藤は使用人を住まわすという事をせず、
皆あかりが掃除やら身の回りの世話を一手に引き受けていた。
だが、何が原因か詳しい理由は分からんが、女房のあかりは一週間前から
実家に帰っているらしいので、進藤がいないときは当然子供だけになる。
あかりの方は、どうも子供を連れていきたかったらしいが子供が頑固までに
拒否したらしい。どうも子供の方が気を使って、母親より父親の方が
気がかりと見えて残ったのだろう。ま、当然だが。
進藤は人気棋士の為、よく地方のイベントに駆り出されたりする。
忙しい身であるので、子供だけこの家に置いていく訳にもいかず4日前の
地方イベントの前の日、知り合いに預かってもらうよう頼んだのだ。
実家の両親には、とても頼めなかったらしい。事情をすぐ知ったオレは
すぐ様、名乗りをあげたが・・・。
緒方は、目元をゆるめ腕の中の少女を見た。
”15年、オレは進藤の家庭に踏み込んでいるのか”
腕に感じる重みに年月を感じながら、緒方は感慨に更けっていた。


992 :偽り:02/08/18 16:41 ID:???
「緒方さん、早く!」一足先に行き玄関の戸を開け緒方を呼ぶ。
ヒカルは緒方の歩みが遅いので、訝しげに見た。
物思いに耽っている緒方は、ヒカルには不気味に見える。
緒方が何を考えて、自分たちに付き合っているのか分からないからだ。
子供が産まれてからずっと、緒方さんはオレ達に関わってきた。
囲碁関係の人には、誰にも知らせていなかった子供の誕生に緒方さんは、
なぜか聞きつけ生まれた翌日、病院に見舞いに来たのだ。
病院から退院する時でさえやってきて、なぜかそのまま親戚付き合いの
ようになってしまった。
頻繁にやってきては、子供の面倒を見てくれていたので助かったことも
在ったが。(と、いっても上の子だけだけど)
ヒカルは、つい一昨日みてしまった光景を思い出して一気に気分が
下がるのを感じていた。
棋院からの帰り道、夕方から夜になろうとする微妙な色合いの空の下、
門の前で緒方と自分の娘がキスし合っていたからだ。
あれを見た時の衝撃は、今でも忘れられない。
”光源氏計画!?ロリコン?ふざけるなよ”
一瞬自分が怒りでパニックになった。
緒方さんは独身だ。たとえ相手との間にすごい歳の差があろうと本人達の
自由だし世間的にはあまり問題じゃないかもしれない。
オレも二人がいいって言うのなら思う所はあるが、真剣なら許してやっても
いいと思っている。
でも、緒方さんは十中八九塔矢と付き合っている。
それに、余所にも絶対女がいる。それも複数の・・・。
その緒方がまさか自分までも手中に治めようとは、思っていないヒカルは、
これからの愛娘の行く末にため息が出るのであった。


993 :偽り:02/08/18 17:12 ID:???
塔矢家では、アキラが倒れたという連絡を受け騒然となっていた。
救急車を呼ぼうかと思ったが、どうやら気を失っているというだけで
脈も呼吸も正常ということから、ずっとお世話になっている掛かり付けの
医者の往診ですますことにした。
医者はアキラに触診や栄養剤の点滴を施した後、顔をゆるめて
「過労でしょう・・・このところ忙しかったようですし」と告げた。
明子と芦原は、その言葉に安堵しお互いに笑顔で顔を見合わせる。
今日、行洋は知り合いに呼ばれ留守にしている。
アキラの容態がかなり悪いのなら呼びつけているのだが、
たいしたことないのなら無理に心配させることはないと明子は思った。
身支度を整えて立とうする医者に「ありがとうございます」と明子は
礼を言うと、玄関先まで見送った 。
アキラの側には、芦原がいてアキラの穏やかな寝顔に顔を綻びさせた。
「びっくりさせるなよ、アキラ」芦原は、そういうと頭を撫でながら
つぶやいた。ただ事じゃない倒れ方だった。
彼には何かあるのだろうか・・・それは昔思っていた疑問でもあった。
でも、自分には絶対弱みを見せることは彼はしないであろう・・・。
オレじゃアキラの助けにはならない。そう思うと芦原は自分に歯痒かった。
誰か、彼を幸せにしてほしい。
芦原は、眠るアキラの頬を手の甲でさすりながらつぶやいた。


994 :誘惑(23):02/08/18 20:44 ID:???
「ケッ!くだらねえ!」
どうせ変態な奴らのくだらない妄想さ、オレはホモなんかじゃねえ、女の方が良いに決まってる。
そう考え、いま読んだ文章を頭から追い払おうと、ブックマークしておいたアダルトサイトにアクセス
する。だが、ダウンロードした画像に和谷は悪態をついた。
「なんだよ、ブスばっかりじゃねぇかよ!」
あれっくらいなら、塔矢や進藤の方がよっぽど美人だ。と、思ってしまって、和谷は慌てた。
―オレ、今、何を考えてた?
確かに、塔矢は綺麗だ。整った顔立ちと言うのはああいうのを言うのか、と思った事はある。
だがその美しい造形も、和谷にとっては塔矢アキラを「気に入らない」理由の一つだった。
女ならともかく、綺麗な男なんて、男が最も嫌うものだ。
そして進藤。あいつを美人だと思うなんて、どうかしている。そりゃ、確かに可愛らしい顔立ちとは
いえる。くるくると表情を変えるでっかい目に、子供っぽい口元。
何を考えているんだ、オレは。
なにもかもあいつが悪いんだ。塔矢のせいだ。
塔矢にしがみついて甘えていた、進藤の甘い声ととろけるような表情。見られて真っ赤になった顔。
いつもと全然違って見えた進藤を、色っぽいと思ってしまったなんて、どうかしてる。
そして―そして、その進藤の背中を、尻を、這いまわっていた白い手。
オレを惑わす、黒い瞳。柔らかな唇。オレをからかい、弄る、熱い舌。
あれは、色っぽい、なんてもんじゃない。いうならば―
「妖艶」と言う、先程読んだ文章の中の言葉が和谷の頭に浮かんだ。
例えば、あの唇が、舌がオレの――を弄るとしたら…
最初に目に入った文章の一節が甦る。和谷はそれを再現するようにファスナーをおろし、すでに昂
ぶりつつあった自分自身を取り出して、アキラの舌触りを想像しながら、自分の手でゆっくりと刺激
を与えていった。

