5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  小説【麻雀放浪記】を語ろう!  

1 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 01:53
(一)青春編(二)風雲編(三)激闘編(四)番外編

背筋がゾクゾクしてくるな。〜永遠に続編があったらいいと
思うさ。つまりこれは、それほどの名作なんだ。

2 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 01:55
(五)夢幻編もあるよ
発行部数10冊だけど

3 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 01:56
>2
え、十冊なの?
あー、逃しちまった・・・。

4 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 01:58
ドサ腱萌え
何巻だったか、「お前なんぞに用はねえ!」のセリフに痺れた。

5 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 02:01
>4
雀荘の店番の女の子に言わなかったっけ?
多分4巻の激闘編。
その巻でドサケンに惚れてるはず。

6 :ASB:02/03/09 02:02
素晴らしい!
語り明かせば麻までか・・

7 :焼き鳥名無しさん:02/03/09 13:17
age

8 :焼き鳥名無しさん:02/03/10 23:27
 

9 :焼き鳥名無しさん:02/03/11 00:52
続編もどきに、「新麻雀放浪記」があることはあまりしられていない。
出来がそこそこといったレベルだからか。
10年前文春文庫で読んだが、現在はさすがに廃刊かな?

10 :9:02/03/12 20:39
東風クソネタは延々と続くのに、このスレがこれか・・・
ひさびさに来たけど、ここはもう麻雀を語る板じゃないんだね・・・

下げつつ終了。もう来ないと思う。


11 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 14:57
ほんと寂しいね ラスアゲ


12 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 15:04
ほんとうの意味で麻雀を語り合える人間は、ここには10人もいないような気もする・・
東風オタとガキばっかでさ。

13 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 15:08
麻雀放浪記読んだ奴、予想以上に少ないんじゃないかとさえ。
東風ネタでキャンキャン騒いでばかりのジャリ房は阿佐田哲也知らないまでありそう。


14 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 15:17
小説は読んだけど殆ど記憶がないゴメン!映画ならわかるんだが。

15 :キリ:02/03/15 17:33
勿論読んでるよ。
麻雀小説ってよりは無頼小説ってか、そういう物だと思うけど。

麻雀放浪記読み終わってしまったので、他の阿佐田作品読んで
たらそれも読み尽くしてしまった。
他に面白い麻雀小説ってない?

16 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 18:08
一巻が一番おもしろいと思いません?

17 :8987:02/03/15 18:45
■■ 出会いサイト開業システムレンタル ■■

月収100万円オーバー!!

儲かる出会い系ビジネス!!

出会いサイトシステムをサーバーごとレンタルします

HP作成できない初心者でも安心して運営

運営者様には無料で宣伝ソフトもお付けします

http://www.voo.to/2ch/




18 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 23:20
ドテ子萌え

19 :十三龍門:02/03/15 23:42
小生が認識している、
「阿佐田哲也名義の麻雀放浪記というタイトルがついた」小説は、
>>1さんの書かれた4巻と、
>>9さんの書かれた「新麻雀放浪記(申年生まれのフレンズ)」、
それに「外伝・麻雀放浪記」です。
他には月刊近代麻雀に連載されて未完の「雀師流転」が麻雀放浪記の
ような香りが漂う小説でした。

>>15 キリさん
「麻雀師渡世」(阿佐田哲也)はお読みになりましたか?

20 :焼き鳥名無しさん:02/03/15 23:43
おれも1〜4とドサケン博打地獄だったかな
全部読んだけど記憶ない。スマソ

21 :焼き鳥名無しさん:02/03/16 00:52
やっぱ三部作だろ。
チンチロに始まりチンチロに終わる

南東■■■■■西西西■■■■■東東
中中■■■■■北北北■■■■■南南


22 :焼き鳥名無しさん:02/03/16 05:13
学校の図書館に『色川武大・阿佐田哲也全集』というのがあり、
春休みで時間もあるから読んでみようと手にしたら、
収録の麻雀放浪記に一気にのめり込んでしまった・・・
その存在を知りつつも、きちんと読まずに過ごしてきた
4年の雀歴が非常にもったいなく思える。


23 :焼き鳥名無しさん:02/03/16 16:09
ドサケン博打地獄も名作だよねー

24 :焼き鳥名無しさん:02/03/16 16:14
学校の図書館に阿佐田哲也が置いてあるのか。
いい学校だな。

25 :焼き鳥名無しさん:02/03/17 12:45
激しく読みたいぞ!

26 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 08:32
やっぱ4巻でしょ。
ドサ健が3000万点の手を上がったときの
「ドッポーーン!これがいいんだ。やっぱりマージャンやめらんねえんだ」
ていうセリフがすごく(・∀・)イイ!!

