5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

汝、陵辱スレ

1 :名無しさんだよもん:01/12/18 02:05 ID:eLcmVw+A
陵辱してぇなぁ 陵辱!!

2 :2でマジレス:01/12/18 02:07 ID:is70cslu
そうだな

3 :1:01/12/18 02:08 ID:eLcmVw+A
俺は秋子さんを陵辱してぇんだよ

4 :名無しさんだよもん:01/12/18 02:10 ID:is70cslu
そうか、俺はユズハを陵辱してみたいぞ

5 :駄スレ認定委員:01/12/18 02:11 ID:01t3sLmD
漫才駄スレ

6 :名無しさんだよもん:01/12/18 05:07 ID:J/WZzqtt
「凌辱」が正しいらしいが…

7 :名無しさんだよもん:01/12/18 19:02 ID:J//X/NQQ
>>6
どう違うの?

8 :名無しさんだよもん:01/12/18 19:07 ID:ejRIcyhx
犯りたいなぁ、確かに。

9 :名無しさんだよもん:01/12/18 19:14 ID:AcwGuFMK
>>4
激同意。そういうシナリオ書いてくれ、む〜む〜。

10 :名無しさんだよもん:01/12/18 20:57 ID:uASK1eUd
秋子さんを凌辱するのなら前にどっかで見かけたな。
探す?

11 :名無しさんだよもん:01/12/18 21:04 ID:IYTxlI4G
今頃スレタイトルがシャレであったことに気づいた。

12 :名無しさんだよもん:01/12/18 21:17 ID:P2z5r8tH
凌辱してえなあ、凌辱!!

13 :名無しさんだよもん:01/12/18 21:20 ID:O2wuXYcY
汝、姦淫するべし

14 :名無しさんだよもん:01/12/18 21:20 ID:IcCO3NEg
葉鍵キャラ凌辱なら、こっち↓のスレで動いてますぜ。

気に入らないキャラにこんなことをさせたい
http://game.2ch.net/test/read.cgi/leaf/1005068803/

15 :名無しさんだよもん:01/12/18 22:53 ID:aCJKIrSE
>14
違う、ここは敢えて気に入ってるキャラを凌辱させるスレなんだ。

16 :ここの2と4:01/12/18 23:59 ID:is70cslu
http://www.angelfire.com/jazz/sayurinmoe/mata-ri/yuzuha.jpg
敢えて気に入ってるキャラを凌辱してみた…忙しくなけりゃ着色したんだが…

17 :名無しさんだよもん:01/12/19 04:07 ID:HyYun2wU
凌辱してえなあ、凌辱!!

18 :名無しさんだよもん:01/12/19 04:09 ID:AWrjs94u
佐佑理さんを、りょーじょくしてみたいのぅ。

19 :18:01/12/19 04:11 ID:AWrjs94u
言い忘れたが、16イイ! とってもイイ!

20 :ここの2と4:01/12/19 04:14 ID:nFwI5gVZ
なんでこのスレ上がってるんだよ(w

俺も佐祐理さん(一応「祐」注意な)凌辱してぇ、誰かSS下さい。
仕事ほっぽいて挿絵つけるんで(w

21 :18:01/12/19 04:20 ID:AWrjs94u
書いてみようかなー。
今晩か明日にあぷ出来るかもー。
出来は期待せんでくれやー。

>一応「祐」注意な
スマン。

22 :18:01/12/19 04:33 ID:AWrjs94u
それから、弁解をこめて言うと、
佑はしゃれのつもりダダんだよ……。

23 :ここの2と4:01/12/19 04:34 ID:nFwI5gVZ
ぉぅ、こちらこそスマソ
SS大期待

24 :18:01/12/19 04:48 ID:AWrjs94u
書き始めだけアップしてみた……。
続きは今日か明日かは不明。即席もいいところだ。

 たったったっ……。

 佐祐理は夜道を急いでいた。

 祐一と舞が、毎晩学校に出かけていることは、昨日突き止めた。
 二人は何かをそこでやっている。恐らく真剣に。

 なら、わたしにも何か出来ることがあるのかも知れない。

 二人が自分を遠ざけようとしていることは分かっていたが、それでも何か出来ることがあるかも知れない、と佐佑理は思っていた。

 とにかく、確かめよう。二人が、何をやっているのか。

25 :18:01/12/19 04:49 ID:AWrjs94u
 ……しかし、その途中で。


「おい、そこのお嬢さん」
「え?」
 佐祐理は振り向いた。
 暗がりの向うに、何名かの男が立っている。
「そう、あんた」
「何か、御用ですか?」
「とりあえず、身の危険を感じたほうがいいんじゃないか」
「はい?」
「若い女の子が夜道を一人で歩いていて、見知らぬ男達に取り囲まれているんだぜ?」
「!」
 気付かない間に、彼女の前方にも男達が居た。

「何か、御用ですか?」
 佐祐理は落ち着いた口調で繰り返す。

「倉田佐祐理、18歳。とてもいいところのお嬢さん」
「!」
「悪いな。あんたのお父さんと喧嘩している相手が、俺達に仕事を頼んできたんだ。こんなに早くチャンスが訪れるとは思っていなかったが」

 何人かの男が佐祐理に飛び掛る。

 しかし、佐祐理はすばやく身をかわし、彼らを投げ伏せた。

「さすがだ。なかなかやるじゃないか。だが、まだ隙が多い」

 その声を聞いたとき、佐祐理は腹に拳を喰らい、地面にうずくまった。始めに声を掛けてきた、指揮者らしい男は、その一瞬に距離を詰めたのだ。

26 :18:01/12/19 04:50 ID:AWrjs94u
一応言っておくと、佐祐理さんの一人称は「わたし」なんだよもん。

27 :ここの2と4:01/12/19 04:52 ID:nFwI5gVZ
18さんヽ(´ー`)ノマンセー
ラフ取りしときます。

28 :18:01/12/19 04:58 ID:AWrjs94u

「うっく……」

 その男は、うずくまっている佐祐理の胸元を左手で掴んで引き上げた。

「構えは、もっと丁寧にやるもんだぜ。お嬢さん。そんな大ぶりな動きじゃ、護身術にならない」
「……」
「あと、腹筋が足りないな」

29 :18:01/12/19 04:59 ID:AWrjs94u

 そう言って、佐祐理の下腹部に男は右手を伸ばした。
「!」
「こんなにやわらかくちゃあ、なぁ」
 そう言って、服の上から彼女の下腹部をぐりぐりと撫でる。
「あ、あぅっ」
「でも、その方が男は喜ぶわな」

 周囲にいる、部下らしい男達が卑下た笑い声を出す。

「なぁ、お嬢さんよ」

 男は佐祐理の顔に自分の顔を近づけて、その眼を覗き込んで言う。

「……」

「おぅ、威勢のいい目だ。……生まそうだよな」

 そして、佐祐理の頬をべろん、と舐めあげた。

「……止めてくださいッ!!」

 彼女の悲鳴が、深夜の路上に響いた。

30 :18:01/12/19 05:01 ID:AWrjs94u
修正。

 そう言って、佐祐理の下腹部に男は右手を伸ばした。
「!」
「こんなにやわらかくちゃあ、なぁ」
 そう言って、服の上から彼女の下腹部をぐりぐりと撫でる。
「あ、あぅっ」
「でも、その方が男は喜ぶわな」

 周囲にいる、部下らしい男達が卑下た笑い声を出す。

「なぁ、お嬢さんよ」

 男は佐祐理の顔に自分の顔を近づけて、その眼を覗き込んで言う。

「……」

「おぅ、威勢のいい目だ。……旨そうだよな」

 そして、佐祐理の頬をべろん、と舐めあげた。

「……止めてくださいッ!!」

 彼女の悲鳴が、深夜の路上に響いた。

31 :18:01/12/19 05:07 ID:AWrjs94u
続きは明日、と一応宣言しておく。
……分からんけど。

皆、萌えるんかなぁ。

32 :ここの2と4:01/12/19 05:10 ID:nFwI5gVZ
少なくとも自分は萌えました

33 :名無しさんだよもん:01/12/19 05:12 ID:9peT7oPA
うむ萌えた。

34 :18:01/12/19 05:15 ID:AWrjs94u
ありがたう……。

がんばってみるよー。

35 :名無しさんだよもん:01/12/19 19:23 ID:5L2KYhZO
18を偉い(エロい)と思う人の数→∞

36 :名無しさんだよもん:01/12/19 19:32 ID:Rm4eHsrA
「陵辱したい」とぼやくスレ、だったのが
ちゃんとSSが載ってるよ〜

とりあえず>18、頑張れ。

37 :18:01/12/19 22:07 ID:a1kLEQzT
頑張るよ〜。

とりあえず、先にやらなきゃならんことがあるので、
それを終わってから書くから何時になるか分からんけど、
多少なりとも話は進めるので。

38 :18:01/12/19 23:10 ID:cDEVisWi
アプするね。

あ、一応。佐祐理は内心では一人称は「わたし」。
人前では「佐祐理」だよ。注意な。
それから、時々佐祐理側と男側に視点が変わる。
長めの空白で区切るから、大丈夫だと思うけど。

39 :18:01/12/19 23:11 ID:cDEVisWi
「止める?」
 男はくっくっ、と笑いながら言う。
「何を、止めるんだ?」
「……」
 佐祐理は言葉に詰まる。
「言ってみろ。聞いておこう」




 佐祐理は必死に考えを巡らす。
 助けが来る望みは薄い。このあたりは殆ど人通りが無い。昼間、通学路に使われるだけ。しかも早回りの抜け道として。
 自分で何とかする。
 下半身に受けた一撃の痺れがまだ残っていた。
 足の自由が利かない。
 決断する。

 右手のひじを、男の顔面目掛けて突き上げる。

「遅い」

 だが、男の声が耳に響いた瞬間、佐祐理の肘は空を切った。同時に体は跳ね飛ばされ、街路沿いの塀に叩き付けられた。
 悲鳴を漏らすまも無く、男が迫り、佐祐理の首筋と右手首を封じて壁に抑えつける。

40 :18:01/12/19 23:12 ID:cDEVisWi
「あんた、予備動作が大きすぎるんだ。考えていることが丸出しなんだな」
 ううっ、と佐祐理は呻いた。

「後学のために覚えておくといいさ。お嬢さん」

 他の男達が二人に追いつき、周囲を固める。

「で、だ」
 男は言う。
「何を止めるんだ?」

41 :18:01/12/19 23:13 ID:cDEVisWi
 佐祐理は壁に押さえつけられたまま、再び男をきっと睨み、言った。

「佐祐理が、嫌がることをです」

「……分かりやすい答えだ」

「あなたは、してはいけないことをしています。佐祐理は、今日のことは誰にも言いません。お父様にも」
「脅迫のつもりか?」
「……」
「いや、違うな」
 男は一人で頷く。
「事前情報では、あんたは本当にいいお人よしらしいからな。本気でそう思っているんだろうな。いいやつだなぁ。なぁ」

 周囲の男達の笑い声が響く。

 男は顎で合図をした。何名かの佐祐理の手足を壁に押さえつける。
 佐祐理は脱しようとしたが、びくともしない。
 万力のような力。

「ああ、俺ほどじゃないが、こいつらもなにげに力持ちなんだ。下手に暴れると手首をひねったりするから、気をつけてな」
「……くっっ」
 佐祐理は構わず暴れる。しかし、動けない。

