5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

葉鍵板最萌トーナメント!!1回戦 round36!!

183 :茂美支援SS:01/11/14 07:25 ID:GlfaydhI
 夜、10時半。いつもの時間。
 私は自分の部屋で、高校に入ったときに部屋につけてもらったコードレスの子機と向かい合い、そわそわと、電話が鳴るのを待つ。
 友達からの電話を待っているのではない。友達には適当に理由をつけて、子の時間帯にはかけてこないように言ってある。私が待っているのは、ただ『あの人』からの電話だけだ。

 トゥルルルル…

 来たっ!
 私は1階にいるお母さん達に先に出られないように、すばやく子機を奪い取った。
「はいっ、川口ですけど…」
『川口茂美だな』
「!」
 その声だけで、体の中の全部の神経がビン、と弾かれた気分になった。
 聞き間違えるはずがない。『あの人』の声だ。
『周囲の状況を伝えろ』
「はい」
 いつもどおりの、『あの人』の命令。冷たく、低く、それでいて言葉の一つ一つが響いてくる声。簡単に言うと『逆らえない声』だ。
「私はこの電話を、2階の自分の部屋で取りました。父と母は1階の居間でテレビを見ています。おばあちゃんは、そろそろ1階の自分の部屋へ寝にいったと思います。弟は隣の部屋でゲームをしています。その音が、こちらの部屋にも少しもれ聞こえています」
『そうか。それではお前の今の状態を教えろ』
「はい。私は今、ベッドに腰掛けています。1時間ほど前にお風呂に入り、今はパジャマ姿です。昨日と同じ薄手のピンクの上下です。ショーツは…水色の柄なしで…ブラは…つけてません」
『よし、いいだろう』

『それでは、今日の調教を始める』

262 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)