27 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 08:44
未読の奴は早く読め。
麻雀放浪記の読前読後では人生観変わるから。

28 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 12:42
「東一局五十二本場」

タイトルだけで読みたくなってくるな

29 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 14:25
>28
たしか東一局で親が役満か何か上がって
他の3人が普通の手じゃ上がらなくなって
しまうといった話だたな
最後はオヤチョンでやり直し
最初呼んだ時すげーコワカターヨ


30 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 14:36
オヤチョンではなく、イカサマ発覚。
親の若者が相手の大三元(実はそうじゃなかったのだが)を無理にアガらせようと
牌をすりかえようとしたところを「とうとうやったな。それを待ってたんだ」と麻
雀業者に腕を掴まれて御用。「イカサマは3倍払いだったな」が決め台詞。

そして何事もなかったかのように
「さぁ次だ。4回戦の約束だからな」


31 :アサテツ愛読委員会:02/03/19 14:38
ノテーン親流れにしとけば問題なかったのに、という野暮な突っ込みは禁じます。

32 :焼き鳥名無しさん:02/03/19 14:54
リアルでそのワザつかったらどうなるんだ?

33 :↑激しく意味不明なんすけど:02/03/19 15:00
 

34 :焼き鳥名無しさん:02/03/20 08:55
このスレが伸びず沈んでしまうところに麻雀板のつまらなさがあらわれている。


35 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 03:50
小説全般でこれ以上の作品は
ない、と言い切る私はドキュソでしょうね。w

36 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 07:49
ドサ健サイコー。
阿佐田作品を扱ったどのマンガでも、その魅力はほとんど描ききれて
いないと思う。

「俺ァ手前っちには、死んだって甘えたりしねえが、あいつ(まゆみ)だけ
にはちがうんだ。あいつと、死んだお袋と、この二人には迷惑かけても
かまわねえのさ」
「手前っちは、家つき食つき保険つきの人生を一生と思っていやがる
んだろうが、その保険のおかげで、この世が手前のものか他人のものか、
この女が自分の女か他人の女か、すべてはっきりしなくなってるんだろう。
手前等にできるのは長生きだけだ。糞ォたれて我慢して生きてくんだ。
ざまァみやがれ、この生まれぞこない野郎」
                            『麻雀放浪記 青春編』より

ばくち地獄にも名台詞多かったなあ。
「ばくちのかすりをとって生きてる女が、どこを押したらそういう台詞が
出るんだ。手前の生きてる世界には警察なんぞねえんだ」
ってのがお気に入り。

最近は麻雀小説少なくて寂しいかぎり。
白川道の『病葉流れて』は結構イイと思うけどねー。

37 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 09:10
「わくらば」の連載が終わったと同時に俺は週ポス読むのやめたよ(藁


38 :キリ:02/03/21 09:26
>>19

麻雀師渡世は未読かも。
全部といっても、今まで入った本屋で並んでたのは、の話なので。
国会図書館行くかな。

むしられて逆ギレした同級生に酷く臭い豚呼ばわりされてやさぐれる
シーンがなんか好き。


39 :36:02/03/21 10:43
全集に入っていない作品て、結構あるんだね。
僕も国会図書館いこかなー。ついでに麻雀雑誌を漁ってくるか。

結局この人亡き後の麻雀小説というのは寒いから、過去を
漁り続けるしかないのかな?

伊集院静の『一のピン』はつまんなかったし、
狩野洋一の諸作品はクソだし、
『病葉流れて』は好きなのだけど(続編はいつ出るのだ?でないのか?)
滅びの美学というものを全面肯定しすぎてる、
ナルシスティックになりすぎてる気がする。

阿佐田作品は、滅びの美学を説きながらも、アイロニーを忘れて
いない。ただ熱いだけじゃなくて、静謐な感じがする。
森巣博は堕ちていくことの美しさ、という虚偽を喝破したけれど、
阿佐田哲也はそんな薄っぺらいことを表現していたのではない。
『ギャンブル人生論』や『うらおもて人生録』を読むと、そう思う。

長文ゴメソ、日本で最も好きな作家なもので。

40 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 11:06
>>36
このセリフって、人生のどん底を経験してきた人じゃないと
思いつかないだろうね。

ところで、唐辛子中毒のエピソードが
興味深いんだけど、筆者の実体験なのかな。
やってみたいが怖くて出来ない。

41 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 12:10
「病葉」は主人公死なせちゃったから(と思わせる描写で最後を締めている)
続編は出ないと思うよ。

42 :shining:02/03/21 13:30
麻雀の読み物を知ったのは 漫画「哲也」だが、
原作があることに気づき 「阿佐田哲也」の名がつくものはほぼ集めた
漫画「麻雀放浪記」をはじめ、「雀鬼伝説」・・・
「先天性極楽伝」と「ばいにんぶるーす」が手に入ったときはもう・・・