42 :18:01/12/19 23:16 ID:cDEVisWi
 そろそろ、始めるか。

 抵抗する佐祐理を見ながら、指揮官の男は思った。


「まぁ、いいさ。あんたが嫌がること、っていうのは、こういうことかな」

 改めて佐祐理の前に立った男は、体を寄せて、その右手を佐祐理の胸に伸ばした。
 制服の上から、鷲づかみにするようにして、揉み上げる。適度の弾力。その温みがなんとも言えず心地よい。

「……やあっ!」

 佐祐理は、たまらず悲鳴をあげた。

43 :18:01/12/19 23:17 ID:cDEVisWi
とりあえず、こんなとこで。

結構改行制限が厳しいですなぁ……。

44 :18:01/12/19 23:18 ID:cDEVisWi
続きは後でか、もしくは明日か。
楽しんでくれる人がいるのなら、頑張ります。

45 :名無しさんだよもん:01/12/19 23:30 ID:+KK6wsaS
神降臨!!その名は18。

46 :18:01/12/19 23:36 ID:cDEVisWi
>>45

おお、読んでくれている人が居る。嬉しいです。
どなたでも、何か感想あったら教えてください。今後の参考のためにも……。

47 :18:01/12/19 23:38 ID:cDEVisWi
では、また、後ほどか明日……(はっきりせんでスマソ……)。

48 :名無しさんだよもん:01/12/19 23:55 ID:wzeRJEc0
18さん素晴らしいです!
いやまじで。ついでにage

49 :18:01/12/20 00:14 ID:oZJ8b8zJ
ありがたう……、まだやること終わっていないんだけれど、一休みして追加しに来ました。

50 :18:01/12/20 00:15 ID:oZJ8b8zJ
「素直な反応だ。いいぜ」

 ごわごわの制服の上着の上から、さらに撫で、揉みしだく。何枚かの布の下にあるその二つのふくらみを想像して楽しむ。

 さらに、左手をくびれたウエストに伸ばす。

「適度に運動している女の子っていうのは、こう、微妙に肌にいい張りがあるのがいいよな」

 無造作にざわざわと撫でる。

 引き締まったウエストの感触もまた、いい。

 佐祐理はまた暴れた。

 男は一人喜ぶ。

「やぁ、うれしいねぇ。お嬢さんがターゲットで良かった。最高だ」

 まるで品定めでもするかのように、佐祐理の腰をさわさわと撫でる。

 そして、左手をそのまま佐祐理の臀部に動かす。

51 :18:01/12/20 00:18 ID:oZJ8b8zJ
「や、やぁ……」

 スカートの上から、撫でる。今度は丁寧に。別に急ぐつもりはない。

 右手も胸から離し、下にすべらせてゆく。

 ゆっくりと、撫でながら。

 暴れても、その手はまるで吸い付いているかのように離れない。

 そして、そのまま股にまで滑らせる。


 佐祐理が一層暴れる。

 スカートの上から、手をすべらせていくと、空間がある部分がそのままへこむ。そのままなぞるように、押し込んでゆく。スカートの上から、佐祐理の敏感な部分へと。

「やーーーーーッ!!」

52 :18:01/12/20 00:23 ID:oZJ8b8zJ
ここまで。また続きは、後ほどか明日。

53 :18:01/12/20 00:33 ID:oZJ8b8zJ
そう言えば、「ここの2と4」さんは居ないのかなー。

うぐ、頑張ります。皆様、感想宜しくお願いします〜(それしか言えない)

54 :ここの2と4:01/12/20 01:23 ID:Vsm87S4o
ぐはぁ、すんませんレスつけられなくて。
ついさっきコンパ帰りで今、読んだところです、

てか18さん凄過ぎ、ビクーリしましたよ。
ってなわけで触発されたので今から眠い目擦りながら描きまくります。
朝までに一枚くらい出来てると良いな…

あと、自分、21日〜1月中旬まで帰省…(当方学生)
なのでその間何も出来ませんが携帯から毎日チェックするので是非ともに
このスレ続けていって欲しい…と我侭言ってみる。

55 :18:01/12/20 02:09 ID:oZJ8b8zJ
一時的復活です〜。

>54さん

喜んでいただけたようで何よりです。
絵を描いていただけるのですか。嬉しいです……。

>あと、自分、21日〜1月中旬まで帰省…(当方学生)
 それは残念。その時までこのスレがあるかどうか分からないけれど、
またお会いできれば良いですね。

うぐ、もうちょい書こうかなぁ……。

56 :18:01/12/20 02:13 ID:oZJ8b8zJ
それと、感想を書いてくださる方、
もしも特に萌えたりハァハァしたりした個所があったら、教えていただける
と嬉しいです〜。多少面倒かも知れませんが、より一層萌えを目指すための
糧として参考になるかと思いますので……。

勿論、単純に一行感想をいただけるだけでも嬉しいです。レスがつくと、
やはり嬉しくて書く気になりますので。はい。

57 :マターリ君(´ー`)y-~~:01/12/20 02:22 ID:TKYwgFRj
名スレの予感…

陵辱グループのリーダー格の男のキャラ立ちが巧いような。
判りきってることをネチネチと繰り返して言葉で怯えさせるあたりが、
気の強いお嬢さんの抵抗する力をじわじわ奪ってイク達人の技でカコイイ。
余裕綽々でセンセイ的なのも、『未だ男を知らない佐祐理を無理矢理教育』というハァハァなテーマを
強調しているようでつね(´ー`)y-~~

58 :18:01/12/20 02:23 ID:oZJ8b8zJ
「やーーーーー!!」

 撫でる。あくまで、そっと。肝心な部分は、まだ先でいい。

「やぁ、やぁ、やぁぁああああああッ!!!!!!」

 さわさわ。

 スカートの上から、触れるか触れないくらいかの強さで、撫でる。

「んー、暴れない方がいいな。指がかえって食い込むぞ」

 動きが、止まる。止まったが、小さく震えている。

「ん、その方が、多分被害は少ないな」

 男はくっくっ、と笑い声を漏らしながら、言う。

「もっとも、今のところは、だがな」

 そう言いながら、臀部と、局部のあるあたりを、スカートの布の上からそっと、だが執拗に撫でたてる。

 その、微妙な張りを、楽しむ。弾力を、楽しむ。

59 :18:01/12/20 02:37 ID:oZJ8b8zJ
 スカートのざわついた布越しに微妙に体温が感じられて、やはり男の気分は高揚する。

 いきなり捲り上げて、むしゃぶりつくのも楽しいかもしれないが、それはやらない。

 さわ、さわ、さわ。

 震えている佐祐理の体を、男はさらに撫でた。

「やぁ、やぁ……」

「や、いい感じだ。楽しみだ」

「……」

「ほら、動きなさんな。……うん、いい感じだ」

 男は、しゃがむ。

 両手をそのままスカート越しに滑らせ、太ももを撫でてゆく。

 スカートが途切れ、素肌にさしかかる。

60 :18:01/12/20 02:47 ID:oZJ8b8zJ
 おお、感想が。ありがとう御座います。

>陵辱グループのリーダー格の男のキャラ立ちが巧いような。
>判りきってることをネチネチと繰り返して言葉で怯えさせるあたりが、
>気の強いお嬢さんの抵抗する力をじわじわ奪ってイク達人の技でカコイイ。
 ありがとうう御座います〜。
 男のキャラを見ていただいて何より〜。彼には佐祐理さんにしっかりと仕事をしてもらわねばなりません(w
 ええ、今後もネチネチと。彼はとっても達人と思われます。
 ゆっくり仕事をするですよー。

>余裕綽々でセンセイ的なのも、『未だ男を知らない佐祐理を無理矢理教育』というハァハァなテーマを
>強調しているようでつね(´ー`)y-~~

 はい。ハァハァなテーマな雰囲気になって参りました。
 佐祐理さんはゆっくりと教育されてしまうのでせうか。涙。涙。涙。

61 :18:01/12/20 03:00 ID:oZJ8b8zJ
 スカートが途切れ、素肌にさしかかる。

「!!」

 佐祐理が、また震える。

 男は、両手で太ももの形を確認するかのように撫でてゆく。

「うん、ここもいい。張りがいい。やっぱ張りだな。この張り」

 そう言いつつ、撫でる。

 佐祐理の肌は、予想以上に滑らかだ。男は今後の楽しみに、より期待を持つ。
 そして、黒のストッキング。本来は上のほうまで太ももを覆っていたはずのストッキングは、先ほど佐祐理が抵抗を試みた時に乱れて、下がっていたのだ。

「まぁ、生足よりは刺激的じゃないわな。普段の見た目は。大人しいお嬢様として、という奴か」

 ストッキングも撫でる。

「別に、俺はこういうものには特に興味は持たないが、まだ剥がなくてもいいな」

 わざわざ、ストッキングを上まで伸ばし直す。

62 :18:01/12/20 03:03 ID:oZJ8b8zJ
 そして、足首まで、撫でる。上を見る。もうちょっと進んで覗き込めば、スカートの中が覗けそうだ。敢えて、まだ、覗かないが。

「ん、下のほうの品定め、一応完了」

 男は立ち上がった。


 男は左手で佐祐理の顔を、正面に向けさせた。

 息が荒い。まぁ、ショックなんだろな。

 小さな唇から、はぁはぁ、と息が漏れている。

 右手で、彼女の髪を整える。

 佐祐理は、疲れきった眼で男を見つめる。

 まだ、何も始まっていないのにな。男は内心で笑う。


「ま、ご挨拶だ」

 そして、男はいきなり佐祐理の唇を奪う。かぶりつく、という方が正しいような勢いで。
 吸い上げる。

「ーーーーーーーー!!!」

 佐祐理は、眼を見開き、声無き悲鳴をあげた。

63 :名無しさんだよもん:01/12/20 03:04 ID:F11urNs9
ネチネチと教育される佐祐理さん…イイ!
18さん、頑張ってください。
今後のハァハァな展開期待しております。

64 :18:01/12/20 03:04 ID:oZJ8b8zJ
今日はここまでで良いですか? という訳で、ご感想お待ちしています〜。
是非是非、ハァハァ個所を教えて下され……。

正直、初めてえっちぃSS書いたです……。

65 :18:01/12/20 03:06 ID:oZJ8b8zJ
>>63さん

おお、カキコとほぼ同時で感想が〜。ありがとう御座います。頑張るです。

……唇は早かったかなぁ(謎)

66 :名無しさんだよもん:01/12/20 04:59 ID:n8+YMnt+
18さん、いいです。
欲を言うと、佐祐理の心理描写も書いてくれますとなお萌えるのですが…
頑張ってください。

67 :名無しさんだよもん:01/12/20 05:57 ID:ZTZqLBp3
も、萌え〜

68 :ここの2と4:01/12/20 06:34 ID:aa6kuJWf
http://www.angelfire.com/jazz/sayurinmoe/mata-ri/sayuri.jpg

はふぅ・・・昏倒してた・・・すんませんこれが今は精一杯
全然色気足りませんね・・・反省、
今日暇取れたらまた描きます。

何て、いうか歩の進め方?このネチネチ感がかなーり好みです。
言葉足らずだなぁ、自分・・・とにかく18さんマンセーヽ(´ー`)ノ

69 :名無しさんだよもん:01/12/20 21:49 ID:bbBMEy33
職人マンセー!

70 :名無しさんだよもん:01/12/20 22:36 ID:r6Wce/9u
駄スレかと思って覗いてみたら良スレの予感…

ここの2と4さん、素晴らしい絵ですъ( ゚ー^) 。
18さんのSSもじわじわと蝕むような感じでとても(・∀・)イイ!!

