5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

麻雀に流れはあるか その2

1 :焼き鳥名無しさん:02/04/29 22:27
語れ

19 :牌勢を読む:02/04/29 23:10
自分の牌勢を考えて打つ
前作麻雀に勝つ考え方では状況判断に関して3つの要素を考え合わせなければならないと書きました。
3つの要素とは1、場状2、点棒状況3、牌勢 ですがこの3番目の牌勢だけは他の二つと違って
具体的な形に表れないのでしばしばツキという言葉の陰に追いやられてしまいがちになります。
読みに関してもこれまでは見えてる部分から見えない部分を推理することばかりにスポットが当てられてき
ました。つまり場況の読みです。
しかしそれだけではやはり片手落ちというもので牌勢についてもたんなるカンではなく読みの力
で分析していかなければいつまでたっても 麻雀はツキだけ になってしまいます。
残念ながら現在では牌勢を論理的に説明することは難しいのですが少なくとも経験的に確からしい
というような経験則は結構見つけられるのでそれをひとつずつ指摘しながら実践での牌勢判断
の際に参考にしていただきたいと思います
まず牌勢がおもわしくないいわゆるついてない状態の前触れ、兆候について考えてみましょう

20 :牌勢を読む:02/04/29 23:10
A図を見てください(A図 東一局南家 配牌 ドラ8s 178m4579p158sTNS 第一ツモ3s)
第一打に選ぶとしたらたいていの人が1mか西でしょう。自分の都合だけ考えるならばわずかながら
1mより西を先に切りたくなるでしょうが西は西家にとって役牌なだけに序盤のセオリーとしては先に
1mです
がとにかく1mでも西でも切った牌を次順ツモって来ることがあります
結果的に悪いほうを選んだ格好になるような第一打のかぶりは牌勢がよくない兆候と考えたほうがよさそうです
B図(東2局 東家 どらR 2336m11448p889sTR)など配牌からしていかにもチートイツを感じさせるものですが
第一打に8pを切ったとたんすぐかぶるようでは先行きが思いやられます。その一組のかぶりだけで
すめばともかく何組もトイツかぶりをするようならあがりより放縦に気をつけたほうがいい牌勢といえるでしょう

以下目次で
メンツかぶりで牌勢をはんだんする@
メンツかぶりで牌勢をはんだんするA
ツモが悪いときの牌勢のパターン
ツモ順の悪化が不調の始まり
他家の食いで運が変わる
長く続くツモ切りは要注意

ツッコミどころはたくさんあると思いますがただの煽りは(・∀・)カエレ!!
著作権なんてきにしなーい

312 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)