43 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 21:51
>>36
俺も青春編のそのセリフ好きだなぁ。
特に上の方。

44 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 22:01
厨房のときに読んだよ
5、6回は読み直した

45 :焼き鳥名無しさん:02/03/21 23:39
 面白えね!博打はこれだから面白え。死ぬも生きるも
サイの目ひとつ、どうせなら、こんなふうに簡単に死に
てえものさ。          ----------上州虎

これが一番好きなセリフ。美学だね。

46 :焼き鳥名無しさん:02/03/23 02:45
映画のほうはどうかな?
出目徳といい、上州虎といい、配役はぴか一だったと思うんだけど。

47 :けい。 ◆nF7HiAVU :02/03/23 03:12
>>46
健はイマイチだったと思う。

48 :36:02/03/23 03:50
良い映画でしたよー。
ママの牌技がおぼつかないのはご愛敬だけど。
雀鬼はもっと厳しく指導せいや。

でも、でもやっぱり長谷川和彦に撮って欲しかたーよ。
てかゴジさんいいかげんに映画撮ってくれよ。

49 :焼き鳥名無しさん:02/03/23 12:47
>>47

おいおい、健が最高だったじゃないか!
参考までに問いたい。加賀丈史じゃなかったら誰にやらせたいんだ?

>>48
太陽を盗んだ男、いいよね。
日本映画でもこんな作品あるんだ、って知って嬉しかった。

50 :焼き鳥名無しさん:02/03/23 13:06
哲がイマイチだった、ならわかる。
阿佐田哲也の若い頃の写真ってかなりクールで格好いいんだよね。
ただ、あきらかに一般人とは違う、いかにも怪しい奴ってな風貌なんだけど。
峰岸漫画に出てきそうな。あぶれもんの建三さんみたいな感じ。
そんな雰囲気の役者がよかったな。

まぁ真田広之も、原作青春編の、鉄火場に紛れ込んじゃったお坊ちゃんって
雰囲気は十分出せてたとは思う。

小説は勿論だけど、映画も最高の出来だと思う。配役ピカ一激しく同意。
女衒の達とか絶妙。


51 :焼き鳥名無しさん:02/03/23 13:21
加賀さんが「ふざけるなー!」って立ち上がって叫んだ時、電灯に
あたまゴチンしちゃって痛そうだった。怪我しなかったのかなぁ?

52 :焼き鳥名無しさん:02/03/23 13:42
ラストで3ピンつもって氏んだシーン。あの時代にチューレンは
ピンズでも認められていたのだろうか?

53 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 00:13
>>49-50
同意。
あのときの鹿賀丈史はかっこよかったねぇ。
その後月曜のドラマに出たときに幻滅した覚えがある。

真田広之は今イチだったよね。
ただ、じゃあ誰ならよかったんだ、と言われると返事に困るが。


54 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 00:23
この小説ってオススメ?
なんか漫画哲也のカバーに
麻雀は運のやりとりだとか書いてあって
ちょっと萎えたんだけど・・・

55 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 01:18
>39
幻冬社から出てる「ショーイチ」の原作のやつとかは?

web上でなんか面白い麻雀小説ないかなぁ?

56 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 01:31
>>54
イカサマのやりとり

57 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 08:27
麻雀は運のやりとりですが何か?

58 :>54:02/03/24 10:30
麻雀は「アマチュアがプロに勝てる唯一の競技」と言われてるが、
殆んど運なんじゃないの?勝敗は。

59 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 17:33
麻雀放浪記ってミステリー小説だろ?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1015323619/

60 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 21:32
>>54 このスレで「哲也」とカキコするのは禁止。原作が腐る。
不満がある人は、一生哲也だけ読んでなさい。

61 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 21:57
青春編にこそ麻雀放浪記の真価がある。
小説を読むと裏の世界で生きる人々の考え方や生き方が、
実際にその世界で生きた阿佐田哲也によって最高の形で生かされている。
漫画の哲也には「イカサマの応酬」と「それによって得られる快感」しか
伝わってこない。
全く、あんな漫画恥ずかしいたらありゃしない!!