71 :18:01/12/20 22:49 ID:Js+db31H
 うぐっ。今日も書こう〜。適当にアプ予定。即席で書き次第。

>>65さん

 有難う御座います〜。心理描写については、今後適当に増えていく予定ですので、お楽しみに。

>>67

 萌えですか〜。

>>68

 素晴らしいです。マンセー!!ヽ(´ー`)ノ
 こんな素晴らしい絵を見たら私もまた頑張って書くですよ。
 ネチネチ行きたいです。

>>69

 有難う〜。

>>70

 良スレですか〜。嬉しいです〜。
 じわじわ蝕んでいきますです。

72 :名無しさんだよもん:01/12/20 23:54 ID:s4jjfVRV
18は凌辱大王だ

73 :名無しさんだよもん:01/12/21 00:08 ID:XheEJa//
すごいネーミングセンスだが、禿堂だ。

74 :18:01/12/21 00:14 ID:dlkjH3XO
続きをちょいと、です。


「ーーーーーーーー!!!」

 佐祐理は、眼を見開き、声無き悲鳴をあげた。

 一層強く暴れる。ばたばたばたばた。
 だが、男は左手で佐祐理の顔を動かないように押えつけ、その柔らかな唇をぢゅちゅっ、と強引に吸い上げた。
 佐祐理の眼に、涙が浮かんでいる。

 そして、舌を割り入れる。
 抵抗していたが、男が右手で胸を捻り上げると、その痛みに思わず口を開く。舌が絡み合い、男の唾液が佐祐理の口の中に流れ込んだ。
 男は執拗に舌をからませ、また、自ら混ざり合った唾液を吸う。

75 :18:01/12/21 00:15 ID:dlkjH3XO



 いやぁ!
 佐祐理は内心で悲鳴をあげていた。
 だが、声は出ない。
 男の舌が絡まる。
 いやぁっ、いやぁっ。
 逃げようとする。
 だが、舌は絡み合う。

 唾液。唾液。唾液。

 いやっ……。

 思わず、佐祐理は唾液を飲み込んでしまう。

 泣きたくなった。

76 :18:01/12/21 00:16 ID:dlkjH3XO



 男は口を離した。

 佐祐理は、荒く息を吐いている。形の崩れた小さな唇が、ひくついている。

「いい感じだ。うん、まったくいい感じだ」

 男は悦に入ったようすで言う。

「おう、忘れるところだった。そろそろ、こっちも始めなければならないな」

 佐祐理が、男を見上げる。

 男は指を鳴らす。

「……」

 ぱっ。

 いきなり、フラッシュが焚かれる。

「!」

 佐祐理は気付く。指揮官の少し背後に、数名の男が、カメラやTVカメラのようなものを持って、立っている。

77 :18:01/12/21 00:19 ID:dlkjH3XO
「証拠を残さねばならん。クライアントに渡すのさ」

 ぱっ。ぱっ。

 フラッシュが焚かれる。

「使用前、使用中、使用後、ってやつか」

 男達の笑い声。

「銀塩カメラ、デジタルカメラ、そしてビデオカメラ、と、まぁ、撮影機材には怠り無しさ。カメラはいずれもプロ仕様。ビデオカメラに至っては、俺らの仕事の為の特注品さ。そこらのアダルトビデオで使われているような機材とはレベルが違うぜ?」

「……やめて……」

「その顔いい。撮っとけ」

 また、焚かれる。

78 :18:01/12/21 00:19 ID:dlkjH3XO
「安心しな。別にばら撒いたりはしない。あくまでクライアントに渡すだけだ。恐らく、オカズには使われるんだろうけどな。ああ、ちなみに、ビデオはいつもダビングして渡しているんだ。オリジナルは俺らのコレクション」

「いやぁ!」

 首を振る。

「まぁ、別に嫌がっていて構わんがね」

 再び、佐祐理に近づく。

 顔を背ける。

 だが、顔を正面に向かせて、すばやくまた唇を吸う。フラッシュが焚かれる。

「ーーーーーー! ーーーーーー!」

79 :18:01/12/21 00:20 ID:dlkjH3XO
 唇を離し、笑う。

「ファーストキスの図、ってやつか。記念になるな。お嬢さんにも焼き増ししてやろうか?」

「……」

「ま、この後は、写真は適当に撮らせるから、欲しい写真があったら言ってくれよな」

「……」

 佐祐理は、震えている。

「なんであれ、嬉しいねぇ。お嬢さんが相手で嬉しい」

 男は、再び佐祐理の胸に手を伸ばした。
 両手で、さわさわと撫でる。

80 :18:01/12/21 00:21 ID:dlkjH3XO
「そんなにいやいや言いなさんな。俺は本当に嬉しいんだぜ? 俺らは仕事を頼まれればこなす。13から29の健康な女の子、という条件さえクリアしていればな」

 男は言った。

「ああ、健康っていうのには、性病を持っていない、という意味も含むな。当然の話だが。健康が一番だ」

 佐祐理は、顔を背けている。

「だがな、お嬢さん。この世界は魑魅魍魎の集まりだ。皆すさまじいことを頼んできやがる。政治家秘書がやってきて、対立候補の娘をヤってくれ、と言って来た時には卒倒しそうになったぜ。聞けば、その娘、8歳だっていうんだからな」

 わははは、と周囲の男が笑う。

81 :18:01/12/21 00:22 ID:dlkjH3XO
「勿論、そんな依頼は受けない。秘書と政治家本人、後で闇討ちで思いっきりボコったね。ああいう輩は、許せんからな。美学に反する」

「……」

「話が脱線したな……。つまりな、どんな美人でも、不美人でも、極端にやせていても、その逆でも、分け隔てなく俺らは仕事をせにゃならん。しかし、もしも別嬪さんならより仕事は楽しくなる。特に、あんたみたいな箱入り娘というのなら。最高だぜ」

「……」

「あんた、肉付きもいい。やせても居ないし、デブという訳でもない。適度にスリムで、適度にふくよかだ」

 そう言いつつ、再び胸に手を添える。
 揉む。

「乳もいい」



 お父様。

 一瞬、落ち着いて考える時間を得た佐祐理は、父を思い浮かべる。

 申し訳ありません。佐祐理は、お父様のお仕事の邪魔になってしまいそうです……。


 だが、男の手が伸びると、佐祐理は、再びパニックに陥る。

82 :18:01/12/21 00:24 ID:dlkjH3XO
とりあえずは、こんなトコで……。

続きはまた後でか、明日か。暇次第、と。
感想よろしゅうです。
ハァハァ個所もあればよろしゅうです〜。

83 :18:01/12/21 00:34 ID:dlkjH3XO
間違えました。

81修正。(文章の順番が殆どだけど)


「勿論、そんな依頼は受けない。秘書と政治家本人、後で闇討ちで思いっきりボコったね。ああいう輩は、許せんからな。美学に反する」

「……」

「話が脱線したな……。つまりな、どんな美人でも、不美人でも、極端にやせていても、その逆でも、分け隔てなく俺らは仕事をせにゃならん。しかし、もしも別嬪さんならより仕事は楽しくなる。特に、あんたみたいな箱入り娘というのなら。最高だぜ」

「……」

84 :18:01/12/21 00:35 ID:dlkjH3XO

 お父様。

 一瞬、落ち着いて考える時間を得た佐祐理は、父を思い浮かべる。

 申し訳ありません。佐祐理は、お父様のお仕事の邪魔になってしまいそうです……。


 だが、男の手が伸びると、佐祐理は、再びパニックに陥る。


「あんた、肉付きもいい。やせても居ないし、デブという訳でもない。適度にスリムで、適度にふくよかだ」

 そう言いつつ、再び胸に手を添える。

「やめて……」

 揉む。

「乳もいい。尻もいい。全部いい」

85 :18:01/12/21 00:35 ID:dlkjH3XO
シマッタ……。訂正なのにageてしまった……。

86 :18:01/12/21 01:38 ID:fpPNUuD+
もうちょっとだけ追加。



 そして、男は佐祐理の胸の辺りの制服の間に手を差し入れる。

「……!」

「そろそろ剥がせてもらうかな」

 右手を、上着とブラウスの間に差し込む。
 ぷつっ、とボタンが一つ飛ぶ。

 佐祐理はまた暴れる。すると、その弾みでボタンが2、3個、一気にはじける。

「ん、あったかい」

 左手でさらに開く。ブラウスがあらわになる。

 佐祐理は暴れる。

「邪魔だな」

 男は、いきなりブラウスを引き裂いた。とりあえず、服は邪魔だ。
 ブラジャーに押さえつけられた二つの大きなふくらみが、引き裂かれた服の間から、こぼれ出た。

87 :18:01/12/21 01:52 ID:fpPNUuD+
「いい形だ。やっぱいい形だよ。倉田佐祐理」

 佐祐理はさらに暴れる。膨らみも、それにあわせて大きく揺れた。

 男が顎で合図をする。部下達は、一斉に佐祐理を拘束する力を強める。
 佐祐理は壁に完全に押えつけられる。

「悪いが、動かれると味わえない」

 そして、ゆっくりと、顔を近づける。

 佐祐理は、それを見つめる。見つめることしか出来ない。
 時々焚かれるフラッシュに照らされるその顔は、ひどくはかない。

 男は、ブラジャーの上から、佐祐理の右の乳首に、ブラジャーの上から吸い付く。

「……止めて……。止めて、下さい……」

88 :18:01/12/21 01:53 ID:fpPNUuD+
 佐祐理は、眼を瞑った。
 だが、どうしようもなく嫌な感触は、己の胸にまとわりつづけている。

 ちゅっ。ちゅっ。ちゅっ。

 右の胸が、吸われている。

 ついで、左の胸が。

 ブラジャーの上から、吸われている。

 耐える。

 だが、そのこそばゆい感触に、二つの胸の先のそれは、固くなる。

「月並みな質問をしてやろうか」

 男の声が響く。

「感じているのか?」

 羞恥心が、一気に爆発した。

 佐祐理は、激しく首を振った。

「違う……違う!」

89 :18:01/12/21 01:59 ID:fpPNUuD+
 首を振りつづける佐祐理を見て、男は笑った。

「そんなにお約束な反応をしなくてもいいだろう、お嬢さん」

 そして、ブラジャーの中に、下から両手を差し入れる。

 揉む。

 強く揉む。その弾力を楽しむ。

 佐祐理がまた暴れる。

「でも抵抗は諦めない。その心意気はグッドだ」

 そして、一気にブラジャーを剥ぎ取った。

 覆うもののなくなった豊かな二つの乳房を揉みつづける。

 周囲を撫で、ついで、乳首を捻り、また、撫でる。

 佐祐理の耐える表情がたまらない。

 男は乳首に吸い付いた。今度はじかだ。その汗ばんだ味を、楽しむ。吸い、噛む。そしてまた吸う。

 なにかアクションを起こすたびに佐祐理は暴れる。よく疲れないな、と男は思う。

90 :18:01/12/21 02:15 ID:fpPNUuD+
自分しか書き込んでいない……。このまま続けていいのだろうか……。

91 :18:01/12/21 02:18 ID:fpPNUuD+
「いや、です……」

 佐祐理がつぶやいたように、言う。


 男は離れた。

「じゃ、止めるか」


「……どうせ、止めるつもりだったんだ。こればっかりじゃ、な」

 そう言いながら、男はしゃがみこんだ。
 びりっ!
 男はスカートの前の部分だけを破りとる。

「!」

「もう、いちいち捲くるのも面倒だしな」

 そして、両手を太ももに添え、上に滑らせてゆく。
 

92 :18:01/12/21 02:19 ID:fpPNUuD+
 男の手の感触に、佐祐理は恐怖を覚えた。
 見られてしまう。触られてしまう。
 私の、下着の、中が。
 私自身が。

 見られてしまうのだ。触られてしまうのだ。


 抵抗を試みる。だが、動けない。

 いやぁ!