995 :誘惑:02/08/18 20:46 ID:???
昨夜はここまで出すつもりだったのに一つうpし忘れたよ。失敗。
トーマスが見たのはプチであってプチでない、パラレルな世界のプチだと思ってくれ。

偽りさん、お邪魔してます。待ってたよ!
緒方が一体何考えてんだかさっぱりわからんな。何もかも全部が欲しいのか?
だがヒカルの娘に手を出すのはそれはヤバイだろうよ…思いっきり犯罪だ。

996 :名無しの愉しみ :02/08/19 06:06 ID:???
キタ━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━!!
偽りさん、誘惑さんスマン。残り少ないしキタ━━━━━━━━!!!!していいものかどうか迷ったんだが。
あちらでキタ━━━━━━━━!!!!するのも変かとも考え…。
ここ1000になったら、現スレが山猫化するまで現行スレにうpしてくれたらかなり嬉しいぞ!どうだろうか?
偽りさんはかなりどす黒い世界とみた。誘惑さん、違うんだよ、その子はたぶん……。
しかし和谷、ついにアキラたんフェラで抜くか━━━━━━━━━!!!!
どっちもつづき禿げしくキボンしる!

997 :名無しの愉しみ :02/08/19 20:43 ID:???
偽り、誘惑
   ┃   ┏━┃              ┃┃
 ━┏┛ ┏━┃ ━━(゚∀゚)━━┛ ┃┃
 ━┏┛ ┛  ┃              ┛┛
   ┛       ┛              ┛┛
偽りは異色というか、独特な世界観が好きだ。
そのまま偽りさんの世界を突っ走って欲しい。
芦原ならアキラを幸せに出来ると思うんだけどな。既婚者じゃ無理か?
誘惑和谷、パラレルプチに思いっきり影響受けてるな(w
どちらも続きをすぐにでも読みたい。
出来れば、今のスレに続きを載せてくれるとありがたいが、待てと言われれば
待つぞ。

998 :偽り:02/08/20 07:22 ID:???
静けさの中、秒針を刺す音がやけに響く。
あれからどのくらいの時が過ぎたのであろうか・・・。
しかし芦原はアキラが目覚めるまで帰りたくなかった。
アキラの顔を覗き込む。端麗な顔立ち、昔も今も彼から受ける
美のイメージは損なっていない。
初めて会った時、幼いアキラの美しさに見惚れてた。
毎週毎週の研究会が楽しみでたまらず、そのアキラの友達になれた時は、
どんなに嬉しかったか。
かなりテンションが上がって周囲に自慢しまくった憶えがある。
周りはかなり呆れていたが・・・。
今、芦原の脳裏には小学生の時のアキラと自分が楽しそうに笑っている
映像が駆け巡っていた。あの頃は誰よりも一緒にいた。
そう兄弟子緒方さんよりも・・・でも今は自分も彼も(彼は特に)
多忙でなかなかゆっくり顔を付き合わすことがなかった。
アキラと緒方さんはよく会ってるらしくいつも一緒にいるところを
見ている。・・・だからだろうか?アキラが目が醒めた時、
自分が側にいてやりたい。
でも、辺りはすっかり暗くなりもう10時を回っていた。
明子も芦原にもう帰るよう促したが、もうしばらくいることを告げると
明子はにっこり笑い、”アキラさんは幸せ者ね”と云って席を離れた。
「家に電話しなくちゃ・・・」時間が時間の為、芦原は携帯を取り出し、
登録をしてある自宅の電話にかけようとした。
「う・・んん・・」その時、うめき声と共にアキラの身体が身じろいだ。
「アキラ?」
芦原は携帯をほっぽり投げ、アキラの方に目線を戻した。
苦渋に満ちたアキラの顔を見た芦原は、「アキラ!アキラ!!」と
比較的大きな声で呼びかけたが目覚めない。
芦原はアキラの手を絡めるとアキラの顔を覗き込むようにしながら叫んだ。
すると、アキラの瞳がゆっくり開き、やがて顔を綻ばせると唇を動かした。
「お・・がた・さ・・ん・・?」


999 :名無しの愉しみ :02/08/20 09:19 ID:???
偽りさんキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!
アキラたんに対する芦原の愛情が満ち満ちてるなあ。普遍的な愛っていうか。
天然芦原が魔性の恋に目覚めたりしるのだろうか?気になる。
しかし今から15年後っておもしろい設定だなあ。
つづき待ってるよ。

1000 :名無しの愉しみ :02/08/20 10:14 ID:???
| |_
| ||||,||ヽ
| |ー゜)_| 次の山猫で、君に握手!
| | |つ))
| |∧|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

348 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)