62 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 22:45
読み込むと、3,4巻の寂しさにぐっとくる。

63 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 22:49
麻雀放浪記は通して面白いと思うが。
銀座の鎌ちゃんやスタンドボーイ三井も良かったし、李億春も面白かった。
阿佐田哲也って根は生真面目だな。雀ゴロみたいなことやってても常に違和感
みたいなものを感じてたんじゃないか。
だからああいう形で世に出たんだと思う。
阿佐田を超える人間は麻雀界にはもちろん出てないし、これからも出ないだろう。

64 :焼き鳥名無しさん:02/03/24 23:26
加賀丈史と大竹しのぶの線路下での演技も良かったねー

65 :焼き鳥名無しさん:02/03/27 02:56
このスレこそこの板にふさわしいと思あげ

66 :焼き鳥名無しさん:02/03/27 08:15
ドサ健が墓を荒らすとこ

67 :焼き鳥名無しさん:02/03/27 08:37
ホッカイドウという外ウマで、鎌ちゃんの三元縛りを封じ込め社長野郎に
あがらせるところ。

68 :焼き鳥名無しさん:02/03/27 23:19
ドサ健とマージャン屋の娘との恋なんかも

69 :shining:02/03/28 12:38
>ドサ健が墓を荒らすとこ
天国と地獄age←大好き


70 :われぽん:02/03/28 14:20
ぼくわおおきくなったら出目徳みたいなおやじになりたいです

71 :焼き鳥名無しさん:02/03/31 23:14
この前新宿紀伊国屋に行ったら、
角川の文庫から「牌の魔術師」と「次郎長放浪記」が新しく出版されてた。
一番見たかった「牌の魔術師」が…。泣きそうになった。
でも次郎長はイマイチ…。

72 :shining:02/04/01 14:45
>泣きそうになった。
うん(^_^) わかるぞ
雀鬼五十番勝負(双葉社)を通販で買った後
角川新装版のモノをみつけたときは もう・・・

73 :71:02/04/01 23:11
>>72 それは…泣けるな…。別な意味で…。
つか角川もっとビシバシ出版して欲しい。
近所のブクオフには全然ないし。
やっぱamazonかな。

74 :焼き鳥名無しさん:02/04/02 02:27
李億春のメチャクチャさも良かったね。
イカサマの手を押さえられて手袋を取ったときの台詞!
嗚呼、手元に本がないのがもどかしい・・
だれか持ってる人カキコしてほすぃ。

75 :焼き鳥名無しさん:02/04/02 04:14
「どげんしたとな、はよう指をツメたらよかたい。
君に忠、親に孝を裏切って、親指をぶった切って
もらってもなんともなかあ」

76 :74:02/04/02 13:21
>>75
ありがとう。明日番外編を買いに行こう。

77 :shining:02/04/04 14:26
牌の魔術師も通販で買ってある・・・鬱だ

>74
李なら漫画「凌ぎの哲」にも 出てるぜ

78 :焼き鳥名無しさん:02/04/04 14:37
麻雀放浪記よんでるぐらいで調子こいてんじゃねーぞ

79 :焼き鳥名無しさん:02/04/04 16:16
昔、うちに双葉社刊の麻雀放浪記あったんだけどなぁ。家を新築したときに
なくしてしまったよ。挿絵はもちろん秋野卓美画伯。

80 :焼き鳥名無しさん:02/04/04 23:32
>78
オマエには漫画哲で充分だ。

81 :焼き鳥名無しさん:02/04/05 03:06
ドサ健って、ばくち地獄の他に短編で2回ほど出てたよね。
浮浪女の回と、無口な勝負師の回と。
勝負師と背中で押し合うシーンは笑えた。


82 :shining:02/04/05 20:18
>81
もう1つ(もっとあるかな?)
既出だが「天国と地獄」に達と出てるよ

83 :さんぺい:02/04/06 00:35
とにかく、ドサ健ばくち地獄だけは読んどけ。
麻雀放浪記よりはまる。
だれもいないか・・・漫画哲も読んでみるか。


84 :121:02/04/06 02:24
>>83 度差遣バクチ地獄は暗記しますが何か?
大学入って一月後に、授業さぼって手本引きの札買いに行きましたが何か?

85 :焼き鳥名無しさん:02/04/06 03:38
何か何かってうざいだけ。
センスのかけらも感じられんから使うの控えた方がいいよ。

86 :焼き鳥名無しさん:02/04/06 23:42
>85 ただの馬鹿なんんだから相手すんな

87 :481:02/04/20 19:51
今日、本屋で次郎長放浪記を見つけたので買ってきた。
ついでに親方&西原の「たぬきランド」買ってきた。

88 :焼き鳥名無しさん:02/04/21 11:57
>>73
そっか、amazonで買えばいいんだ。折れって馬鹿。
近所の本屋に無くって諦めてた。
さっそく「牌の魔術師」注文してきた。
1,500円以上だと配送料無料になるってあったんで、
SPA!!連載で気になってた森巣博の本を合わせて買ってみた。