 羞恥心に耐えられず、目を瞑る。堪えようとする。

 両手が、下着に触れた。撫でられている。
 撫でられている。

 そして、また違う、嫌な感触。
 湿ったもの。

 !

 吸われている。

 男は、信じられないことに、佐祐理の局部に、下着の上から、吸い付いていた。

 やーーーーーーーー!

93 :7つさんだよもん ◆ffU3G94s :01/12/21 02:20 ID:w5I0bBQh
続けてよし。
リョジョークは苦手だけど文章いいからつい読んじゃうよ!
なんつか、佐祐理さんがマジで「らしい」し。面白い。

がいしゅつだけど男の描写がイイわ。仕事人だな。
ていねいにていねいに事を進めるあたりとかが巧いね。
楽しみにしてます。ぜ。

94 :18:01/12/21 02:23 ID:fpPNUuD+
 がくがくと佐祐理のパンティーが揺れる。
 男は笑うと、パンティーを引き下ろした。
 そして、片側を引きちぎり、左太ももにそれを残す。その方が、そそるのだ。

 佐祐理の局部は、滑り光っていた。

 そりゃそうだな。男は思う。あれだけやられりゃ、そうなるだろう。

 だが、男は敢えて言う。

 経験の無い少女が、一番応える台詞を。

「はは。お嬢さん、濡れてるぞ」

95 :マターリ君(´ー`)y-~~:01/12/21 02:27 ID:yIKOv78B
>>90
投稿の真っ最中で、しかもハァハァなトコではなかなか感想をかきこむタイミングが無いのです(笑)<個人的に
ガシガシ続けて下さることを激しくキボンヌ。
あと、個人的事情ですが明日は5時起きなので感想は明日の深夜にでも(´ー`)y-~~

96 :18:01/12/21 02:29 ID:fpPNUuD+
レスはリアルタイムでいただけても嬉しいです〜。
リアルタイムで書いているので……。



 佐祐理の羞恥心が、再び、爆発した。

 いや、いや、いやっ。

 パニック状態の頭。

 だが、容赦なく、とうとう、隔てるもの無しに、佐祐理は、己の局部に、己以外のものが触れるのを感じた。

 柔らかな、それ。気持ち悪い。
 生暖かいものが、滑る。

 ……見ることが出来ない。何が起こっているか分かっている。だから、見ることが出来ない。

 そして、その感触は、佐祐理をどうしようもなく奇妙な気持ちに引きずり込む。

 気持ち悪い。その執拗な気持ち悪さに、彼女の本能的な部分が、刺激される。

 こんな人に、いきなり、舐められているのに、私は……。

 私は……!

97 :18:01/12/21 02:32 ID:fpPNUuD+

「……いやぁ」

 男は、局部を舐め続ける。

 佐祐理の悲鳴を聞きながら、舐める。

 ついで、舌をさしこむ。

 舐める。吸う。舐める。

「ああ、だめ、駄目です……」

 心地よいよがり声を聞きながら、楽しむ。

 また、舐める。

 ついで、口を離した。

 男が舌で与えた刺激の影響で、随分と反応を示した局部に、いきなり指を差し込んだ。

 きついな。

 暴れるのにも構わず、いささか乱暴に、その内部をかき回す。

 佐祐理の悲鳴を楽しみながら、いじる。

 ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ。
 

98 :18:01/12/21 02:34 ID:fpPNUuD+
 気持ち悪い。気持ち悪い。だが、こそばゆく。

 感じたくない。だが、感じてしまっている。

 たまに、自分自身で自分を慰めるのとは、まったく程度の違う刺激。

 男の指が、佐祐理の中で蠢く。蠢く。蠢く。

 いやぁ……。

99 :名無しさんだよもん:01/12/21 02:38 ID:FPCgjsx8








100 :18:01/12/21 02:45 ID:fpPNUuD+
 男は、指を引き抜き、立ち上がった。

 佐祐理は、眼を瞑ったまま、泣いていた。


「おーい」

 男は、佐祐理の額をこつこつと叩いた。

「とりあえず、終わったから、眼を開いたらどうだー」

「……」

「開きなって」

 男は乳房を捻りあげる。

「……あうっ」

 佐祐理が、眼を開き、男を見る。

「こういう場合、次に何が来るか分かるかい?」

「……知り、ません」

「エロ小説とか読まないの? あるんだろ? 女の子向けのものとかさ」

101 :18:01/12/21 02:46 ID:fpPNUuD+
 佐祐理は、力なく首を振る。

「ま、どっちでもいいや」

 男は顎で合図をした。


「ああっ」

 佐祐理は、いきなりひざを突かされる。そして、顔を上に向けさせられる。豊かな髪が、ばふっ、と舞う。
 佐祐理は、男を見上げる。
 男は、佐祐理の前に立つ。そして、笑うと、ズボンのチャックを下ろした。

 佐祐理は、顔を背けようとした。

 だが、動けない。

 男のそれが、そそり立っていた。

102 :18:01/12/21 02:47 ID:fpPNUuD+
 一休みです〜。

 続きはどうしよう?

 感想等、激しくよろしくで御座います〜。

103 :18:01/12/21 02:48 ID:fpPNUuD+
書いてしまおうかなぁ。

104 :名無しさんだよもん:01/12/21 02:55 ID:FPCgjsx8
佐18
祐が
理ん
がば
んれ
ば応
れ援
くし
じて
ける



105 :18:01/12/21 03:00 ID:fpPNUuD+
#佐祐理ががんばると、逃げられるかもしれませんです(w

私にしばしのエロ力を。どうか、そのための感想を……。




 まるで別の生き物のように、ひくついている。

 臭い。なにか、いやな臭い。

 その先頭からは、透明な液体が、僅かに溢れている。

 蠢いている。

 臭い。汚い。

 その、汚いものが、私の顔の前に、ある。
 

106 :18:01/12/21 03:04 ID:fpPNUuD+
 佐祐理の表情を見て、男は笑った。

 そんなに嫌な顔をすんなよ。お互い様だろ。俺ばっかりだと不公平だし。

「……佐祐理は、何も、求めて、いません」

「初耳だな」

「……」

「という訳で、咥えてくれ」

「嫌、です!!!」

 佐祐理は激しく首を振る。

 だが、再び押えつけられ、上を向かされ、固定される。

「ほ〜ら」

 男は、佐祐理の唇に先端を当てた。めり込ませる。ぷにゅ、と唇がへこみ、男の先端が入り込む。
 男の体に快感が走る。これだけでも、気持ちがいい。

 佐祐理が暴れて、押えつけられた頭と動が激しくがくがくとゆれる。

 男は、佐祐理の歯茎を己の先端で弄ぶ。
 

107 :18:01/12/21 03:07 ID:fpPNUuD+
 いやぁ!!!

 佐祐理は、己の唇に進入したそれに、半狂乱になる。

 臭い。汚い。

 だが、抵抗する。口を硬く閉じる。

 進入したものは蠢き、ひくつく度に佐祐理の唇を持ち上げる。

 耐える。必死に耐える。閉じることしか、今は出来ない。

108 :18:01/12/21 03:07 ID:fpPNUuD+
また書いた……。

今日、侵入させるべきデスか?(爆)

109 :名無しさんだよもん:01/12/21 03:13 ID:bbVmQvd7
18さん、楽しませてもらってます。
お嬢様佐祐理がビデオを撮られながら犯されるのはとてもツボです。
ガンガンやっちゃってください。
でも侵入は今の時間帯人が少ないから明日の方がいいかもしれませんね。

エロ力補給かネタにつまったら下のHPなぞを参考にしてみてください。
ttp://www.hakagi.com/main.html

110 :18:01/12/21 03:13 ID:fpPNUuD+
今増やしています……。

今日、侵入させるべきだという人がいるのなら、レスをいただけると、本当に嬉しいのですが……。
や、もう、夜も遅いですし、自分がラストなら、明日ゆっくりアプすればいいかなー、と。

111 :名無しさんだよもん:01/12/21 03:50 ID:dHQqkUzz
18さん最高です。久々に神を見た気がする・・・。

112 :ここの2と4:01/12/21 07:13 ID:8f7cWCYk
はう、18さん凄いや。ファンここに一人(w

スランプ気味だぁ…一応フェラ
http://www.angelfire.com/jazz/sayurinmoe/mata-ri/sayurifera.jpg
ホントはあれって、手が8割方役割しめてるんだよね?ダメだ…

あと、宣言通り今日には旅立ってしまうので、これ置いてきます、
ちょっと早いですが18さんとこのスレ見てくれた方、良いお年を。
http://www.angelfire.com/jazz/sayurinmoe/mata-ri/sayurimaid.jpg

113 :駄スレ認定委員:01/12/21 14:35 ID:vfKwVyHU
馴れ合い駄スレ

114 :名無しさんだよもん:01/12/21 16:16 ID:q/Ap39s+
>>113
楽しいですか?(嘲笑)

115 :名無しさんだよもん:01/12/21 19:01 ID:fxGA/4DS
>112
手が、っつーか、
ふつうにやってもらってもあまり面白いもんじゃないのよ……
もうちょっと奥まで使うとか、バキューム状態なら手なしでも面白いのだが。

…と、友達が言ってました(w

よいお年、の前に、よいクリスマスを〜

116 :名無しさんだよもん:01/12/21 20:01 ID:ILEypfx7
凌辱スレなのにマターリしてる...
だがそれがいい。


18さん、ここの2と4さんマンセー

117 :名無しさんだよもん:01/12/21 20:13 ID:UeVuy30T
>>18
あんた最高。 下手なエロ小説よりよっぽど読ませますわ。
侵入は、個人的にはもっと先の方が…
最後に残して置いたりすると萌えるんだけど、そこまででなくても他にいろいろ
やってからの方がいいのではないかなぁ、と。

あと出来ればリボンは最後まで取らないで下さい(w

118 :18:01/12/21 23:40 ID:vki8nDf+
こんばんは〜。

やってまいりました。今晩も、少し話を進められたらいいなぁ……。

もうちょっとで作業が開始できると思うのですが、一応未定ということで。

侵入、というのは口の中に侵入、という意味ですが、それも最後の方がいいのかな?


お返事もまた後ほどさせていただきたく思います。

では、後ほど。

マターリ……。

119 :18:01/12/22 00:30 ID:4eXl0B8t
どもです。新しい部分を始める前に、
>>98を訂正。ちょっと書き直します。


 気持ち悪い。気持ち悪い。だが、こそばゆく。

 感じたくない。だが、感じてしまっている。

 感じる、ということ。

 佐祐理は、この年齢になってもなお自らで自らを慰めることを知らない少女だった。

 このように、精神的側面で性的に未発達なままであったことには、彼女の家の教育方針が大きく影響を与えていた。つまり、彼女は、箱入り娘として健全に教育され、成長する過程であった。

 彼女は理想的な、令嬢となりつつあった。

 その彼女が、いきなりこの日を迎えたのだ。

 その刺激は、あまりにも過激だ。

120 :18:01/12/22 00:31 ID:4eXl0B8t
 男の指が、佐祐理の中で蠢く。蠢く。蠢く。

 ゆっくりと、ゆっくりと。

 くち、くち、と音が響く。

 何の音かは、眼を瞑っていても分かる。


 音をたてているのは、彼女自身の、その場所。その場所なのだ。

 私の、私の恥ずかしいところが、恥ずかしい音をたてているのだ。

 いやぁ……。
 

121 :18:01/12/22 00:31 ID:4eXl0B8t

 恥ずかしい。自分が、恥ずかしい。

 見られている。撮られている。撮られつづけている。そして、音をたてている。


 くち、くち。


 たてている。たてている。



 ……痛い!

 激痛が走った。

122 :18:01/12/22 00:32 ID:4eXl0B8t
 指が、さらに内側に、入ろうとしているのだ。

 無理やり、押し広げようとしている。

 痛い。痛い。


 佐祐理は叫んだ。

 自分の声が聞こえない。
 何も聞こえない。
 でも叫ぶ。
 何かを叫ぶ。
 もう、声になっていない。


 痛い。痛い。やめて。入らないで。入らないで。

 お願いです。やめて。無理です。

 やめて。やめて。痛いです。とっても痛いんです。

 くち、くち。

123 :18:01/12/22 00:33 ID:4eXl0B8t
 痛い、痛い。

 ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃ。

 痛い、痛い痛い痛い痛い痛い。


 気持ち悪い。感じている。痛い。


 ーーーーー痛い!





 ……止まった。

 指が離れた。やっと離れた。

 でも、異物感が残る。

 じんじんと、残っている。

 痺れと、痛みが、残っている。

 残っている。

124 :18:01/12/22 00:34 ID:4eXl0B8t
 ……ほら、それこそ自分で慰めたことも無い方が、尚一層燃える、ということで。
 そういう設定にさせて下さい(爆)

125 :18:01/12/22 00:35 ID:4eXl0B8t
 それから、今更ですが、いくつかレス。

>>72
>>73

 大王なのデスか〜。それは誉め言葉なのでしょうか?(w

>>93

 続けてマス。佐祐理さんらしいですか〜。ええ、それは、今やられちゃっているのは佐祐理さんご本人ですから、恐らくそうなるかと。そういうことにさせて下さい(爆)

>>95
 ガシガシです。
 ハァハァな個所はいくらでも教えてください。参考にさせていただきマス。

>>109

 ツボですか。とにかく特注機材仕様ですので。わーい(w
 参考サイト、ありがとう御座います。
 ですが、折角ですのでテキストは他の方のものを参考にせずに突っ走ってみようかと思います。

CGはとっても参考にしようかと思っていますが(爆)

126 :18:01/12/22 00:36 ID:4eXl0B8t
>>111

 最高ですか〜。嬉しいです〜。

>>112

>CG

 マンセー! 可憐な少女はかくて汚されてユクのデスね!(w

 良いお年を〜。来年、またこのスレでお会いできれば良いですね。

>>115

 ふつーというか、嫌がることをやることに指揮官は意義を見出している模様です(w

>>116

 マターリですねー。
 マターリだから続けられるです。

>>117

 最高ですか。わーい。
 リボンについては、内緒(w

 侵入はつまり、やっぱ口は最後の方が、という意味なのでしょうか?

127 :18:01/12/22 00:36 ID:4eXl0B8t
サテ……新しい部分に進むか……。

128 :117:01/12/22 00:44 ID:gP8h++pX
>>18
わ〜いはじまった、楽しみにしてますよ〜
口ならもう、いくらでも(w
ところで場所移動しなくていいのかな?
改めて読み返してみたんだけど、路上だと出来ること限られちゃうからなぁ…

129 :18:01/12/22 00:46 ID:4eXl0B8t
>>128

路上? 他の場所と言いますと、なにかそういう場所があるのでしょうか。

まぁ、折角ですから暫くはここで続けるつもりですが(w

130 :名無しさんだよもん:01/12/22 00:58 ID:RmTgmI5h
某リンク集で自作自演と宣伝が話題になってたサイトの事

131 :名無しさんだよもん:01/12/22 01:08 ID:USNua53m
くそ、俺の佐祐理に手を出しやがって...

132 :117:01/12/22 01:12 ID:gP8h++pX
>>129
いや、SS内で襲われてから移動の描写がなかったから路上なのかなと。
時間もシチュも限られてるのに、つくづく描写の力のすごさに感服。

133 :18:01/12/22 01:16 ID:4eXl0B8t
 ふーん。

 男は必死に耐える佐祐理を見下ろす。

 当然と言えば当然の反応だが、なかなか元気じゃないか。


 男は、今一度、最後の抵抗を試みている佐祐理を見下ろした。涙眼で、唇を、男の先端で弄ばれている少女。魅力的で、刺激的。刺激的過ぎる。
 堪らんな。

「そうか、そんなに嫌か」

 そして、男は、先端を佐祐理の唇から、離した。

「強いな、お嬢さん」

「……」

「じゃあ、せめて舐めてくれよ」

 佐祐理は、弱弱しく、いやいやと首を振る。

「まぁ、理解できる反応ではあるが」

「……」

「しかし、進展が無い」

 

134 :18:01/12/22 01:16 ID:4eXl0B8t
 男は、指を鳴らした。

「きゃあっ」

 その音と共に、佐祐理はいきなりそのまま体を後ろに倒させられた。膝を追ったまま、後ろのめりになる。
 そして、体を持ち上げられた。
 それこそ、丁度男のそれと平行になるような角度で、体を固定される。
 佐祐理は動くことが出来ない。
 両腕が、後ろに羽交い絞めにされる。

 胸を突き出した形になる。

「いい眺めだな。いまだに純潔を守ろうとする悲劇の美少女、動けずに男の前でいやらしくさらけ出すの図」

「……」

 佐祐理は首を振った。二つの形のいいふくらみが、彼女の前で左右に揺れる。

「もっと倒せ」

 男の声に従い、部下達がさらに佐祐理の体を倒す。

 男は前に進み出て、中途半端に浮きあがった形になっている、佐祐理の体の上にまたぐ。

 佐祐理が暴れ、破かれた制服がざりざりと音を立てる。

 男はそれに構わず、腰を突き出した。そして、いきなり佐祐理の胸の間に、己自身を割り入れた。

135 :18:01/12/22 01:18 ID:4eXl0B8t
「ーーーーーー!」

 二つの豊かな膨らみの間に、男のそれはそのまま入り込む。
 その温もりが、男自身に伝わる。
 柔らかい。

「おお、いい感触だ。胸のある女の子だから出来る技だな」

「な、何を……」

「挟んで貰おうと思ってな。口が駄目だ、というのなら、こっちだ」

「やぁっ……」

「知らんのか? 気持ちいいんだ、これも」

136 :18:01/12/22 01:18 ID:4eXl0B8t

 男は二つのふくらみを、左右から寄せ上げる。そして、己自身をその間でしっかりと包み込むようにする。
 そして、前後にこすり始める。

 弾力のある膨らみと、男自身のそれがこすれあい、ずずっ、ずずっ、という音を立てる。

「この、摩擦がいい」

「いや……」

「じゃあ、口でやるか」

「……」

「なら、このままだ」

 男はさらに腰を前後させながら、二つのふくらみを揉む。そして、乳房の先端を捻り上げる。

「あ、あっ」

「おや。気持ちイイのか?」

 首を振る。

 揉む。その肌が上気しているのは、羞恥心からか、それとも感情の高まりからか。
 いい眺めだ。

137 :18:01/12/22 01:22 ID:4eXl0B8t
 や、あれから始めるまでにちょっと時間を食ってしまいました。待っていた方、済みません。

 というわけで、とりあえず書きました。まだ書きます(W

 あと、路上なのです。その方がいいかな、と。季節は秋くらいにしておいてください(w

 始めは暖冬のつもりでしたが。暖冬のままでもいいかな。
 とりあえず、肌寒いけれど寒すぎない気温。

 でもって、前後を男の部下が固めて、完全に空間を遮断しています。

 感想、ハァハァその他宜しくです〜。

138 :18:01/12/22 01:25 ID:4eXl0B8t
あと、街灯があるので、それなりに佐祐理の肌とかは見えます。

ええもうバッチリと(w

139 :名無しさんだよもん:01/12/22 01:31 ID:fXxy6yM7
18さんの見てたらリョジョークが書きたくなった・・
それはさて置きいい仕事してますね、完結待ってますハァハァ

140 :18:01/12/22 01:36 ID:4eXl0B8t
 佐祐理は首を振った。

 この人はとんでもないことを口にしている。

 わたしに向けて、……って言っている。

 汚い。

 なまじ経験が無い分、その想像は一気に膨らむ。

 汚いものが、わたしの顔に、掛けられる。

 や。やです。
 嫌です。そんなこと、嫌です。

 駄目です。佐祐理は、駄目です。

141 :18:01/12/22 01:43 ID:4eXl0B8t
「イヤなのか?」

 男は笑いながら聞いた。

 頷く。がくがくと頷く。

「そうか。じゃあ、仕方が無い」

 男は、体を離した。

 佐祐理は、はぁ、はぁ、と息をしている。

 指を鳴らした。

「え……きゃっ?」

142 :18:01/12/22 01:44 ID:4eXl0B8t

 再び、佐祐理は体を起こされ、前のめりにさせられる。先ほどと同じ格好。そして、顔を上に向けさせられる。

「え……」

「そうだよな。胸で抜くなんて、勿体無い。俺もそう思っていたトコなんだ」

「え……」

「折角出すんだ。お嬢さんの口の中に出さないと」

「そんな……」

 佐祐理は、絶望したような表情を浮かべた。

 その顔が、なおさら男を喜ばせる。

「さぁ、咥えてくれ」

143 :18:01/12/22 01:48 ID:4eXl0B8t
 佐祐理は激しく首を振ろうとした。
 嫌です。そんなの、嫌です。
 臭いが鼻をつく。
 気持ち悪い。
 目の前で蠢いているものを見つめる。

 男のけむくじゃらの股間から、そそり立っているそれ。

 びく、びく、と脈を打つようにしんどうしている。

 佐祐理は口を閉じる。
 それしか出来ない。

 顔を動かせないので、眼で、男を見上げる。

 男はにやにやと笑いながら、腰を突き出してくる。

 唇に当たる。

 気持ち悪い。

144 :18:01/12/22 01:51 ID:4eXl0B8t
 耐える。

 男は一回離すと、その先端を右の頬に押し当てる。ぴたぴたと頬を叩く。

「いや、って言ったのはお嬢さんじゃないか。お望み道理じゃないか」

「……」

 ぴたぴたぴた。男は先端で、佐祐理の頬を何度も叩く。そこに付いている液体が、佐祐理の頬に付着しているのが分かる。
 ぬめっとしたもの。
 

145 :18:01/12/22 01:51 ID:4eXl0B8t

 臭い。

 男は、佐祐理の左右の頬をぴたぴたと叩く。

 佐祐理は、眼を瞑ってひたすら耐える。

「我慢強いなぁ」

 再び、佐祐理の唇の中にそれが侵入してきた。生暖かいもの。

「それ」

 男は強引にそれをつきこんでくる。佐祐理の歯茎に当たってそれはずれ、右の頬の奥に入り込む。

 やぁっ……。

「キャンデーでも頬張っているみたいだな」

「……」

 佐祐理は、あくまで耐えようとした。泣きそうになる。

146 :18:01/12/22 01:53 ID:4eXl0B8t
言うまでも無く、時々視点は切り替わっているです。

本当は行間で表現したいのだけれど、投稿制限で文章がきられてしまうから
ちょっとうまくいかず。

書き込みの切り替わりとかで時々切り替わっているので場合によってはそれで
判断してください。

147 :名無しさんだよもん:01/12/22 01:57 ID:JYeSPcpy
こういうのはどうでしょう
http://muvc.net/taron/kakekora.html