89 :焼き鳥名無しさん:02/04/21 19:41
「ドサ健バクチ地獄」いいですね〜!
賭博が良い事か悪い事かとかじゃなく、ただそれに
魅入られた人間達の悲哀が胸に刺さる。
この世には、自分みたいな堅気の人間が
うっかり入っちゃいけない世界があるんだなあ、と思った。

90 :焼き鳥名無しさん:02/04/21 20:08
>>88
esbookならセブンで受け取りで送料手数料無料
とか言ってみる

91 :師匠 ◆Love/Au2:02/04/21 22:35
さあきたぞ!!
10万点だ!!
ヤバ市ヤバ町雀鬼伝も面白いぜー。
麻雀業者って結構あちこちに出てくるよね。

92 :36:02/04/23 01:23
>>91
オレンプ好き。
あの洒脱な雰囲気がいい。

文庫版解説の北上次郎もいい。
『余計者文学の系譜』お奨め。

>>88
森巣博、おなじことばっか書いてるけど、好きだよ〜。
気に入ったら奥さんの本も読んでくれ。

93 :焼き鳥名無しさん:02/04/23 23:49
麻雀狂時代もいいよ。
後半の怪物空野とプロ車券師の対決は、
すごすぎ。

94 :焼き鳥名無しさん:02/04/25 00:17
最近読み始めました。
現在青春編読破して風雲編読んでます。
オックスクラブで健が哲をおいて帰るシーンに痺れますた。

つーかこのスレ下がりすぎ。

95 :焼き鳥名無しさん:02/04/25 15:59
がいしゅつだが、「新麻雀放浪記」における
哲とひよっこのやりとりや、「うらおもて人生録」の前半は
バクチの心構えを知る為の教本にもなる秀作。

今週末はリアルでお通夜。

>>94
荒れるのヤだから下がってても(・∀・)イイ!かも。

96 :94:02/05/02 01:12
麻雀放浪記読破しました、ちょっと疲れたので今度は短編読んでます。
「黄金の腕」「東一局五十二本場」読んで、今は「牌の魔術師」です。

止まんないよマジで。次はドサ健かな・・・

97 :焼き鳥名無しさん:02/05/06 06:22
ちょっと逸れるけど、「麻雀放蕩記」(黒川博行・双葉社刊)も
ギャンブルモノの短編集として、なかなか良いかと思います。

98 :36:02/05/06 12:50
胴衣。
ハニャコはんいいですねー。
鷺沢めぐたんの『酒とサイコロの日々』に、黒川氏や白川氏等との
エピソードが出てます。けっこ笑えますよ。

あと田村光昭の『麻雀ブルース』は傑作だと思います。古書店で
見つけたら買い。

ああ、どんどん阿佐田作品から離れていく。おまけにスレも伸びない。
麻雀好きな人なら誰もが読んでいると思っていたのだけれど、
全くそうではなかったらしいことが判明。

99 :94:02/05/06 21:51
>>98
このスレを見て俺みたいに読み始める奴がまだいるかもしれないですよ。
つーかタミーラって小説書いてたんか。。。

ああ短編面白い・・・未完成大三元いいなぁ。
牌の魔術師は全部好きです。

100 :焼き鳥名無しさん:02/05/06 22:17
>>98
そんなことはないよ。本当に麻雀愛してたら
阿佐田哲也作品を読まずにはいられない。そんな
漏れも最近蔦谷に入荷して即購入した口。

101 :焼き鳥名無しさん:02/05/07 23:01
新麻雀放浪記が、かなり好き。(表紙で損してる気が)
最後は好みがわかれそうだけど、導入部は見事でした。

102 :92:02/05/10 01:02
>>98
遅ればせながら白川道著『病葉流れて』読了
やっぱりこの作品は続編が是非読みたいですね
主人公の(白川氏の自伝的な部分でも)その後の流れ方とか
気になるところだし

あと、有名な話かもしれないが
2,3年前の『噂の真相』で白川氏や藤原伊織氏等が歌舞伎町で
超高レートのビンタ麻雀をしていて
実力的には並みの団体プロなんかでは全く歯が立たないほどだ
っていうのを見かけたことがあるな

103 :92→97:02/05/10 01:05
失礼、↑上記名前訂正

104 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 12:21
白川道が文壇では相当の腕前らしいことは確かみたいだね。
つうか実状「麻雀のプロ」ってのがピンキリなんだよね。

俺んちの近所の本屋に、なんと阿佐田哲也のコーナーが出来て、驚いてる。

105 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 13:02
ヤパーリ俺は青春編が一番いいね。
でも番外編のドサ健もかなり熱い。
俺は麻雀放浪記とドサ健博打地獄しか読んでないが他にこれは読んどけ!
ってのない?