148 :18:01/12/22 02:03 ID:4eXl0B8t
「強いなー。誉めてあげよう。お嬢さん、見込みがあるよ」

 佐祐理の頬を己の先端で弄びながら、男は、佐祐理の左肩に手を下ろす。そして、鎖骨のあたりを撫でる。
 見つけた。

 いつものように、その場所を突く。

149 :18:01/12/22 02:03 ID:4eXl0B8t
「ーーーーー!!」

 佐祐理の左肩に、激痛が走った。

 思わず、口の筋肉が緩む。

 その僅かな隙をついて、男のそれが一気に侵入した。




 やーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

150 :名無しさんだよもん:01/12/22 02:06 ID:gP8h++pX
佐祐理さんの嫌がってる様子がよく伝わってくる。
いい仕事してますなぁ〜
ただ視点がちょっと変わりすぎなので(そのおかげでより佐祐理さんの感情が伝わってきますが)
心の声は( )でくくるとかしたらわかりやすいかも。
しかし今のシチュエーションって、佐祐理さんが大声出したら終わっちゃいそう…

151 :18:01/12/22 02:09 ID:4eXl0B8t
>>147
情報どもです。しかし、侵入してしまいました〜(爆)

>>150
切り替わり、難しいですよね。書き方は好みなので申し訳ない。

大声? 伝わりません。周囲に民家は殆ど無しなところです(w

152 :名無しさんだよもん:01/12/22 02:18 ID:QpKl9aRs
そういや舞に会いに来てるんだよね、佐祐理。

こころのなかで助けを呼んで、だけど口には出せない。
彼女まで巻き込まれてしまうから。
明日は舞に笑って会わなくちゃいけない。
だって心配をかけるから。

みたいな葛藤があると萌。
でもあくまで佐祐理オンリー(*´Д`)ハァハァ。
いや、ユリ好きですが。でもこれは佐祐理を徹底教育ネタだし。
萌。

でも敢えて言うなら、その指を彼女のものだと思いこんで
耐えようとするとか(・∀・)イイ! 全然違うけどネ!可哀想!
(楽しそうだな自分)

153 :18:01/12/22 02:24 ID:4eXl0B8t
復活〜。さぁ、続き書くぞ〜。

>>152
葛藤。あるかも知れませんな(w
適当に検討中。

徹底教育と言うよりは、徹底りょーじょくでありますのことよ!(爆)

154 :18:01/12/22 02:27 ID:4eXl0B8t
 生暖かいそれが、佐祐理の口の中に入り込んでいる。脈打っている。舌に伝わるその感触。

 いや。いや。いや。

「おー、あったかい」

 男の声。

「なーに、舐めてくれるだけでいいんだ。舌を動かしてくれ」

 何も聞こえない。

155 :18:01/12/22 02:32 ID:4eXl0B8t
 男は強引にそれをつきこんで来る。

 異物。臭い異物。

 それがわたしの口の中にある。

「このままじゃ、つまらんなー」

 男の声が聞こえる。

 逃げたい。

 逃げられないか。

 動転する気のなかで、佐祐理は気付く。

 わたしの口の中にあるのは、この人の、大事な部分。

 一瞬可能性を想像し、佐祐理はそんな考えをもった自分を恥じる。

 だが、それしかない。

 逃げなければならない。

 決意する。


 佐祐理は、全力を込めて、噛もうとする。
 

156 :18:01/12/22 02:32 ID:4eXl0B8t

 ……!


 力が入らない。

「歯は当てない方が嬉しいな」

 男の声。

 やはり、噛めない。

157 :名無しさんだよもん:01/12/22 02:34 ID:Njl3znOe
ああっ、佐祐理がんばるんだ!!

158 :18:01/12/22 02:41 ID:4eXl0B8t
 男が笑う。

「ああ、お嬢さん。言い忘れたが、先ほど突いたのは、顎の力を適当に抜くツボだ。噛まれると痛いからな」

 え……。

「まるで、北斗の拳か何かみたいだろ。仕事柄、人体についてはいろいろと詳しくてな。便利なツボ、っていうのは結構あるもんだ」

「……!」

「反撃するなら、最初に試みるべきだった。顎は武器だ。それは事実だ。だがイニティアシブを奪われた後では、あまり得策じゃないな」

 男はからからと笑う。

159 :18:01/12/22 02:46 ID:4eXl0B8t
「無論、急所を狙うというアイデア自体は悪くない。いや、上策に入るな。普通の人間相手なら、まずそれで勝てる。俺らのようなプロでもない限り、一人の女の子を制圧するというのはそう簡単なことじゃないからな」

「……」

「後学のために覚えておくといい。3人くらいまでなら、逃げようと思えば、かなりの確率で、結構簡単に逃げられる。押さえ込まれても、だ。あんたを押さえ込む側は、あんたを制圧しながら、自分も楽しまなければならない。隙が出来ない方がおかしい」

 男は楽しげに話す。

「とにかく、急所だな。具体的には、所謂大事な部分と、あとは、喉か。顔面も悪くないが、そもそもの急所だから、防がれやすい。それに比べて、喉を守る意識は結構薄くなる」

「……」

「そして一人を倒せば、あとの連中はびびるもんだ。その隙に逃げられる可能性は大きい」

 まるで、レクチャーでもするかのように、男は話しつづけた。

160 :18:01/12/22 02:50 ID:4eXl0B8t
「もっとも、俺らのようなプロフェッショナルには、意味のない知識だがな。さ、状況を確認したところで、改めて、楽しませてくれ」

 男は指を鳴らす。

 いきなり、右腕が捻り上げられた。痛い! ぎしっ、と軋む。
 離される。

「痛いのはイヤだろう? 折られてもつまらないだろうし。舐める方がましじゃないのか?」

「……」

 首を振ろうとする。動けない。

 ぎりっ。
 

161 :18:01/12/22 02:51 ID:4eXl0B8t

 痛い!

 また激痛が走る。

 ぎりっ。ぎりっ。

 耐えられないような痛み。
 折られる。腕が、折られてしまう。


 離される。


「……気は変わったか?」

 この人たちは、本当に、腕すら折ってしまうつもりなのだ。
 佐祐理は思った。

 ……なら。


 佐祐理は、泣きたくなるような気持ちで頷いた。

162 :18:01/12/22 02:57 ID:4eXl0B8t
「いい子だ」

 男は、佐祐理の頭を撫でる。

「ゆっくり舌を動かせ。伝わせるんだ。筋にそって」

 いやいやながら、舌を動かす。

「……そう。そんな感じだ」

163 :18:01/12/22 02:57 ID:4eXl0B8t

 苦いものが、舌の上に広がる。

 何かが、にじみ出ているのだ。

「……いいぞ。うん。吸ってみな」

「……」

 ぎりっ。

「ーーーー!」

「吸ってみな」

 吸う。

「そんな弱々しくちゃあ意味が無いな。もっと、強くだ」

 吸った。ちゅばっ、という音が響く。

「いいぞ」

 男は、前後に出し入れを始めた。

 唇がこすられ、佐祐理の中で、何かが前後する。舌を撫で、頬をなで、喉を叩く。

164 :18:01/12/22 03:02 ID:4eXl0B8t
「手を添えると尚、いい」

 男の声が響く。

「それから、眼を開くんだな」

 ぎりっ!
 
 佐祐理は眼を見開いた。

 見たくなかった。

 己の口に侵入しているもの。

 そして、毛むくじゃらの男の下半身。

 それが、佐祐理の目の前で、前後し、佐祐理の口内を犯しつづけていた。

165 :名無しさんだよもん:01/12/22 03:04 ID:Njl3znOe
あぁ、、、佐祐理ぃ、、、
がんばれよぅ、、、
俺の佐祐理が汚されていく、、、

166 :18:01/12/22 03:13 ID:4eXl0B8t
「手、だ」

 再び、男の声。

 佐祐理は、ゆるゆると手を伸ばす。

 前後しているそれに、手を添える。

「包み込むように、な」

 手を添える。

「ん、まぁ、いいだろう」

 男の動きが止まる。

「そろそろ自分で動いてみな」

 泣きたくなる。

「動いてみな」

 やむえず、動く。

 顔を、前後に動かす。
 

167 :18:01/12/22 03:14 ID:4eXl0B8t

 びくびくと蠢くそれを、しゃぶりながら。

 ちゅばっ。ちゅばっ。

「そう。もっと強く吸うとなおいい」

 ちゅばばっ。ちゅばばっ。

 音が大きくなる。

「いいぞ。やれば出来るじゃないか」

 男が言う。

 わたしは、何を、しているの?

 羞恥心と、屈辱が、佐祐理の心を圧倒する。

 泣いた。

 吸いながら、泣いた。

168 :18:01/12/22 03:21 ID:4eXl0B8t
 男は、佐祐理を見下ろした。

 つたない手つきで、奉仕させられている美少女。

 何も知らない美少女が、いきなりこんな状況に追い込まれ、こうして奉仕を強制されている。

 怒張した己自身を、佐祐理は懸命に、その小さな唇の中に頬張っている。

 健気だな。

 男は笑った。

 本気で腕をへし折るつもりなど毛頭無かった。
 男のモットーは、必要以上の物理的な外傷を相手に与えないことなのだ。
 だから、本当に折れることはないが、しかし痛くてたまらない、というレベルで少女に責め苦を与えるのだ。
 その加減は、男も、男の部下も熟知している。彼らの仕事には、必要不可欠な技能だ。

 そして、それは少女に恐怖を植え付けることの出来る技能だ。

 いやいやながらも、奉仕させるという、最適な状況を作り出せる技能だ。

 ちゅばっ。ちゅばっ。ちゅばばっ。ちゅばばっ。ちゅばばっ。

 涙目で奉仕しつづける令嬢。

 たまらない。ほんとうにたまらない。

169 :18:01/12/22 03:25 ID:4eXl0B8t
 男のそれの下の筋を、佐祐理の舌が撫でる。苦しまぎれに動く舌が撫でる。

 びくり、と快感が電撃のように走る。

 たまらない。

 たまらない。

 最高だ。本当に最高だ。

 ……もういい。動こう。

 男の我慢も、いいかげん限界に達していた。

 がしっ!

 男は、いきなり佐祐理の頭を両手でがっしりと掴んだ。

 佐祐理が、おびえた風に男を見上げる。

「倉田佐祐理。あんた最高だ。もういいぜ。ご褒美だ。出しちゃる」

「ーーーーーーー!」

 佐祐理の顔がゆがむ。激しく首を動かそうとする。

170 :名無しさんだよもん:01/12/22 03:32 ID:Njl3znOe
ああーっと!!
ここでザーメンをぶちまけるのか!?
佐祐理にぶちまけてしまうのか!?

171 :名無しさんだよもん:01/12/22 03:39 ID:nrPsF7vi
改行ウザイ
下げてやれ
佐祐理である必然性全くなし

172 :名無しさんだよもん:01/12/22 03:43 ID:QpKl9aRs
>>171
これは佐祐理だから萌えるんだと思うがどうか。
少なくとも俺は。
気丈な彼女が打ち崩されていくのはどきどきするね。

sage徹底、たまーにageくらいでいいかもってのは
ちょっと同意だけどね。

173 :18:01/12/22 03:44 ID:4eXl0B8t
 男は、激しく腰を動かし始めた。

 突き入れる。ずんずんずんずんずんッ!