106 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 13:17
放浪記で好きなのは、1巻か4巻。キャラで好きなのは、やっぱり指なしの李。
あと新麻雀放浪記は自分もかなり好き。1冊目を友人に貸してなくされたので2回買ってます。

麻雀本、15年前ぐらいには俺的流行だった。阿佐田の角川文庫なんかそのころ
すごく出ていたんだけど、全部もっとるよ。他の人のも。タミーラのぶるーすも
もちろんもってます。
小説だけじゃなくて、戦術本も。阿佐田なら「Aクラス麻雀」、畑なら「精密麻雀」。
ダンボール一箱。すてられません。

107 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 14:43
LIVE!って漫画知ってます?神田たけ志のやつ

108 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 16:20
俺は2、3かな。
でも、最初に読むべきは絶対1だね。
男のロマンっていう点では1、2と3はチョッと哀しさもある。
4は、俺にはチョッと哀しすぎるな。

ただ、俺は麻雀バカだから、ばくち地獄とかは買ったけどほとんどよんでない。
あと、朝田の麻雀講座みたいな文庫も出てたよね。
い、ろ、は、にって続く本。
アレはアナログ過ぎて買わなかった。

桜井の妄想もかなり肥大気味だけど,なんかロマンがないからおもしろくないね。

109 :36:02/05/13 17:15
>>102
僕もそれは読んだことある。某直木賞作家が、二百円程度で高レートを
打ちまくってるような顔してる、とか言われてたり、館シリーズの推理作家
が名人奪取で泣いたりとか、そういうのが載ってましたね。

>>106
たみーら氏好きなんです。戦術論とかよりも、エッセイぽいのが。
『ブルース』の他にそういう本はないのかな?バカラの本と沢木耕太郎
との対談は持ってるのだけど。

『放浪記』に話を戻すと、僕は最後まで爽快感がある二巻が一番
好きです。

110 :焼き鳥名無しさん:02/05/13 17:30
麻雀放浪記は、どの巻も甲乙つけ難い傑作だから、どれがどうとは選べないなぁ。

111 :焼き鳥名無しさん:02/05/14 16:38
このスレにカキコしてからもう一度麻雀放浪記読み直した。
読み物として単純におもろい。
でも俺こないだまで就活してたし、生き方とかについて再び考えさせられた。
主人公哲の生き方、そして現実の世界。渋い

112 :焼き鳥名無しさん:02/05/22 08:18
hozennage

113 :焼き鳥名無しさん:02/05/22 12:40
活字離れの昨今、書籍系エンターテイメントの才能はみんな漫画に流れちゃってるからなぁ。
もう朝田哲也を超えるような麻雀小説の才能は出てこないかもしれない。
哀しいことだ・・・

114 :麻雀もいいけど・・:02/05/22 18:21

http://www.imperialcasino.com/~1hit/japanese/   
         

            ↑


あなたのコンピュータでインターネットを通じてまるでラスベガスに
居るかのように、本当のお金を勝ち取ることのできる本場アメリカ の
カジノゲームを楽しんでみませんか。
今ならImperial Casinoでの初回チップ購入時(1ドルから買えます!)
に購入チップに加え30ドル分のチップが進呈されています。
 さあ今すぐカジノのスリルをお楽しみになり、賞金を勝ち取ってくだ
さい。賞金は米ドル建ての小切手(銀行で換金できる)で、速達で送ら
れて来ます。全世界数百万のプレイヤーが楽しんでいる、オンラインカジノ
最大手Imperial Casinoだから安心です。

115 :焼き鳥名無しさん:02/05/27 02:31
築地のパパage

116 ::02/05/27 22:19
阿佐田小説は、ほとんど全部知っているくせにまた読み返したくなりました。それから武大もよんでみてね。

117 :儒李:02/05/28 02:17
麻雀放浪記もいいけど、私は牌の魔術師が一番好きですvやっぱり印南は
漫画で見ても小説で見てもいいなぁと思った。

118 :焼き鳥名無しさん:02/06/12 18:06
age

119 :焼き鳥名無しさん:02/06/30 08:36
x

120 :焼き鳥名無しさん:02/07/17 09:06
風雲編の、クソ丸・ドテ子・ぎっちょ・ほくろが対戦する場面。
ぎっちょ・ほくろの北単騎人和地和積みを仕掛けたところに、クソ丸が西を暗槓する。
このシーン、かっこよすぎる。

121 :焼き鳥名無しさん:02/07/17 11:16
麻雀板に来てちょっと経つが、このスレ発見出来ず。
某クソ漫画のスレが800レス越えててこのスレがこの状況なのはおかしい。

とりあえず好きなのは、出目徳のセリフだな。
「インチキだから払えねえってのか。よおし、上野に健っていう勇ましい博打打ちが
いるってきいたが、そいつがそう吐かしたんだな。インチキだから払えねえってな」

122 :焼き鳥名無しさん:02/07/17 11:36
>>121
阿佐田哲也さんのスレはどこもこんな感じです…私が知っているのでは文学板と一般書籍板にスレありますが、どっちもあまりレスつかないです。
出目徳かっこいいなあ。「麻雀放浪記」で最強だという気がする。なんとなくだけど。

123 :焼き鳥名無しさん:02/07/17 17:59
>>121
あのスレは半分以上叩き・煽りの類だから・・。

124 :焼き鳥名無しさん:02/07/17 18:50
>>121
みんなあんまり読んでないんじゃないの。
俺も読んだの今年になってからだったし。
麻雀好きって本読まなそうだし、本好きも麻雀しなそうだから麻雀小説読まなそう。
麻雀、本離れの進行故か。どっちも悲しい

125 :焼き鳥名無しさん:02/07/18 16:32
麻雀放浪記で一番好きな場面が「チンチロ部落」だったりする。
あの嵐のなか、ずぶ濡れになってのチンチロリン。あの緊迫感がたまらん!
だれか同意してくれ

126 :焼き鳥名無しさん:02/07/18 16:34
>>125
大好きです

127 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 12:45
この小説、最高に好き。
漫画にもなってるけど、麻雀放浪記クラシックはかなり出来がいいと思う。
しかしマガジンのアレは・・・。
原作好きな人でアレが好きって人いるのか?
あれが結構人気あると知ったときはひっくり返ったが。

128 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 12:51
麻雀放浪記クラシックって井上孝重って人が書いてるやつだっけ?

129 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 12:52
そもそも麻雀始めたきっかけがリア厨の頃に読んだこの小説だったわけだが・・・

130 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 13:00
リア厨でこれを読むのがすごい

131 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 13:34
でもこの小説、教科書に載ってもいいぐらいだと思うな。
というか、俺は真面目な話、学校の授業で麻雀を教えるべきだと思ってるぐらいだ。
これほど頭を使うゲームで、将棋とか碁のように、絶対的な強さがないゲームだから
教育にはもってこいだと思う。まあ、世間一般では賭けのイメージが強いからなぁ。
麻雀放浪記もギャンブラーだし。

132 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 14:01
教科書にのるには雰囲気がダーク過ぎるかと

133 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 15:03
戦後の暗澹とした世相を取り込んだ作風は野間宏のよう。ただの麻雀小説として読むのはもったいない、立派な文学作品ですよ。
教科書に載せるのはちょっとむりぽ。麻雀のルールがわからんとストーリーが読めないので

134 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:03
麻雀知らない人は、麻雀小説や麻雀漫画読んでどう思うのかな?
天やアカギなんかは雰囲気だけでも面白いと思えるのかなぁ。
僕は結構昔からルール知ってたから、どう思えるかが想像しにくい。
ただすごい子供の時に忍者ハットリ君で麻雀が出てきて
ハットリ君がパパを操って「ローン」「ゆるさじ!ローン」とかで
相手三人が「イヤ〜ン」とかやってるのみて、
「ロンって言えば勝ちなんだったら、毎回言えば勝てるじゃん。」
って訳わからなかった思い出がある・・・・

135 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:09
あれ、文字化けしてる。
正直漏れは麻雀をあまり知らん時にこれ読みました。点数計算とか筋読みとかがわからなかった時に。
だから細かいところではちょっと意味わからないところとかあった。でも普通のルール自体知ってればおもしろいと思えるでしょう

136 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:30
とにかくサイコー。チン六

137 :suzume@返り咲き:02/07/20 17:33
>>134
んとねえ。
俺の友達にカイジが好きな奴がいたんだけど
そいつは麻雀知らなくて
アカギや天はおもんないって言ってたよ。
麻雀知らんと麻雀漫画は面白くないと思う。

哲が一般誌に関わらず、結構人気があるのは
麻雀以外のところに力を入れてるからなんだな。
碁を知ってる友達は
ヒカルの碁って碁してないじゃん、って言ってた。
神の一手をちゃんと見せろや(゚Д゚)ゴラア、と。
たぶん、俺達が哲に感じるような気持ちなんでしょうな。

138 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:53
話変わるけど、「青春編」では坊やの苗字を「阿佐田」と明記してあるのに、後の「激闘編」では苗字が伏字になっているのはなんででしょうか。
気になる。

139 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:55
麻雀って難しいって先入観があると思う。
基本的なルールは簡単で、難しいのは点数計算ぐらいなんだけどね。
後の細かいのは他の人に任せてればいいし。