 佐祐理の頭が、前後にがくがくと揺れる。

 男の先端が、何度も何度も佐祐理の喉を叩く。
 叩く。

 ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!!

 男自身が、可憐な少女の唇を、口内を蹂躙する。
 

174 :18:01/12/22 03:45 ID:4eXl0B8t

 快感が高まる。

 がくがくがくがくっ。

 佐祐理の顔が揺れつづけ、それにつられてブルーのリボンもゆらゆらと揺れる。

「んーーーーー! んーーーーー!」

 佐祐理の呻き声が聞こえる。

 男はそれに構わず、動きつづける。

「……で、出るぞッ!」

「(んんんーーーーーーー!!!)」

 男は、思い切り腰を突き出し、先端を佐祐理の喉に打ちつけた。

「……くわっ」

 絶頂に達した。
 男の先端から、熱いものが迸り出た。脈を打って、打ち出された。

 びゅっ。びゅっ。びゅっ。びゅっ。

 絶え間なく弾け出る白濁液が、佐祐理の口内へと。

 出される。

175 :18:01/12/22 03:47 ID:4eXl0B8t
(佐祐理サイド)


「……で、出るぞッ!」

 その声に、佐祐理は声無き悲鳴を上げた。

 いや、いや、いやぁっ!

 やぁああああああっっーーーーー!!!!!!
 
 男のそれが、佐祐理の口内にめいいっぱいにつきこまれる。
 

176 :18:01/12/22 03:48 ID:4eXl0B8t

 そして。

 熱いものが、口の中に広がった。

 苦い……!

 苦くて、どろどろしたものが、佐祐理の口内に満ちて行く。

 汚い、汚い、汚い……。

 舌の上で、確かに、何かが、出ている。

 びゅっ。びゅっ。びゅっ。

 そんなふうに脈打ちながら、それは、佐祐理の口内を満たしてゆく。

 どろどろしたもので、満たされる。

177 :18:01/12/22 03:52 ID:4eXl0B8t
(男性サイド)

 男は、最後まで精液を絞りだし、ふぅ、と息をついた。

 佐祐理の頭を掴んだまま、佐祐理を見下ろして、言う。

「最高だ、お嬢さん」

 涙目の、佐祐理。

「ああ、吐くと、折られるぞ」

「……!」

「飲むしかないな」

 いささか怒張の収まった己自身を引き抜きながら、言う。

 絶望したような表情。

「飲めばいいんだ」

178 :名無しさんだよもん:01/12/22 03:53 ID:VyHeiF73
お花屋の『倉田家日記』並につまらない文章の羅列萎え。
ただ長いだけで鬱陶しい。

179 :18:01/12/22 03:58 ID:4eXl0B8t
(佐祐理サイド)

 いや……。

 佐祐理は、吐き出したい衝動を堪える。

 気持ち悪い。気持ち悪い。
 口の中にある。どろどろしたものがある。気持ち悪い。

 気持ち悪い……。

 

180 :18:01/12/22 03:58 ID:4eXl0B8t
 飲んだ。

 飲み込んだ。


 ごくりっ、ごくりっ。

 いやな音だった。どろどろしたそれが、己の喉を通過してゆくのを感じた。

 通過したのだ。

 己の体の中に、それが入っていったのだ。

 どろどろした、あの人の、気持ち悪いものが、入っていったのだ。

 わたしは、それを飲んでしまったのだ。


 惨めだった。

 男は、それを佐佑理の口から離した。つつっ、と、佐祐理の口と男の先端の間で糸がひいた。

181 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:01 ID:5RiJRidF
嵐が近づいてきました。
sageて通過を待ちましょう。

182 :18:01/12/22 04:01 ID:4eXl0B8t
一応ここまでで……。書くだけ書いてみました。
感想、頂ければ嬉しいです。

>つまらないというご意見、佐祐理でないというご意見

つまらないものを見せてホントに済みません。私はあまりエロテキストとか書いたことがないので、
そのあたりの技術はきっととても未熟なものかと思います。

ただ、成り行きで書き始めてしまったなりゆきじょう、こうやってある程度は
つづけるべきかな、ということもご理解できればと思います。

ほんとに済みません。読みたい、という人が居ないのなら止めます。
いや、本当に……。

183 :18:01/12/22 04:04 ID:4eXl0B8t
という訳で、ここまでで。一段落です。
感想等あれば嬉しいです。
宜しくです。

184 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:06 ID:QpKl9aRs
俺は読みたいぞゴルァ(゚д゚)

このあとも速攻そーにゅーではなくてねちねちねちねち
お道具やらなにやらで屈服させられるかと思うと萌え。

というわけでファイト。
文章短めでエロゲテキストっぽいのも好み文体でプラス1。

185 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:13 ID:gP8h++pX
俺も読みたいぞゴルァ(゚д゚)

もっといろいろ道具を駆使してねちねちねちねちやって
堕ちていく過程を細かくかいて欲しいぞ。

改行と、主体がころころ変わるのは気になるが、許容範囲内。
つーわけで続きキボーン(でも嵐もいるみたいだしsage進行のほうがいいかも。

186 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:13 ID:CDn5emLe
陵辱と言うジャンル上対象キャラ萌えの人でも反応は真っ二つに分かれよう。
おれは18氏のSS好きな方だけどな。

ふむアレか、18氏は誉められないと駄目になるタイプか?
ならばマターリ陵辱王の称号を差し上げるのでマターリと頑張ってくれい。
その道、茨の道なれど…ね。

187 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:14 ID:DRXQSs+S
俺も読みたいぞゴルァ(゚д゚)

もっといろいろ道具を駆使してねちねちねちねちやって
堕ちていく過程を細かくかいて欲しいぞ。

改行と、主体がころころ変わるのは気になるが、許容範囲内。
つーわけで続きキボーン(でも嵐もいるみたいだしsage進行のほうがいいかも。

188 :18:01/12/22 04:19 ID:4eXl0B8t
>>184
>>185
>>186
さんきうです〜。正直あまり道具系は詳しくないのであまりひっぱれんかも
知れんけど、書きますぜ〜。

>ふむアレか、18氏は誉められないと駄目になるタイプか?
多分、駄目にはならんです(w
読んでくれている人がいるのならそれでおっけぃです。

ただ、誰もいないのならそれこそ駄スレになってしまう。
そういう意味で、否定的カキコもある程度はチェキ。仮令2ちゃんでも(w

誉めよりも、感想を頂ければ、と。萌え個所の指摘がやはり一番の参考に。

主体の切り替えは、難しい問題ですなー。男オンリーが基本のはずだったのだが、
屈辱感の描写のために何時の間にか佐祐理が増えてしまった……。

189 :名無しさんだよもん:01/12/22 04:22 ID:aMfxaP5o
佐祐理の部分を真琴にしても、あゆにしても、舞にしても、名雪にしても、栞にしても通じる文章萌え。
いや、おねキャラやえあキャラでも通じるか(w

190 :18:01/12/22 04:25 ID:4eXl0B8t
というか、4時だった……。読んでくれた人に感謝です。

それから、否定的なカキコと、誹謗的なカキコには差があるかと思っていますの
あしからず(謎)

では、皆様、また……。

#ハァハァした人は居たのだろーか……。

191 :18:01/12/22 04:26 ID:4eXl0B8t
修正。

思っていますの>思っていますので


文字が消えてました。うぐぅ。

192 :うみたん ◆.RUCxbYc :01/12/22 10:54 ID:1cVpUo4N
はっ、激しくハァノ)ァ!

193 : :01/12/22 18:18 ID:hqgP1Dt3
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧_∧   < ここが噂の犯罪予備軍スレか? このスレを森山法務相に送りつけてやろうか?
     ( ´_ゝ`)   \ きっと喜ぶぜ。低脳ロリヲタを取り締まるいい口実が出来たとな。
    /     \    \_______________________________
   / /\   / ̄\
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||  ||           ||

194 : :01/12/22 18:21 ID:hqgP1Dt3
すまん。誤爆。

195 :18:01/12/23 00:32 ID:CdLo0RC8
やってきたデス。でもまだやることが終わってなかったり。あともうちょいか。
書けたら書き始めます。

あと、恐らく道具はあまり使わないかも。昨日はちと頭がぼーっとしていた部分もあったから適当に書いちまったが、
多分使わないかも。スマソです。

というか、昨日は実は風邪ひいて熱出しているのに午前4時まで書きまくっていた……。朦朧としながらエロテキスト。馬鹿ですな。
実用に使える人がいたらいいなぁ、などと考えてしまう。
ではまた。

196 :18:01/12/23 02:20 ID:CdLo0RC8
スミマセン……。今日は無理っぽいです。恐らく次に書けるのは、26日位になってしまうかも知れません。
もしも今日待っていた方がいたのなら、本当にごめんなさいです。続きはきっと書きますので……。
では、また……。

197 :18:01/12/23 02:27 ID:CdLo0RC8
あ、もうちょい早く戻ってこれるかも……。何度もカキコしてすみません。ではでは……。

198 :名無しさんだよもん:01/12/23 02:27 ID:WDrzpXDW
>>18
頑張ってくれ。
俺はこういう書き方すごく好きだ。
というか佐祐理さんハァハァ(´Д`)

199 :名無しさんだよもん:01/12/23 02:53 ID:2u+BA+eg
ハァハァハァハァハァハァ(´Д`)

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ(´Д`)

200 :名無しさんだよもん:01/12/23 06:44 ID:IOETD9Sk
>>18
風邪かいな… 今風邪ひくとコミケに響くぞ。 お大事に〜

>>193-194
誤爆といえなくもないような気もするが…(w

201 :名無しさんだよもん:01/12/23 16:17 ID:3kJWl3Nv
これが佐祐理さんじゃなかったらなぁ・・・。
いや、萌えキャラの陵辱は胃が痛くなるんで(苦笑

202 :18:01/12/23 19:44 ID:S/1t2F5A
 ちわ。ちと暇が出来たので、カキコに来たり。佐祐理サイド続き。
 推敲無しで書き捨てでやっているので、そっこくアップ。


「いや、いい気持ちにさせてもらった。礼を言うぞ、倉田佐祐理」

 佐祐理は、項垂れた。自分の口の中に、どろどろしたものの感触が残っている。それがなんなのか、考えたくない。

 男が合図をした。

「あっ……」

 佐祐理を押えつけていた男たちが一斉に離れた。どさり、と佐祐理は地面に倒れる。
 男は、黙って佐祐理を見ている。

 佐祐理はのろのろと上半身を起こす。膝をずらして破れたスカートの間で剥き出しになっていた下半身を隠すように倒れ気味に座り、ついで両腕で胸を隠して、屈みこむ。

203 :18:01/12/23 19:45 ID:S/1t2F5A
「どうだ。男のものを初めて咥えた感想は」

「……」

 佐祐理は、無言で、いやいやと振った。栗色の髪が一緒に揺れる。

「咥えた感想はどうだ、お嬢さん」

「いや……」

「男のものをはじめて咥えて、しっかりと舐めて、きちんと俺が出したものを飲み込んだ感想はどうですか、倉田佐祐理お嬢さん」

 佐祐理は首を振りつづけた。自分が今行っていたことを頭から追い払おうとする。
 しかし、男に問い掛けられる度に、記憶が鮮明に蘇って来る。
 禍禍しいもの。自分の口内を蹂躙する、醜く、とても臭い、蠢くもの。
 それを咥えている自分。