まずはきちっとした統一ルール決めるべきなんじゃないかな。
でないと初心者が混乱するでしょ。
それが面白いといえば面白いんだけど。

そういえば、「バード」なんかは麻雀知らなくても結構面白いと思えるかも。

140 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 17:57
>>138
あれ、「阿佐田」と明記してあるんだ?結構読んだが知らなかった。
まあ、一般的に考えてイメージを固めたくなかったとかそういうのだと思うような思わないような

141 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 18:04
>>140
青春編の初っ端に一度だけ。上州虎に襲われたときに、「俺だよ、紅星中学の阿佐田だよ」と言ってた。

142 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 18:06
やっぱ青春編の「チンチロ部落」が最高におもしろい。

143 :名無し:02/07/20 18:14
全部面白い。

番外編の好みはわかれるところだが、在日キャラをあれだけ堂々と描いているのは
阿佐田の力量だと思う。指無しで実際にどれだけ打てるのかは微妙な設定だが・・・

144 :名無し@赤伍萬:02/07/20 18:17
色川せんせー!!
弟子に(以下略せずともわかろうもんよ

145 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 18:21
>>143
おれも思った。でも全部無いわけじゃないし。一応どの指も第二関節まではあるんでしょ。
李億春はすごく好きだ。俺は福岡出身だから。黒崎での李と坊やの対決は嬉しかった。黒崎とかもろホームタウンやし。
ただそれだけに李の中途半端な筑豊弁が気になったが。

146 :焼き鳥名無しさん:02/07/20 18:34
漫画『凌ぎの哲』では李の指は親指以外全部根元から無くなってた。
そりゃ無理だろ。

147 :名無し:02/07/20 20:11
原作ではむしろ李と陳のやりとりに妙味があるのだがね。
漫画版でのキャラの登場のさせ方は、必ずしも原作に忠実ではない。

148 :36:02/07/21 01:51
このスレまだあったのか。とっくに落ちてるかと思ってたよ。

『凌ぎの哲』のタンクロウは四十歳は若返ってるな。
あと『哲也』で激しく納得いかないのが春木。
『ばくち地獄』の春さん好きなのにさ。

最初に放浪記読んだときはたぶん消防だったと思うが、
哲がオックスクラブで開局直後に嶺上で上がって
「必死で切る牌を探した。それくらいの雀力しかなかった」
とか書いてあるところ、全く意味が解らなかった。
でも面白かったなあ。何回も読んだよ。

149 :焼き鳥名無しさん:02/07/21 01:54
消防って・・・
普通?

150 :焼き鳥名無しさん:02/07/21 03:56
「はじめての天和」ね。おもしろかったなあ。

151 :焼き鳥名無しさん:02/07/22 07:32
>>148
>『ばくち地獄』の春さん好きなのにさ 。
激しく同意〜。出目徳なんかと正反対のタイプだけど、
「端麗としかいいようのない打ち手」でしたっけ?
ああいうタイプもかっこいいよね。

152 : :02/07/24 21:59
スレとあまり関係ないんだけど
俺色川作品を読み始めようかなと思ってるんだけど、何からがいいかな?

153 :焼き鳥名無しさん:02/07/24 22:01
Aクラス麻雀

154 : :02/07/24 22:36
>>153
あ、あの〜色川作品でお願いします。ちなみにAクラス麻雀はかばんの中に入っています。

155 :焼き鳥名無しさん:02/07/24 23:01
>152
遺作となった「引越し貧乏」面白いですよ。
ナルコレプシーの発作で見る「幻覚」の話とか、
小学生時代の氏が浅草に入り浸る話とかも収録されてて。

156 :名無し:02/07/25 00:00
離婚 狂人日記 怪しい来客簿 このへんを読むべし。

157 :焼き鳥名無しさん:02/07/25 03:31
>>152
文学板に阿佐田哲也・色川武大スレあるよ。色川作品中心に語られてるのでいいかも。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1012742241/

158 : :02/07/25 13:54
>>155-157
レスありがとうございます。

159 :名無し:02/07/29 22:58
名人戦自戦記「これが俺の麻雀」探してんだけど見つからない。
捨てるはずはないし、何処いっちまったんだろう。

160 :焼き鳥名無しさん:02/08/08 05:06
この間、テレビで映画の麻雀放浪記見た。
一般に、映画ってやっぱり小説より表現できることが少ないな、って思った。

161 :焼き鳥名無しさん:02/08/08 15:40
>>160
小説と同じ土俵に上げて、比べてしまうとどうしてもね・・・
でも、映画は映画で、強烈に印象に残ってる。
映画でも、風雲編・激闘編・番外編と、あれば見たいけど、
映画にするのは難しそう。青春編だから、映画にできたのかもね。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)