 わたしが、口に……わたしの口の中に……入れていた……。

 その記憶が、何度も蘇って来る。

「咥えて、舐めて、吸ったな。随分派手は音をさせてたな。結構積極的だ。ちゅばちゅば、ちゅうちゅうと」

「やめて、下さい……!」

 こみ上げる嫌悪感に、佐祐理は悲鳴のような声を出す。

204 :18:01/12/23 19:46 ID:S/1t2F5A
 男はけらけらと笑う。

 その笑い声が、ますます佐祐理を羞恥の底に突き落とす。

「やってみるとなかなか面白いもんだろう」

「……面白く、ない、です……」

「そうか? 認識の相違だな」

 男は残念そうに言う。

「しかし、まぁ、飲んでくれて嬉しいぜ。初めて
咥えて、きちんと全部飲み込むなんてな、なかなかのモンだ」

 恥ずかしさが、また、こみ上げる。

「だって、そうしないと、腕を、って……!」

 弱々しく、だが、必死に抗議する。

「嬉しいねぇ」

 しかし男は抗議に構わず続ける。

205 :18:01/12/23 19:46 ID:S/1t2F5A
「お嬢さんは俺のものを飲んでくれた訳だ。なかなかのもんだったろう? 俺のは濃くて量が多いのが自慢なんだ。今ごろ、お嬢さんの口や、喉や、腹の中で俺のものの中にある種が元気に動き回っているんだろうな」

「いや……」

 佐祐理は顔を覆う。

「案外、健康にいいんじゃないのか?」

「いや、いや、いや……」

 いや……。

 佐祐理は、自分の胃袋の中で蠢く、精子のイメージに圧倒されていた。
 性教育のビデオの中で位しか見たことの無い、得体の知れない、ぴくぴくと動いていた、あれをわたしは呑みこんでしまったのだ。

 わたしの口の中で、のどで、胃袋の中に、この男の人のものが、ある……。

 もう、いや……。いや、です……。帰りたい……。お願いです、もう、帰して、下さい……。

 屈辱と羞恥にさいなまれ、泣き始めた。

206 :18:01/12/23 19:48 ID:S/1t2F5A
(男性サイド)
 男は、さめざめと泣く佐祐理を見て楽しむ。

 やっぱり、お嬢さん、ていうのはこうウブじゃないとな。

 昨日まで無菌状態で育てられ、そして今日のこの日を迎える。そういうシチュエーションこそ、そそるってもんだ。

 何も知らない美少女が、唇を汚され、精液を僅かにはみ出させながら、泣く。

 たまらんねぇ。

207 :18:01/12/23 19:48 ID:S/1t2F5A
ここまで。ではまた。

208 :名無しさんだよもん:01/12/23 23:59 ID:XWbFIcNv
発見age

209 :18:01/12/26 16:02 ID:jVoNHRUO
戻ってキタ……。
さて、今晩は久々に話を進めますか。忘れ去られているかも知れんが(w

210 :うみたん ◆.RUCxbYc :01/12/26 21:20 ID:M+VUafQq
がんばれヽ(´ー`)ノ

211 :名無しさんだよもん:01/12/27 01:45 ID:Nuqy2J/M
防止あげ

212 :18:01/12/27 02:13 ID:iyyancOl
ちと遅れてスマソー。
だが、書くと言ったイジョウは多少なりとも書くよー。
必修事項が完了し次第書き始めるよー。

213 :18:01/12/27 02:15 ID:iyyancOl
どうでも良いけど、俺のIDってiyyan(いやん)ってなってるねー。
りょーじょくスレ的には合格ですか。
では後ほど。

214 :18:01/12/27 03:46 ID:iyyancOl
やっと戻ってキタ……。遅すぎてスマソ。



 男はその眺めをしばし楽しんだ後、ぽん、と男は両手を叩いた。

「ま、なんであれ、お疲れ様だな」

 佐祐理が男を見上げる。

「……」

「うん、お嬢さんは良く頑張った。疲れたろう」

 しみじみという。

「もう、帰りたいか?」

 佐祐理は、頷く。

 涙目だ。

「そうか、お嬢さんは帰りたいのか」

「は、い……」

 こふっ、とせきをした。口のなかにあったらしい精液の残りが口から出てきた。

215 :18:01/12/27 03:59 ID:iyyancOl
 男はにやりと笑う。

「そうだなぁ。お嬢さんは頑張ったからなぁ」

 佐祐理は俯く。
 肯定は出来ないだろうな。男は思う。
 それは、佐祐理からすれば、信じられないほどに「恥ずかしいこと」なのだ。
 それを、「頑張った」と誉めているのだから。

「うん、本当に頑張った」

 そういいながら、男はズボンを引き上げる。

 その、佐祐理を汚したものをしまいこむ男を、佐祐理は呆然と見上げる。

216 :18:01/12/27 04:34 ID:iyyancOl
「これで、許して、貰えるんですか……」

 男はただ笑う。

「このままではお嬢さんと話がしにくいな。……ご褒美だ」

 男は何時の間にかそばに置いてあったバックをごそごそといじり、そのなかから小さな白い布の塊を取り出す。そして、佐祐理の前に放る。

「え……」

 佐祐理は、それに手を伸ばした。その表情が、困惑に変わる。

217 :18:01/12/27 04:35 ID:iyyancOl
 それは、女性物の下着だった。

「大事な部分が寒いだろう。なぁ」

「これ……」

 佐祐理の、戸惑うような声。

 それは、そうだろう。男はその佐祐理の困惑を楽しみながら言葉を続ける。

「言い忘れたが、事前調査であんたの部屋をあさらせてもらった。それ、サイズは合う筈だぜ? あんたの部屋にあったもんだからなぁ」

「わたしの、部屋」

「安心しな。別にやらしいことに使ったりはしちゃいないさ。俺達は、そういうつまらんことはせんのだ」

218 :18:01/12/27 04:36 ID:iyyancOl
(佐祐理サイド)

 佐祐理は混乱した。

 ついで、羞恥心。

 この人たちは、わたしの部屋に入っている。そして、わたしの衣服のあるところも、下着のところも、全部見たんだ。

 恥ずかしい。

 見られてしまったんだ。

219 :18:01/12/27 04:37 ID:iyyancOl
 顔が真っ赤になる。

 
 そして、混乱の中で恐怖が芽生える。

 わたしのプライバシーは、すべて、暴かれてしまっているの?

 怖い。

 怖い。そして、恥ずかしい。

 わたしの下着を、この人たちは、ずっと持っていた。
 恥ずかしい。

 部屋を見られた。


 恥ずかしい。怖い。
 




 佐祐理は、恐る恐る聞く。

「なんで、その、わたしの……」

220 :18:01/12/27 04:40 ID:iyyancOl
「なんで、その、わたしの……」

「こういうこともあろうかと、ってな」

「え……」

「はいたらどうだ? 大事な部分が寒いだろう?」

「……」


 一瞬希望を持つ。
 これで、終わりにしてくれるんですか?
 許して、もらえるんですか?

 同時に、戸惑う。

 ここで……はきかえる?
 

221 :18:01/12/27 04:40 ID:iyyancOl

 この人たちの前で、はきかえる?

 佐祐理はビデオカメラを見る。その大きなレンズは、相変わらず佐祐理を映しつづけている。

 ここで……。

「今更、恥ずかしがることも無いだろう。大事なところを口で慰めあった、俺とお嬢さんの仲なんだからな」

 周囲が笑う。

「……」

「着替えシーン、くらいみせてくれよ」

 また周囲が笑う。


 佐祐理は、自分の新しい下着に手を伸ばした。そしてのろのろと立ち上がる。

222 :18:01/12/27 04:44 ID:iyyancOl
「生着替えの見物だ。燃えるねぇ。生着替え。しかもパンティーだ。一番だ」

 男が言うと、周囲が笑う。


 佐祐理は決意した。従うだけ、従う。逃れられるならば。
 佐祐理は、ただ逃れたい一身で、そう決める。

 ライトが向けられる。

 自分の下半身が、明るく照らされる。

 佐祐理は、屈みこみ、まず、自分の太ももにのこっていた破られたパンティーを脱ぐ。

 写真を持った男が近づき、パシャパシャと何度もフラッシュを焚く。

 撮られている。

 でも、やるしかない。

223 :18:01/12/27 04:52 ID:iyyancOl
 羞恥心でどうにかなりそうになりながら、佐祐理は「着替え」を続ける。

「動きはゆっくりなー。いい画を撮らせてくれよー」

 男の声。

「……」

 左太ももの、破られたパンティーを足首までのろのろとずらす。

 そして、足首を持ち上げて外し、路上に置く。

 男たちが歓声を上げる。
 口笛を吹く者すら居る。


 それから、右の足首を持ち上げ、下着に足を通す。
 

224 :18:01/12/27 04:52 ID:iyyancOl

 ついで、右足。

 下着はひんやりとしている。

 それから、ずず、と引き上げる。

 これで、隠せる。

 安堵感が湧き上がる。

 下着を上まで持ち上げる。スカートの左右が持ち上がり、下着が丸見え、という状態になる。

 さらに歓声。

 フラッシュが一層激しく焚かれる。ビデオカメラは少女の下着を撮りつづけている。

 

225 :18:01/12/27 04:55 ID:iyyancOl
 佐祐理は顔を真っ赤にしながら、最後まで下着を引き上げた。

 恥ずかしい……!


 だが、安堵する。
 これで、終わる……。

 下着のひんやりとした感触に、自分の局部が覆われている、という安心感がさらに強まる。

 佐祐理は、内心でつぶやく。

 終わりました……。

 やっと、終わりました……。

226 :18:01/12/27 04:56 ID:iyyancOl
とりあえず、今日はこの辺で。

感想きぼーん。では。

227 :名無しさんだよもん:01/12/28 05:29 ID:q6Bbc5Xs
つか、展開遅い。
もっとさくさくやれ。

228 :名無しさんだよもん:01/12/28 06:15 ID:va2gsaqE
何気に陵辱度が低いような。
まあ漏れが鬼畜だからかもしれんが(w
俺ももっと早い展開きぼんぬ。

229 :名無しさんだよもん:01/12/28 06:26 ID:U9DE8Xhp
いや、剥いて舐めてつっこんで、では面白くないべさ。
せっかく専門スレなんだし、安易に肉体破壊とかに走らずに
ネチネチと体のすみずみまでいたぶっていただきたいもんで。

230 :名無しさんだよもん:01/12/28 06:44 ID:va2gsaqE
>肉体破壊とか
いやむしろそっちのほうがイイ。
恥辱系ってあんまり好きじゃないし。
ま、嗜好の違いだべさ。

231 :名無しさんだよもん:01/12/28 06:56 ID:nx4FGsdK
俺としては、長編よりも短編でいろんなキャラをいろんなシチュでやってくれたほうが嬉しいかな。
神の降臨に期待。

232 :18:01/12/28 12:43 ID:CKj+1W21
昨日は忙しくて来れなかった。スマソ。今日はなんとか続きを書きたいナ……。
ああ、そういや明日はもうコミケか……。

233 :18:01/12/28 12:46 ID:CKj+1W21
それから、自分は単純にレイープするイジョウの肉体ハカーイetcのことは
考えていないので申し訳ない。スマソ……。
とにかく今晩書くヨー。

234 :18:01/12/29 02:19 ID:ViMgBb1G
スマソ。暇がナカッタ……。
明日にさせてクダサイ……。ウソツキでゴメン……。
コミケに行く皆様、ガンバりませうー。

81 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)